ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
獣電戦隊キョウリュウジャー

第3話「ブレイブ3 あばれるぜ! ざんげきのブレイブ」のBパート。


(詳細レビューのため、ネタばれ注意)


高速バイク・ディノチェイサー & ザクトル 登場!


<これが、オレの答えだ。斬撃無双剣!>



父・源流とダイゴが囚われてしまった。

立風館ソウジが、ディノチェイサーで追います。



獣電戦隊キョウリュウジャー 主題歌 《限定盤 獣電池+親子で測れる! 「キョウリュウジャー」身長計付》






「へへへへ…脱走(だっそう)成功(せいこう)!」

勝(か)ち誇(ほこ)る、デーボ・ローヤローヤ。


が、すぐにソウジが追(お)いつきました。

さすがは、高速(こうそく)バイク ディノチェイサー。

そしてソウジも、見事(みごと) 乗(の)りこなしてみせたぞ。

ダイゴの言うように、相性(あいしょう)バッチリかも。


「はぁ~っ、たあっ!」

バイクに乗ったまま、ジャンプ。

ソウジは、ガブリカリバーで切(き)り裂(さ)きました。


転(ころ)がるローヤローヤの前(まえ)で、ソウジは剣(けん)をかまえる。

<父さん、レッド!>

決意(けつい)を胸(むね)に、さあ、行こう!


ガブリガリバーを逆手(さかて)に持(も)ち、ソウジが攻(せ)めます。

防御(ぼうぎょ)しようとするローヤローヤですが、防(ふせ)ぎきれません。

ソウジ、押(お)せ押せだ。


「おまえも、強(つよ)いじゃないか!」

「捕(つか)まえてやるぜ!」


おっと、デーボ・ローヤローヤは、チェーンローヤを取り出しました。

ソウジも檻(おり)に、捕(つか)まえるつもりだぞ。

「監禁(かんきん)!」


かまえる、ソウジ。

気合(きあい)がのります。


そして、牢(ろう)の中のダイゴが叫(さけ)んだ。

「ソウジ、おまえなら、そいつを返(かえ)せるはずだぜ!」


そうです。

前にこの技(わざ)は、源流が返している。

それに、ソウジも気づきました。


<そうだ>

<重(かさ)ね方(かた)が見えた>

<父さんの剣と、オレの剣の!>



!!


ソウジの剣が、チェーンローヤを破壊(はかい)しました。

すごい切(き)れ味(あじ)だ。


その剣を、源流も見た。

「無双剣(むそうけん)と獣(けもの)の剣が、合(あ)わさった!」


「これが、オレの答(こた)えだ」と、ソウジ。

「斬撃無双剣(ざんげき むそうけん)!」


立風館ソウジ 斬撃無双剣


さあ、この機(き)を逃(のが)すな。

攻(せ)める、ソウジ。

ジャンプから、横一閃(よこいっせん)。

緑(みどり)の軌跡(きせき)が、敵(てき)を切り裂く。


「ううっ! 脱獄(だつごく)!」

苦(くる)しむ、デーボ・ローヤローヤ。


肩(かた)の牢屋(ろうや)から、ダイゴと源流が解放(かいほう)されました。


駆(か)け寄(よ)る息子(むすこ)に、源流は笑顔(えがお)で言った。

「おまえの今(いま)の剣、なかなかだ!」

「助(たす)かったよ!」



ガンコ親父が、息子を認(みと)めた。

その間に入ったのは、キングだ。


さあ、ノブハルとアミィも駆けつけましたよ。


だいじょうぶかい?

そう声をかけるノブハルに、ダイゴは言った。

「ああ、ソウジのおかげだ」


アミィも笑顔で言う。

「さすが、ソウジくん」

「キングの見込んだ通(とお)りね」



「そうとも!」と、ダイゴ。

「オレたちは、戦隊(せんたい)だ!」



さあ、いっちょ、いったりましょう!

今日(きょう)は4人で、変身(へんしん)だ。

「ブレイブイン!」

獣電池、セ~ット。

<ガブリンチョ! ガブティ~ラ!>

<ガブリンチョ! ステゴッチ!>

<ガブリンチョ! ザクトル!>

<ガブリンチョ! ドリケ~ラ!>

「キョウリュウチェンジ!」

ラテンのステップで、大地(だいち)を踏(ふ)み鳴(な)らす。

「ファイヤー!」

獣電竜にガブリンチョされ、変身だ。


「聞いて驚(おどろ)け!」

「牙(きば)の勇者(ゆうしゃ)、キョウリュウレッド!」



ダジャレに、ズッコケろ!

鎧(よろい)の勇者、キョウリュウブルー!


斬られて、消えろ!

斬撃(ざんげき)の勇者、キョウリュウグリーン!


蹴られて、昇天(しょうてん)しなさい!

角(つの)の勇者、キョウリュウピンク!


「史上最強(しじょうさいきょう)のブレイブ!」

「獣電戦隊、キョウリュウジャー!」



(今回は、4人だけ)



「さっさと、行っちゃって~!」

デーボ・ローヤローヤは、ゾーリ魔たちを呼(よ)びました。


キョウリュウレッドが、気合(きあい)を口(くち)にします。

「荒(あ)れるぜ~! 止めてみな!」



まずは、キョウリュウブルーだ。

「おりゃ~! よいしょ~!」

力技(ちからわざ)で、ちぎっては投(な)げ、ちぎっては投げ。

「ノブハルボンバー!」

おっと、投げっぱなしの、スープレックスか。


キョウリュウピンクは、やっぱり蹴(け)り技(わざ)だ。

敵の首(くび)を軸(じく)に大回転(だいかいてん)し~の、横蹴り。

ゾーリ魔が、吹っ飛んでいくぞ。


レッドとグリーンは、デーボ・ローヤローヤと戦う。

グリーンが斬れば、レッドがタイミングをうかがう。

「借(か)りるぜ!」

グリーンの背中を借りて、回転。

前に出たら、サマーソルトキックだ。


が、デーボ・ローヤローヤも、負けてはいなかった。

距離(きょり)をとったグリーンに、光線(こうせん)を発射(はっしゃ)します。

「キンキン!」


それを物(もの)ともせず、キョウリュウグリーンが突進(とっしん)する。

勢(いきお)いを殺(ころ)さないまま回転(かいてん)し、豪快(ごうかい)に斬りつけた。


キョウリュウジャー


吹き飛び転がる、デーボ・ローヤローヤ。


「ふたりで、バイクアタックだ!」

ディノチェイサーに、グリーンが またがります。


「なるほど、おもしれえ!」

レッドも、ディノチェイサーに乗り、エンジンをふかした。


左右(さゆう)から、バイクが迫(せま)って来(く)る。

デーボ・ローヤローヤは、両手(りょうて)から光線を発射。

「あっちも、こっちも」

「ダブルで、キンキン!」



でも、そんなことで止まるディノチェイサーじゃなかった。

獣電騎士団(じゅうでんきしだん)の特攻隊長(とっこうたいちょう)だ。


バイクの上で、グリーンはガブリカリバーに、獣電池をセット。

<ガブリンチョ! バモラー!>

「獣電ブレイブスラッシュ!」


レッドは、ガブリボルバーで狙(ねら)うぞ。

「獣電ブレイブフィニッシュ!」


キョウリュウジャー


これで、フィニッシュ。

「そんな…ダッシュに失敗(しっぱい)!」

デーボ・ローヤローヤは、爆発(ばくはつ)しました。


キョウリュウレッドが、バイク上で吼(ほ)える。

「ブレイブだぜ!」



氷結城(ひょうけつじょう)では、ドゴルドが吼えた。

「ラッキューロ、おまえの出番(でばん)だ!」


耳(みみ)をつかまれて、ラッキューロは もうたいへん。

「何? アンラッキュー!」



捕(とら)えられた人たちを助けようとする、キョウリュウジャー。

と、そこに、巨大化(きょだいか)したデーボ・ローヤローヤが出現(しゅつげん)しました。


楽(たの)しみの密偵(みってい)ラッキューロが、スクスクジョイロの復活水(ふっかつすい)で、巨大化復活させたのです。

「大きくなった! 大きくなった!」

「人間ゲット、よろしくね~!」



いつも楽しそうだな、この子は。

カワイイじゃないか。


このままでは、捕まっている人たちが連れて行かれてしまいます。

レッド、ブルー、ピンクは、相棒(あいぼう)の獣電竜を呼んだ。

獣電モバックルから獣電池を取り出し、相棒たちに投げる。


獣電池をガブリンチョし、さあ、獣電竜たちが来ました。

ティラノザウルスのスピリットを持つ、ガブティラ。

ステゴザウルスが進化した、ステゴッチ。

ピンクのトリケラトプスは、ドリケラだ。


さあ、3体(たい)が合体(がったい)します。

噛(か)みついてジョイントする、これぞ、かみつき合体!

出ました、出ました!

ロボットも踊(おど)るよ~、キョウリュウジン!


山を飛び越えるように、ジャンプ。

いきなり、巨大化デーボ・ローヤローヤのバックを取ったぞ。


ここで、グリーンも相棒を呼んだ。

「ブレイブイン! 来い、ザクトル!」


4番の獣電池を受け取るのは、ヴェロキラプトルが進化した、ザクトルだ。

竹林(ちくりん)の奥(おく)から、発進。


飛び跳ねるようにして、ザクトルが来ました。

ホント、身軽(みがる)。

全身(ぜんしん)が、バネのようです。


いきなり回転すると、デーボ・ローヤローヤを切り裂いたぞ。

シッポが、三つ又(また)のソードになってるんですね。

得意技(とくいわざ)は、スピードを活(い)かしたヒット・アンド・ウェイ。


ここで、キョウリュウジンから、ドリケラが分離(ぶんり)。

代わりに、ザクトルが合体します。

ガブリンチョ。

これが、キョウリュウジン ステゴッチザクトルだ。


コックピットに、グリーンも登場(とうじょう)したぞ。

さあ、一気(いっき)に、たたみかけよう!


高速回転する、キョウリュウジン ステゴッチザクトル。

ザクトルのシッポで、敵を切り裂きます。


その間にドリケラが、救助(きゅうじょ)に向かう。

シッポのドリルで穴(あな)を掘(ほ)り、洞窟(どうくつ)の中へ。

牢屋(ろうや)の人々を、救(すく)い出した。


これで、心おきなく、とどめを刺(さ)せます。

行け、キョウリュウジン ブレイブフィニッシュ!


肩のガブティラが、エネルギー球(きゅう)を吐(は)き出した。

それを、左腕のザクトルがまといます。

突進して~の~、切り裂き!


これが決まって、ローヤローヤは消滅(しょうめつ)した。


キョウリュウジャー

キョウリュウジャー


再(ふたた)び、立風館道場。

道場で、源流とソウジが、剣を振るいます。


それを見学する、ダイゴ、ノブハル、アミィ。


一礼(いちれい)のあと、源流が言った。

「よくなってきたぞ、ソウジ」


もう完全(かんぜん)に、認められたようですね。


ソウジは、言いました。

「仲間(なかま)が教えてくれた」

「父さんの剣の基本(きほん)を、ちゃんと身(み)につけなきゃダメなんだ」

「もっと、強くなるために」



「そうか」

源流は、満足気(まんぞくげ)です。

ソウジの肩に手を置き、言った。

「立風館の未来(みらい)は、おまえのものだ」

「新しい技を加(くわ)えて、おまえの信(しん)じた剣に、進化させていくがよい」





源流が行ってしまうと、今度はダイゴが、ソウジの肩を抱(だ)いた。

「よかったな、ソウジ!」

「いい親父さんだ」



ノブハルも言います。

「ソウジくんと、うまくやっていけソウジゃない?」


分かりにくいけど、ダジャレです。


「ありがとう、キング。みんな」

ちょっと照(て)れながらも、ソウジは笑って、礼(れい)を言いました。


「おう、これからも、よろしくな」

大きく手を広(ひろ)げる、ダイゴ。


その横をすり抜けるようにして、アミィがソウジに抱きついた。

「やったー!」

「ソウジくん、はじめて笑ったね!」



アミィの目標(もくひょう)も、達成(たっせい)です。


「別(べつ)に、オレだって、たまには笑うさ」

ちょっと照れてる、ソウジなのでした。


(うらやましい)




その頃(ころ)、イアンは、スピリットベースにいました。

「まっ、せいぜい、仲良(なかよ)くやってくれ」

「オレは、オレだ」



残るひとりは、ガンコそうですよ~。

そして過去(かこ)に、何かありそう。





仲間が自分を信じ、託してくれた。

それを胸に、ソウジは戦い抜きました。


ソウジの剣を獣の剣だと否定していた源流ですが、それだけではないことに気づきました。

確かに、獣のように荒々しい剣です。

でも、その下地には、立風館流無双剣がありました。


源流もまた、気づいた。

息子が伝統に、新たな力を加えようとしていることを。


こうしてまたひとり、仲間との絆が深まりました。

残るは、イアン・ヨークランド。

クセのありそうな男ですが、何を見せてくれるでしょう。

来週も、歴代ブラックが出演してくれるようです。

(髪型が違うから、最初 分からなかった)





獣電戦隊キョウリュウジャー カミツキ合体 DXキョウリュウジン




獣電戦隊キョウリュウジャー ガブルキャノンDXセット




1/35 恐竜世界シリーズ 小型恐竜セット






来週の獣電戦隊キョウリュウジャーは――


キョウリュウジャー 予告

ブレイブ4「うちぬけ! ゆうきのガブリボルバー」


プレイボーイの、イアン。

しかも、拳銃の名手ときている。

でも、敵を見て、様子がおかしくなったぞ。

ダイゴがしかけた危険な賭けとは?


来週は、キョウリュウジン ウエスタンがデビューする!





キョウリュウジャーのおまけ

左上:父、ダンテツ。
右上:一度は喰らいたい? かかと落とし。

左中:ボリュームたっぷり、ニュージーランド風ラム丼!
右中:春田さんも認めた。

左下:かわいいぞ、ラッキューロ。
右下:むぎゅ!




<<「立風館ソウジ&源流 vs デーボ・ローヤローヤ/第3話 前編」
   「イアンと御船士郎 vs デーボ・ドロンボス/第4話 前編」>>





「獣電戦隊キョウリュウジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」



 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」
 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  獣電戦隊キョウリュウジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■