ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
手裏剣戦隊ニンニンジャー

忍びの45「親子三世代! ニンジャ全員集合」(1月24日)



(ネタばれ注意)


シュリケン忍法が、九衛門に封じられた。

これを打開する、キンジの秘策とは?


旋風に、忍タリティが復活。

親、子、孫、3人のアカニンジャーが見参!



スーパー戦隊シリーズ 手裏剣戦隊ニンニンジャー VOL.6 [DVD]





[前半のレビュー]


「おまえたちに、ラストニンジャを継(つ)ぐ資格(しかく)はない」

天晴(西川俊介)は好天(笹野高史)に、そう言われてしまった。


ラストニンジャを継承(けいしょう)する者(もの)は、先代(せんだい)を倒(たお)して、忍タリティを奪(うば)わねばならない。

それは、旋風(矢柴俊博)も知らぬことでした。



牙鬼城(きばおにじょう)で、動きが。


十六夜九衛門(いざよい きゅうえもん) あらため、牙鬼九衛門新月(きばおに きゅうえもん しんげつ)が命(めい)じます。

「ご家老(かろう)が討(う)ち死(じ)にされた今、蛾眉(がび)、キミがこれで、いってくれ」


街(まち)に出現(しゅつげん)したのは、ガシャドクロが6体。

それが合体して、上級妖怪オボログルマ マークⅡ(ツー)に。

(やさしさが生きる答えなら、いいのにね)


これに搭乗(とうじょう)し、蛾眉雷蔵(がび らいぞう)が出撃(しゅつげき)したぞ。



傷(きず)ついた天晴は今、忍者道場(にんじゃどうじょう)にいる。

ここは、残りの5人で対応(たいおう)だ。


変身して、オトモ忍を召喚(しょうかん)。

合体させ、シュリケンジン&バイソンキングで戦う。


相手は強敵(きょうてき)、蛾眉雷蔵。

しかし、一度 倒(たお)した相手に、負けるわけにはいきません。


いきなり、大技(おおわざ)だ。

「シュリケンジン、アッパレ斬(ぎ)り!」


さらには、「バイソン 荒(あら)くれバスター!」


!!


なんと、2つの必殺技(ひっさつわざ)を、オボログルマ マークⅡが弾(はじ)き返(かえ)した。

さすが、ガシャドクロ6体分のパワー。


蛾眉雷蔵が吼(ほ)えます。

「効(き)かんわ!」

「その程度(ていど)のカラクリ、早々(そうそう)に、木(こ)っ端(ぱ)みじんにしてくれる!」



迫(せま)る、オボログルマ マークⅡ。

気をつけないと、巨大ローラーで、ペシャンコにされてしまうぞ。


圧倒的(あっとうてき)なパワーに、シュリケンジン&バイソンキングは苦戦(くせん)。


が、そこに救援(きゅうえん)が。

ホウオウマルだ。


アカニンジャーが叫(さけ)ぶ。

「みんな、ゲキアツダイオーだ!」


ゲキアツシュリケン合体!

ゲキアツダイオーが、アチョー! と降臨(こうりん)。


間(ま)をおかず、術(じゅつ)を発動(はつどう)するぞ。

「シュリケン忍法、蜿蜒長蛇(えんえんちょうだ)の術!」

<ぱおぱおじゃ>


おおっ!

炎(ほのお)の翼(つばさ)で、ゲキアツダイオーが飛(と)んだ!


空中なら、ローラーに轢(ひ)かれる心配(しんぱい)もありません。


一気に決めろ!

「フライング ゲキアツ大フィーバー!」


エネルギーのカタマリとなったニンニンジャーが、次々に射出(しゃしゅつ)された。

ドンっ! ドンっ! ドンっ! ドンっ! ドンっ! ドンっ!


6回切り裂(さ)かれて、オボログルマ マークⅡは ボロボロだ。


「強くなったようだな」と、蛾眉雷蔵。

戦いを純粋(じゅんすい)に愛する武士(もののふ)は、何だかちょっと、うれしそうでもある。

「この勝負(しょうぶ)は、あずけておこう!」

コックピットから、消えてしまいました。


オボログルマ マークⅡ


ともかく、ガシャドクロマークⅡを倒し、ここは勝利(しょうり)だ。




地上に降(お)りて変身を解(と)くと、天晴はみなに、ことのあらましを話しました。


ラストニンジャ伝承(でんしょう)の秘密(ひみつ)。

好天を倒すことができなかったこと。

そして、ラストニンジャ失格だと言い渡(わた)されたことを。


「ごめん」と、天晴は謝(あやま)りました。

「オレが勝手(かって)に、みんなもじいちゃんを倒して力を奪うなんて できないなんて言っちゃったから…」


謝る必要(ひつよう)はないと、霞(山谷花純)は言います。

「わたしたちも、天晴くんと同じです」


誰(だれ)も、好天を倒して力を奪うなんて、できない。

(せいぜい、ハリセンで頭をはたくことしか…)


でも、疑問(ぎもん)もあります。


キンジ(多和田秀弥)は、首をかしげた。

「なぜ、好天様は、そのことを前もって、知らせてくれなかったのでございやしょうか?」


ん?


どこかから、声(こえ)が。

「フッフッフッフッフッフ…」

鈴(すず)の音(ね)と共(とも)に現(あらわ)れたのは、九衛門だ。

「それは、おまえたちを信(しん)じていなかったからさ」


天晴の顔が、引(ひ)き締(し)まります。

「出やがったな、十六夜九衛門」


すると、返した。

「もう、その名前は、用済(ようず)みだ」

「ボクの名は、牙鬼九衛門新月」


新月と呼んでね、うふ♪

「キミたちは奥方(おくがた)の怖(おそ)れを引き出し、父上をよみがえらせてくれた」

「すべては、ボクが父上の使命(しめい)を果(は)たすため、キミたちも、ラストニンジャも、利用(りよう)させてもらったというわけさ」



ひとつ、天晴は納得(なっとく)いきません。

「じいちゃんがオレたちを信じてなかったって、どういうことだ!」


新月は言った。

「やつはキミたちに事実(じじつ)を告(つ)げ、ラストニンジャになる決意(けつい)が揺(ゆ)らぐことを怖れていたのさ」

「だから、最後(さいご)まで教(おし)えなかった」

「実際(じっさい)、キミたちには、やつを倒す覚悟はなかったのだろう?」


その言葉は、天晴たちを黙(だま)らせ、下を向かせた。

「キミたちに、ラストニンジャは継(つ)げない」

「やつの魂(たましい)を奪い、ラストニンジャの力を手に入れ、終(お)わりの手裏剣(しゅりけん)を使(つか)うのは、このボクさ!」



「好(す)き放題(ほうだい)、言いやがって…」と、天晴。

「そんなこと、させるかっ!」


さあ、6人で変身だ。

<ザ・変化(へんげ)> & <ザ・チェンジ>

「シュリケン変化!」

<ニンジャー ワオ!>


アカニンジャーを先頭(せんとう)に、いきなり、決めにかかったぞ。

「シュリケン忍法 奥義(おうぎ)! 一斉忍烈斬(いっせい にんれつざん)!」


が、新月も返す。

「十六夜流忍法、日輪封(にちりんふう)じの術!」


!!


忍シュリケンの回転(かいてん)が、止まった。

これでは、シュリケン忍法が使えません。

(ベルトの風車を回せない、旧1号ライダーみたいだ)


ほくそえむ、新月。

「忘(わす)れたかい?」

「ボクは、元(もと)はといえば、伊賀崎流の忍びだ」

「シュリケン忍法をマスターしたボクに、キミたち程度(ていど)のシュリケン忍法は、通(つう)じない!」

「キミたちは、ボクには勝てない」

「絶対(ぜったい)にね」


新月は、自身(じしん)の過去(かこ)を語(かた)った。

「やつを倒すために、ボクは妖怪(ようかい)の力を手に入れ、人間であることを捨(す)てたんだ」

若き九衛門(竹場龍生)は、まだ忍者道場にいた時、禁断(きんだん)の手裏剣を使ったらしい。


若き九衛門(竹場龍生)


新月は言った。

「キミたちとボクとでは、覚悟の次元(じげん)が違(ちが)うんだ!」

そして放(はな)つ。

「喰(く)らえ!」

「十六夜流忍法、奥義! 超絶(ちょうぜつ) 十字砲火(じゅうじほうか)の術!」



これは、好天との戦いでも使用した、オールレンジ攻撃。

強力だぞ。


ニンニンジャーたちは、妖気(ようき)を帯(お)びた無数(むすう)の手裏剣に、囲(かこ)まれてしまった。

しかも、前より、威力(いりょく)が増(ま)しているように見える。


シュリケン忍法を封(ふう)じられているのに、これはまずい。

6人は光の目くらましを使い、撤退(てったい)しました。


「逃げたか…。まあ、いい」と、新月。

「次こそ、勝負だ」



天晴たちは、忍者道場に戻(もど)りました。


思い返せば、好天は度々(たびたび)、ラストニンジャになるための覚悟について説(と)いていた。

そこには、こんな理由(りゆう)があったわけだ。


八雲(松本岳)は、噛(か)みしめた。

「オレたちは きれいごとだけを言って、本当(ほんとう)の覚悟は、できていなかったというわけか」


霞も言う。

「認(みと)めたくありませんが、十六夜九衛門…いえ、牙鬼新月が、最(もっと)もラストニンジャに近いということに、なってしまいます」


風花(矢野優花)も、困(こま)ってしまったぞ。

「それに、シュリケン忍法も効かないなんて、打つ手なしだよ」


何か言ってあげたい旋風パパですが、言葉が見つかりません。


すると、天晴が言った。

「確(たし)かに、あのキツネ野郎(やろう)は強いけど、あいつの覚悟って、本当にオレたちには かなわないものなのかな?」


八雲の見解(けんかい)は、こうだ。

「目的や手段(しゅだん)はともかく、ラストニンジャになるために人間であることを捨(す)てたんだ」

「並大抵(なみたいてい)の覚悟では、できんだろう」



と、キンジが口をはさんだぞ。

「そうでございやしょうか…」

「先ほどから聞いておりやしたが、みなさんが抱(いだ)く九衛門の印象(いんしょう)と、あっしの抱く印象は、少し違うようでございやす」



新月はキンジに、こう言ったことがある。

「ボクには分かるんだよ、スターニンジャー」

「キミの心に、深い闇(やみ)があるということをね」

「ボクと同じさ」

「ボクらは、似(に)たもの同士(どうし)」

「手を組(く)む運命(うんめい)なんだよ」


キンジは言う。

「やつがあっしに近づいたのも、あっしの心の弱(よわ)さを見抜(みぬ)き、似たもの同士だと感(かん)じたからに他(ほか)ありやせん」


霞は聞きました。

「キンジさんは、つけ入(い)るスキがあると、お思いですか?」


「うまくいくかは、分かりやせんが、一(いち)か八(ばち)かの賭(か)けでございやす」

キンジは、そう前置(まえお)きした。

「今まで、みなさんが、あっしを助(たす)けてくれた分(ぶん)、今度(こんど)はあっしが、みなさんをお助けしやす」


何か、策(さく)があるようですね。


「分かった」と、八雲。

「キンジに賭けてみよう」


旋風パパだって、やるぞ。

「よ~し。オレも、九衛門を打(う)ち負(ま)かす手掛(てが)かりになるようなものを、じいさんが残(のこ)してないか、探(さが)してみるよ」


天晴が気合(きあ)いを入れます。

「よし、夜が明けたら、今度こそ、決着(けっちゃく)だ!」





手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド[ブルーレイ+DVD] [Blu-ray]



西川俊介ファースト写真集 DIAMOND







[第45話 Bパート]


好天は、牙鬼城の前へ。

「幻月! 時間がない。決着(けっちゃく)をつけようぞ!」

ひとりで、やるつもりだ。


天守閣(てんしゅかく)から、牙鬼幻月が姿(すがた)を現しました。

「久(ひさ)しぶりだな、ラストニンジャ」

こちらもひとりで、好天の前に降(お)り立ったぞ。

「やはり、おまえと会(あ)うことになったか」


好天の口から、当時(とうじ)のことが語られます。

「あの時の わしの力では、貴様(きさま)を倒すことは不可能(ふかのう)じゃった」

「ゆえに、貴様を仮(かり)の形で封印(ふういん)するしかなかったのじゃ」



「ハ~ッハッハッハッハ!」

幻月は笑(わら)った。

「時を経(へ)て、決着をつけるつもりだろうが、今日(きょう)はこの世(よ)が、我(われ)ら牙鬼家に支配(しはい)される日となる」

「それはつまり、うぬら伊賀崎一族、滅亡(めつぼう)の日だ!」



「家族(かぞく)を、巻(ま)き添(ぞ)えにはせん」

好天は、そう返したぞ。

「貴様との因縁(いんねん)は、わしの代(だい)で、しまいにする」

背中(せなか)の刀(かたな)を抜き、かまえる。

「それが、わしの使命(しめい)じゃ」

「牙鬼幻月、覚悟~っ!」



突撃(とつげき)する好天に、迎(むか)え撃(う)つ幻月。


大きな爆発音が、遠(とお)く離(はな)れた 天晴たちにも聞こえました。


と、その前に現れたのは、新月。

「来たね、ラストニンジャの孫(まご)たち」

「残念(ざんねん)だけど、やつの死に目には会(あ)わせないよ」



「じいちゃんが死ぬわけないだろ!」と、天晴。

「オレたちがおまえを倒して、じいちゃんと共に、牙鬼幻月も倒す!」


さあ、6人で変身だ。



その頃(ころ)、旋風は忍者道場で、手掛かりを探していました。

古文書(こもんじょ)を引っ張り出したり、あやしそうなものは、骨とう品だろうが、全部 調べてみる。


けど、見つかりません。

あと調べてないのは、タヌキの置物(おきもの)ぐらいだ。


「まさか…ねえ」

そんなことを言いながら持ち上げてみると、物音が…。

中に、何か入っているのか?



ラストニンジャ好天 vs 牙鬼幻月。

大地も揺(ゆ)れる、頂上決戦(ちょうじょうけっせん)だ。


一撃(いちげき)一撃が、超(ちょう)重い。

武器(ぶき)を振(ふ)るえば、空気(くうき)が焼(や)けて、背後(はいご)の山が爆(は)ぜた。


おっと、一度 距離(きょり)をとり、好天が仕掛(しか)けたぞ。

「上級シュリケン忍法、砲煙弾雨(ほうえんだんう)の術!」


うおおおっ!

燃(も)える岩石(がんせき)が、空から降ってきました。

まるで、隕石爆弾(いんせきばくだん)だ。


さらに追撃(ついげき)をかけるぞ。

「上級シュリケン忍法、雲蒸竜変(うんじょうりゅうへん)の術!」


雷(かみなり)と龍(りゅう)が、幻月を襲(おそ)う。


まだ、好天は続けます。

しとめるつもりか。

「上級シュリケン忍法、風林火山(ふうりんかざん)の術!」


山が砕(くだ)け、火球(かきゅう)が爆発。


勝負あったか?


いや、笑ってる。

幻月は、無事だ。


好天 vs 幻月

ラストニンジャの猛攻


「ヌハハハハハハ…!」

「ア~ハハハハハハ…!」

「老(お)いぼれが、やりよるわ」

「だが、力を蓄(たくわ)えていたのは、おまえだけではない!」

「我が体に集まった、怖れの威力を見るがよい!」




こちらは、廃工場(はいこうじょう)での戦い。

ニンニンジャーが新月に、猛攻(もうこう)を仕掛けているぞ。


「シュリケン忍法が効かないと知り、シンプルな攻撃できたか」

防御(ぼうぎょ)に徹(てっ)する、新月。

「学習能力(がくしゅうのうりょく)はあるけど、力が足(た)りないな!」


アカ、アオ、キ、シロ、モモが、忍者一番刀(にんじゃいちばんとう)を手に、追(お)い込(こ)みます。

スターは死角(しかく)をつき、スターソードガンで撃つ。


「まだ、分からないのか?」と、新月。

「ラストニンジャの力を手に入れ、終わりの手裏剣を使うのは、このボクさ!」

「ボクとキミたちとでは、違うと言っただろう!」


反撃に転じたぞ。


こちらは、忍法が使えます。

術で 一気に6人をとらえ、投げ飛ばした。


壁(かべ)や柱(はしら)に激突(げきとつ)し、地面に転がるニンニンジャー。


そんな中、スターニンジャーが言った。

「そうでございやす」

「おめえさんとは、違うに決まっていやす」



「キミに言われたくないな」と、新月は剣先をスターに向けた。


スターニンジャーは言うのでした。

「妖力(ようりょく)の すさまじさを知った あっしだからこそ、分かりやす」

「心に闇がある者は、目的のため、安易(あんい)に力を求(もと)めやすい」

「それが、おめえさんの、弱さでございやす!」


そして、忍者激熱刀(にんじゃげきあつとう)を、アカニンジャーに渡した。

「天晴坊ちゃん、これを!」

いったい、何をするつもりだ?

「いきやすよ!」

忍シュリケンをスターソードガンにセットし、回した。

「憑依合体(ひょういがったい)の術!」


!!


スターニンジャーが忍シュリケンとなり、自ら、忍者激熱刀にセット。


新月も、剣をかまえます。

「シュリケン忍法は効かないと、言っただろう!」


忍シュリケンとなったスターが、叫んだぞ。

「天晴坊ちゃん!」

「ハードなロックで、いってくださいやし!」



「よし、いくぞ!」

ソウルを込めて、アカニンジャーが忍者激熱刀を握(にぎる)る。

「ハアァァァァ~~!」

体にそって回(まわ)し、発動だ!


激熱刀の剣先から飛び出したのは、スターニンジャー?


術の一部となっているスターニンジャーが、新月を斬ったぞ。

斬(ざん)っ、斬っ、斬っ!


新シュリケン忍法


これには、新月も驚(おどろ)いた。

「何!? スターニンジャーが自(みずか)ら武器になるだと…?」


キニンジャーは、感激(かんげき)しました。

「キンさんの得(え)た激熱刀に、ボクの考えた憑依合体の術!」


モモニンジャーも言う。

「確かに、もはや、おじいさまのシュリケン忍法ではありません」


これが旋風のいう「守破離(しゅはり)」か。


「そうでございやす」と、スターニンジャー。

「あっしらは あっしらで、新(あら)たな道を選(えら)びやしょう!」


シロニンジャーも、うなずく。

「そっか! わたしたちは、おじいちゃんの力を奪わなくても、わたしたちのやり方で、ラストニンジャになればいいんだよ!」


倒れていた新月が、顔を上げます。

「バカが! そんな夢物語(ゆめものがたり)、現実(げんじつ)となるわけないだろうが!」


すると、アオニンジャーが返した。

「夢なんて、最初(さいしょ)から、真(ま)っ暗(くら)で見えないんだ!」


おっ!

どこかで聞いた言葉だぞ。

そう、旋風が言ったものだ。


アカニンニンジャーも、ニヤリと笑う。

「ああ。だから、自分で切り開くだけだ!」


さあ、いってみよう!


まずは、アカ&スターが、斬る!


新月は、今の状況(じょうきょう)が信(しん)じられません。

「どうしてボクが、こんなガキどもに…!」


小さく、素早(すばや)く、正確(せいかく)に、何度も斬りつける、モモニンジャー。

「わたしたちは、確かに、あなたに比(くら)べ、覚悟が足りませんでした」


そこに、アオニンジャーが続いたぞ。

「しかし、貴様は、ラストニンジャの掟(おきて)に縛(しば)られ、じいさんの世界から、抜け出すことはできなかった」


!!


突如(とつじょ)として、空中(くうちゅう)に、キ&シロが出現(しゅつげん)。

クルルっと回転して、新月の肩(かた)に斬りつける。


キニンジャーは言います。

「今、ボクたちは、覚悟を決めたんだ!」


シロも続けるぞ。

「わたしたちがすべきことは、ひとつだけ!」


キ&シロで、ダブル・ローリングソバット!


転(ころ)がる新月に、スターニンジャーが言い放(はな)った。

「あっしらは、ラストニンジャの掟すらも、越(こ)えやす!」


〆(しめ)はもちろん、この人。

アカニンジャーだ。

「それで、じいちゃんの先を…いや、違う道を、行く!」


仮面(かめん)の下は、どんな形相(ぎょうそう)だ?

新月よ。

「ボクに…このボクに…説教(せっきょう)なんか垂(た)れやがって!」


さあ、新シュリケン忍法で、やっつけちゃいましょうか。


心をひとつに!

刀をひとつに!


「新シュリケン忍法 奥義」

「衝撃爆裂斬(しょうげきばくれつざん)!」



大きなエネルギーが、新月を貫(つらぬ)いたぞ。


衝撃爆裂斬!


??


新月の体から、何かが漏(も)れ出ている。


これは、忍タリティ。

旋風の忍タリティか。


実(じつ)は少し前に、旋風が駆(か)け付(つ)けていました。

「オレの…忍タリティ!?」


それに気づいたアカニンジャーが、叫んだ。

「親父(おやじ)、今だ!」

「胸(むね)を張(は)って、取り戻せ!」



「そうだな」

旋風には、こみ上げるものがあった。

「オレは…」

「オレは…」

「忍者だ~~っ!!」



新月から旋風に、忍タリティが戻りました。

やっとやっと、元の場所に。


!!


さらに、アカニンジャーが持っていた封印の手裏剣にも、変化が。

これは…。


我慢(がまん)ならないのは、新月です。

「このままで…」

「このままで…終わると思うな!」



まだ戦うつもりか。

立つのが、やっとだぞ。





と、その前に、影(かげ)が飛び出した。

「若殿(わかどの)!」

蛾眉雷蔵だ。

「ここはいったん、お引きください」

戦おうとする新月を、いさめる。

「わがままは、お控(ひか)えください!」

そして、ライバルに、挑戦状(ちょうせんじょう)を叩(たた)きつけます。

「伊賀崎の!」

「待っていろ」

「次に会った時は、全身全霊(ぜんしんぜんれい)で、おまえらをつぶす!」



こうして、新月と雷蔵は、消えた。




旋風は、喜(よろこ)びであふれています。

「みんなのおかげで、力が戻った」

「みんな、ありがとう」



でも、八雲は言うのでした。

「いや、礼(れい)を言うのは、こっちだ」


あの時の、旋風の言葉。

夢は最初から、暗くて見えない。

だからこそ、覚悟ができた。


「すべて、おじさんのおかげだよ」と、凪(中村嘉惟人)もニッコリ。


キンジは、たのみました。

「旋風様。今こそ、あっしらの先輩(せんぱい)として、力になってくださいやし」



旋風の差し出した手に、みなが手を重ねた。


まるで、それは、手裏剣のよう。

人と人とのつながりでできる、大きな手裏剣だ。


きずなの手裏剣







スーパー戦隊V CINEMA&THE MOVIE Blu-ray BOX 1996‐2005 (初回生産限定)



スーパー戦隊V CINEMA&THE MOVIE Blu-ray BOX 2005‐2013 (初回生産限定)






[第45話 後半のあらすじ]


好天 vs 牙鬼幻月。


上級シュリケン忍法の連発(れんぱつ)でも仕留(しと)められなかった好天は、一転、劣勢(れっせい)に。

圧(お)されに圧されて、ついに、地(ち)に伏(ふ)してしまった。


「ラストニンジャも、ここまでのようだな」と、幻月。


!!


その幻月の胸に、炎が命中しました。


見上げると、そこには天晴たちが。


好天も驚き、見上げます。

「旋風…!」

「どうして、おまえまで!?」

「まさか…!」



きりりと うなずく、旋風。

「その、まさかだよ!」

「みんなのおかげで、力が戻ったんだ!」



「ごめん、じいちゃん」と、天晴は声を張った。

「オレ、じいちゃんの言ってた覚悟ってのが、できてなかった」

「でも、ようやく、できたぜ!」

「新しいラストニンジャの歴史(れきし)を作るっていう、覚悟がな」


天晴だけでなく、全員が同じ気持ちのようだ。

「じいちゃんは、間違ってない」

「それをこれから、証明(しょうめい)する!」



「言うようになったな」

好天は心底(しんそこ)、うれしそう。

「旋風、これを使え!」

そして、忍者一番刀を投げた。


となれば、あとはこれか。

天晴は、さっき変化した忍シュリケンを、旋風に渡しました。



ここで、牙鬼幻月が吼えたぞ。

「そろったな、伊賀崎一族」

「まとめて、叩(たた)き潰(つぶ)してくれる!」



「そうはいかぬわい」と、好天。

ジャンプ一番、崖(がけ)の上へ。


さあ、一族で変身だ。

親、子、孫、三代、勢揃(せいぞろ)い!


<ザ・変化(へんげ)>

<ニンニンニン>

<ニンニニンニン>

<ニンニンニン>

<ニンニニンニン>

「シュリケン変化!」

<ニンジャー ワオ!>


8人で、名乗(なの)りだ!


彩(いろどり)の星! スターニンジャー!

揺らめく霞! モモニンジャー!

ひとひら風花! シロニンジャー!

きらめきの凪! キニンジャー!

轟け八雲! アオニンジャー!


ここからは、レッドの 3連発だぞ。


暴(あば)れてアッパレ!

切り裂く旋風!

果てなき日輪(にちりん)!

トリプル・アカニンジャー!


忍びなれども、忍ばない!

忍びなれども、パーリナイッ!


手裏剣戦隊、ニンニンジャー!

一族そろって、いざ勝負!


親子三代変身

名乗り

忍ぶどころか、暴れるぜ!


忍ぶどころか、暴れるぜ!!!


続く…





<感想>


どうも、九衛門 あらため 新月が、おかしい。

幻月がラストニンジャを倒そうとするのに対し、新月はラストニンジャの力を奪うのを目的としているようにみえるぞ。

単に倒すだけじゃないようだ。


それに、「ボクは妖怪の力を手に入れ、人間であることを捨てたんだ」と言った。

幻月の息子なら、はなから妖怪じゃないのか?

本当に、血のつながった息子なのだろうか?



新月の最終目的は、何なんだろう?

ラストニンジャの力で、何をしたいんだ?

「キミたちとボクとでは、覚悟の次元が違うんだ!」

新月の覚悟とは?


キンジに抱いた共感…。

それが、カギになるかも。

同じ境遇といえば…。


もしそうなら、好天への憎しみもわかるし、終わりの手裏剣の使い道も…。





手裏剣戦隊ニンニンジャー シュリケン合体 DXゲキアツダイオー



手裏剣戦隊ニンニンジャー シュリケン合体 DXライオンハオー



手裏剣戦隊ニンニンジャー シュリケン合体 DXシュリケンジン






来週のニンニンジャーは――


ニンニンジャー 来週の予告

第46話「終わりの手裏剣、目覚める!」


とうとう、残り2話。

伊賀崎一族と、牙鬼軍団が、ぶつかり合う。


新月の気になる言葉。

「古き世界は、滅びるんだ」


ついに、終わりの手裏剣が…。






今週のおまけ













<<「ラストニンジャ伝承の秘密 vs 晦正影の最期/第44話」
   「好天の秘密 vs 新月究極態&赤いキツネ/第46話」>>



 → 「手裏剣戦隊ニンニンジャー 目次」



「手裏剣戦隊ニンニンジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」



 → 「獣電戦隊キョウリュウジャー 目次」
 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」
 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」
 → 「烈車戦隊トッキュウジャー レビューの目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  手裏剣戦隊ニンニンジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


手裏剣戦隊ニンニンジャーの第45話を見ました。 忍びの45 親子三世代!ニンジャ全員集合 天晴はラストニンジャになるためには、先代を倒し忍タリティを奪い取らなければならないという掟を霞達に告げる。 「いえ、謝る必要はありません。私達も天晴くんと同じです」 「おじいちゃんを倒して力を奪うなんてできないよ…」 「でも、そんな試練があるなんて知らなかった…」 「何故好天...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■