ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
特命戦隊ゴーバスターズ、第43話「Mission43 決意のクリスマス」のAパート。

ケンロイド&タテロイド → ケンタテロイド 登場!

<特命、ヴァグラスを倒し、クリスマスを守れ!>



メサイヤカードがメガゾードと融合(ゆうごう)し、メサイアのメガゾードが生まれた。

それを特命部(とくめいぶ)は、メガゾードζ(ゼータ)と名づけました。

しかし、メガゾード・ゼータは、高いステルス性(せい)のため、どこにいるのか発見(はっけん)できません。

何の動きもないまま、2週間が過(す)ぎようとしていました。

黒木(榊英雄)司令は戦力(せんりょく)の消耗(しょうもう)を避(さ)けるため、警戒(けいかい)はしつつも、特命部を通常態勢(つうじょうたいせい)に戻(もど)しました。



特命戦隊ゴーバスターズ キャラクターソング アルバム





ミホの机(つくえ)の上を見て、黒木司令は「今年も、もうこんな時期(じき)か…」と漏(も)らした。

机には、小さなクリスマスツリーが置(お)かれています。


ミホ(西平風香)は別室(べっしつ)で、作業(さぎょう)していました。

「楽(たの)しみですね、クリスマスパーティー」

みんなで、飾(かざ)り物を作っています。

ミホは、ヨーコ(小宮有紗)に聞いた。

「大南(だいなん)地区の児童(じどう)センターでやるのって、毎年なんですか?」


ヨーコによると、毎年 特命部のみんなで、そうしているのだという。

今年 特命部に入ったミホにとっては、初(はじ)めての経験(けいけん)ですね。

そして、ヒロム(鈴木勝大)とニックも、そう。

クリスマスを家族(かぞく)と過(す)ごせない子どもたちと、一緒(いっしょ)に過ごすことになります。


そんなクリスマス会も、今年(ことし)で13回目だという。

最初は黒木司令とリュウジ(馬場良馬)で、はじめました。


と、そこにヒロムとニックが到着(とうちゃく)した。

ニックは頭に三角の帽子(ぼうし)をかぶり、ヒロムはサンタさんの格好(かっこう)をしている。


「あっ、ヒロム。パーティーは明日(あした)だよ」と、リュウジ。


でも、ヒロムは澄(す)まして言います。

「ええ、衣装(いしょう)合(あ)わせですよ」

「これはクライマックス用で、まあ、ジャグリングはまた別(べつ)衣装にしようかなと」


あとでリハーサルするからと、大ハリキリです。


ヒロムは、コスプレに凝(こ)る性分(しょうぶん)。

さらに、大道芸部(だいどうげいぶ)に所属(しょぞく)していました。

ジャグリングだって、大の得意(とくい)。

なので、こういう会(かい)は大好きです。

みんなが引くくらい、真剣(しんけん)です。


ヒロムは、リカ(吉木りさ)姉さんの絵本を持ってきていた。

子どもたちへのプレゼント用ですね。

って、何で、ニックはヒロムに目隠(めかく)ししているの?

と思ったら、表紙(ひょうし)にニワトリの絵がありました。


それはともかく、みんな楽しみにしています。


クリスマスパーティーの準備
(ヒロムを見るみんなの目が…)


ゴリサキは祈(いの)った。

「このままクリスマスの間、ヴァグラスが動きませんように」

(そして、聖夜は、リュウジと…ウフッ♪)



メガゾード・ゼータは、夕暮(ゆうぐ)れの山にいた。

でも、光学迷彩(こうがくめいさい)により、景色(けしき)に溶(と)け込(こ)んでいます。

レーダーに引(ひ)っかかることもない。


コックピットにいるエスケイプ(水崎綾女)に、メサイアが要求(ようきゅう)する。

「エスケイプ! 早(はや)く わたしを満(み)たせ!」

「もっと力(ちから)を!」



「もう少し我慢(がまん)して」と、エスケイプはやさしく声(こえ)をかけます。

「分かってるのよ」

「パパが、もっとイイモノであることは」

「きっと、そうしてみせるから」



と、そこへ、エンター(陳内将)から通信(つうしん)が入った。

「マドモアゼル、こちらへ」


エスケイプはメガゾードから出て、エンターの前に降(お)り立(た)ちました。


メサイアのカードが2枚同時に目覚(めざ)めそうだと、エンターは言う。

それも、同じ場所(ばしょ)で。

「これがメタロイドに成長(せいちょう)して、人間のデータを集(あつ)めれば…」


エンターの言葉に、エスケイプが重(かさ)ねます。

「パパをもっと、成長させることができる」


ウイ♪ と答(こた)えてから、エンターは赤みがかった空(そら)を見上げて言った。

「いいクリスマスになると思いませんか?」


「ええ、そうね」と、エスケイプも満足気(まんぞくげ)です。



ヒロムたちは、は大南地区の児童センターへ出かけました。

パーティーの準備(じゅんび)をするんですね。

それを、河合ナミエ(秦瑞穂)先生が迎(むか)えてくれます。

ナミエ先生は、今年からの新人教員(しんじんきょういん)だ。


お互いに、よろしくお願いしますと挨拶(あいさつ)。

ナミエ先生によると、子どもたちもすごく楽しみにしているという。


その子どもたちは、ドアの向こうから、こちらを覗(のぞ)いていた。

1年ぶりなので、恥(は)ずかしがっているようですね。

(ゴリラや肉食動物、金ピカうさぎを怖がっているわけではありません)


一度 ナミエ先生は、下がりました。

その後ろ姿を、リュウジがじっと見ています。


なので、ヨーコが言った。

リュウさん、捕まるよ!

「リュウさん、どうかしたの?」


リュウジは首(くび)を少しかしげながら、言いました。

ナミエって、サザエさんっぽくない?

「いや、今の先生、どっかで見たような…」


河合ナミエ(秦瑞穂)先生




街(まち)も、クリスマス一色(いっしょく)。

広場(ひろば)には、大きなクリスマスツリーが。

サンタさん人形は、手を振(ふ)っています。


ナミエ先生は、ユミ(飯島緋梨)とカズ(石川樹)と一緒に、街に出ていました。

きれいだねと、ツリーを見上げる。



倉庫(そうこ)に、日本刀(にほんとう)が置かれていました。

それに、メサイアカードNo.09が融合した。

さらに、西洋盾(せいようだて)に、メサイアカード12が融合。

コンセントからエネトロンを吸収(きゅうしゅう)して、2体のメタロイドが生まれました。

ケンロイドと、タテロイド。


と、そこにエンターが現(あらわ)れた。

触手(しょくしゅ)を2体のメタロイドに伸(の)ばします。

「せっかくならば…」


なんと、エンターは2体のメタロイドを合体(がったい)させた。

(これが、合体ウデスパー)

こうして、ケンタテロイドが誕生(たんじょう)した。



ゴーバスターズに、森下(高橋直人)から連絡(れんらく)が入ります。

とうや地区 T-374ポイントに、メタロイドが出現(しゅつげん)。

ミホによると、敵メガゾードの転送反応も2体あるらしい。


パーティーの準備を一時中断(いちじちゅうだん)し、ゴーバスターズが出動(しゅつどう)する。

早く片付(かたづ)ければ、パーティーができるかもしれない。



ケンタテロイドの出現に、街はパニック。

人々は悲鳴(ひめい)を上げながら、逃(に)げ惑(まど)います。


右側のケンロイドが笑う。

「ハハハハッ! 逃げたければ逃げよ!」

左側のタテロイドも言う。

「どうせ助(たす)からぬが」


まるで、あしゅら男爵です。


ケンタテロイドは、右側がケンロイドで、左側がタテロイドになっている。

声も、ケンロイドが男性で、タテロイドが女性。


右手の剣を振るうと、×(ばつ)の字(じ)型の衝撃波(しょうげきは)が生まれました。

それがビルにぶつかって、上部(じょうぶ)が大きく崩(くず)れた。


そこにゴーバスターズの3人が、駆(か)けつけました。


瓦礫(がれき)の下敷(したじ)きになった人々の うめき声を聞いて、タテロイドは笑う。

「オホホ…よい響(ひび)きじゃ」


リュウジら3人が人々を助けに向かうと、陣(松本寛也)とビート・J・スタッグが到着(とうちゃく)。

これで、5人がそろいました。


「陣、あいつは、2つのメタロイドが合体(がったい)しているぞ」と、Jが気づいた。


「らしいな」と、陣も言う。

「悪趣味(あくしゅみ)なのは、そのせいか」


目的(もくてき)を聞いても、タテロイドは さあねと、とぼけます。

ケンロイドは、気に入ってもらえたか? と、ナメたことを言う。


ヒロムは、「ふざけるな」と顔をゆがめました。

「おまえを削除(さくじょ)する。今すぐだ」と言い放(はな)ちます。


と、ヒロム、リュウジ、ヨーコの胸から何か出て、力が抜(ぬ)けた。


「さあ、おまえたちの腕(うで)がどの程度(ていど)か、見せてみろ!」

ケンタテロイドが、盾(たて)から光線(こうせん)を放(はな)ちました。


5人は、変身します。

「レッツ、モーフィン!」

ブレードを手にして、バスターズ、レディ、ゴー!


ケンタテロイドを取(と)り囲(かこ)む、ゴーバスターズ。

しかし、敵は剣と盾から生まれただけあって、攻防(こうぼう)共(とも)に長(た)けています。

攻撃(こうげき)は防(ふせ)がれ、逆に、剣で斬(き)られてしまう。


ゴーバスターズと戦いながら、ケンタテロイドはビルに衝撃波をあびせる。

すると、ビルは崩れ、瓦礫の下敷きとなって、人々は悲鳴を上げた。


怒(いか)りに燃(も)えるイエローバスターですが、その時、胸から何か出て、ケンタテロイドの左胸のマークに吸い込まれました。

また、同時に、力が抜けます。


ブルーバスターは気づいた。

「やっぱりな」

「怒(おこ)っちゃダメだ。ヤツの狙(ねら)いは、それだ」



そう、今回集めているのは、人間の怒りなのです。


と、パチパチパチと、手を叩(たた)く音(おと)がしました。

見上げると、エンターがいる。

それも、黒いサンタの格好をして。

「トレビアン♪ 察(さっ)しがいいですね」


エスケイプも、同じ格好をしています。

「メリークリスマス」

黒いサンタの衣装(いしょう)で挨拶(あいさつ)する。


それを見たスタッグバスターが声を上げました。

「おお! サンタクロースがふたりとも!」


すかさず、ビートバスターがツッコみます。

「どう見ても違(ちが)うだろって!」


よっ、亜空間漫才!

THE MANZAI 2012には、エントリーしなかったのか?


「何のつもりだ!」

レッドバスターが、エンターとエスケイプを睨(にら)みつけます。


「あんたたちに、ふさわしいかと思ってね」と、エスケイプは腰に手を当てた。


エンターが続(つづ)けます。

「確か、13年前のクリスマスでしたよね」

(星飛雄馬がクリスマスパーティーに招待したのに、誰も来なかったのは)

「あなた方の家族が、愚(おろ)かにも亜空間(あくうかん)へ消えたのは…」

「お気(き)の毒(どく)に」

「あれからずっと、あなた方にとっては、黒いクリスマス」


そう挑発(ちょうはつ)して、笑う。

「モンプーヴァ、ゴーバスターズ」

( mon pauvre:かわいそうに )


黒いサンタクロース


レッド、ブルー、イエロー、ゴーバスターズの3人から怒りが出て、ケンタテロイドに吸い込まれました。

ケンタテロイドは、大いに笑う。

「いい具合(ぐあい)の怒りだ!」


てめえ! と、ビートバスターが、ケンタテロイドへと突進(とっしん)する。


「オレは怒ってないぞ!」と、スタッグバスターも続きます。


が、背中を銃(じゅう)で撃(う)たれた。

「ジャマしないで!」

エスケイプがゴクとマゴクを手に、走って来ました。


ケンロイドは、ゴーバスターズ3人を挑発。

「それにしても、なんとヒドイ親がいたものよ」

タテロイドも、続ける。

「子どもだったおまえたちを、戦いの中に放り出すとは。哀(あわ)れな…」


「黙(だま)れ!」

イエローバスターを先頭(せんとう)に、3人がケンタテロイドに突(つ)っ込(こ)んでいきます。


この様子(ようす)は、司令室(しれいしつ)でもモニタリングされていました。

「何なの、あいつら? 最低(さいてい)、最低、サイテー!」と、ウサダ先生も怒っています。


わざと怒らせようとして、ケンタテロイドはヒドイ言葉を投(な)げつけている。

これには もちろん、ニックも、ゴリサキも怒り心頭(しんとう)。

ミホ、森下、黒木司令も、モニターを睨みつけています。


現場では、ふたつの戦闘が行(おこな)われていた。

エスケイプと戦うのは、ビート&スタッグ。

ケンタテロイドには、レッド、ブルー、イエローがあたります。


ケンロイドは、さらに挑発する。

「我慢(がまん)しても、ムダだ!」

「おまえたちの中に、怒りが見える!」


タテロイドも、続けます。

「怒るに、遠慮(えんりょ)はいらぬぞ!」

怒れば怒るほど、怒りがケンタテロイドに吸い込まれていく。

「ホホホホホ! いい怒りだこと!」、タテロイドは高らかに笑った。

さらには、剣撃(けんげき)で建物(たてもの)を破壊(はかい)し、街の人たちに悲鳴を上げさせます。


その中に、ナミエ先生と子どもたちの姿もありました。

街の人々の方へ向かおうとするケンタテロイドを、3人のゴーバスターズは必死(ひっし)で止めようとする。

が、怒れば怒るほど、怒りを吸われてしまいます。

また同時に、力が抜けてしまう。


そんな様子を、エンターは高い位置(いち)から見物(けんぶつ)していた。

「怒りは、強さ」

「時に、すさまじい力を発揮(はっき)する」

「トレビアン♪」



「力がみなぎるぞ!」と、ケンタテロイドは叫(さけ)んだ。

ゴーバスターズに突進すると、蹴(け)って、殴(なぐ)って、斬る。


吹(ふ)き飛(と)ばされたレッドバスターは、カスタムバイザーをセットし、パワードカスタムに強化武装(きょうかぶそう)。

すぐさま、ジャンプした。


「ヒロム、クールにいけよ!」と、ニックが声をかける。

でも、レッドは、返事(へんじ)しませんでした。


レッドバスターが発動(はつどう)したのは、必殺のボルカニックアタックだ。

これはまさに、怒りのカタマリ。

噴火(ふんか)する火山(かざん)です。


炎のチータと化(か)したレッドバスターを、ケンタテロイドは盾で受け止める。

「これは…最上級(さいじょうきゅう)の怒りのデータ…」

圧(お)されながらも、ケンロイドは喜(よろこ)んでいる様子。


!!


必殺技と最強の盾がぶつかり合い、互(たが)いが押(お)し戻(もど)されました。

ケンタテロイドは後方(こうほう)に転(ころ)がり、レッドとニックも分離(ぶんり)され転がった。

体中から火花(ひばな)を散(ち)らせて、ケンタテロイドが苦(くる)しんでいます。


「パパ!」

エスケイプが、すぐに駆けつけました。

「しっかりして、パパ!」


エンターも、おりてきました。

「いったん、退(ひ)きましょう」

「サリュ、ゴーバスターズ♪」



エンター、エスケイプ、ケンタテロイドは、こうして撤退(てったい)した。



手を貸(か)そうとしてくれたニックに、ヒロムはあやまりました。

「悪(わる)い、冷静(れいせい)じゃなかった」


リュウジとヨーコは、人々の方へと走った。

倒(たお)れている人たちの中に、ナミエ先生と子どもたちがいます。

子どもたちは、きれいな花束(はなたば)を持っていた。

それは、子どもたちがお小遣(こづか)いで買(か)ってくれたものでした。

パーティーのお礼(れい)にと、ゴーバスターズのみんなに渡(わた)すつもりだったのです。


それを知ったヒロムたちは…。



ケンタテロイドは、森(もり)の中にいた。


「もうデータは十分(じゅうぶん)よ」と、エスケイプは言います。

「はやくこいつの中のカードも合わせて、パパをひとつにするべきだわ。消される前に…」と、エンターに要求する。


しかし、エンターは言った。

「マドモアゼル。マジェスティ・メサイアの本質(ほんしつ)は、進化(しんか)し、成長するプログラムです」

「カード1枚からでも、無限(むげん)に成長し続けるでしょう」

「だからこそ、ゴーバスターズにカードを潰(つぶ)され続けようと、ゲームは成立(せいりつ)しているんです」

「安心(あんしん)して、もっとデータを」



納得(なっとく)できないエスケイプは、反論(はんろん)します。

「でも、1枚だけじゃ、もとのパパとはいえないわ」

(むしろ、モト冬樹)


すると、背を向けたままで、エンターが言った。

「いい加減(かげん)、パパから離(はな)れたらどうです?」

振り返ると、エスケイプの目を見据(みす)えつつ、ニヤリと笑う。

「一緒に新たなメサイアを作り上げるのも、楽しいですよ」

あの右目が、あやしく光りました。



敵メガゾードの転送完了まで、あと3分。

タイプは、γ(ガンマ)とδ(デルタ)だ。

そして、大南地区 D-004ポイントに、メタロイド発見。


すると、ヒロムが申(もう)し出た。

「司令官! メタロイドは、オレに任(まか)せてください」

相手の出方(でかた)も分かったし、考えがあるといいます。


「よーし」と言って、黒木司令はパソコンのキーを押した。

すると、ドアが開いて、クリスマスツリーが出てきました。

ツリーを背に、黒木司令はみんなに言った。

「エンターが言った通り、我々の戦いはクリスマスに始まった」

「だが、それは決(けっ)して、悲劇(ひげき)の始まりではないし、(悲劇に)してはならん」

「この世界の誰(だれ)にとってもだ」

「必(かなら)ず、勝ってこい!」



決意を固(かた)くし、みなは返事します。

はい!


黒木司令から特命が下される。

「特命、ヴァグラスを倒し、クリスマスを守(まも)れ」




バスターマシンに乗り込むと、モニターを通して、ヨーコがリュウジに聞きました。

「クリスマスを誰にとっても悲劇にしない」

「だから、司令官とリュウさんは、児童センターのパーティー、始めたんだよね」



リュウジは、始めたばかりの頃のクリスマスパーティーを思い出した。

そこにはサンタ姿の黒木司令がいて、幼いヨーコと、中学生のリュウジ、ゴリサキとウサダがいた。

小さかったからヨーコは覚えてないかもしれないけど、ツリーを前に一緒に拍手し、笑ったものだ。


そんな思い出を噛(か)みしめながら、リュウジは言った。

「オレたちも、毎年メソメソしたくないしね」


モニターのヨーコは笑います。

「おかげで、クリスマス嫌(きら)いにならなかったよ、わたし」

「ありがとう」


今年はヒロムも一緒だとリュウジが言うと、うんと うなづきました。


ヒロムはメタロイドが現れた現場に向かいつつ、バイク上で変身。


さあ、クリスマスの決戦が始ります。





今度のメタロイドが集めるのは、「怒り」。

そしてちょうど、クリスマスだった。

エンターとケンタテロイドは、クリスマスに起こった悲劇を利用します。

わざとゴーバスターズを怒らせて、怒りを吸い取ろうとする。


これでは、怒らない方がおかしい。

そんな中で、ゴーバスターズはどう戦うのだろう?


ヒロムの作戦とは、いったい…。





特命戦隊ゴーバスターズ ライジングニューヒーロー ディレクターズカット版[Blu-ray]




特命戦隊ゴーバスターズ 特命合体 DXバスターヘラクレスセット




スーパー戦隊戦士列伝 赤の伝説



 



<<「電車の中のヨーコ vs メガゾードロイド/Mission42 突撃! メガゾードの中へ」
   「つぶされたエンター vs ケンゾード&タテゾード/Mission43 決意のクリスマス 後編」>>


 → 「特命戦隊ゴーバスターズ 目次」






「特命戦隊ゴーバスターズ ブログコミュニティ - テレビブログ村」


 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」
 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  特命戦隊ゴーバスターズ



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


特命戦隊ゴーバスターズの第43話を見ました。 Mission43 決意のクリスマス これまでになく大きく成長し、メガゾードと一体化したメサイア“メガゾード・ゼータ”は高いステルス
[ MAGI☆の日記 ]
∥二週間が経過、司令官は警戒しつつ通常態勢に戻していた_黒木:もうこんな時期か口ミホ)楽しみですねクリスマスパーティ))ナカムラさん、はじめてなんだゴリ]最初は司令官と...
[ ぺろぺろキャンディー ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■