ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
加藤諦三 著「自分に気づく心理学」(PHP)より。



第5章 人を愛し、人から愛される能力

(P180)共生的な親子関係では、親の欲求が優先している



ひと口に「子どもが可愛い」といっても、2つの意味があるという。

 (1) 子どもが存在しているだけで、可愛い。
 (2) 自分の言うことを聞く子どもが、可愛い。


前者には、無償の愛があります。これが、基本的信頼という土台を作ってくれる。一方、後者は、条件付きです。これが子どもの不信を育ててしまう。


条件付きの愛を持つ親は、自分の欲求を優先させます。子どもが何を望んでいるのか? それは問題ではなく、自分がどうしたいか? が第一。なので、子どもが思い通りに動かないと、途端に怒り出す。

そんな監視の目を持ちながら、子どもが何を必要としているかについては、無関心です。「疲れているんだろうか?」「寒くはないだろうか?」、そういうところに意識がいかない。「監視の目」は持つけど、「親の目」は持たない状態。

「自分がどうしたいか?」を優先しつつ、「あなたのためを思って」と言ってしまう。

自分の思いと子どもの思いが必ずしも一致しないことを、理解できません。


これで何が起こるのかといえば、親子の逆転現象が生じます。

普通、子どもは親に対して、無邪気な要求をします。「○○したい」と、素直に言う。親の都合は、あまり考えません。

ところが、ここでは逆になる。

親が無邪気にも自分のしたいことを優先させ、子どもは我慢してそれに従うのです。また、それが続くと、子どもは自分のしたいことを抑圧し、親の気持ちを優先する、そんな をつけてしまう。

このように、共生的な関係では、親が子を必要としているといった関係が構築されてしまいます。「子どものため」と言いながら、親が子どもに理解を強いて、頼っている状態。


共生的な関係にどっぷり浸かっている人は、「どう感じるか? 何を望むか? それは人それぞれだ」ということを、理解できません。口では「分かってます」と言いながら、いつまでも、自分のしたいようにしてしまう。

「いえ、すごく我慢してるんです」といった場合でも、そこにあるのは、自己中心的な我慢。相手のニーズを読み取って我慢しているのではなく、思い込みによる我慢をしているだけ。

望んでないことをされた上に我慢したと言われても、相手は困るだけでしょう。ニーズを読まないというのは、こういうことです。



親と共生的に育った人は、まず自分は自分の欲求を持ってもいいのだということを理解することである。

(P182)



自分の欲求を持つことに罪を感じることはないし、それを表現したからといって、必ずしも他人と敵対するわけではありません。共生的な関係ではそうであっただけで、他で同じとは限らない。世界はもっと、広いのです。


自分をもっと肯定していい。





自分に気づく心理学



信田さよ子講演会「問題を抱えた家族への援助と支援の実際」 [DVD]







<<「第43回 本当の思いやりとは?」│「第45回」>>


 → 「自分に気づく心理学の目次 前半 第1章~第3章」




関連記事
[サイト内タグ]:  自分に気づく心理学



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■