ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
加藤諦三 著「自分に気づく心理学」(PHP)より。



第3章 不安なのは 本当の自分が見えないからである

(P78)心の不安は どこからくるのか



「安心」とは、気にかかることがなく、心が落ち着いていること。不安や心配がないこと。

安心感はどこからくるのであろうか? という問いに、加藤諦三さんはこのように答えています。

「ひとつには他人に干渉されることのない自分の世界を持つところからうまれてくるのであろう」(P78)。人は誰からも覗かれない自分だけの世界を持てた時、安心感を得ることができるというのです。


社会で生きるということは人と関わるということなので、まったく干渉を受けないということは、ないのでしょう。ただ、いつも干渉されると、さすがに堪らないので、これは困る。

いつもの通り、これも、程度問題となります。

なので、チェックポイントとしては、「あまり干渉を受けない保護された時間や空間を持てているか?」ということになる。逆に、ここが侵害されると、あまりよくないと。

1日中 ずっとそうであることは難しいのですが、ある程度持ってないと、身も心も持ちません。


自閉的傾向も、こういうことから生まれているのかもしれません。自分の殻に閉じこもり、外界との関係を断つ。対人交渉を断つ。これは、干渉への抵抗や怖れから来ているのかもしれません。

(*自閉症は、また別です)



干渉されない時間や空間を持てないと、人は安心できない。どうしても、不安になりがち。これが自信のなさともつながり、よりややこしくなるようです。

自信がないから見られるような気がするのか、度々干渉を受けるから自信が育たないのか、これは何とも言えませんが、ともかく、悪循環が生じるのは間違いないようです。

そしてこれが、コミュニケーションにも、いくらかの障害を与えてしまう。

自信がない人はそれを補うために、背伸びしなくてはならなくなる。わたしはこんなに素晴らしいんですよと、説明しなければならなくなります。そして無理をして、疲れてしまう。あるいは、過ぎた誇示が、相手をウンザリさせてしまいます。

特に、投影先として うってつけの人が現れると、この傾向は活性化されるようです。人によっては何ともならないのですが、うってつけの人を見ると、何か言いたくて仕方がなくなる。

「あんな人、たいしたことない」「あれは無価値だ」とか、いつになく攻撃的になります。

これは、自信の無さの裏返し。一種の防衛手段です。明確に意識されない不安を打ち消すために、何か言わないではおれないといった状態。怖れに対する、ひとつの対応策です。



人間は誰しも幾分か、こういった傾向を持つのですが、それが強すぎたり、長期間に及ぶと、困ってくるわけですね。





自分に気づく心理学




子ども力がいっぱい―河合隼雄が聞く「あなたが子どもだったころ」






干渉する人はその気がない場合が多いので、これが困る。

また、干渉され不安になっている人も、それと気づくまでに時間がかかります。

さらには、干渉するしないは相手の問題なので、余計にやっかい。

問題を深くします。





<<「第18回 嫌いな人と離れられない理由」「第20回 心にもないお世辞を言う人」>>




関連記事
[サイト内タグ]:  自分に気づく心理学



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■