ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
手裏剣戦隊ニンニンジャー

忍びの18「八雲が愛した妖怪」(6月28日)


妖怪オトロシ 登場。

(芝刈り機より誕生)



(ネタばれ注意)


八雲が、敵妖怪の虜に。

恋の奴隷になってしまったのだろうか?



スーパー戦隊シリーズ 手裏剣戦隊ニンニンジャー VOL.1 [DVD]





[前半のレビュー]


キンジ・タキガワ(多和田秀弥)が帰(かえ)ってしまったので、忍者道場(にんじゃどうじょう)は、すっかり静(しず)かになってしまいました。

ハワイから、絵葉書(えはがき)が届(とど)いています。

どうやら、本当に、アメリカに行っちゃったようですね。(常磐ハワイアンセンターではないようだ)



!!


ガマガマ銃(じゅう)が、反応(はんのう)したぞ。


天晴(西川俊介)、凪(中村嘉惟人)、風花(矢野優花)、霞(山谷花純)は、急いで出動。


あれ?

八雲(松本岳)は?

と思ったら、妖怪(ようかい)の目の前にいます。


妖怪は叫(さけ)んだ。

「ドド~ン! オレ様に、ひれ伏(ふ)せ!」

「オトロシ様の誕生(たんじょう)だ!」



上半身(じょうはんしん)のほとんどが、頭と顔です。

両手(りょうて)と口に、鋭(するど)い刃(は)がついているぞ。

いったい、何から生まれたのだろう?


妖怪オトロシ


モチーフとなった妖怪「おとろし」も、巨大(きょだい)な顔と長い黒髪(くろかみ)が特徴(とくちょう)。前髪(まえがみ)の たらし方も、そっくり。

百鬼夜行(ひゃっきやこう)にも参加(さんか)する、代表的(だいひょうてき)な妖怪だ。名前の通り、怖(おそ)ろしさを具現化(ぐげんか)したものかもしれない。


八雲は、もらした。

「これは…。イージーな敵(てき)じゃないな!」



アカニンジャーたちが駆(か)けつけると、すでに、アオニンジャーが妖怪と戦っていた。

が、ちょっと、圧(お)されているみたいですね。


さっそく、4人は、加勢(かせい)に向(む)かったぞ。


ジャンプして高台(たかだい)に移(うつ)る、妖怪オトロシ。

「このオトロシ様に、おまえらが勝つことは、あり得(え)ない」

アカニンジャーに向かって、術(じゅつ)を発動(はつどう)だ。

「オトロシビーム!」


!!


目から発(はっ)せられた光線が、アカニンジャーに命中(めいちゅう)しました。


と、おかしなことが起(お)こった。

アカニンジャーが、仲間(なかま)に銃を向けたのです。

「オトロシ様、ご命令(めいれい)を」


オトロシは命(めい)じた。

「やつらを倒(たお)せ!」


「合点承知(がってんしょうち)。オトロシ様のためなら…」

なんと、アカニンジャーが仲間に、銃を発射(はっしゃ)。

さらに、斬(き)りかかってきたぞ。


どうやら、オトロシビームには、相手(あいて)を操(あやつ)る効果(こうか)があるようです。


こりゃピンチ…

かと思ったら、そうでもなかった。


すぐに、アカニンジャーは、へたり込(こ)んでしまったのです。


「効力(こうりょく)が切れたか」と、オトロシ。

「ならば、次は、おまえだ!」

続いて、シロニンジャーに、オトロシビームを当(あ)てたぞ。


「オトロシ様は、わたしが守(まも)ります」

あらら、シロニンジャーまで低(ひく)い声(こえ)になっちゃって。

「いざ、勝負(しょうぶ)!」

仲間に、襲(おそ)いかかってきた。


これは困(こま)ったぞ。

さすがに、風花を傷(きず)つけるわけにはいきません。

(天晴なら、ええんかい!)


でも、だいじょうぶでした。

すぐに、術は解(と)けてしまったのです。


被害(ひがい)は、アカニンジャーが燃(も)えただけですんだ。

(よかった、よかった)

(もともと熱血で、燃えてるし)



「タイムアップか」と、オトロシ。

「オレ様としたことが、どうも、本調子(ほんちょうし)ではないようだ」

「出直(でなお)すとしよう」


オトロシは大ジャンプを繰(く)り返(かえ)し、撤退(てったい)してしまいました。


ん?

アオニンジャーが、ヘンなこと言ったぞ。

「カーリー…」


カレーのことか?

それとも、インド神話の女神?




いったん、忍者道場に戻(もど)り、作戦会議(さくせんかいぎ)です。

霞が中心(ちゅうしん)になって、分析(ぶんせき)する。


弱点その一、操る時間には限(かぎ)りがある。

(そして、顔がデカい)

弱点その二、一度にひとりしか操ることができないようだ。

(そして、髪に うるおいがない)


実験娘(じっけんむすめ)霞ちゃんが、作戦を立てたぞ。

まず、誰かが囮(おとり)になって、わざとオトロシビームを浴(あ)びて、操られる。

それを、天晴が抑(おさ)え込(こ)む。

天晴なら誰が相手でも、手加減しないはず 1対1では負けないはずだ。

そして、残りの3人で、オトロシを倒すって寸法(すんぽう)。


問題は、誰が囮になるかってことか。


と、ここで八雲が前に出た。

「その任務(にんむ)、オレが引(ひ)き受(う)ける!」


いつになく、熱いですね。

(天晴の病気が、うつった?)



街に、妖怪オトロシが出現(しゅつげん)。

人々を襲いはじめました。

怖(おそ)れを集めるつもりだな。


おっと、ニンニンジャーが、さっそく到着(とうちゃく)。


作戦通り、まずは、アオニンジャーが飛び出した。


「飛んで火にいる夏の忍びとは、このことだな」

オトロシはもちろん、術を発動。

「オトロシビーム!」


これでしばらく、アオニンジャーは、敵のしもべです。

それを抑(おさ)えるのは、アカニンジャーの役目(やくめ)。


アカニンジャー vs アオニンジャー。

さあ、どっちが勝(か)つか。


その間に、モモ、キ、シロで、オトロシに向かうぞ。

取(と)り囲(かこ)んで、刃(やいば)を叩(たた)き込(こ)め。


防戦一方(ぼうせんいっぽう)になった、妖怪オトロシ。

「これは、たまらん!」

アオニンジャーに、助(たす)けを求(もと)めました。

「おい、青いの! オレ様を守れ!」


邪魔(じゃま)するアカニンジャーの手を振(ふ)り払(はら)い、アオニンジャーは急所(きゅうしょ)にキック。

アカが女の子になったスキに、助けに向かった。

「オトロシ様に手を出すことは、許(ゆる)さん!」


ああ!

作戦は失敗(しっぱい)です。


こうなったら、戦法(せんぽう)を変えないと。


モモニンジャーが指示(しじ)したぞ。

「タイムアップになったら、そのスキを狙(ねら)って、みんなで攻撃(こうげき)を!」


よし!

アオニンジャーが、へたり込んだ。

これで、術は解けたはずだ。


キ、シロが、カラクリヘンゲンの弓(ゆみ)モードをかまえる。

アカとモモは、ガマガマ銃だ。

4人で同時(どうじ)に、シューティング!


!!

??


なんと、アオニンジャーが立ち上がり、4人の攻撃を防(ふせ)いでしまった。

術は解けたんじゃなかったのか?


勝(か)ち誇(ほこ)る、妖怪オトロシ。

「さすが、オレ様だ!」

「操れる時間が、延(の)びたってことだな」



(まさか、ジョースターの血を吸ったのか!)

(そんなの…無理無理無理無理無理!)



オトロシに命じられ、アオニンジャーが仲間に襲いかかってきた。

「オトロシ様には、傷ひとつ、つけさせん!」

完全に、しもべに、なってしまったのだろうか?


火炎(かえん)の術を振(ふ)るい、そのスキに、アオニンジャーは消えてしまいました。

オトロシはすでに、撤退(てったい)しています。


ただ、アカニンジャーは奇妙(きみょう)な違和感(いわかん)を…。

(さっき蹴られた影響ではない)





サウンドハブラシ+替3本セット 手裏剣戦隊ニンニンジャー



ぬらりひょんの孫 ~百鬼夜行の宴~ [DVD]







[第18話 Bパート]


オトロシと八雲は、神社(じんじゃ)にいた。


と、その前に、晦正影(つごもり まさかげ)が現(あらわ)れたぞ。

「見事(みごと)じゃな」

あいかわらず、不気味(ぶきみ)な仮面(かめん)だ。


オトロシは、得意顔(とくいがお)。

「このオレ様にかかれば、たやすいことでございます」


「ホッホッホ…」と、正影は笑っています。

「おまえの力を使い、やつらを潰(つぶ)し合(あ)わせる」

「実(じつ)に、粋(いき)な策(さく)だのう」


八雲の肩(かた)を、錫杖(しゃくじょう)で軽く叩(たた)きました。

「頼(たの)んだぞ、アオニンニンジャー」


(晦正影には、名前をちゃんと呼んではいけない呪いでも、かかってるのか?)


「かしこまりました」

頭を下げる、八雲。


術はやはり、解けてないのだろうか。



でも、忍者道場で、天晴は言った。

「八雲のあの戦い方、本気(ほんき)じゃないような…」

「何か、違(ちが)うんだよな~」



「確(たし)かに」と、霞も言います。

「天晴くんや風(ふう)ちゃんが操られた時は、もっと、容赦(ようしゃ)のない感(かん)じでしたね」


ということは、八雲は操られているわけじゃないってこと?


じゃあ、何で…。


ひょっとして、ひとりしか操れないことを、逆手(さかて)に取ったのか?

八雲を操っている間は、他の人間に術を発動できない。

結果的(けっかてき)に、術を封(ふう)じれるわけか。


でも、霞は、眉(まゆ)をひそめるのでした。

「本当に、そういうことなんでしょうか?」


と、天晴が言った。

「考えても仕方(しかた)がない」

「今度(こんど)、オレが直接(ちょくせつ)、八雲に聞いてやる」




その八雲は神社で、オトロシにマッサージなんかしてます。

操られているのか? そのフリをしているのか?


いろんなところをマッサージしながら、まるで何かを確かめているようです。

ああ、奥(おく)の方(ほう)まで。


はっ!

まさか!


八雲は、こんな妖怪が趣味(しゅみ)なのか?

つまり、惚(ほ)れたってこと?

霞姉にその気がないようだから、こちらに乗(の)り換(か)えたのか?


日が暮(く)れそうな神社で、オトロシの声が響(ひび)きました。

「はあ~♪ ああ、いいぞ~♪」


八雲とオトロシ様


八雲…。

そんな領域(りょういき)に、手を出してしまったのね…。



マッサージしてもらったからか、オトロシの体調(たいちょう)はカンペキです。

心なしか、肌(はだ)つやまで、バツグン。





「見つけたぞ!」

そう叫んだのは、天晴だ。

「オトロシ!」


オトロシは、嘲笑(あざわら)いました。

「愚(おろ)かな、忍びども」

「とことん、潰し合うがいい!」






天晴に向かって、手裏剣(しゅりけん)が飛んできた。


八雲だ!

「言ったはずだ」

「オトロシ様に、傷ひとつ、つけさせないと」



(こいつ、恋の虜か!)

(オトロシ様 >> 敵わぬ恋の霞さん >>>> かくれんぼ趣味の親戚の兄ちゃん)



ああ!

天晴と八雲の戦いが、始まってしまいました。

忍者一番刀で、斬り合う。


といっても、八雲が追い、天晴が防(ふせ)ぐ格好(かっこう)か。


(相手は敵で、しかも、妖怪)

(この恋を、認めていいものだろうか?)



八雲が操られているかどうか見極めるため、凪、風花、霞は、陰(かげ)から見守(みまも)っています。





刀(かたな)を防ぎながら、八雲の首に腕(うで)を巻(ま)きつけ、天晴が小声(こごえ)で聞いたぞ。

(ホントに、愛してるのか?)

「おい、八雲。おまえ、操られているのか?」

「それとも、フリしてるのか? どっちだ?」



「何を言ってる!」

八雲は、天晴の腕を、振りほどきました。

(愛しているに決まってるだろ!)

「問答無用(もんどうむよう)!」

激(はげ)しく、斬りかかります。

倒(たお)れている天晴に、剣先(けんさき)を突(つ)きたてる。

ホントに容赦(ようしゃ)ないぞ。

「オレは、カーリーを…」

「いや、オトロシ様を、絶対(ぜったい)に、守(まも)り抜(ぬ)く!」



カーリー?


霞は望遠鏡(ぼうえんきょう)でオトロシを見て、ハッとした。

「あれは…」

そして、ニッコリ。

「全部(ぜんぶ)、つながりました」

「そういうことだったんですね」


ルンルン気分(きぶん)で、飛び出しました。





忍者一番刀で、霞は、八雲の刀を止めたぞ。

「八雲くん、そこまでです」

「あなたは、操られてなんかいませんね」


みんなが集まったところで、説明(せつめい)した。

「あの妖怪の元(もと)になったもの、それは…」

「八雲くんの芝刈(しばか)り機(き)ですよね?」



「えっ! そうなの?」

これには、オトロシ自身(じしん)も、驚(おどろ)いています。


そう、カーリーというのは、芝刈り機の名前なのです。

<SHIBA SHIBA CARLY(シバ芝カーリー)>


しかも、オトロシには、<YAKUMO(八雲)>と刻(きざ)まれている。


八雲は、妖怪オトロシを愛しているわけではありませんでした。

愛していたのは、芝刈り機だったのです。


恥(は)ずかしいのか、八雲は駆け出してしまいました。

「放(ほう)っておいてくれ! 霞姉!」


それを追いかけ、霞は言った。

(シバカリくん!)

「放っておけません」

(こんなオモシロイこと、イジらないでどうするんです!)

「真相(しんそう)は、おそらく…」

「偶然(ぐうぜん)にも、あなたの芝刈り機に、封印(ふういん)の手裏剣が刺(さ)さり、妖怪オトロシが誕生(たんじょう)してしまった」



あの時、先(さき)にひとりで戦っていたのは、こういうわけだったのか。


霞は言った。

「あの芝刈り機は、八雲くんにとって、とても大切(たいせつ)なものなんですね」


「ああ…」と、八雲も認(みと)めました。

「あれは、オレがハイスクールに入学(にゅうがく)した時に、マミーからプレゼントされたものだ」


(マミーとは母親のことであって、森永マミーのことではないぞ)


「たかが芝刈り機に、そこまで?」

さすがの天晴も、あきれています。


と、八雲が怒(おこ)った。

(うるさいぞ、かくれんぼ野郎!)

「されど芝刈り機!」

「タカ兄には、分かるまい!」



(趣味に生きて、何が悪い!)

(タモリ倶楽部見て、勉強しろ!)

(う…待てよ。となると、大人のかくれんぼも、立派な趣味か)



八雲は言った。

「芝刈り機は、イギリス人の誇(ほこ)りだ!」


すかさず、風花が、小声でツッコミました。

「ヤッくん、イギリス人じゃないし」


芝刈り機は誇り


「すまない」と、八雲はあやまります。

「オレは、操られたフリをして、何とか芝刈り機に戻す方法(ほうほう)を、探(さぐ)っていた」


「はやく、みんなに言えばいいのに…」

霞は、目を細めます。


が、プライドの高い八雲に、それは無理(むり)だったか。

拳(こぶし)を握(にぎ)り、今も悩(なや)んでいる。

「今、オレは、どっちが大切(たいせつ)かを、選(えら)ばなきゃいけない」

「これは、イージーな選択(せんたく)じゃない」

「だが…覚悟(かくご)は決(き)めた」



おっ!

顔を上げたぞ。





八雲は、オトロシの前に飛び出しました。

忍者一番刀をかまえ、忍シュリケンをセット。

<アオニンジャーシュリケン>

<ザ・変化(へんげ)>

<ニンニンニン>

<ニンニニンニン>

「シュリケン変化!」

<アオジャー ニンジャー>


変身したアオニンジャーに、オトロシは言います。

「理由(りゆう)はともあれ、オレ様の味方(みかた)なら、それでいい」

「芝刈り機を守りたくば、忍びの者どもを倒すのだ!」



が、アオニンジャーは決めていたようだ。

「断(ことわ)る!」

ガマガマ銃を、オトロシに向けたぞ。


「おまえの大事な芝刈り機が、どうなってもいいのか!」


オトロシの脅(おど)しにも、アオニンジャーは動(どう)じません。

「かまわない!」

「オレは…」

「オレは、芝刈り機をあきらめる!」


ガマガマ銃をしっかりと握り、シュートだ。


連射(れんしゃ)が命中し、オトロシは落下(らっか)してしまいました。


このスキに、みんなも変身だ。

「シュリケン変化!」


かくれんぼが趣味、暴(あば)れてアッパレ、アカニンジャー!

芝刈り機を愛するヒーロー、轟(とどろ)け八雲、アオニンジャー!

資格取得(しかくしゅとく)が趣味、きらめきの凪、キニンジャー!

兄の面倒(めんどう)を見るのが もはや趣味の域(いき)、ひとひら風花、シロニンジャー!

実験(じっけん)が趣味 うふふ(意味深!)、揺(ゆ)らめく霞、モモニンジャー!


忍びなれども、忍ばない。

手裏剣戦隊、ニンニンジャー!

忍者業(にんじゃぎょう)は趣味じゃなくて、本気(まじ)だ!


ここで敵は、ジュッカラゲ軍団(ぐんだん)を召喚(しょうかん)したぞ。


アカニンジャーは、いつものセリフを。

「忍ぶどころか…」


が、今日は、アオニンジャーだろう。

「暴れてやる!」





手裏剣戦隊ニンニンジャー キャラデコ 生チョコ フローズン・タイプ ( ヒーローダイヤル カード付 )



dビデオスペシャル 仮面ライダー4号[ブルーレイ+DVD] [Blu-ray]






[第18話 後半のあらすじ]


数は多くても、ジュッカラゲは雑兵(ぞうひょう)だ。

いや、ヒトカラゲの強化版(きょうかばん)だから、ハイパー雑兵か。

とはいえ、今のニンニンジャーなら、問題ありません。

モモニンジャーなんか、ジュッカラゲのひとりを台(だい)にして、弓を射(い)ってるし。


が、油断(ゆだん)はできないぞ。

妖怪オトロシがいます。

スキをうかがって、術を発動してきた。

「オトロシビーム!」


でも、狙った相手が悪かったですね。


アオニンジャーは、対応(たいおう)する技(わざ)を用意(ようい)していた。

「シュリケン忍法、鏡花水月(きょうかすいげつ)!」

<じゃぶじゃぶじゃ>


水流(すいりゅう)で大きな鏡(かがみ)を作り出し、オトロシビームを跳(は)ね返(かえ)しました。


鏡花水月


妖怪オトロシは、反射(はんしゃ)した自分のビームを受けることに。

「ああ…ああ…」

「オレ様が、オレ様に、操られるなんて…」



おっ!

ド~ン! ド~ン! ド~ン! と、大きくジャンプしたかと思ったら、ジュッカラゲたちを踏(ふ)みつぶしちゃったよ。


これで残(のこ)りは、オトロシだけだ。


ゆっくりと、アオニンジャーが前に出ます。

「いくぞ」

「忍龍斬(にんりゅうざん)!」


絞(しぼ)り出すような声です。

それだけ、カーリーへの想(おも)いは強いのか。


<ザ・技>

<なんじゃ なんじゃ>

<なんじゃなんじゃ>


アオニンジャーが、剣を振りながら、気をめぐらせます。

蒼(あお)いオーラが、その身を包(つつ)んだぞ。


<忍者一閃(にんじゃいっせん)>


まるで、竜巻(たつまき)!

あるいは、水流!

高速回転しながら、何度もオトロシを斬った!


忍龍斬!


「忍者って、おとろしい~!」

自分の名前をギャグにする、妖怪オトロシ。


背中を向けたままで、アオニンジャーは別(わか)れを告(つ)げた。

「さよなら、オレの芝刈り機…」


オトロシはド~ン! と爆発。

したかと思ったら、いきなりの巨大化復活だ。


アオニンジャーは言いました。

「芝刈り機は、二度壊れる」


「博士の愛した数式」→「八雲の愛した妖怪」

「007は二度死ぬ」→「芝刈り機は二度壊れる」

ということだろうか。


(これも、「青い体験」)

(合掌)



ともかく、オトモ忍の召喚(しょうかん)だ。


シュリケン合体して降臨(こうりん)したのは、シュリケンジンドラゴ!


が、相手の術が、やっかいだった。

「おまえも、操ってやる~!」

巨大化オトロシは、オトロシビームを発射。


これを喰(く)らい、シュリケンジンドラゴは、コントロール不能(ふのう)になってしまいました。


「じゃあ、UFOマルだ!」

ここでアカニンジャーが、空飛ぶオトモ忍を召喚。


入れ替(か)え合体し、シュリケンジンUFOに!


が、あかん! あかん!

すぐに、オトロシビームを喰らってしまいました。


こんな時は、サーファーマルなら、ビームを避(よ)けられるのですが。

でも、好天(笹野高史)が キンジにあげちゃったもんな~。


「ああ~っ!」

アカニンジャーが頓狂(とんきょう)な声を上げたぞ。

「やべえ!」

「シュリケン、渡(わた)しそびれてた」



なんと、本体(ほんたい)はキンジと共にハワイですが、忍シュリケンはアカニンジャーが持ってた。


というわけで、とりあえず、召喚(しょうかん)してみます。

国外(こくがい)だけど、だいじょうぶなのかな?


<ザ・召喚>

<サーファーマル>





波の音が聞こえる。

あっ!

サーファーマルが、やってきちゃったよ。

キンジは訳(わけ)が分からず、目を丸(まる)くしてます。


アロハに、レイ。

右手にハンバーガー、左手にトロピカルジュースって。

キンジさん、あいかわらず、ベタやね。


さあ、合体だ。

シュリケンジンサーファー、波乗(なみの)り登場!


気がつけば、スターニンジャーに変身。

コックピットにいて、目の前には敵が。

「???」状態でしたが、妖怪マニアの血(ち)が騒(さわ)いだぞ。

「妖怪オトロシ?」

「これはまた、レアな妖怪でございやすね~」



と、今度は、アオニンジャーが「!」となった。

「そうだ!」

「スターなら、妖怪と物を分離(ぶんり)する方法(ほうほう)、知らないか?」



ちょっと考えてから、スターニンジャーは答(こた)えました。

「封印の手裏剣を狙えば、分離できる…かもしれやせんね」


封印の手裏剣の場所なら、心当たりがあります。

マッサージしてた時、髪の中で見つけた。


「タカ兄、オレにやらしてくれ!」

アオニンジャーはアカニンジャーを引きずり落とし、神輿(みこし)の上へ。


まずはサーフィンで、オトロシビームを避ける。


狙うのは、額(ひたい)です。


シュリケンジン サーファー波乗り斬り!


三連斬りが決まりました。

額の手裏剣に、ピンポイント。

封印の手裏剣のみが破壊(はかい)され、芝刈り機は元に戻りました。


クールなアオニンジャーも、思わず叫んだぞ。

「Yes!」


忍ばず~ワッショイだ!


シュリケンジンサーファー




愛する芝刈り機が戻った。

八雲はもう、ホクホクです。


でも、ひとりだけ、沈(しず)んだ男が。

「では、あっしは、そろそろ国へ帰りやす」

キンジだ。


でも、八雲が止めました。

「なあ、スター」

「おまえも、あきらめること、ないんじゃないか?」



「そうだね」と、凪も言います。


風花は、こう提案(ていあん)した。

「ねえ、みんなで、おじいちゃんに頼もうよ」


頼むのはもちろん、キンジの弟子入りです。

せっかく、キンちゃんというニックネームも決まったことだし。


「きっと、おじい様も、分かってくれます」

霞はそう言って、微笑(ほほえ)んでくれた。


刺客(しかく)として、散々(さんざん) 引っかきまわした あっしに、こんなやさしさ。

キンジの胸には、こみ上げるものがありました。

これは別に、さっき食べたハンバーガーが消化しきれなかったわけではありません。

「坊(ぼっ)ちゃん、お嬢(じょう)ちゃん方(がた)…」

「かたじけない」

「よろしくお願(ねが)いしやす」


両手を体の横にピッタリとつけ、体を半分に折(お)って、頭を下げました。


さあ、あとは、妖怪ジジイを説得(せっとく)するだけだ。




あれ?

なんか、宿題、出てなかったっけ?





<感想>


操作系の敵に翻弄される、ニンニンジャーたち。

になるかと思ったら、効力が短いから、そんなでもなかった。

かと思ったら、八雲が敵のしもべに。


でも、それは、大切にしている芝刈り機のためでした。

イギリス人が芝刈り機を誇りにしているのかどうかは、知りませんが。

(時速200km の芝刈り機がイギリスにあるという話もあるけどね)


それにしても、霞姉さんの観察眼は相変わらず。

何でも、見抜いちゃうんだから。

敵味方問わず、弱みを握れそう。


そういえば、「WORKING!!」、7月から始まるんだな。





手裏剣戦隊ニンニンジャー シュリケン合体 DXシュリケンジン



手裏剣戦隊ニンニンジャー オトモ忍シリーズ参 サーファーマル






来週のニンニンジャーは――


ニンニンジャー 来週の予告

第19話「探せ! 天空のオトモ忍」


忍者一番刀が、折れてしまった。

カラクリ技師に、修理を頼まねば。


でも、何か、ヘンなキャラが出てきたぞ。

孫悟空? それとも、黒すぎる日焼け歌手?


ついに姿を見せる、天空のオトモ忍。






今週のおまけ

左上:マグネット、ニンニンジャー。(欲しい!)
右上:体も、やわらかい。(欲しい!)

左中:ジュッカラゲが踏み台に。
右中:ハワイアン、キンジさん。

左下:これが、カーリーだ。
右下:ホクホクですわ。













<<「キンジの過去と波乗りサーファーマル vs ウミボウズ/第17話」
   「謎のオッサン獅子王(山形ユキオ) vs 上級妖怪ヌエ/第19話」>>



「手裏剣戦隊ニンニンジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」



 → 「獣電戦隊キョウリュウジャー 目次」
 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」
 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」
 → 「烈車戦隊トッキュウジャー レビューの目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  手裏剣戦隊ニンニンジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


手裏剣戦隊ニンニンジャーの第18話を見ました。 忍びの18 八雲が愛した妖怪 妖怪オトロシが出現し、天晴達が駆けつけると、既に八雲がひとりで戦っていた。 戦いの中、オトロシの妖術により、天晴と風花が操られてしまう。 しかし、操れる時間は長くなく、しかも一度にひとりしか操ることはできないということで、八雲が囮となりオトロシを引きつけることにする。 ところが、操られた八...
[ MAGI☆の日記 ]
 おっと、ナージャさんの悪口はそこまでだ!!(ナニモイッテナイ) いや、もしかしたら我々日本人にはあまり知られていない、イギリスの文化があるんかもしれんけど。つーか、彼はあの芝刈り機を、わざわざイギリスから持ち帰ったんだろうか。そもそもソレ、どこで使って
[ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■