ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
「斉藤さん2」第3話を見る。


いや~、確認しないって怖いですね。

人の話を聴かないのも、怖い。

頭で描いたストーリーに現実を合わせるのも、怖いですな。

怖い、怖い。




<ストーリー>


子どもたちが、何者かにロケット花火で狙われました。当たり所が悪ければ、ケガするところ。

玉井(南果歩)さんは素行の悪いいつもの高校生を疑り、匿名で高校に抗議。

それを斉藤(観月ありさ)さんがしたものだと勘違いした高校生らは逆恨みし、斉藤さんをロケット花火で襲撃します。これで高校生たちの犯行だと、さらに信じられてしまった。

斉藤さんは、いつもの高校生が犯人なのかどうか疑っていました。でも、本人たちも、学校の先生も、ろくに話を聴いてくれない。子どもたちに聞くと、犯人のことはよく見えなかったということだった。

斉藤さんみたいになりたい摩耶(桐谷美玲)も、独自の調査を続けます。フライパンを持つなどして武装化。真犯人を探そうとするのですが…。





結末はといえば、真犯人は別にいました。

玉井さんらがよく確かめもせず、犯人だと決めつけていた。また、高校の教師も、言い分を聞かず、決めつけた。でも、高校生たちもよく確認もせずに、犯人扱いしたのは斉藤さんだと決めつけていた。

それぞれ、怒るのはもっともだけど、確認しないから、悪くない人を悪者にしてしまったと。


確認したら分かることも、確認しないと分からない。

聴けば分かることも、聴かないと分からない。

決めつけられたら、ゲンナリする。

誰もが加害者になり、被害者にもなるようです。




今、コンプレックスに関する記事を用意しているのですが、それにも「決めつけ」が関係していて、そんな中、「おや?」と意外な一面に注目することが大事になるのです。

物事は、たくさんの要素から成り立ちます。コンプレックスがあると、どうしても、そのうちのひとつだけに注目するようになってしまう。

そんな中、今まで目に入ってなかったその他の現実に気づけるかどうか、それが大事になって来るんですね。



確認しないことは、間違いを生みやすい。

それに、人間を傷つける。

これって大事なことなんですが、なかなか伝わりませんね。





斉藤さん DVD-BOX




お腹ポッコリの高校生、前園冴は、松岡茉優ちゃんか。

「海はないけど、夢はある!」、GTMの埼玉の子ですよね。

ネギの子だ。


いつも、「異常な~し!」とやる、岩田巡査(勝村政信)。

そんな調子なので、なんちゃって警察官のように思われました。

でも、後半の山場で、「異常あ~り!」が出て、パトカーが集合。

岩田の異常ありはただの異常ありじゃないと同僚が判断したところから、この岩田も過去に何かありそうですね。




関連記事
[サイト内タグ]:  斉藤さん  ドラマ



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■