ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
海賊戦隊ゴーカイジャー、第48話「宿命の対決」



相棒のサリーを犠牲にして、バスコはついにゴーカイジャーを撃破した。

これでバスコの手には、34のスーパー戦隊の力、ゴーカイガレオン、それにナビィまで。

宇宙最大のお宝は、バスコの手に渡ってしまうのか?



スーパー戦隊シリーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー VOL.8【DVD】





バスコ(細貝圭)によって大ダメージを与えられた、海賊たち。

最初に目を覚ましたのは、ジョー(山田裕貴)でした。

ジョーに声をかけられ、仲間たちも目を覚まします。


至近距離で爆発に巻き込まれた、マーベラス(小澤亮太)。

仲間たちが見守る中、何とか意識を取り戻しました。

その第一声は、「バスコは…?」


マーベラスの問いに、ルカ(市道真央)が声を絞り出すようにして答えました。

「ごめん…負けちゃった」
「レンジャーキーも奪われた(うばわれた)みたい」



ハカセ(清水一希)が試してみましたが、ガレオンのコンピューターにアクセスできない。

ナビィとも連絡がつきません。


レンジャーキーを奪われ、ゴーカイガレオンも奪われ、これからどうしたらいいのか?

苦境(くきょう)に立たされた海賊たちに、冷たい雨が降り注ぎました。



ナビィは、バスコによって縛られて(しばられて)いました。

身動きが取れないまま、床に転がっています。


バスコは手に入れていた5つの大いなる力、サンバルカン、チェンジマン、フラッシュマン、マスクマン、ファイブマン、それぞれの力を、レンジャーキーに注ぎ入れます。

これですべてのレンジャーキーに、大いなる力が入った。


「お次はナビィちゃんを…」

そう言って振り返ったバスコですが、ナビィが消えている。


ナビィは床に刺さっていたナイフを使い、縄(なわ)を切って、脱出したのです。


「ったく、面倒(めんどう)かけやがって」

バスコはコントロールパネルを操作し、ガレオンのシャッターをすべて閉じました。

ナビィを、袋の鼠(ふくろのねずみ)にするつもりです。


そして、特殊トランペット・ラッパラッターを吹いた。

5つの黄金の光が飛び出すと、それはゴーカイジャー5人とゴーカイシルバーの姿になりました。

そう、バスコはラッパラッターを使い、手にしたレンジャーキーを傀儡(くぐつ)のように使えるのです。


バスコはゴーカイジャー6名に命じる。

「ナビィちゃんを捜して(さがして)、ここに連れ戻す」
「オーケー?」



人形と化しているゴーカイジャーは、こくりと うなずいた。


バスコは、「がんばってね~♪」と、余裕で見送ります。



ジョーたちは、廃墟(はいきょ)と化した教会に、マーベラスを運びました。

満足な物はありませんでしたが、それでも何とか、応急処置(おうきゅうしょち)を施し(ほどこし)ました。


「せっかく、ここまできて…あんなやつに宇宙最大のお宝を」と、ルカ。


アイム(小池唯)は聞きました。

「そういえばマーベラスさんは、宇宙最大のお宝を手に入れて、どうなさるおつもりだったのですか?」


そういえばちゃんと聞いたことがなかったかもと、ハカセも思う。


重傷(じゅうしょう)を負い寝かされているマーベラスは、「さあな」と言った。「だいたい、そのお宝が何だかも、わかんねえ」


でも、宇宙のすべてと同じ価値があるというんだから、すごい量の金塊(きんかい)とか、宝石(ほうせき)とかじゃないだろうか? ルカはそう言いました。


「中身は何でもいいのかもしんねえ」と、マーベラスは言う。

「この宇宙を旅する海賊たち、誰もが欲しいと望みながら、誰も手にしたことのない伝説の宝物…」
「それを手にした者は、宇宙のすべてをてにしたのと同じ…」
「そんなものが存在すんなら、手に入れるしかねえじゃねえか」

「夢は…手に入れられないと思った時に、なくなっちまうんだから」


そう言って、マーベラスは笑いました。


いつの間にか、マーベラスの近くに仲間たちが集まっている。

みんなで、マーベラスの話に聞き入ります。


夢はあきらめた時になくなる


その時、モバイレーツの着信音が鳴りました。

「みんな、返事して、お願い!」

ナビィです。何とか、まだ無事らしい。

「みんな、何やってんだよ!」
「バスコに、ガレオン、乗っ取られちゃったよ~!」


ナビィは何とか操舵室(そうだしつ)まで辿り着き(たどりつき)、外部との連絡に成功したのでした。

「ポイント140で停泊中」と、ナビィは位置を知らせた。

が、足音に気づき、身を隠します。


コックピットに入って来たのは、ゴーカイレッド。

といっても、中身はマーベラスではなく、バスコの操り人形になっている。

バスコの命令に従い、ゴーカイレッドはナビィを捜します。


ナビィは息をひそめ、舵(かじ)の後ろに隠れる。

空気が張り詰めました。



ナビィからの連絡が、突然、途切れた。

海賊たちにも、緊張(きんちょう)が走りました。

が、ガレオンの位置は分かった。


「まだ終わってない…」と、ジョー。


マーベラスもうなづき、起き上がろうとします。

ジョーは屈み込む(かがみこむ)と、マーベラスの肩に手を置いた。

目と目を合わせる、ふたり。

やがてマーベラスは、再び横になりました。


「オレたちに、まかせろ」とジョー。


アイムも言いました。

「わたくしたちの夢は同じ」
「必ず、取り戻してきます」



鎧(池田純矢)も決意を口にした。

「今度は、絶対に負けません」


と、その時、光がさしました。

さっきまで雷鳴が響いていたのに。

聖母子像、その後ろのステンドグラスから、あたたかな光が差し込んでくる。

まるで希望を照らすかのように。


「頼む!」と、マーベラス。


5人は強くうなずき、ガレオンへと向かいました。



深い谷の下に、ガレオンは停泊していた。

それを見下ろすようにして、断崖(だんがい)の上に、ジョーたちは立つ。


「けっこう、ギリギリの距離ですね」と、鎧。

それもそのはず、高層ビルと同じような高さ。ふつうの人間なら、ひとたまりもありません。


が、行くしかない。

「そんじゃ、行きますか」とルカは言った。

「ハカセ、だいじょうぶ?」と、声をかけます。

ちびらない?


息を飲んでから、ハカセは言いました。

「行く!」
「行くなって言われても、行く!」



「わたくしも!」と、アイム。


「上等(じょうとう)だ」
「みんな、行くぞ」


ジョーの合図で、5人は準備を整える。


そしてジャンプ。

重力にまかせて落下し、ゴーカイガレオンの甲板(かんぱん)を突き破りました。


着地したのは、機械室。

潜入、成功です。


さて、ここから、どうするか。

まずはナビィを救出?

ハカセは、メインコンピューターのある居住区(きょじゅうく)を確保することを提案しました。

そこさえ押さえれば、あとは何とでもなる。

しかし、そこにバスコがいることは確実です。

5人がかりとはいえ、生身でどうにかなるだろうか?


「考えたって、しかたないでしょ?」と、ルカは言いました。

「どうせ、やらなきゃいけないんだし」と。


二手に分かれて、居住区を目指すことになりました。

不意をつけば、何とかなるかもしれない。

いや、何とかしないといけない。



一方は、ジョーとアイム。もう一方は、ルカにハカセ、そして、鎧。

二手に分かれて、居住区を目指します。


と、その前に現れたのは、ゴーカイジャー。

バスコがラッパラッターで、レンジャーキーを実体化させたものです。

こうして、生身の海賊 対 バスコに操られているゴーカイジャー の戦いがはじまった。



ルカたちの前に立ちはだかる、ゴーカイイエロー、グリーン、シルバー。

いつものポージングで、道をふさぎます。


その時、ハカセが叫んだ。

「ボクはそんな、オシッコをした後にズボンで手をふくようなポーズはしないぞ!」


(!!!!!!!)


「してる、してる」と、ルカ。


「あれって、無意識(むいしき)だったんですか?」

鎧は驚きながら、ハカセの顔をのぞきこんだ。


それはともかく、戦闘開始だ。

まるで、自分 対 自分の戦い。

生身の海賊に、勝ち目はあるのか?


ジョーとアイムは、通路での戦いに。

相手は、ゴーカイガンとゴーカイサーベルを持っている。

生身の体では、ちとつらい対戦です。

しかし、レンジャーキーを取り戻せば、変身できる。

この戦いは、チャンスでもありました。

乗り越えれば、勝機(しょうき)が見えてきます。

これも、ナビィが脱出してくれたからか。



そのナビィですが、息をひそめて隠れている最中。

やがてゴーカイレッドは、コックピットから出て行きました。


「はあ…まったく危ないとこだったよ」
「じゃあ、もう一回、マーベラスたちに連絡を」


安心して姿を現した、ナビィ。


振り返ると、半開きになったドアから、レッドの顔がのぞいていた。

ぎゃ~~~~~~~!!



狭い(せまい)通路で、剣をふるうのは難しい。

剣士ジョーは、それを利用します。

サーベルを避けつつチャンスを待ち、柱が邪魔になってうまく振りきれない時をねらって、ブルーの腕を取る。

そしてそのままサーベルを奪い、反撃に転じた。


ピンクに圧(お)される、アイム。

「ここで負けるわけには、まいりません!」

力をふりしぼって、はねのけた。

距離がとれたところで、キック。

銃を落とさせると、前転して、それを拾った。

起き上がりざまに、連射だ。


イエロー相手にも容赦(ようしゃ)がない、ルカ姉さん。

腕の関節を極め(きめ)つつ、ひざ蹴りを腹にブチ込みます。

さらには関節を極めたまま投げるという えげつない攻撃を見せ、サーベルを奪った。


バク転して攻撃を避けるのは、鎧。

ゴーカイスピアを巧み(たくみ)に避けると、蹴りでシルバーを吹っ飛ばした。

そして、落ちたスピアを拾い上げます。

「ああ、何か、やりずれえ!」

そう叫びながらも、槍(やり)を振るう。


大股開き(おおまたびらき)で階段を下りてきたのは、ゴーカイグリーン。

いつものような、トリッキーな攻撃です。

ハカセは股(また)をくぐるようにしてそれを避けると、そばにあった消火器を手にしました。

「意表(いひょう)をつく戦いなら、ボクの方が本家だぞ!」

消火器を噴射(ふんしゃ)すると、そのスキを突いて、両手を床について前転。

そのまま脚でグリーンの頭部をはさむと、上体を起こして体重をかけて、馬乗りになった。

その際、ゴーカイガンを奪うと、さらに前転して振り返り、銃を発射。


海賊 vs ゴーカイジャー




教会のベンチの上、傷の痛みを押して、マーベラスは上体を起こしました。

それだけでも、息が切れます。

マーベラスは上着を肩にかけると、立ち上がった。

ふらつく足で、仲間の元へ。


が、激痛(げきつう)が走って、ヒザが折れました。

痛みが体中を駆け巡る(かけめぐる)と共に、力が入らない。


「こんな時に、オレは…」

おのれの不甲斐なさ(ふがいなさ)に、マーベラスは拳(こぶし)を振り上げ、おろした。


その時、自分が何かを手にしていることに気づきます。

それは、サリーがしていた首飾り(くびかざり)の一部でした。


バスコが起爆(きばく)スイッチを押した時、サリーはその刹那(せつな)に、腹のハッチを開け、爆弾である首飾りを中に入れた。

サリーは爆弾と共に大爆発しましたが、それによって、マーベラスは一命を取り留めたのです。

マーベラスは覚えている。

爆発の瞬間、サリーが大丈夫といった風にうなづいたのを。


首飾りの一部を見ながら、マーベラスはもらした。

「オレはあいつにも、助けられたってことか…」


聖母子像を見つめるマーベラスは、何を思う…





すべてを手に入れた、バスコ。

しかし、スキを突いて、ナビィが脱出。

おかげで挽回のチャンスができました。

さすが、7番目の戦士。


しかし、相手は強敵です。

まずは自分の分身ともいえる、ゴーカイジャー(レンジャーキーの実体化)を倒さねばなりません。


厄介な相手ではありますが、勝負する場ができただけでも儲けもの。

さあ、海賊たちの逆襲のはじまりだ!





『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』公式ガイドブック




レンジャーキーシリーズ レンジャーキーセット サンバルカン




『海賊戦隊ゴーカイジャー』フォトアルバム: 豪快航海日誌 (学研ムック)



 


ゴーカイレッドに捕獲(ほかく)され、ナビィはバスコの前へ。

「ナビィちゃん、追いかけっこは楽しかった?」と、バスコは笑う。


「そんなわけないだろ!」と、ナビィ。

「いくら捕まったって、何回でも逃げてやる!」

レッドの手の中で、そう強がります。


バスコはローストチキンでも持つようにしてナビィの脚をつかみ、逆さ釣りにして言いました。

「そんなわけには、いかないよ♪」
「ナビィちゃんには、大事な、大事な、役割があるからねえ♪」

「何のエネルギーの供給(きょうきゅう)もなく動き続ける永久機関(えいきゅうきかん)」
「宇宙の物理エネルギーを無視した、イレギュラーな存在」

「ナビィちゃん、キミが宇宙最大のお宝への、扉(とびら)なんだよ」



これはナビィも知らない秘密でした。

「何ですと~~!!」と、本人もビックリ。


そんなやり取りをしている間に、レッド以外のゴーカイジャーも帰還しました。

一列に並んで、指示を待ちます。


バスコは命じた。

「おまえらは、もういいよ。宝箱にもどりな」


が、その時、ゴーカイジャーたちは銃を手にしました。


「おまえら、まさか!」

5人による銃の連射を、間一髪(かんいっぱつ)、バスコは避けた。


その弾みで、ナビィが解放されます。

でも、何が何だか、分からない。

「え? 何? 何々?」


「ごめん、ナビィ」と、イエローが説明します。

もちろん、ルカが変身したゴーカイイエロー。

「あたしたち、本物よ」


5人はそれぞれ、ゴーカイジャーを撃破。

それによって、レンジャーキーに戻すことに成功。

今度はそれを使って、変身したのです。


ナビィ奪還


「海賊版の海賊なんかに、本当の海賊が負けるわけありません」と、ピンクは言った。


「みんな、さすが~!」と、ナビィも大喜びです。


唯一(ゆいつ)喜んでないのが、バスコ。

「まったく、生きてるだけでも驚きだけど、ここまで乗り込んでくるとはねえ」

いつの間にか、怪人体に変身していました。

そして、手から赤いエネルギーを発して攻撃する。

ゴーカイジャーの5人は、身動きを止められ、苦しみ出します。

「ホントに…どこまでも手間かけさせるやつらだ」

「はぁっ!」



バスコが腕を振ると、エネルギーに包まれていたゴーカイジャーたちも横に吹き飛ばされました。



ガレオンの壁を突き破る形で、5人は外へ。

そこに、バスコとゴーカイレッドも着地する。

レッドはもちろん、まだバスコの手ごまです。


「やっちゃいな!」

バスコは指を鳴らして、レッドに攻撃を命じました。


ゴーカイレッド vs ゴーカイジャー(ブルー、イエロー、ピンク、グリーン、シルバー)。

奇妙(きみょう)な戦いになりました。


一気にいくぞ!

ジョーの声を受けて、レンジャーキーを召喚(しょうかん)する。

変身さえしていれば、バックルを通じて呼び出せられるのです。


5人は、豪快チェンジ!

現れたのは、デンジレッド、ギンガレッド、マジレッド、ゴセイレッドに、デカレッド。

赤い戦士、大集合だ。


まずは、飛び道具での攻撃から。

ジャンプしたのは、ゴセイレッド(ハカセ)とデカレッド(鎧)。

それぞれ、ゴセイブラスターとディーマグナム01&02を連射。

ゴーカイレッドをひるませます。


続いては、アースと魔法の力で攻撃だ。

ギンガレッド(ルカ)は炎のたてがみを、マジレッド(スカートバージョン:アイム)はジー・マジカの呪文で炎を、それぞれ放った。

ゴーカイレッドはダメージを受けます。


その背後から飛び出したのは、デンジレッド(ジョー)。

デンジマンといえば、この技。デンジパンチだ。

左右のフックを、顔に、腹に、叩き込んでいく。

胸を連打し、腹に重いのを一発。

そして最後は、スペシャル超アッパー。

なすすべなく、ゴーカイレッドは空中へ。


レッドは爆発し、レンジャーキーとなって地上へ落下しました。

それをゴーカイジャーに戻ったブルーが、拾う。

「返してもらうぞ」


レッド戦士集合


いつものように腕組みして立っている、バスコ。

5人を前に、かまえさえ見せません。

「ふっ、それがどうしたの?」と、余裕です。


「今度こそ、負けない!」

ゴーカイシルバーは、ゴーカイガレオンバスターを召喚した。


仲間と共に、レンジャーキーをセット。

今日は、スペシャルチャージだ。

電子音にも、気合が入っている。

銀色のエネルギーが、砲身に注がれてゆきます。


が、この期(ご)に及んでも、バスコは余裕。

「カモン♪」と照準(しょうじゅん)の真ん中でドンとかまえている。


かまわず、シルバーは引き金を引きました。

ライジングストライク!

銀色の波がやがて船首(せんしゅ)の形になり、バスコに突進。


しかしこれをバスコは、片手で受けてみせた。

赤いオーラで防御し、一度取り込むと、それを銀色の光の弾にし、投げ返しました。


!!


そのエネルギー弾を受け、5人は後ろに跳ね飛ばされた。

変身も、強制解除されています。


跳ね上がったゴーカイガレオンバスターを受け止めると、バスコはレンジャーキーを回収しました。

「ったく、めんどくさいこと、させないでって」

「どうせ、おまえらがまた負けて、レンジャーキー、取られるんだからさ」

「これで終わりだ」


バスコは、専用銃カリブラスターを海賊たちに向けます。


数々の強敵を倒してきた、ゴーカイガレオンバスター。

そのエネルギーを受け、海賊たちは大ダメージを負い動けません。

もはや、命運はつきたか。


海賊のピンチ


!!


引き金に指をかけようとしたその時、バスコに銃弾が降り注ぎました。


ゴーカイガンを連射しつつゆっくりと歩を進めてくるのは、マーベラス。

仲間の元まで来ると、言いました。

「わりぃ、遅くなった」

「あとは、オレにまかせろ」



バスコの顔色が変わった。

ニヤケが消えて、くちびるが歪んで(ゆがんで)います。

「マベちゃん、本当にしつこいね」

「そんな体で、まともに戦えると思ってんの?」



マーベラスの上衣(うわぎ)はそこいらじゅう焦げて(こげて)いて、ボロボロ。

頭には、包帯(ほうたい)が巻かれています。

だいたい、さっきまで満足に立つこともできなかった。

そんなマーベラスですが、すました顔で言いました。

「気にすんな。ちょっとしたハンデだ」

「それより…」

「おまえの顔を見るのは、これが最後だ」

「絶対に、ケリをつける!」


決意と共に、銃口(じゅうこう)をバスコに向けた。


「ふっ、最後か…」と、バスコは下を向いて笑いました。

そしてやがて、意外なことを口にしだした。

「じゃあ最後に、いいことを教えてあげる」

「マベちゃんが懐いて(なついて)たアカレッド。実はこの星のやつだったんだよ」

「オレたちは宇宙最大のお宝をエサに、レンジャーキーの回収の手伝いをさせられてたんだよ」

「あの赤いオッサンは、オレたちが命懸け(いのちがけ)で集めたレンジャーキーを、この星の連中に、タダでくれてやるつもりだったんだ」

「こんなチンケな星を守るためにね」

「いいかい、マベちゃん? オレが裏切ったんじゃない。あのオッサンが、最初からオレたちを裏切ってたんだよ♪」



衝撃の事実。

このことは、マーベラスも知らないことでした。


が、マーベラスは言った。

「言いたいことは、それだけか?」


意外な答えに、バスコはピクンと眉(まゆ)を動かしました。


マーベラスは言う。

「今のオレは赤き海賊団じゃない」

「この星に宇宙最大のお宝があり、それを手に入れるためのものがそろっている」

「それだけで、じゅうぶんだ」

「オレたちゴーカイジャーの夢をじゃまするもんは、誰であろうとぶっ潰す(つぶす)!」

「てめえだろうが、ザンギャックだろうが、アカレッドだろうがな!」



マーベラスの言葉に、ダメージを受けて地面に伏せている仲間たちも、思わずうれしくて笑ってしまった。

さすが我らの船長、キャプテン・マーベラス!


「ふ~ん、言うようになったじゃん」と、バスコ。

「何か、うれしくなってきたよ」

「じゃあ決着つけようか、マベちゃん♪」

「いや、マーベラス!」


バスコの目が赤く光ったかと思うと、赤黒いオーラが立ち上り、怪人体に変身した。

そのままカリブラスターをマーベラスに向け、発射します。


マーベラス!

ジョーは倒れ込んだままの姿勢で、レンジャーキーを投げました。


マーベラスは右手で銃口をバスコに向けたまま、左手のモバイレーツで見事受け取った。

豪快チェンジ!


バスコの攻撃が着弾し、炎が激しく立ち上る。

その中から、不死鳥のようにゴーカイレッドが飛び出してくる。

まずは、ゴーカイガンの連射だ!


バスコ周辺の地面が弾ける。

気合と共に、バスコは浮上した。


あいまみえる、両雄。

空中でぶつかります。

剣と剣とが激しく火花を散らすと、両者は相手の腕をとった。

組み合ったふたりが回転し、竜巻のように地上へと降下します。


ここからは地上戦。

殴り合うように剣を振るうと、ゴーカイレッドは得意の足技を見せた。

足でバスコの頭をはさむと、体をひねって、バスコを転がす。

そこに、銃弾をあびせた。


それを後方に回転して避ける、バスコ。

両者ふたたび突進し、剣げきを叩き込もうとする。

渾身(こんしん)の力をこめ、剣ごと相手を叩き割ろうとする勢いです。

しかし両者、直撃は避けます。


やがて、つばぜり合いになりました。

筋肉が、骨が、きしむほどに、力を入れる。


タイミングを見て、両者、相手の剣を跳ね除けようとする。

その力を後ろに流しつつ、ふたりはもう一方の手で銃をかまえた。


銃弾は同時に発射され、互いに銃撃を受けた両者は、後方高く吹き飛びました。

互いに地面を転がるも、そのまま銃を発射する。

また、それをも両者、避けました。


ここでゴーカイレッドは、ファイナルウェーブを発動。

ゴーカイガンとゴーカイサーベルが光ります。

また、バスコも準備する。

専用銃カリブラスターと専用剣カリブレードが光りました。


両者とも、弾丸を発射しつつ、剣撃も放った。

それがぶつかり、高エネルギーが融合して、大爆発に。

直撃したわけでもないのに、ふたりとも吹き飛びました。


何という戦いだ。


その衝撃で、ゴーカイガンがバスコの前方に、カリブレードがゴーカイレッドの前方に、それぞれ転がった。


ゴーカイレッドは立ち上がると、ダッシュしてカリブレードを拾い上げました。

そのままバスコに突進します。

バスコもゴーカイガンを拾うと、マーベラスが来るのを待ちかまえる。


二丁拳銃で銃弾を放つ、バスコ。

ゴーカイレッドは、それを二刀流で弾き飛ばしてゆきます。

両者雄叫びを上げながら、全身全霊を武器に込める。


やや前方で、ゴーカイレッドがジャンプ。

ふたつの剣を振り上げる。

そして、すべての力を込めて、振り下ろした。


それをバスコは、ふたつの銃身で受け止めます。

動きが止まったところで、バスコは剣を跳ね上げ、胸に銃弾を叩き込んだ。


ゴーカイレッドが、後方に吹っ飛ぶ。

が、体をひねると、岩場を蹴って、再び攻撃に転じた。

右手のカリブレードを振り上げ、バスコに向かって投げました。


その剣が、バスコの右手に命中。

ゴーカイガンが、叩き落とされる格好に。


唸り(うなり)を上げて突進する、ゴーカイレッド。

ここでバスコは、得意の高速移動を見せた。

赤黒いオーラを身にまとい、目にもとまらぬ速さで、レッドを攻撃。

何度も殴った。


ゴーカイレッドが足を止めたところで、バスコは銃をかまえます。

胸に銃弾を叩き込む。


地面に転がる、ゴーカイレッド。

そこへゆっくりと、バスコが近づきます。

「けっこう ねばったけど、ここまでだよ」



マーベラス! マーベラスさん!

仲間の悲痛な叫びが響き渡ります。

しかし、彼らも身動きが取れない。


「楽しかったよ、マーベラス」

ゴーカイレッドの前まで来たバスコは、銃口を向けました。


が、間一髪、マーベラスは銃弾を避けた。

横に回転し、そこにあったカリブレードを手にします。


再び二刀流で攻撃する、ゴーカイレッド。

「ちょろちょろ動き回るのは、ここまでだ!」

ゴーカイレッドは右脚を蹴りだすと、そのままバスコの足を踏んだ。

!!

そしてそこに、カリブレードを突き刺しました。


自分の足を犠牲にして、相手の足を封じたのです。

これでもう、バスコは高速移動できません。


「正気(しょき)? メチャクチャやるねえ、マーベラス」

さすがのバスコも、あきれる。


しかし、マーベラスは本気も本気、超本気でした。

「言ってろ。これが最後だ」

「絶対に、ケリをつける!」



ゴーカイレッドが剣をふり、バスコが銃を叩き込む。

それは、ほぼ同時に見えました。


ふたりの周辺がまばゆく光り、大爆発を起こした。

炎の中からカリブレードが飛び出して、海賊たちの前に転がります。


ふたりは、どうなった?

マーベラスは無事なのか?


炎が消えると共に、ふたりの姿が見えた。

ふたりとも人間の姿になり、後ろに倒れる。

にぶい音がしました。


ジョーたちは何とか力をふりしぼり、立ち上がった。


ふたりとも、気絶している。

そしてマーベラスの上衣、その胸のあたりに、大きな穴が開いていました。

白煙(はくえん)まであがっている。

マーベラスは、直撃を受けてしまった?


ピクンと指が動いたかと思うと、バスコの目がカッと開きました。

額(ひたい)と口からは、緑の血が。

ゆっくりと、バスコは上体を起こす。

「まさか…相討ち(あいうち)になるとはね…」

そう苦しそうに言いながら、バスコは何とか立ち上がりました。

「もっと早く、やっときゃよかったなあ…」

そう、くやしそうに言った。


「うっ」

マーベラスも、意識を取り戻しました。

ヒザに手を置き、ゆっくりと立ち上がる。

上衣の穴に、マーベラスは指をつっこみます。

そこから取り出されたのは、サリーの首飾りの一部。

それに弾丸が、深く突き刺さっています。


これで二度、サリーはマーベラスの命を救ってくれたことになる。

ギリギリのところで。


「あっ…ああ…」

バスコは、見せたこともない表情を見せました。

あれは自分がサリーに渡した物。

「お守りだ」、そう言って渡した爆弾の一部。

「なるほどね…そういうことか…」


バスコが悟った(さとった)のは、単なる事実関係か?

それとも、世の理(ことわり)みたいなものか?


バスコ vs マーベラス

バスコの最期


バスコは小さく笑うと、ヒザをつき、マーベラウの前で、前のめりに倒れた。

黒と赤のオーラが交るように立ち上ると、バスコはチリが風に吹かれるようにして、消えていった。


あとに残ったのは、ゴーカイジャーのレンジャーキーだけ。

マーベラスは足を引きずりながら前に進むと、それを拾い上げました。

そしてそのまま、倒れた。


マーベラス! マーベラスさん!

仲間たちが駆け寄ります。


「マーベラス! 死んじゃだめだよ!」

ハカセはもう、泣きだしそうです。


が、仲間たちに抱え上げられながら、マーベラスは目を覚ました。

「バ~カ、今くたばるわけねえだろう」

「いよいよ、宇宙最大のお宝が、おがめるっていうのに」


そう言いながら、マーベラスはレンジャーキーを仲間に手渡します。


夢を集めるための、最強の道具。

最高の仲間たちの、シルシ。


それを受けとりながら、ジョーはうなづく。

「そうだな」


ゴーカイピンクのレンジャーキーを愛おしそうに持ちながら、アイムも言います。

「いよいよ…なのですね」


ルカは笑顔で、レンジャーキーを見つめる。

「何か、ドキドキしてきた」


ハカセは、「じゃあ、早くガレオンに戻ろう」と。


レンジャーキーを手にした鎧は、感極まった(かんきわまった)顔をしています。

「まずは、腹ごしらえしましょう」
「おいしいもの、たくさん作りますから!」



「おっ、いいねえ」と、ルカ。

「じゃっ、今日はあたしも、手伝おうかな♪」


「え?」と、ハカセ。

「ルカはいいよ!」と速攻でことわります。


ルカはムッとして、「どういう意味よ、それ!」と。


みんなでマーベラスに手を貸します。

さあ、みんなで帰還だ。

ナビィが待っている。


勝利そして帰還


こうして決着はついた。

宿敵を倒すと共に、海賊たちは34の大いなる力を手に入れました。



さあ、宇宙最大のお宝は目の前だ。





素面のアクションが光った今回。

ストーリーも、アクションも、見応え十分でした。


いくつか明かされた、宇宙最大のお宝に対する秘密。

その扉になるのが、ナビィだという。

宇宙の物理法則を無視した、永久機関。


34のスーパー戦隊の大いなる力、ナビィ、ゴーカイガレオン。

これらがそろうことで、宇宙最大のお宝は手に入るらしい。


さらに、アカレッドが地球出身であることが分かりました。

アカレッドはレンジャーキーを集めて地球に返すつもりだったとバスコは語りましたが、本当なのでしょうか?

アカレッドにダマす気など、あったのだろうか?


ともかく、条件はクリアされました。

宇宙最大のお宝は、目の前だ…





スーパーロボット超合金 ゴーカイオー




S.H.フィギュアーツ ゴーカイレッド




細貝圭写真集  「Avanti」


 



今週のおまけ

海賊戦隊ゴーカイジャー 今週のおまけ

左上:オシッコのあとズボンで手をふくポーズ
右上:家政婦はレッド

左中:最後にいいところを見せた、サリー
右中:ナビィちゃ~ん、焼いて食べちゃうよ~♪

左下:カッ!
右下:風つよそ~





来週のゴーカイジャーは――


来週の海賊戦隊ゴーカイジャー

第49話「宇宙最大のお宝」

ついに手に入るか、宇宙最大のお宝?

懐かしい人たちも、お目にかかれそう。

そしてついに、インサーン自らが動く。



宇宙最悪の刑務所、魔空監獄に挑む海賊たち。

ギャバンは敵か、味方か?

ギャバンブートレグとは?

赤いスカートのかわいいやつは、誰だ?

バスコの前に、あの3人が登場?

「海賊戦隊ゴーカイジャー vs 宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」

絶賛、上映中!

ゴーカイジャー vs ギャバン


 → 海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE 



2月には、新番組が!

「特命戦隊ゴーバスターズ」

特命戦隊ゴーバスターズ

新西暦2012年、人々を守る特命を帯びて戦う若者たちがいた。

2月26日、朝7時30分、イッツ・タイム・フォー・バスター!





海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE【DVD】






<<「サリーとバスコと裏切りと/第47話 裏切りの果て」
   「宇宙最大のお宝とは? vs グレートインサーン/第49話 宇宙最大のお宝」>>


 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」





「海賊戦隊ゴーカイジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」

 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。








関連記事
[サイト内タグ]:  海賊戦隊ゴーカイジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


海賊戦隊ゴーカイジャーの第48話を見ました。 第48話 宿命の対決 相棒のサリーを犠牲にしてまで34の大いなる力やガレオン、ナビィを手に入れたバスコだが、目を離した隙に縄で縛っておいたナビィが...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■