ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
手裏剣戦隊ニンニンジャー

忍びの22「超合体! 覇王シュリケンジン」(7月26日)


妖怪ヌリカベ 登場。

(遮断機より誕生)



(ネタばれ注意)


雑賀鉄之助から、新しい忍シュリケンが送られてきた。

けれど、なぜか、超合体できません。

その原因は、八雲ともキンジにあり?



スーパー戦隊シリーズ 手裏剣戦隊ニンニンジャー Blu‐ray COLLECTION 1 [Blu-ray]





[前半のレビュー]


あっ!

天晴(西川俊介)が、サッパリしている!

まさか、先週(せんしゅう)の面接(めんせつ)を受(う)けに行くのか?


ではなくて、妹(いもうと)の風花(矢野優花)に、髪(かみ)を切ってもらったようです。

夏ですからね、短く、涼(すず)しく。


「夏といえば、お中元(ちゅうげん)だ」

そう言いながら現(あらわ)れたのは、ふたりの父・旋風(矢柴俊博)。

天晴たち宛(あ)てに、荷物(にもつ)が届(とど)いたようです。


誰(だれ)からだろう?

(マスオさんなら、ゆすっただけで、中身が分かるのに)


差出人(さしだしにん)は、雑賀鉄之助(板垣瑞生)でした。

手紙が添(そ)えられています。


前略(ぜんりゃく)、ライオンハオーは元気(げんき)でやっているだろうか?

日サロや反省会にばかり行ってないだろうか?

あんな性格(せいかく)のオトモ忍だ。何かと問題(もんだい)はあるだろうが、伊賀崎のみんなと、うまくやっていることを願(ねが)う。

ライオンハオーの力をより引き出すために、新(あら)たな忍シュリケンを作ってみたので、使(つか)ってくれ。

(なお、お代は口座に振り込んでおいてください)

(旋風さん、ハムじゃなくて、ごめんなさい)



前にもらったのは、黄色(きいろ)いやつ。

オトモ忍シュリケン 覇王(はおう)だ。

ライオンハオージョウを召喚(しょうかん)し、ロボ形態(けいたい) ライオンハオーに変形できる。


今度のは、赤。

超合体忍シュリケンだ。

ライオンハオーが合体するわけだから、チョー強くなりそう。



なんて言っていたら、街(まち)にガシャドクロが出現(しゅつげん)。

天晴たちは変身し、オトモ忍を召喚。出撃(しゅつげき)したぞ。


シュリケンジン、バイソンキング、ライオンハオーが、そろい踏(ぶ)み。

さっそく、新しい忍シュリケンを使うぞ。

イケイケドンドン合体だ!


だ!



だ?


ライオンハオーの頭が飛んだだけ?

何じゃ?

何じゃ何じゃ?


ともかく、目の前の敵(てき)を倒(たお)さないと。

ここは、シュリケンジンとバイソンキングで。


うなれ、シュリケンジン ドラゴバースト!

ほえろ、バイソン 荒(あら)くれバスター!


2つの必殺技(ひっさつわざ)で、ガシャドクロを粉砕(ふんさい)。

勝利(しょうり)だ!



牙鬼軍団(きばおに ぐんだん)の闇屋敷(やみやしき)。


ガシャドクロの敗北(はいぼく)に、有明(ありあけ)の方(かた)は、怒(いか)り心頭(しんとう)だ。

「く~~っ! あっさり、やられおって!」

「この程度(ていど)の怖(おそ)れの力では、まったく足(た)りん! 貸(か)せい!」


怖れを貯(た)めるヒョウタンを奪(うば)い、乳液(にゅうえき)のように、顔に塗(ぬ)りだしました。

「小じわが…ああ、小じわが増(ふ)える」


「おやめください! 貴重(きちょう)な怖れの力を!」

何とか止めようとした十六夜九衛門(いざよい きゅうえもん)ですが、有明の方についているジュッカラゲに止められてしまいました。


晦正影(つごもり まさかげ)は、進言(しんげん)します。

「奥方様(おくがたさま)。(これだけ前に出て、奥方とは、これいかに) むやみに、ガシャドクロを呼(よ)んだだけでは、あまりにも無謀(むぼう)でござりまするぞ」


が、有明の方は言うのでした。

「晦。美(うつく)しさを保(たも)たねば、復活(ふっかつ)された おやかた様に、顔向(かおむ)けできぬではないか」

そして、九衛門に言った。

「そこのキツネ! 手段(しゅだん)は選(えら)ばぬ。これまでより、10倍(ばい) 多い怖れの力を集(あつ)めるのじゃ」

「オホホホのホ」



先週、正影が困(こま)っているのを見て笑(わら)っていた九衛門ですが、自分も困らされるはめに。



忍者道場(にんじゃどうじょう)でも、困ってますよ。

何で、合体できなかったんだろう?


初期不良(しょきふりょう)?

雑賀鉄之助に限(かぎ)って、それはなさそう。


使い方が、まずかったのだろうか?

でも、マニュアルなんてないしな。

電話するサポートもない。

ジョイント部分に、フ~ッと息(いき)をかけたら、直(なお)るだろうか?

って、ファミコンか!


八雲(松本岳)は言います。

「原因(げんいん)は、ライオンハオーだな」


キンジ(多和田秀弥)も、同じ意見(いけん)のようだ。

「気まぐれなオトモ忍で、ございやすからねえ」


「それは、どうかな?」

そう言ったのは、妖怪じじい 好天(笹野高史)。

いつの間(ま)にかいて、麦茶(むぎちゃ)なんか飲んでるし。

誰にも気づかれないとは、さすが、ラストニンジャだ。

好天は言ったぞ。

「合体が成功(せいこう)しないのは、八雲、キンジ、おまえたちふたりが原因じゃ」

「天晴のように、ライオンハオーを使いこなしてみよ」

「まあ、できればの話じゃがな」

「では、諸君(しょくん)…チャオ~♪」


ふたりを挑発(ちょうはつ)すると、消(き)えちゃったぞ。


八雲は、カチンときているようです。

「言ってくれるじゃないか、じいさん」


好天を慕(した)うキンジでさえ、ムッとしてます。

「天晴 坊(ぼっ)ちゃんにできて、あっしらにできないと決めつけられるのは、納得(なっとく)しかねやすね」

(納得しかねて、納豆食う。ネバネバ)


と、天晴が、こんなことを言い出した。

「おっ。じゃあ、使ってみっか」



というわけで、ライオンハオーを使いこなせるか、実験(じっけん)です。


まずは、スターニンジャーが、超絶勝負(ちょうぜつしょうぶ)チェンジャーを装着(そうちゃく)したぞ。

「超絶変化(ちょうぜつへんげ)!」

<ザ・超絶>


が、変化なし。

忍シュリケンの回転(かいてん)は、すぐに止まっちゃいました。


アオニンジャーがやっても、同じ。

何にも起(お)こりません。


アオは、チェンジャーの中の獅子王(ししおう)に言いました。

「どういうつもりだ? マジメにやれ!」


と、獅子王が返したぞ。

「なんかさ~、おまえら。おもしろくないんだよ」

勝手(かって)にアオニンジャーの腕(うで)から離(はな)れ、霞(山谷花純)の方(ほう)へ。

「オレは、こっちのお嬢(じょう)ちゃんの方がいいぜ~」


が、「わたしは、ご遠慮(えんりょ)します」と、はたかれてしまいました。


超絶勝負チェンジャーは、凪(中村嘉惟人)にぶつかり、風花の方へ。

風花の腕に、装着(そうちゃく)されちゃったぞ。

<ザ・超絶>

って、勝手に超絶変化?


あらら、生身の風花が、甲冑(かっちゅう)を装着。

風花超絶になっちゃった。


風花超絶


なるほど!

超絶になれるかどうかは、獅子王 次第(しだい)なのか。


でも、その気がなかった風花は、「なにこれ?」状態(じょうたい)。


八雲は、怒(おこ)ってますよ~。

「こっちは真剣(しんけん)にやってるんだ! ふざけるな!」と、風花の腕(うで)をとりました。

といっても、風花に怒っているのではなく、チェンジャーの中にいる獅子王に言っているのです。


が、すまして、獅子王は言うのでした。

「つまり、ふざけているオレの方が、おまえらなんかより、強いってわけだな~」

完全(かんぜん)にバカにしてますね、これは。


カチンときたキンジも、風花の腕をとりました。

「上等(じょうとう)で~ございやす!」

もちろん、言っている相手(あいて)は、獅子王。

「意地(いじ)でも、使いこなしてみせやしょう」


「いや、オレが先(さき)だ。貸せ、スター」と、八雲。


キンジも、ゆずりません。

「あっしが先に決まってるでございやしょう」


こうして、風花の腕のとり合いに。

本当(ほんとう)はチェンジャーですが、まるで、風花のことで争(あらそ)っているみたいな感(かん)じに。

(わたしのためにケンカは止めて~! 状態だ)

やれやれ…。


つか、いまだに、八雲はキンジを「スター」って呼んでるんですね。

みんなは、キンちゃんとかキンさんだけど。


!!


忍者スターバーガーが反応(はんのう)。

妖怪出現か。



街に、妖怪とジュッカラゲが現れた。

遮断機(しゃだんき)から生まれた、ふみ切戦士 シャダーン 妖怪ヌリカベだ。


妖怪ヌリカベ


有名な妖怪であるヌリカベ(塗壁)。今では大きな壁(かべ)に手足がついているイメージですが、江戸時代の絵巻(えまき)などでは、三つ目の大きな獅子(しし)の姿(すがた)で描(えが)かれています(上の3枚目の画像)。


「カ~ベドン、カベドン!」

「食らうでごわす!」

「ヌリヌリ、カベカベ~!」

「ド~ン!」


妖怪ヌリカベが、術(じゅつ)を発動(はつどう)。


すると、街の人々が、白い壁に囲(かこ)まれてしまいました。

(黄色い壁なのに、白壁整形。関西人にしか分からない)


鹿鷹実業大学の赤本を持っているビリギャル風(ふう)の学生(がくせい)さん(宮澤じゅり)の壁には、「偏差値(へんさち)40UP(アップ)」という文字(もじ)が。

「うわあ…ムリ!」

受験生(じゅけんせい)の女の子は、へたりこんじゃったぞ。

「こんなの、乗(の)り越(こ)えられるわけない」


プロポーズしていたカップル(市原佳祐、齋藤綾乃)も、壁に囲まれてしまった。

壁の文字は、「親の反対」。

これが現実(げんじつ)の壁なのかと、打(う)ちひしがれています。

しかも、「浮気性(うわきしょう)」という壁に、男性の方が吹(ふ)き飛(と)ばされてしまった。


十六夜九衛門が、有明の方に説明(せつめい)します。

「あのヌリカベは、人生(じんせい)の壁を作りだし、人々に絶望(ぜつぼう)を与(あた)える妖怪でござります」


有明の方は、歓喜(かんき)。

「なるほど。絶望が、最高(さいこう)の怖れを生み出すのじゃな」

「よいぞ、よいぞ、キツネ」

「あっ、よいぞ! あっ、よいぞ!」


ジュリアナ扇子(せんす)で、踊(おど)っています。


(ごっついキャラやで)


!!


ニンニンジャー参上(さんじょう)!

まずは、ジュッカラゲに斬(き)りかかった。


おっと、アオとスターは、ヌリカベを挟(はさ)み撃(う)ちだ。


反撃(はんげき)する、ヌリカベ。

「いきなり現れて、おいどんヌリカベのジャマをするとは、無礼(ぶれい)なやつでごわす!」


(九州地方の妖怪だから、この話し方なのかな)


これに、スターニンジャーさんは大喜(おおよろこ)び。

「うっひょ~! 有名妖怪(ゆうめいようかい)ヌリカベさんで~ございやしたか!」


が、アオニンジャーが斬りかかったので、写(しゃ)メはムリなようだ。

しょうがないから、スターも戦うことに。


!!


むっ!

アオとスターが、ピンク色のビームで撃(う)たれた。


(まさか、モモニンジャーが)


「わらわの潤(うるお)いの時をジャマしおって、この忍び風情(ふぜい)が!」

撃ったのは、有明の方のようです。


アカニンジャーが見上げて、叫(さけ)んだぞ。

「カリアゲの方だ!」


「そうそう。首がスース―…って、誰がカリアゲじゃ!」

ノリツッコミをみせる、有明の方なのでした。

気(き)を取(と)り直(なお)して、自己紹介(じこしょうかい)。

「わらわこそ、戦場(いくさば)に輝(かがや)きし美魔女(びまじょ)、有明の方!」

ヌリカベに命(めい)じます。

「おい、壁! さっさと小生意気(こなまいき)な忍びどもを始末(しまつ)せぬと、城壁(じょうへき)にするぞ!」


それは困るということで、ヌリカベは技(わざ)を発動。

「フミフミキリキリ~! だんふみふみ


アオとスターが、踏み切りに囲まれた。

かと思ったら、ヌリカベが突進(とっしん)。

ふたりは吹き飛ばされてしまいました。

これがウワサの電車道(でんしゃみち)か。


地面(じめん)を転(ころ)がり、八雲とキンジは、変身を解除(かいじょ)させられてしまいました。


そこに、ヌリカベが術を発動。

「ヌリヌリ、カベカベ~!」

「ド~ンッ!」



四方(しほう)から白い壁が出てきて、八雲とキンジは、閉(と)じ込(こ)められてしまったぞ。


ヌリカベの声が響(ひび)きます。

「これは、人生の壁でごわす」

「越(こ)えられない壁を前に、絶望するしかないでごわす」



壁に浮(う)かんだ文字は、「天晴」。

ふたりにとって、越えられない壁は、天晴なのか。


「乗り越えられないだと? 笑わせるな!」

八雲は、五トン忍シュリケンを忍者一番刀(にんじゃいちばんとう)にセット。

<木の術>

「シュリケン忍法 ツルツルツタの術!」

<もくもくじゃ>


地面から生えたツルの上にのり、壁を越えようとします。


が、天晴という文字が飛び出てきて、頭にゴッツン。

落下(らっか)して、地面に叩(たた)きつけられたのでした。


今度は、キンジだ。

五トン忍シュリケンを借(か)りて、術を発動。

<火炎(かえん)の術>

「シュリケン忍法 火の術!」

<めらめらじゃ>


火炎で壁を焼(や)こうというわけか。


しかし、火炎が壁に弾(はじ)かれ、ふたりを襲(おそ)った。

焼かれたのは、八雲とキンジの方でした。


外のヌリカベは、嘲笑(あざわら)います。

「カ~ベドン、カベドン!」

「おはんらの人生の壁は、硬(かた)くて高~い!」



が、簡単(かんたん)に あきらめるふたりでは、なかったんだな~。


「まだまだでございやす!」と、キンジ。


八雲も誓(ちか)う。

「必(かなら)ず乗り越える」

「タカ兄(にい)という壁なら、なおさらだ!」




壁の外では、有明の方も参戦(さんせん)。

扇子で舞(ま)うようにして、戦ってるぞ。

オホホホホ! と笑いながら。

「ウッフ♪」と、手からビームまで発射(はっしゃ)。

アカ、キ、シロ、モモを、圧倒(あっとう)します。


(あっとう、あっとう、阿藤快)

(なんだかな~!)



倒(たお)された4人でしたが、一番先に アカニンジャーが立ち上がった。

「こうなったら、超絶変化だ!」


けど、超絶勝負チェンジャーがありません。

そう、八雲たちに渡(わた)したままなのです。


「アッハン♪」

有明の方が、扇子からビームを発射。


何とか避(よ)けようとした4人でしたが、これが追尾型(ついびがた)で、直撃(ちょくげき)を受け、炎に包(つつ)まれたのでした。



一方、壁の中では、八雲とキンジが脱出(だっしゅつ)を試(こころ)みています。


壁を駆(か)けあがろうとしたり、水の術を使ったサーフィンを試(ため)したり。

しかし、天晴という文字にジャマされ、うまくいきません。

どうしても、はね返されてしまう。

本当に、高い壁だ。

手強(てごわ)い。


と、超絶勝負チェンジャーから、獅子王の声が。

「忍びの目の前に、壁ができたって?」

「へえ~! カッコイイ!」



「何だ? 突然(とつぜん)」と、八雲。


キンジが説明します。

「今のはですね、『壁』と『塀(へい)』と『囲(かこ)い』をかけた、落語(らくご)の小話(こばなし)のネタで~ございやすよ」


「壁と塀と囲い?」

八雲は怒った。

「今、それどころじゃないだろ!」


が、獅子王は言います。

「お堅(かた)いやつらだ」

「やっぱ、天晴に比(くら)べりゃ、おまえら、つまんねえよ」



ムッとする、八雲。

「それほどタカ兄がよければ、後でとことん、付(つ)き合(あ)ってもらうんだな」


獅子王が聞いたぞ。

「そいつぁ~、オレを使いこなすのは、あきらめたってぇ~ことか?」

「まっ、それならそれで、いいけどな」

「おまえらは、頭の回転こそ速(はや)いが、超(ちょう)カチンカチンに固(かた)いな」



人生とは、分からないものです。

まさか、この言葉(ことば)がヒントになろうとは。


八雲とキンジが、同時(どうじ)に言った。

「カチンカチンに固い?」

何かひらめいたようだぞ。


まずは、八雲が動く。

「シュリケン忍法、ドロドロの術」

<どんどんじゃ>

地面を、ドロドロにしました。


お次は、キンジ。

「シュリケン忍法、風の術」

<ハリケーンじゃ>

風を起こしましたが、何をするつもりなんだ?


八雲は言った。

「硬い壁なら、やわらかくすればいい」

「高い壁なら、くぐればいい」

「壁を乗り越えるのは、やめた」

「要(よう)は、突破(とっぱ)すればいいんだ」



ヌリカベのあきれた声が聞こえます。

「トンチをやってるんじゃないでごわす」

「ふざけるんじゃないでごわすよ!」



ニヤリとして、キンジが言った。

「つまり、ふざけてるあっしらの方が、おめえさんなんかより、強いってわけでございやすよ!」


どっかで聞いたセリフですね。


獅子王も笑ってら。

「ふふふふ…言うじゃねえか」

「おもしろくなってきやがったな、おまえら」






手裏剣戦隊ニンニンジャー写真集 忍ばずワッショイ!



「スーパー戦隊」 40周年!【特大両面ポスター付き】 (別冊宝島 2371)



池田工業社 機動戦士ガンダム ビームライフル型ウォーターガン







[第22話 後半のあらすじ]


アカニンジャーたちは大苦戦(だいくせん)。

有明の方と、そのお付(つき)のジュッカラゲたちに、圧(お)されています。

これはピンチ ―― って、ん?

地面がドロドロに?

かと思ったら、今度(こんど)は竜巻(たつまき)が。


!!


八雲とキンジが、飛び出てきたぞ。

さらに、ヌリカベまで。


「待(ま)たせたな」と、八雲。


キンジもニヤリ。

「もう、だいじょうぶで、ございやす」


優勢(ゆうせい)だった有明の方でしたが、小じわと ほうれい線が気になったので、帰っちゃいました。

気まぐれね~。


あとは、ヌリカベに任(まか)せる。


「気に入ったぜ、おまえら」

どうやら、獅子王は、八雲とキンジを認(みと)めたようです。

「さあ、オレを使え」


おっ!

となれば、アオニンジャー超絶?

それとも、スターニンジャー超絶?

(管理人はオゲレツ?)


が、八雲は言った。

「使え。タカ兄」

「今(いま)はまだ、タカ兄に託(たく)してやる」

「オレたちはちゃんと、タカ兄を乗り越えた時に使う」



キンジも言いました。

「今日(きょう)のところは、天晴坊ちゃんが、かわいがってくださいやし」


「なんだよ? オレはペットか?」

獅子王は、ぶーたれた。


さあ、超絶変化だ。

<ザ・超絶>

<チョーゼツ ニンジャー>


八雲とキンジも変身。

<ザ・変化> & <ザ・チェンジ>


これで、6人がそろいました。

まだ見習(みなら)いですが、侮(あなど)れませんよ~。


壁があったらぶっ壊せばいい、アカニンジャー!

時には壁をくぐればいいんだ、アオニンジャー!

壁についての攻略本(こうりゃくぼん)買わないと、キニンジャー!

いつかは壁ドンされたい、シロニンジャー!

壁? 分析(ぶんせき)して分解(ぶんかい)しちゃいましょうか、モモニンジャー!

ふたりなら壁も攻略(こうりゃく)できやしょう、スターニンジャー!


忍びなれども、忍ばない!

忍びなれども、パーリナイッ!

手裏剣戦隊、ニンニンジャー!


「忍ぶどころか~」

アカレンジャー超絶に続くのは~


アオだ!

「暴れるぞ!」


スターも!

「暴れやしょう!」


さあ、いっちゃいなさい!


ジュッカラゲは仲間(なかま)に任せ、アオとスターはヌリカベを攻撃(こうげき)します。

借(か)りは、しっかりと返さないと。


スターニンジャーに発射台(はっしゃだい)になってもらい、アオニンジャーが背面(はいめん)ジャンプ!

ヌリカベの頭に、蹴(け)りを叩(たた)き込(こ)んだ。


今度は、アオニンジャーが台になります。

スターがアオの肩を蹴り、大ジャンプ。

からの~、袈裟斬(けさぎ)りだ!


これはガードされましたが、今度は左右から同時に、斬る!


アオ&スター コンビネーション


その後ろに控(ひか)えていたのは、アカニンジャー超絶。

放(はな)て、連続火炎手裏剣(れんぞくかえんしゅりけん)!


さらに、超絶ダッシュから~、パンチだ!


アカニンジャー超絶 ダッシュ&パンチ


が、こいつ、硬いぞ。

さすが、ヌリカベだけある。


(くそ~。ブル・ガンダーみたいな顔しやがって)


ここで、アオニンジャーが前に出た。

「イージーにいかないなら、難(むずか)しくやってやろうじゃないか」

おっ!

今日は、いつもと違(ちが)いますね。

「タカ兄、オレたちが武器(ぶき)になる」


スターニンジャーも、のったぞ。

「そいつぁ~、ロッケンロールでございやすね!」

アカニンジャー超絶に聞きます。

「まさか、耐(た)えられないとは言わないでございやしょう?」


「当たり前だろ!」と、アカニンジャー超絶。


さあ、何が出る?


アオとスターが叫んだ。

「二刀流手裏剣斬(にとうりゅうしゅりけんざん)!」


アカが重(かさ)ねる。

「超絶斬り!」


なんと、アオとスターが、手裏剣のように回転!

それをアカが投(な)げる。

そして、斬撃(ざんげき)を加えた!


2つの人間手裏剣と、炎の斬撃が命中(めいちゅう)!


「おはんら…カッコイイでごわす~」

感心(かんしん)しながら、ヌリカベは爆発(ばくはつ)。


ニンニンジャーの勝利(しょうり)だ。


二刀流手裏剣斬 超絶斬り!



おっと、いきなりの巨大化復活(きょだいかふっかつ)。

ヌリカベは、怒っているようだぞ~。

「おはんら全員(ぜんいん)、人生の壁に、ぶち当ててやるでごわす!」


となれば、こっちは召喚だ。

来い、ライオンハオージョウ!

城(しろ)のような外観(がいかん)の、動く要塞(ようさい)。

すぐにライオン変化し、ライオンハオーに。


いきなりの大技、大手裏剣クラッシュ!


!!


なんと、ヌリカベは、これを防(ふせ)いでみせた。

「叩いても届(とど)かない、ヌリカベシールドでごわす」

防御力(ぼうぎょりょく)、高いぞ。


そこに、シュリケンジンとバイソンキングも駆けつけた。


アオニンジャーが叫ぶ。

「タカ兄、さっきの新しい忍シュリケンを使え!」


スターニンジャーも言った。

「今度は、うまくいくと思いやす」


さあ、今度は成功(せいこう)なるか!





あっ、ライオンハオーの首が飛んだ。

これじゃあ、さっきと同じ?


いや、違う。

アオとスターは気づいたようだ。


ライオンハオーの胴体(どうたい)をつかみ、回転させたぞ。


さらに、バイソンキングが分離(ぶんり)し、新しいパーツに。

ライオンハオーと合体する。


胸(むね)には、シュリケンジンが、おさまった。


これが、覇王シュリケン合体だ!


覇王シュリケンジン、神々(こおごお)しく降臨(こうりん)!


柔軟(じゅうなん)に対応(たいおう)したアオとスターに、獅子王も感心しています。

「やるなあ、おまえら!」

「頭もいい具合(ぐあい)に、とろけてきたじゃねえか!」

「これなら、オトモなれども暴れるぜ~!」



キャタピラ走行(そうこう)で、突進(とっしん)だ!

両手に持った、大筒(おおづつ)を連射(れんしゃ)。

あの強固(きょうこ)なヌリカベシールドを、打(う)ち壊(こわ)したぞ。


おっしゃあ!

このまま、超絶イケイケドンドンだ!


覇王シュリケンジンから、シュリケンジンが飛び出した。

そのシュリケンジンから、シノビマルが射出(しゃしゅつ)される。

さらには、アカニンジャー超絶が飛んできた。


みるみる変わる~

姿こそ~

雄々し、勇まし、燃える~、ニンニン~



3段発射だ!

アカニンジャー超絶が、ヌリカベの遮断機を斬り落としたぞ。


さあ、決めちゃいましょう!

新必殺技!

覇王アッパレバスター!


全砲門(ぜんほうもん)から、撃て撃て、撃て~ぃ!


七色のエネルギーを喰らった、巨大化ヌリカベ。

「今まさに、おいどん、カベド~ンされてるでごわす~!」

粉々(こなごな)に、吹っ飛ばされたのでした。


よっしゃあ!

忍ばず~、ワッショイ!


覇王シュリケンジン


3段発射


覇王アッパレバスター!


壁がなくなったことで、受験生のギャルも、やる気を取り戻したようです。

カップルは、それぞれの両親に、ごあいさつ。

多少もめても、何とかなるでしょう。



霞は、八雲とキンジに言った。

「おふたりとも、覇王シュリケンジンを扱(あつか)えたのですから、ライオンハオーさんを使いこなせたと、言えるんじゃないですか?」


でも、八雲は言うのでした。

「いや、まだまだだ」

「な? キンジ」



キンジも、うなずく。

「そうでございやすね」

「天晴坊ちゃんには、必ず、追いつきやすよ」



天晴は、受けて立ちます。

「おう、望(のぞ)むところだ」


と、凪が気づいたぞ。

「っていうか、ヤッくん。今、キンさんのこと、キンジって呼んだよね?」


照(て)れる八雲に、霞は言いました。

「新たな欧米(おうべい)コンビの第一歩です」

(目指せ、上方漫才大賞!)


キンジは喜んでるみたいですね。

「頑張りやしょう。ヤッキー」と、ウインク。


あらら、新しいニックネームが決まったのか。

八雲は、ヤッキー。


みんなが茶化(ちゃか)すと、八雲は逃げちゃいました。

これもまた、成長(せいちょう)…か。





<感想>


「高い壁なら、くぐればいい」

「壁を乗り越えるのは、やめた」

「要は、突破すればいいんだ」


落語家の月亭八方さんも言ってました。

壁があったら、避ければええねん。

挑むのも人生。だけど、横からひょいと回るのもまた、人生。

何が正解かは、分かりませんね。

人生、いろんなやり方がある。


獅子王というイレギュラーな存在が、ニンニンジャーに新風を吹きいれているようです。

お堅い人間にやわらかさが加われば、すごい成長。

補完されたことになる。


来週は霞姉さんらしいけど、どうなるかな。

すでに、強いですが。





手裏剣戦隊ニンニンジャー シュリケン合体 DXライオンハオー



超合金Walker

手裏剣戦隊ニンニンジャー パワーアップブレス 超絶勝負チェンジャー






来週のニンニンジャーは――


ニンニンジャー 来週の予告

第23話「夏だ! 忍者キモだめし」


忍者肝試し開催!

ひょっとして、霞の弱点なのか?


八雲の落ち武者、怖い。






今週のおまけ

左上:ビリギャル?
右上:宮澤じゅりさんだ。

左中:ノリツッコミする、奥方様。
右中:このポーズも、カッコいいぞ!

左下:サッパリした天晴。
右下:何! 衣装が違う?













<<「野球対決 北別府浩二 vs 有明の方&妖怪バク/第21話」
   「霞の弱点は幽霊? vs ユキオンナ/第23話」>>



「手裏剣戦隊ニンニンジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」



 → 「獣電戦隊キョウリュウジャー 目次」
 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」
 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」
 → 「烈車戦隊トッキュウジャー レビューの目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  手裏剣戦隊ニンニンジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


手裏剣戦隊ニンニンジャーの第22話を見ました。 忍びの22 超合体!覇王シュリケンジン 鉄之助がライオンハオーの力をより引き出すための新たな忍シュリケンを作ってくれ、天晴達はシュリケンジンドラゴ、バイソンキングで試してみるが、ライオンハオーと合体することはできずに終わってしまう。 「あれ、これで終わり?合体しないの!?」 八雲とキンジは天晴のようにライオンハオーを使い...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■