ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
ドロシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス 著、石井千春 訳。

「子どもが育つ魔法の言葉」より



「けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる」 (P26)



子は基本的に、親を見本として育ちます。生まれたての赤ちゃんは、親が笑いかけると、映し鏡のように、笑う。その延長です。

なので、始終文句を言われて育つと、人をけなすことを覚えてしまう。またやがて、自分を責めるようになり、悪い点を探すことばかり上手になってしまいます。


イライラすることは誰にでもあるし、きつい物言いをすることも誰にでもあるでしょう。

しかし、その頻度が高いと、どうなるでしょうか?

「たまに」と「いつも」は、どう違うでしょう?

例え少量の水でも、いっぱいいっぱいのコップからは、あふれてしまいます。



[ 分けて考える ]

何か失敗をしたとしましょう。

確かにそこには、マズイ態度や行動があるかもしれません。

でも、だからといって、人間そのものが悪いわけではない。

人格が否定されるものではありません。


例えばこの本の例なら、不注意で花瓶を倒したことは悪い。でも、その子自身が悪いわけではない。

悪いのはやり方なので、やり方をなおせばいいのです。

人間そのものは、問題ない。


また、何が悪いのかを知るには、話を聞かなければなりません。

そして、いきなり叱ると、子どもは話せなくなってしまう。

悪いのは、やり方。

それは、聞かなければ分からない。



[ しないほうがいいこと ]

いきなり怒鳴らない。

グズだとか――人格を否定するようなことを――言わない。


[ したほうがいいこと ]

どうしてそうなったのかを、聞く。

悪い子だと言う前に、「どうしたの?」と。


やり方にまずい点があったら、そうならないようなルールを決める。

大事なことは、失敗から学ぶこと。

やり方を修正すること。


時には否定的な言い方を避け、「○○しよう」と決める。

また、できたら、褒める。





子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)






[ 日本にある問題 ]

日本人は「聞いてもらえない」経験を代々経験した結果、「どうせ聞いてもらえない」とか「言っても無駄だ」と、そんな思いが積み重なっているようです。

これは一方のみでは解決しないことなので、根が深そうです。



「けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる」

いちいちケチをつけられて育つと、文句ばかりで何もしない人間に育つ。

これが、社会を覆っているのかも。





   「(02) とげとげした家庭で育つと…」>>





【関連記事】
「やさしい虐待/クローズアップ現代」

 → 「考え方を変えれば気分は変わる」




関連記事



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■