ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 

もともと Windows7 だったノートパソコンを、Windows10 にアップグレードしました。

すると、画面の調子がおかしくなった。



[環境]


NEC製 ノートパソコン (古い)

CPU:Intel(R) Core(TM) i5 M450 (第一世代?)

OS:Windows10 64bit

メモリ:4GB

グラフィックボード:ノートPC のため、無し。




[症状]


「ディスプレイドライバの応答と停止」が頻繁に起きる。


 → (a) 黒画面に(ブラックアウト)。HDDは動いている。

 → (b) 背景と同じ色のみに。HDDは動いている。

 → (c) ブルースクリーンで、フリーズ。

 → (d) 画面が落ちて、再起動。

 → (e) エラーメッセージが出て、再起動を要求される。



当初は、「たまに」だったのが、連続して起きるようになった。

プラウザで閲覧しているだけで、画面が乱れ、次に、「ディスプレイドライバの応答と停止」のメッセージが表示される。


ディスプレイドライバの応答停止と回復



ディスプレイドライバの応答停止と回復

ディスプレイ ドライバー Intel Graphics Accelerator Drivers Windows(7) が応答を停止しましたが、正常に回復しました。





最初は、メッセージが出るだけで、すぐに回復した。

出るのも、ゲームの時ぐらい。


が、最近になって、より深刻に。

一番多いのが、(a) と (b) 。

黒画面になったり、背景色と同色になったりで、ディスプレイ画面が消える格好。

アイコンも何も、表示されません。

マウスのポインタも、なし。

HDDのランプは点滅しており、動いているのがわかります。

(しかも、インターネットを閲覧しているだけで、起きる)


当初、ノートパソコンの画面を閉じて、しばらくして、また開けると、復帰できました。

ただ、最近では、黒画面のまま、復帰できないことが多くなった。


次に、ケーブル(D-Sub 15pin)でテレビ(別のディスプレイ)につなぐと、画面が表示され、復帰できることが分かった。

けど、これもやがて、復帰できることもあれば、そうならない場合もある、という感じになり、何度か繰り返すうちに復帰、みたいなことに。


ケーブルで、テレビと接続



時々は、エラーメッセージが出ることも。


エラーメッセージ 再起動



問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。
エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。(**%完了)

詳細については、次のエラーを後からオンラインで検索してください:
BAD_OBJECT_HEADER




問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。
エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。(**%完了)

詳細については、次のエラーを後からオンラインで検索してください:
VIDEO_TDR_FAILURE(igdkmd64.sys)




詳細については、次のエラーを後からオンラインで検索してください:
DRIVER_POWER_STATE_FAILURE





PC の画面が真っ暗な時に、テレビとつなぐと、紫色の画面でチカチカすることも。


画面が紫で点滅


こういう時は、画面を閉じてスリープにし、しばらくして開くと、復活することが多い。

が、最近では、復帰できないことも多くなったのだ。





[エラー確認]


「Windowsキー+X」で、「イベントビューアー」を起動。

左の Windows ログ > システム、を見ます。


あるいは、

「Windowsキー+X」で、「コンピューターの管理」を起動。

システムツール > イベントビューアー > Windows ログ > システム、を見る。


イベントビューアー

Windows ログ



イベントID:4101

「ディスプレイ ドライバー igfx が応答を停止しましたが、正常に回復しました」







[対策]


(1) Windows Update

自動にしているのですが、トラブルが起きるようになってから、一応、1日に1回、手動でも確認するようにした。


「Windowsキー」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」の「更新プログラムのチェック」をクリック。




(2) ディスプレイドライバが最新か確認。


「Windowsキー+X」で、「デバイスマネージャー」を起動。

(あるいは、「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「デバイスマネージャー」)

「ディスプレイ アダプター」の項目で、該当箇所を右クリック → 「プロパティ」→「ドライバー」の項目を確認。


デバイスマネージャー


「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します」






一応、PCメーカー(NEC)と、ディスプレイドライバのHP(Intel)でも、確認。

「サポートプログラム一覧」などにドライバーがあれば、インストールする。


新しいドライバでダメなら、古いのに戻すことも、試していいかもしれません。(ロールバック)




(3) ハードディスクのエラーをチェック。


何でもいいからフォルダを開き、左の「PC」をクリック。

チェックしたいドライブを選び、右クリック。

「プロパティ」を選択。





「ツール」タブの「エラー チェック」で、「チェックする」をクリック。

続いて、「ドライブのスキャン」をクリック。






コマンドで実行する場合は、

「コマンドプロンプト(管理者)」から、「chkdsk /F /R」と入力する。




システムファイルチェッカーの実行。


「Windowsキー+X」で、「コマンドプロンプト(管理者)」を選択。

「sfc /scannow」と打ち込む(or コピー&ペースト)。

「Enter」キーで、スタート。







イメージ修復。


「コマンドプロンプト(管理者)」から、次を入力。

 →「Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」(チェック)

 →「Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」(修復)





詳しくは、こちらで → 「Windows イメージを修復する - MSDN - Microsoft」




(4) メモリの診断。


「Windowsキー+X」で、「コントロールパネル」を選択。

「システムとセキュリティ」→「管理ツール」→「Windowsメモリ診断」。

「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」を選択。








(5) エアロ(windows aero)の無効化。


「Windowsキー+X」で、「コントロールパネル」を起動。

「ディスクトップのカスタマイズ」の「テーマ変更」を選択。


[無効化]

「ベーシックテーマ」「ハイコントラストテーマ」から選ぶ。


参考 → 「Windows 7でWindows Aeroを有効/無効に設定する方法」





(6) パフォーマンスを優先する。


「Windowsキー+X」で、「コントロールパネル」を起動。

「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの詳細設定」。

「システムのプロパティ」の「詳細設定」で、「パフォーマンス」欄の「設定」を選択。

「パフォーマンス オプション」で、「パフォーマンスを優先する」を選択。


 





(7) 電源プランを、高パフォーマンスに。


「Windowsキー+X」で、「電源のオプション」を起動。

「高パフォーマンス」を選ぶ。

「プラン設定の変更」では、「ディスプレイの電源を切る」や「コンピューターをスリープ状態にする」時間を変更できます。


 


なお、「Winキー」→「設定」→「システム」→「電源とスリープ」からも、変更可能。









(8) レジストリの変更


詳細は、こちらから → 「Windows 7 または Windows Vista の "ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復" エラー」 



「方法 1: タイムアウト検出と復旧 (Timeout Detection and Recovery) レジストリ値を調整し、GPU (グラフィック処理装置) 処理時間を増やす」


Windows7 だと、「Fix it」で解決できます。

Windows10の場合は対応していないので、自分で解決することになる。

自信のない人は、やめておいた方がいいかも。

あと、回復ポイントを作っておいた方がいい。



「スタートボタン」の検索ボックスに、「regedit」と入力。

「regedit.exe」を選び、「レジストリ エディター」を起動させる。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\GraphicsDrivers」を探します。

「編集」→「新規」で、64ビット Windows の場合 、[QWORD (64ビット) 値] を選択。

名前を、「TdrDelay」にする。

右クリック →「修正」から、[値のデータ] に「8」と入力。

レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動して、変更を有効にする。





なお、検索してると、以下のような設定にしている方もいました。


TdrLevel:値 0
TdrDelay: 値 10
TdrDdiDelay: 値 5
TdrDebugMode:値 3






<その他>


・掃除

CPUファン周りを掃除。





埃がたまって、熱暴走している場合がある。



・グラフィックカードの抜き差し。

接触不良などを疑う。



・信頼性モニター

「スタートボタン」の検索ボックスに、「信頼性」と入力。

「信頼性の履歴の表示」を選ぶと、「信頼性モニター」が起動します。





ここで問題を調べたり、「問題の解決策を確認」したりする。




・BIOS の初期化。

ノートPC なので、BIOSの更新ができず、代わりに初期化した。





できるWindows 10 パーフェクトブック 困った! &便利ワザ大全 (できるシリーズ)

ファイナルデータ10plus 特別復元版





これらを1つ1つ試したのですが、結果は次回に。




関連記事
[サイト内タグ]:  パソコン  インターネット



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■