ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
獣電戦隊キョウリュウジャー

第11話「ウッチー! クールでござる」のBパート。


<ゴールドは獣電戦隊の影の助っ人ってことね>



空蝉丸のために頑張ろうと思った、アミィ。

そんな時、キャンデリラに親衛隊登場?



獣電戦隊キョウリュウジャー ゲームでガブリンチョ!!





[ブレイブ11 後半のレビュー あらすじ]


アミィは、ダイゴたちと合流(ごうりゅう)しました。

街(まち)の人(ひと)たちはまだ、ヘロヘロのままだという。

モンスターを倒すまで、骨抜きのままのようです。


と、そこにノブハルの声が。

「キャンデリラちゃんの応援(おうえん)を~」

お~エンジョイ!」

「エンジョイ! エンジョイ! エンジョイ!」


って、格好(かっこう)が…。


キャンデリラLOVEと書(か)かれた ピンクのハッピ。

ピンクのカツラまでかぶり、頬(ほお)にはハートマーク。

完全(かんぜん)に、骨抜きにされとる。


ノブハルはキープスマイリング横断幕(おうだんまく)を手にダッシュすると、仲間をグルグル巻(ま)きにしました。

「キャンデリラ様(さま)の役(やく)に立(た)って、ボク、ハッピーです!」

(ハッピだけに)

ダメだ! 完全な洗脳状態(せんのうじょうたい)。

でも、オヤジギャグは忘れない。


と、そこに現れたのは、デーボ・ホネヌッキー。

「全員まとめて、愛(あい)の抜骨(ばっこつ)」

グルグル巻きにされてる みんなの、骨を抜いていきます。

「ワン、ツー、スリー、フォー!」

骨を抜きぬき、ホネヌッキー。


さらに、キャンデリラとラッキューロも登場。


キャンデリラが聞きます。

「ルンルルンル、ル~ン♪」

「キョウリュウジャーのみんな、わたしのこと、どう思う?」



ノブハル、イアン(斉藤秀翼)、ダイゴ、ソウジ(塩野瑛久)は叫んだ。

「キャンデリラちゃん、最高(さいこう)~っ!」

あちゃ~、こりゃもう、親衛隊(しんえいたい)状態だ。

ピンクのハートが出てるし。


ん?

でも、アミィだけは正気(しょうき)ですよ。

「あ~いや~!」

「イアンはともかく、こんなキングやソウジくん、見たくな~い!」



(イアンは、いいんだ)


あれ?

なんで、ピンクだけそのまんま?


すると、デーボ・ホネヌッキーが言った。

「女子(じょし)は無理(むり)です」

「自分、不器用(ぶきよう)な男ですから」



ううっ、こいつも、ヘンキャラだった。

そういうのの方(ほう)が好(す)きだけど。


キャンデリラが命令(めいれい)します。

「仕方(しかた)ないわね」

「じゃあ、普通(ふつう)に、やっつけちゃって♪」



ゾーリ魔の軍団(ぐんだん)が、アミィに襲(おそ)いかかる。

これは、ピンチだ。

みんなは骨抜きで、キャンデリラの虜(とりこ)。



その頃(ころ)、空蝉丸はホクホク顔(がお)で、商店街(しょうてんがい)を歩(ある)いていた。

「う~ん、アミィ殿に選(えら)んでいただいた服(ふく)で、何とも颯爽(さっそう)たる感(かん)じになったでござるな」

侍(さむらい)テーストを残(のこ)しながら、現代風(げんだいふう)に仕上(しあ)がってます。


と、空蝉丸のモバックルに着信(ちゃくしん)が。


アミィが叫びます。

「ウッチー、出番(でばん)よ!」

「みんなが、大ピンチ!」




ゾーリ魔たちから逃げる、アミィ。

と、目の前に、いいものがありました。

「あっ! ちょっと、ゴメンね」

女の子から、一輪車(いちりんしゃ)を借(か)ります。


ここで、思わぬ特技(とくぎ)が出た!

アミィは軽快(けいかい)に、自転車(じてんしゃ)をこぎ出しました。

ゾーリ魔たちの間をすり抜け、蹴散(けち)らしていきます。

バックも、できるよ~!

自由自在(じゆうじざい)、回転(かいてん)だって、お手の物(もの)だ。

ついに その場(ば)にいたゾーリ魔たちを、一掃(いっそう)しました。

「うふふ! ワオ!」

女の子に、一輪車を返(かえ)します。

「ソーリー。サンクス!」


一輪車アミィ


しかし、やはり、デーボ・ホネヌッキーは強かった。

「ホネホネ…ホネッ!」と、手から怪光線(かいこうせん)を発射(はっしゃ)。


アミィは爆風(ばくふう)で、倒れてしまいました。

ひとりでは、ちと厳(きび)しいぞ。


迫(せま)り来る、ホネヌッキー。

うしろには、ゾーリ魔たちまでいます。

こりゃ、ヤバイ。


でも、そこは、アミィ嬢だ。

気丈(きじょう)に立ち上がって、変身します。

「よくも、やってくれたわね!」

「ブレイブイン!」


脚(あし)のホルスターからガブリボルバーを抜き、獣電池をセットする。

「キョウリュウチェンジ!」

ゾーリ魔が襲ってきましたが、アミィは踊(おど)るように蹴り倒す。

スコーピオン蹴りまで出たぞ。

「ファイヤー!」


っと、いきなり撃たれた。

地面を転がる、キョウリュウピンク。


誰の攻撃だ?

って、ダイゴたちじゃん。

ピンクのハッピに、頭にリボンまでつけ、ヘンな顔してピンクに銃(じゅう)を向けてます。

ウチワまで持って、まるでキャンデリラのファンクラブ会員(かいいん)。


ノブハルは言った。

「ピンクは、キャンデリラのイメージカラーだ!」


ダイゴも、キョウリュウピンクに怒(おこ)っています。

「まぎらわしいぜ、ゆるせねえ!」


「みんな、目を覚(さ)まして!」

ピンクは叫びますが、みんなには届(とど)かない。


「ムダよ~♪」と、キャンデリラは笑います。

「見なさい、こいつらの喜びの笑顔(えがお)♪」


ふだんクールなソウジも、完全に心酔(しんすい)しちゃってます。

「オレたちは、愛のしもべさ!」


(一番ギャップがある)
(正気に戻った時、ダメージありそう)


そして、残り3人も、声をそろえる。

「しもべさ!」

ハートをたくさん、出しちゃってるし。


「うっそ~!」

ピンクは、頭(あたま)をかかえました。


キャンデリラ親衛隊?


そこに、デーボ・ホネヌッキーが迫る。

「ホネホネ…覚悟(かくご)!」


!!


突如(とつじょ) 飛び出してきた、金色(きんいろ)の影(かげ)。

ホネヌッキーの前に降(お)り立ったのは、空蝉丸だ。

剣を横(よこ)に振るい、敵を威嚇(いかく)。

ピンクを守(まも)ります。

「我(わ)が恩人(おんじん)に、手出(てだ)しはさせん!」


「あらあら、また出たわね。でも…」

むっ、キャンデリラが何か仕掛(しか)けるぞ。

「怒っちゃイヤ~ン♪」

おっと、空蝉丸を骨抜きにするつもりか?


それに気づいたピンクが叫びます。

「ダメよ、気をつけて!」


が、空蝉丸は、キャンデリラに気を取られてしまった。

「ん?」


そのスキを、デーボ・ホネヌッキーは見逃(みのが)しませんでした。

体(たい)を入(い)れ替(か)え背後(はいご)をとると、骨を抜きにかかります。

「今だ! バッコーン!」


――って、あれれ?

空蝉丸は、何ともない?


骨抜きにされるどころか、反撃(はんげき)に転(てん)じた。

ホネヌッキーに斬りつけ、吹き飛ばしました。


これは、どういうことだ?

なんで、骨抜きにならない?

骨ないの?


ピンクは、気づきました。

「そっか! ウッチー、もともと、女の子 苦手(にがて)だものね!」


そして、ホネヌッキーも、キャンデリラに説明(せつめい)した。

「自分と同(おな)じ、骨太(ほねぶと)なやつはダメですから」


このチャンスを、ピンクは逃(のが)しません。

「じゃあ、あのツボを…」

ホネヌッキーのツボを狙(ねら)って、シューティング。


弾(たま)は命中し、ツボは粉々(こなごな)に砕(くだ)けました。

すると、入れておいた骨(気骨(きこつ)?)が、持ち主(ぬし)のもとへ飛んで行きました。


ダイゴたちにも骨が戻って、みんな正気に戻ります。

4人は奇妙(きみょう)な格好をしているのに気づき、驚(おどろ)いている。


「よかった…」

それを見て、空蝉丸も安心(あんしん)し、笑顔に。


でも、ピンクは小声(こごえ)で注意(ちゅうい)した。

「あっ、ウッチー、ウッチー」

「ここ、キツく 決める!」



ああ! と思い、空蝉丸は指示(しじ)に従(したが)います。

息(いき)を飲(の)んでから、4人に振り返る。

「おなご ひとりを危機(きき)にさらすとは、何とも ふがいないやつらよ」

(ででん!)


そう言われたダイゴらは、下(した)を向くしかありませんでした。


「下(さ)がって見ていろ」

そう言うと、空蝉丸は6番の獣電池を取り出した。

「ブレイブイン!」

ガブリチェンジャーに、セットします。

<ガブリンチョ! プテラゴードン>

「いざ尋常(じんじょう)に、キョウリュウチェンジ」

和風(わふう)ステップで、「ファイヤー!」

変身したら、名乗(なの)りますよ。

「雷鳴(らいめい)の勇者(ゆうしゃ)、キョウリュウゴールド!」

「見参(けんざん)! 天(てん)怒(いか)りて、悪を斬る!」


(べべん、べんべん、べん!)


いきなり雷電砲(らいでんほう)を放つ、キョウリュウゴールド。

これが、ホネヌッキーにダンダンダンとヒットします。

さらにはマントを広(ひろ)げ、空を飛ぶ。

急降下(きゅうこうか)しながら放つのは、「雷電、飛翔斬(ひしょうぎ)り!」だ。


勢(いきお)いは止まりません。

天(てん)に向かって呼(よ)び出すのは、直列獣電剣 ザンダーサンダー。

「獣電池、1本目、装填(そうてん)!」

<ガブリンチョ! ザン>

横一閃(よこいっせん)、ホネヌッキーに胴斬(どうぎ)り。

返す刀(かたな)で、袈裟切(けさぎ)りを左右(さゆう)2発(はつ)。

さらに雷撃をため、カチ上げるように斬る。

「秘技(ひぎ)、雷鳴(らいめい)の舞(まい)!」


さあ、まだまだ止まりませんよ。

「獣電池、2本目、装填!」

<ガブリンチョ!>

回転(かいてん)しつつ、稲妻(いなずま)を呼び込みます。

「ザンダーサンダー 雷電(らいでん)衝撃波(しょうげきは)!」

地面を伝(つた)わり、衝撃波がホネヌッキーを襲いました。


うわ~っ!

ホネヌッキーは、回転して、地面に落っこちた。

痛(いた)そ~っ!


これを見て、キャンデリラが、ゾーリ魔たちを けしかけます。


が、そこに、キョウリュウピンクが割(わ)って入った。

ディノチェイサーに乗って、大ジャンプだ。

「わたしが相手よ! とうっ!」

バイクでジャンプしながら蹴るなんて、スゴイ!


というか、ゾーリ魔が不憫(ふびん)。


キョウリュウピンクは、ノリノリです。

「イ~ハ~!」

ガブリボルバーで、ゾーリ魔たちを焼(や)き払(はら)います。

さらには、バイクを分離(ぶんり)させ、獣電竜にまかせる。

「ディノス、チェイス、お願(ねが)い!」


2体の獣電竜が蹴散らして、ゾーリ魔は一掃されました。


ピンクが、ゴールドに言った。

「どう? わたしも負(ま)けてないでしょ?」


うん と うなずいてから、ゴールドは獣電池を、ピンクに渡(わた)しました。

「拙者、6本 持ってるでござる」


さあ、仕上げに入ります。


ピンクは、獣電池をガブリボルバーにセット。

<ガブリンチョ! ドリケラ ペラペラ~ン>


そしてゴールドは、「獣電池、3本目、装填!」

<ガブリンチョ!>

「稲妻連動(いなずまれんどう)!」


雷撃(らいげき)が、ホネヌッキーに伸びていきました。

これが命中し、ドリルのように、えぐってゆく。


そして攻撃は、まだ終(お)わっていませんでした。

ゴールドとピンクが、必殺技(ひっさつわざ)を重(かさ)ねます。

「獣電ブレイブフィニッシュ!」


まずは、ゴールドから。

「雷電残光(らいでんざんこう)!」

<ザンダーサンダー!>

そして、ピンクはシューティング。

<ドドリーン、ドドーン!>


こんなのを喰らって、だいじょうぶなわけがない。

悲鳴(ひめい)を上げながら、ホネヌッキーは爆発(ばくはつ)しました。


ピンクが、言った。

「ブレイブでしょ?」


新コンビ ピンク&ゴールド


おっと、すぐにホネヌッキーが、巨大化(きょだいか)復活(ふっかつ)。

ラッキューロが、スクスクしたようです。


ここで、キョウリュウゴールドは、プテラゴードンを召喚(しょうかん)。

すぐにカミナリ変形(へんけい)させ、プテライデンオーに。


ポカンと見ていたダイゴたちでしたが、ピンクに言われて気づいた。

「ホントに下がって見ちまってた!」


ハッピを脱(ぬ)いで変身。

ガブティラ、ステゴッチ、ドリケラを呼びました。

合体(がったい)して、キョウリュウジン完成。

さあ、ドンといこう。

「キョウリュウジン、五連獣電剣(ごれんじゅうでんけん)!」

ステゴッチシールドが、頑強(がんきょう)な剣に変形した。


まずは、プテライデンオーが殴りつけます。

ガンッガンッ!


次に、キョウリュウジンが斬りかかる。

この1発目は決まりましたが、2発目のドリル攻撃が防がれた。


ここで、巨大化 ホネヌッキーが前蹴(まえげ)り。

キョウリュウジンを、後方(こうほう)に吹き飛ばします。


入れ替わるように飛んで来たのは、プテライデンオー。

バーニアを吹かし、突進(とっしん)する。

プテラカッターで、すれ違いざまに、ザックーン。

ブレーキをかけると、今度はジャンプして、プテラゴードンに変形した。

空中から、稲妻攻撃だ。


おっと、反対側(はんたいがわ)からは、持ち直(なお)したキョウリュウジンが迫っています。

ゴールドが作ってくれたチャンスに、必殺技を叩き込む。

「獣電剣、ブレイブフィニッシュ!」


さらに、空中からも、必殺技が来た。

プテラゴードンから、またプテライデンオーに変形。

「プテライデンオー、ブレイブフィニッシュ!」


ふたつの必殺技を喰らい、ホネヌッキーも ここまで。

大爆発し、消え去りました。


キョウリュウジン&プテライデンオー




基地に戻ると、ダイゴが言った。

「言い方はキツいけど、空蝉丸の言う通りだ」


ノブハルも、反省(はんせい)。

「うん。今回ばかりは、弁解(べんかい)の余地(よち)なしだよ」


イアンも言う。

「ああ。二度とあいつに、とやかく言わせねえ」


ソウジは、木刀(ぼくとう)で素振(すぶ)りしています。

「文句(もんく)は、強くなって言えってことだよね」


みんなに分からないようにイエス! とガッツポーズをしてから、アミィは言った。

「そうそう!」

「ちょっと感じ悪いけど、敵じゃないし」

「ゴールドは獣電戦隊の影の助っ人(すけっと)ってことね」



これをノブハルは、ちょっと不思議(ふしぎ)に思いました。

「なんかさ、うまく まとめようとしてない?」


と、アミィのモバックルの着信が鳴った。

空蝉丸からですね。

ニコッと笑ったら柱の陰(かげ)に隠(かく)れて、確認(かくにん)。

登録名(とうろくめい)が、ウッチーになってます。


<どうでござったか?>

空蝉丸のメールに、アミィは返信(へんしん)します。

<ぱーふぇくと>


ぱーふぇくとの意味(いみ)は分かりませんが、「カッコいい言葉に違いないでござる」と思う空蝉丸こと、ウッチーなのでした。

笑顔で、モバックルに話しかけます。

「やっていけそうな自信(じしん)が出てきたでござるよ、アミィ殿!」



アミィとウッチー


◇感想◇


意外にいいやつ、空蝉丸。

でも、それを知るのは、アミィだけです。

アミィは隠れて、ウッチーをプロデュースするつもり?

仲間たちの奮起も、促してるのかな?


オープニングにも、空蝉丸が登場。

はにかんだ笑顔を見せてくれます。


来週の敵は、因縁の相手らしい。

おやかた様の敵(かたき)を、討つことができるか?





獣電戦隊キョウリュウジャー カミツキ合体 DXキョウリュウジン




Sunny Side Story(初回生産限定盤)




獣電戦隊キョウリュウジャー カミナリ変形 DXプテライデンオー






来週の獣電戦隊キョウリュウジャーは――


キョウリュウジャー 予告

ブレイブ12「ブットバッソ! せっしゃとキングどの」


ついに空蝉丸が、過去を告白?

ちゃんとみんなと、話せるかな?


見れるか、6人そろったキョウリュウチェンジ。

そして、新ロボ登場、ライデンキョウリュウジン!





今週のおまけ

今週のおまけ

左上:てへぺろTシャツのファン。
右上:アミィの投げキッス。

左中:ピンクの開脚キック。
右中:同じく、ミサイルキック。

左下:魅惑のキャンデリラ。
右下:城に怪獣とは、赤影を思い出す。




<<「喜びの戦騎 戸松遥&デーボ・ホネヌッキー/第11話 前編」
   「好き好きアミィ先生 vs デーボ・タンゴセック/第12話 前編」>>



 → 「キョウリュウジャー 登場人物のまとめ (1)」




「獣電戦隊キョウリュウジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」



 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」
 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  獣電戦隊キョウリュウジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


カオ:食われてくれんかド>カンブリマがとけちまうぜカオ:また用意すればいいキャン)今回は怒りの作戦はお休み、チャンスってことよ凸#トリ:ウツセミマル、アンナ性格ではなか...
[ ぺろぺろキャンディー ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■