ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
なぜ、夏に行うのか?

暴れん坊将軍との意外な関係。

「たまや~」と大声を出す理由。

水面に大花火?

室内用がある?

掃除も仕事。



「ビーバップ! ハイヒール」より、「世界が驚く! ニッポンの花火」

解説 カシコブレーン:花火写真家の冴木一馬さん


花火のふしぎ 花火の玉数は数え方しだい?美しい花火の基準とは? (サイエンス・アイ新書)



<花火のルーツ>

なぜ、花火は夏なのか?


1732年、大飢饉とコレラにより、1年間で90万人以上が犠牲となった。

亡くなった人たちの供養と悪霊退散のために、八代将軍 徳川吉宗は、飛騨の国から仮面の忍者を呼んだ 隅田川花火大会を開催させることにしたという。(大川端の川施餓鬼)

(次の年、両国の川開きの日に、水神祭を開催。花火を打ち上げた)

この花火大会が毎年7月に開かれたため、「花火=夏の恒例行事」というイメージとなったらしい。




<たまや~! という かけ声>

なぜ、花火の時、「たまや~!」と大声で言うの?


隅田川花火大会では、橋を挟んで、鍵屋弥兵衛と玉屋市兵衛が、花火の技を競い合っていました。

この時の応援の掛け声が、「たまや~!」「かぎや~!」。

両者は交互に打ち上げるので、観客はよいと思った方の屋号を、大声で叫んだといわれる。

ちなみに、玉屋市兵衛はもともと、鍵屋の番頭だった。それが暖簾分け(分家)により、新しく玉屋を創業。

しかし、その玉屋は、一代限りとなる。


1843年、玉屋は大火事を起こしてしまい、江戸から追放されてしまう。

以降、隅田川の花火大会は、鍵屋が独占することに。

当然、かけ声は「かぎや~!」一色に染まるはずだった。

ところが、見物人たちは「たまや~!」を連呼。玉屋の花火をまた見てみたいと、「たまや~!」と掛け声をあげたのです。

一方、鍵屋は悲しみにくれたという。

この時、鍵屋が作ったのが、「しだれ柳(冠菊)」。悔し涙を表現したものだといわれている。



<産地>

花火の産地が集中しているのは、なぜ?


関ヶ原の戦いで、徳川に味方した藩だけに、火薬の取り扱いが許された。

なので、新潟など、一部地域に花火師は集中している。


特に、徳川家と縁がある地では火薬の規制が緩かった。

家康の生まれた愛知県岡崎市では、花火が伝統地場産業になっている。



<筏(いかだ)ごと爆発>


熊野(三重県熊野市の七里御浜海岸)では、筏ごと爆発させる花火がある。

打ち上げずに、水面で爆発。


花火 水上イカダ爆破


3尺玉で筏ごと爆発させるのは、全国でも熊野花火大会だけ。

「三尺玉海上自爆」と呼ばれ、三尺玉の重さは 250kg。直径600m の花火が、海上に広がる。



<室内花火>


室内で打ち上げられる花火がある。

花の大きさが1m ほどしかないので、狭い場所でも(理論上は)打ち上げ可能。

「バ~ン!」ではなく、「スポン!」という感じ。

まだ実験段階で、商品化はされていない。





花火の本―線香花火から、仕掛花火のスターマインまで





<掃除も忘れない>


花火で出た破片・ゴミなどは、花火師さんたちが終わってから回収する。

大会は夜にあるので、花火師さんたちは深夜12時ごろまで掃除するそう。

熊野の海上自爆も、筏をロープでつないでおり、沈んだ部品を回収している。





 → 「プチ好奇心・教養に関するアーカイブ」




関連記事
[サイト内タグ]:  テレビ    ビーバップハイヒール



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■