ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
獣電戦隊キョウリュウジャー 第28話

「ブレイブ28 ああトリン! 1おくねんのうらみ」


(ネタばれ注意)


顔出し 水島裕&戸松遥 登場!


<ダイゴ、おまえは何があっても、トリンを信じきれるか?>



トリンの秘密が、カオスによって語られる。

エンドルフの怨みに、キャンデリラの歌声。

追い詰められたトリンは…



スーパー戦隊シリーズ 獣電戦隊キョウリュウジャー VOL.3 [DVD]





[前半のレビュー]


とある芸能事務所(げいのうじむしょ)の一室。

ん?

歌ってるのは、キャンデリラの人間態(にんげんたい)か?


ひと花 パッと咲(さ)きな 黒い花♪

ワクワクする たくらみになら♪

ドンドン ジャンジャン 悪知恵(わるぢえ)がわく♪

ココロの すき間の ワールド~♪



スタッフさんたちは大絶賛(だいぜっさん)なんですが、どうも社長(水島裕)さんは気に入らないようです。

「ダメ、ダメ、ダメ!」と、しぶい顔。

「何なんだよ、もう! もう!」

「帰って!」



(濃いキャラの社長さんだな~)


あら、人間キャンデリラ(戸松遥)、オーディションに落ちた?


おかっぱ頭の社長は、言いました。

「だって、ボクちゃんが探しているのはね、よそのアイドルなんてぶっつぶしちゃう斬新(ざんしん)で刺激的(しげきてき)な子だけなの」


ちなみに、その、よそのアイドルが、こちらの方々。


スーパー戦隊 歴代アイドル


「どっかで見たようなのは…」

社長は胸(むね)の前で、手で大きなバツ印を作りました。

ダメ~ってことですね。


「そりゃ、どっかで見た感じだよね」

そう言ったのは、物陰(ものかげ)から見ていたラッキューロたん。

「人間界の人気アイドルの顔を、コピったんだから」


キャンデリラの人間態、その造型(ぞうけい)は、コピーしたものだったのか。


それはともかく、合格できなかった人間キャンデリラはガッカリ。

「人間の こゆ~い喜びの感情を集めたかったのに!」

激おこ とまではいきませんが、プンプンです。


と、そこに、エンドルフが入ってきました。

突然の、怪物の来訪に、みんなはビックリ。

そんなことにはかまわずに、エンドルフはスタッフを軽く投げ飛ばし、社長に迫(せま)ります。


が、この社長、ただ者ではない。

ブルース・リーに憧(あこが)れる、動けるデブ。

デブゴンなのだ。

いや、太ってないか。

実は、こう見えて、若き鋼鉄聖闘士(スチールセイント)。

「お前を倒して俺が神になる」

いや、オリンピックの関係で、今週はお休みか。


そんな社長の腕をつかむと、エンドルフはキャンデリラの方を振り返り、言った。

「あんたの力を借りたい」


水島裕&戸松遥


これは、きな臭(くさ)くなってきましたよ。



キョウリュウジャーたちの秘密基地(ひみつきち)、スピリットベース。


ダイゴ(竜星涼)たちの獣電池(じゅうでんち)が補充(ほじゅう)され、6本になった。


これに、アミィ(今野鮎莉)も喜びます。

「ワオッ! ウッチーと同(おんな)じ本数になった、イエーイ!」


これを聞いて、ノブハル(金城大和)の目が光ります。

「これで戦いも、よゆうっち~(余裕っち~)!」

1日1オヤジギャグ。チャンスは見逃さないぞ。


これは、プレズオンが宇宙に旅立つ時に持って行った、予備(よび)の獣電池。

それを弥生(飯豊まりえ)が、再調整(さいちょうせい)したものです。

1番から5番の他に、7、8、9番も、数が増えている。


これで戦隊力も、大幅(おおはば)にアップですね。


って、トリンの様子(ようす)がおかしいぞ。

立っているのもやっと という風に、疲(つか)れきっている。

ダイゴたちが心配すると、声を荒(あら)げました。

「何でもないんだ!!」

そうとう余裕(よゆう)がなくなっているように見えます。

「あ…ああ、すまない」

「心配はいらない…」


トリンは基地から出て行ってしまいました。

その際、つぶやいた言葉が気になります。

「そろそろ限界(げんかい)か…」



ダイゴもすぐに追いかけましたが、トリンの姿は見えません。

と、胸のペンダントが光った。

そして見上げると、建物の上にダンテツ(山下真司)の姿(すがた)が。



ダンテツを追う、ダイゴ。


が、ダンテツは言った。

「今は、オレを追うな」

そして、小袋(こぶくろ)を投げました。


中を開けてみると、ペンダントと同じような琥珀(こはく)が3つ入っている。


ダンテツは言った。

「おまえから、それを、トリンに届(とど)けてやってくれ」

「あいつはきっと、涼風(すずかぜ)の谷にいる」



ニヤリとする、ダイゴ。

「やっぱり、親父(おやじ)とトリンは、知り合いだったのか!」


ダンテツは厳(きび)しい顔つきで、問(と)いました。

「ダイゴ、おまえは何があっても、トリンを信じきれるか?」


突然のことでしたが、ダイゴは即答(そくとう)した。

「あったりまえだ!」


するとダンテツは、小さくうなずきました。

「ならば、オレは、おまえを信じよう」


(真司だけに!)


ここでなぜか、ダンテツは、ダイゴに向かってパンチ。

その風圧(ふうあつ)で、ダイゴはよろけました。

そして、立ち上がった時には、ダンテツは消えてしまっていた。


頭をかく、ダイゴ。

「まったく、我(わ)が親父ながら、とんでもねえ人だな」


ダンテツとダイゴ




ダンテツが言った通り、トリンは涼風の谷にいた。


「ジャマしても、いいかな?」と、ダイゴ。

トリンの手に、あの小袋を握(にぎ)らせました。


トリンもすぐに、察(さっ)したようです。

「桐生ダンテツから、あずかったのか?」


「ああ。前にも、親父から、これをもらったこと、あるだろう?」


ダイゴがそう言うと、トリンは うなずきました。

「ああ。かれは、かけがえのない友人だ」

ガブティラの島に 岩を砕(くだ)く旅の青年が現れたと聞き、さらにそれが桐生ダンテツの息子だと知った時、トリンの むね肉 胸は躍(おど)ったという。


「最初から、そう言ってくれても、よかったのにさ」と、ダイゴ。

そして、聞きました。

「何が、あんたの心に、引っかかってるんだ?」

「オレたちにも、教えてくれないか?」



「それは、できない」と、トリンは背を向けました。

「それは、最後の時でいい」と。


トリンにはまだ、みんなに話せない秘密があるようですね。


!!


その時、トリンは、風の音を聞いた。

デーボス軍が暴(あば)れている。

しかも、ここから近い場所で。



逃(に)げ惑(まど)う人々。


カリュードスが、街(まち)を破壊(はかい)している。


避難(ひなん)する人の中に、人気歌手(北川舞)の姿が。


それを見て、あの社長が喜んだ。

「おっ! いいよ、いいよ」

「これでライバルのアイドルイベントは、パーだな」


背中から、喜びのオーラが立ち上っています。

「パー!」

「ざまあみろ!」


おっと、怨(うら)みのオーラまで、出てきたぞ。


(悪い顔、してはる)



離(はな)れた場所のビルで、キャンデリラ人間態とエンドルフが、社長のオーラを吸収(きゅうしゅう)します。

怨みと、喜び。

両方を得られる、一挙両得(いっきょりょうとく)の作戦ですね。


エンドルフは言った。

「他人を妬(ねた)む悪い人間の心なら、それが両方ある」


怨んで → 相手が苦しんでいるのを見て → 喜ぶ。

人間の心のスキを、ついてきます。


と、エンドルフがキャンデリラに、楽譜(がくふ)を渡しました。

「礼と言ってはなんだが、今度は、オレのために歌ってほしい」


真っ黒な楽譜か。

おどろおどろしい。

まだ別に作戦があるようですね。



ダイゴが現場に、駆(か)けつけました。

「そこまでだ、ハンター野郎(やろう)!」

カリュードスに、突っかかります。


「やっと、ご到着(とうちゃく)かヨ!」と、カリュードス。


と、変身した仲間たちも、やって来た。

ダイゴに代わり、5人が戦います。


みんなで斬(き)りかかるも、カリュードスは手強(てごわ)い。

ゴールドの足をとって投げ捨て、グリーンに斬(ざん)。

器用(きよう)にブルーの首にとりつき、頭をポコポコ。

サンボやプロレスの技も使えるのか。

なかなかやります。


ここでブラックが、9番の獣電池にブレイブイン。

さっそく、増えた獣電池を使う気だ。

<ガブリンチョ! パラサガン プレズオン!>

燃(も)える建物に発射し、水で鎮火(ちんか)しました。


それを見て、あの社長は あわてた。

「あいや~! 何すんの、おまえら!」

どうもこの建物、ライバル歌手がイベントをやる予定だった施設(しせつ)のようですね。

「せっかくの火事なのにさ、もう!」とか言ってる。


(愛の戦士の歌をうたっていた人とは思えないな)


それを聞いたダイゴが、社長にたずねた。

「あんたがモンスターに、やらせたのか?」


無邪気(むじゃき)に答(こた)える、社長。

「そうだよ」

でも、すぐに悪い顔になった。

「なのに、ジャマしやがって!」

ダイゴに殴(なぐ)りかかりますが、頭を押さえられ、拳(こぶし)が届きません。

軽くデコピンされ、「あいや~!」と、倒されちゃった。


(大活躍だな、水島先生!)


「人間だって、悪いやつは悪い」と、ダイゴ。

「起きたらちゃんと、責任取らせてやる」


ここでダイゴも、ブレイブイン。

変身して、参戦(さんせん)だ。

となりでピクピクしている社長が、まるで一緒にリズムをとってるみたいになってるぞ。


圧(お)されているキョウリュウジャーたちですが、これで流れが変わるか?


まずは、レッド&ブルーで、同時攻撃です。

レッドは8番、ブルーは7番を使う。

<ガブリンチョ、ブンパッキー!>

<ガブリンチョ、ア~ンキドン!>

「鉄球(てっきゅう) ブレイブフィニッシュ!」

「ハンマー ブレイブフィニッシュ!」


<バモラムーチョ!>

<ブンブ~ン! ドゴ~ン!>

(やきそば バゴ~ン!)

巨大な鉄球とハンマーが、カリュードスを襲(おそ)います。


炎(ほのお)に包まれ、カリュードスは大きく吹(ふ)き飛ばされた。

悲鳴(ひめい)を上げ、地面を転がったぞ。

が、「やるじゃない!」と、まだ余裕がありそう。

間をおかず攻撃をしかけるも、ちゃんと対応してますよ。

「少しはノリがよくなってきたね、ユーたちも!」

軽口をたたきながら、反撃に転じる。

さすが、エンドルフの側近(そっきん)だ。


手強いカリュードスに対し、レッドはパワーアップ獣電池を取り出した。

「ブレイブイン! 来い、ミニティラ!」

<ガブリンチョ! オーバーチャージ!>

召喚(しょうかん)したミニティラを手に、2段変身だ。

首がボキッ!

<クルリンチョ!>

<オ・マツリンチョ・カーニバル!>

「うお~っ、ファイヤー!」

来たぞ、キョウリュウレッド・カーニバル!



トリンは、涼風の谷にいました。

風の音で、みんなの様子を感じます。

「ダイゴ…みんな…」

「そろそろ打ち明けるべきだろうか…」



!!


そこに、エンドルフが現れた。

「レクイエムのはじまりだ」と、まるでトリンみたいに、指を鳴らします。


??


バイオリンの音がする。


エンドルフが渡した、黒い楽譜。

それを前に、氷結城(ひょうけつじょう)でラッキューロが、バイオリンを弾(ひ)いています。

「うわあ…これ、ダークなアレンジっすね」


これは、<喜びの歌>の新バージョン。

いつもは「ホ~ロ、ホ~ロ、ホロビレバ~!」とトンデモナイことを明るく歌ってますが、これは怨み節のように暗く歌う。


ホ~ロホ~ロ ホロボレロ~♪

ホ~ロホ~ロ ホロビレバ~♪

ぬぐい払(はら)えない 悪夢に~♪

胸の中の闇(やみ)が~増す~♪



キャンデリラの歌に、トリンが苦しんでいる。

「魔の歌だ! いかん、このままでは…」


わたしたち 誰もが デーボス♪

欲望を抑えちゃダメ♪

あふれ出す 魔の力♪

叫んで 切って 獣になって♪

腹の底を ぶちまけて~♪



歌に苦しむトリンを、エンドルフが銃で撃つ。

「ガマンは、よくないぜ」

「気分のままに、暴(あば)れろよ」



トリンは、なぶられ放題(ほうだい)だ。


キャンデリラ 喜びの歌




カリュードスに立ち向かう、キョウリュウレッド・カーニバル。

華麗(かれい)なステップで、敵の攻撃をかわします。

ジャンプと共に、後方回転。

空中から放(はな)つのは、ガブガブキックだ!

恐竜が噛(か)みつくように、キックが決まったぞ。


「とどめだ!」

ガブリボルバーと、ガブティラ・デ・カーニバルを合体。

狙(ねら)いを定(さだ)めます。


「そいつは、ノーサンキューだヨ!」

が、カリュードスは逃げてしまった。

ドレッドヘアで穴(あな)を掘(ほ)り、地中へ逃亡(とうぼう)。


キョウリュウレッド・カーニバル&カリュードス


見事 カリュードスを追い払ったダイゴですが、顔色がさえません。

どうしたのかと思ったら、こういうことらしい。

「確かに、カーニバルは強い」

「でも、まだ、エンドルフに勝てる気がしねえんだ」

「まだ何か、でっかい力が眠(ねむ)ってる」

「そんな気がしねえか? ミニティラ」



そうだ! そうだ! という風(ふう)に、ミニティラが鳴きました。

カーニバルにはまだ、使える力があるということか?


!!


空蝉丸(丸山敦史)が、気配(けはい)に気づきました。


現れたのは、ドゴルドだ。

「おめでたいバカどもめ!」と、いきなり罵(ののし)ります。

「おまえらはな、エンドルフの陽動(ようどう)に、引っかかったんだよ!」

「その間に、トリンはさらわれちまったぞ」



トリンが?

でも、なぜ、わざわざ教えてくれるんだ?


腹立たしいぜ! と言い残して、ドゴルドはすぐに消えてしまいました。


ドゴルドの動向(どうこう)は気になりますが、まずはトリンのことだ。

ディノス&チェイスを召喚(しょうかん)し、みんなで捜(さが)します。



◇感想◇


トリンとダンテツは、知り合いでした。

かけがえのない親友だという。


それにしても気になる、ダンテツの言葉。

「ダイゴ、おまえは何があっても、トリンを信じきれるか?」


何があっても?

いったいトリンに、何があるというのだろう?





最近出番の少ないアイガロンですが、今週は中の人が登場。

濃いキャラを、はじけて演技してくれた。

声優さんって、こういうの好きですよね。


明神タケル、一球さん、オタスケマンのヒカル、ときめきトゥナイトの真壁俊、魔法少女シリーズの相手役など、懐かしいな~。

水島さんは、顔出しでもよくテレビに出てた。


サモ・ハンを思わせる演技、堪能させてもらいました。





ディレクターズカット版 獣電戦隊キョウリュウジャー BRAVE PRELUDE(ブレイブ プレリュード) [DVD]



獣電戦隊キョウリュウジャー 変形銃 ガブティラ・デ・カーニバル



竜星涼ファースト写真集「Ryusei」 (TOKYO NEWS MOOK)






[ブレイブ28 後半のあらすじ]


エンドルフに連れ去られた、トリン。

連行(れんこう)された廃工場(はいこうじょう)には、カオスとカリュードスが待っていました。


「やれ」


カオスが命令すると、エンドルフが剣を振り下ろした。

激(はげ)しく火花が散(ち)り、トリンの片羽(かたはね)が切り落とされました。


声にならない悲鳴を上げ、片ヒザをつくトリン。


それを見て、カリュードスが笑った。

「むごいねえ~。痛(いた)そ~!」


「トリン!」

ダイゴたちも、そこに駆けつけます。


トリンの傷(きず)ついた姿(すがた)を見て、みな言葉を失(うしな)い、次いで、怒りに震(ふる)えた。


「貴様(きさま)ら、何て残酷(ざんこく)なことしやがる!」

イアン(斉藤秀翼)も、ガマンなりません。


が、カオスはこう言い返すのでした。

「これを残酷と呼ぶなら、トリンも同じだな」


同じ?

どういうことだ?


カオスは、自分の左肩口(ひだりかたぐち)を指さしました。

「この傷は、トリンより受けたもの」

「はるかな太古(たいこ)、こやつはわたしに、この傷を負(お)わせた」



カオスの背中には、仏像(ぶつぞう)の光背(こうはい)のようなものがある。

ただ、その片方がありません。

それは、トリンにより切り落とされたのか。


「あえて、この傷は、再生(さいせい)させずに残しておいた」と、カオスは語(かた)ります。

「トリンを同じ目に遭(あ)わせてやる その日まで…」

「これぞ、人間の言う怨みというものだ」



エンドルフが言葉を重ねる。

「怨みこそ、おまえたちのブレイブを超(こ)える力」


それをダイゴが、さえぎった。

「そんな薄汚(うすぎた)ねえ力とブレイブを、一緒(いっしょ)にするんじゃねえ!」

「みんな、いくぞ!」



6人そろって、ブレイブイン!

<ガブリンチョ!>

さあ、キョウリュウチェンジだ!

「ファイヤー!」


今日の名乗りは、戦いながらだ。


エンドルフに対し、噛みつくようなパンチを放つ。

牙(きば)の勇者(ゆうしゃ)、キョウリュウレッド!


カリュードスに、至近距離(しきんきょり)からシューティング。

弾丸(だんがん)の勇者、キョウリュウブラック!


力いっぱい、ドゴンとパンチ。

鎧(よろい)の勇者、キョウリュウブルー。


懐(ふところ)に飛び込んで、すばやく切り裂く。

斬撃(ざんげき)の勇者、キョウリュウグリーン!


カリュードスのボーガンを、キックで撃墜(げきつい)。

角(つの)の勇者、キョウリュウピンク!


穏(おだ)やかで、それでいて力強い、大河(たいが)のような剣。

雷鳴(らいめい)の勇者、キョウリュウゴールド!


史上最強(しじょうさいきょう)のブレイブ!

獣電戦隊、キョウリュウジャー!


天怒りて、悪を斬る!


荒れるぜ~、とめてみな!


光るキョウリュウジャー


カオスと戦う、キョウリュウレッド。

が、手の平から放たれた気弾(きだん)で、吹き飛ばされた。


「まだだ!」

足を踏ん張って、レッドはもう一度、アタック。

カオスに攻撃を加えつつ、トリンの元へ。

「トリン! だいじょうぶか!」


フラフラのトリンですが、レッドを突き放そうとします。

「いかん、離れるんだ、ダイゴ!」


と、そこに聞こえたのは、キャンデリラの歌声?


ホ~ロ ホ~ロ ホロボレロ~♪

ホ~ロ ホ~ロ ホロビレバ~♪



って、あっ!


!!!


ななな!

トリンがレッドに、斬りつけた?


いや、トリンも、苦しんでる。

剣を持つ手を、もう片方の手で押さえています。

どうしたんだ、トリン?


ああっ!

横一閃(よこいっせん)、トリンがキョウリュウジャーたちに、斬撃を放ちました。

これをまともにくらい、6にんとも、変身を解除(かいじょ)させられてしまった。


トリン、いったいどうした?


苦しむ、トリン。

自分で自分を、コントロールできないようです。

「みんな、逃げろ…」

「逃げてくれ…!」



ダイゴは気づいた。

歌だ。このイヤな悪の歌が、トリンの心を支配(しはい)しているに違(ちが)いない。


そうしている間にも、キャンデリラ人間態・黒バージョンの歌は止まりません。

ウ~ラ、ウ~ラ、ウラビレロ~♪

ウ~ラ、ウ~ラ、ウラブレバ~♪



ああ、またトリンが、襲いかかってきた。

何とか6人で組みつき、抑(おさ)えつけようとします。


そうしながら、ソウジ(塩野瑛久)がカオスたちに叫(さけ)んだ。

「おまえらの仕業(しわざ)か!」

「よくも、トリンを操(あやつ)ってくれたな!」



っと、そのソウジを、トリンが殴りつけた。

飛ばされたソウジは、ドラム缶に激突。

どえらいことに、なってきたぞ。


「操ってなどおらん」と、カオスは答えた。

「歌はただ、こやつ自身の闇(やみ)を、増大(ぞうだい)させただけ」

「本来(ほんらい)の姿に、戻(もど)してやったにすぎぬわ」



トリンの闇?

本来の姿?


「本来の姿とは、どういう意味だ!?」

そう叫んだイアンも、トリンに蹴(け)られ、ハデに吹き飛ばされた。


「…やはりな」と、カオス。

「まだ聞いてないとみえる」


「やめろ! 言うな、カオス!」

トリンが、あわてています。

秘密を、カオスは知っているのか?


ついに、トリンの秘密が語られる時が来ました。

それも、カオスの口から。

「では、わたしが教えてやろう」


「やめてくれ!」

叫ぶトリンですが、体は言うことを聞かない。

払いのけられたアミィは大きく飛ばされ、ゴロゴロと地面を転がりました。


一方、氷結城のキャンデリラはノリノリ。

悪の歌を、黒く歌う。

命を切って 魔物(まもの)になって♪

オレたちを~ 取り戻せ~♪



カオスは言った。

「こやつトリンは、もともと、我らがデーボス軍の一員」

「我が弟だ」



!!!!!


トリンがデーボスだった?

それも、カオスの弟?


(人間離れした顔してるし、手とかカオスみたいだけど)

(これで、目の下から生えている毛の説明がついた――って、ちが~う!)



ダメージ以上のショックを、メンバーたちは受けた。

一番信頼できる仲間だと思っていた人が、敵の一員…。

にわかには信じられません。


動きが止まったダイゴと空蝉丸を、トリンが吹き飛ばした。


その間にも、カオスは語る。

「トリンは我らを裏切り、恐竜を味方につけた」

「そして、デーボス様のお心を凍(こお)りつかせ、封印(ふういん)した」

「だが、元は、我らと同じ、デーボスの生まれ」

「簡単に、悪魔に戻せる」

「ハハハハ…!」



何とかトリンを抑えつけようとする、ノブハル。

しかし、ひざ蹴りを喰らった上に、背中に強烈な一撃まで。

倒されたところで腹を蹴られ、飛ばされました。


「いいぞ、怨め」と、カオスは笑っている。

「自分たちをダマしていたトリンを」

「おのが運命(うんめい)を!」



「信じない! 信じるもんか!」

揺れる心を、ソウジは必死に止めようとする。

「そんなのおまえの、作り話だ!」


鼻で笑ったカオスでしたが、指をパチンと鳴らした。

と、空間に穴ができて、そこからラッキューロが落ちてきました。

これには、ラッキューロたん本人も、ビックリだ。


「そのままでよい、ラッキューロ」

カオスはラッキューロのガマ口に、手を入れました。

(ラメ、そこは…)

取り出したのは、スクスクジョイロだ。

「見たまえ、キョウリュウジャー」

ゾーリ魔が運んできた花に スクスクジョイロで水をやる、カオス。

「大きくはならんだろう?」

「諸君(しょくん)ら、地球の生物も、すべて同様(どうよう)」

「デーボス細胞(さいぼう)の持ち主しか、復元水(ふくげんすい)は効果(こうか)ないからだ」

「だが、しかし…」



カオスが差し出したスクスクジョイロを、エンドルフが受けとります。

嫌がるトリンに、復元水をかけた。


ああ!


みんなの前で、トリンが巨大化しました。

カオスの言う通り、トリンはデーボスの一員だったのか?


トリンの秘密


巨大化したトリンを見上げながら、カオスはキョウリュウジャーたちに言った。

「これぞ、デーボス軍の一員である何よりの証(あかし)」


決定的な証拠(しょうこ)を突きつけられた、キョウリュウジャーたち。

トリンは本当に、デーボス軍なのか?

夢なら覚(さ)めてほしいところです。


ダイゴは、父ダンテツの言葉を思い出した。

<おまえは何があっても、トリンを信じきれるか?>

あれは、このことを言っていたのか…。


もう一度 トリンを見上げた後、ダイゴはミニティラを呼んだ。

獣電池を抜き、ガブティラに戻します。

巨大化させ、トリンを止めるつもりだ。


動けないでいるみんなに、ダイゴは言った。

「何してる? みんな」

「あの悲しそうな声が、聞こえないのか?」

「キョウリュウジンで、トリンを助けるんだ!」



ハッとする、メンバーたち。

変身して、相棒の獣電竜(じゅうでんりゅう)を呼びます。

カミツキ合体し、キョウリュウジンが登場。

さあ、トリンを止めよう。


巨大化したトリンは、錯乱(さくらん)したように剣を振るっている。

止めたくても、止まらないのです。

トリンの中でデーボス因子(いんし)が、暴れているのだろうか?


コックピットで、レッドが叫ぶ。

「やめろ、トリン! 目を覚ませ!」


キョウリュウジンが、トリンを抱(かか)え込(こ)もうとします。

が、トリンは止まらない。

キョウリュウジンの腕を払いのけると、胸に斬りつけた。


ここでキョウリュウジンは、五連獣電剣(ごれんじゅうでんけん)を装備(そうび)。

トリンの剣を防(ふせ)ごうとします。


そんな中、ピンクが気づいた。

「そうだわ…! ウッチー!」

獣電モバックルで、地上にいる空蝉丸に連絡します。

「確(たし)かラッキューロが、巨大モンスターを元に戻す玉(たま)を、持っていたはずよ」

「それを奪(うば)って!」



「心得(こころえ)た!」

空蝉丸は剣を抜き、ラッキューロの方へ。


が、カリュードスがジャマします。

ボーガンで撃たれ、思うように近づけない。



キョウリュウジンを斬りつけたトリンですが、苦しそうだ。

声にならないうめき声が聞こえます。


剣を振り上げ、トリンが突進する。

これを五連獣電剣で止める、キョウリュウジン。


と、五連獣電剣の刃を、トリンがつかみました。


!!!!


ああっ!

その五連獣電剣を、トリンは自分の腹へ!


トリン vs キョウリュウジン


「これでいいんだ…これで…」


このまま、トリンは死んでしまうのか?


◇感想◇



トリンが、元デーボスの一員?

しかも、カオスの弟?

いったい、過去に何があったのだろう?

理由を知りたいところですが、トリンは五連獣電剣で自らを つらぬく道を選んだ。


秘密を知り、動揺するキョウリュウジャーたち。

ダンテツ言うように、ダイゴたちは、トリンを信じきることができるだろうか?

このピンチに、スピリットレンジャーたちは、どう動く?





って、オープニングと来週の予告で気づいたんだけど、鉄砕先生、毛が生えてない?





獣電戦隊キョウリュウジャー ロケット変形 DXプレズオー




『獣電戦隊キョウリュウジャー』キャラクターブック  KYOURYUU e AMADO!!!













来週の獣電戦隊キョウリュウジャーは――


キョウリュウジャー 予告

ブレイブ29「だいげきとつ! おどれカーニバル」


トリンは死んだのか?

このピンチに、歴代キョウリュウジャーも駆けつける。

カーニバルの超モードを、発動だ!





今週のおまけ

今週のおまけ

左上:おとぼけ、水島裕 社長。
右上:この、この、この!

左下:ダメダメ!
右下:足を見ているのではない。




<<「ミニティラで変身 キョウリュウレッドカーニバル vs デーボ・シノビンバ/第27話」
   「トリン死す? キョウリュウジャーが踊る理由/第29話」>>



 → 「キョウリュウジャー レビューの目次」

 → 「登場人物のまとめ (1) キョウリュウジャー編」
 → 「登場人物のまとめ (2) デーボス編」




「獣電戦隊キョウリュウジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」



 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」
 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  獣電戦隊キョウリュウジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


獣電戦隊キョウリュウジャーの第28話を見ました。 ブレイブ28 ああトリン!1おくねんのうらみ 獣電池の数も増え、ダイゴ達の戦力は大幅にアップした中、トリンは何か辛そう
[ MAGI☆の日記 ]
 まあ、元デーボス軍ってのは何となく予想できたし、鳥類って爬虫類から進化したという説もあるから、てっきり恐竜が絶滅した原因を作ったか何かで、その罪滅ぼしでもしてるのでは...
[ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]
→戸松の歌くる_プロデューサ:ダメダメ、帰って、斬新で刺激的な子だけなのラク)人間のアイドルの顔をコピったんだから エン:あんたの力を借りたい※正確にはアイト...
[ ぺろぺろキャンディー ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■