ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
ルパン三世の新作を観ました。

理由は、声優さんが変わるから。

変わったのは、以下の方々。

石川五ェ門:井上真樹夫さん → 浪川大輔さん
峰不二子:増山江威子さん → 沢城みゆきさん
銭形警部:納谷悟朗さん → 山寺宏一さん



長寿アニメの声優さんの高齢化はずいぶん前から問題になってまして、サザエさんでも一部交代しているし、ドラえもんは完全に交代しましたよね。

ルパンの例だと、井上真樹夫さんが71歳、増山江威子さんが75歳、納谷悟朗さんが82歳と、今まで続けていたこと自体が驚異的というか、超人的というか。

世代交代は避けられないわけで、でも、有名作品だけに親しみがあって、難しい。

なので、今回のルパン新作は、注目されました。


そして、どうだったかというと、あくまで主観ですが、

大成功!!

だったと思います。



ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~ 豪華版 [Blu-ray]





まず、番組冒頭の予告を見て、驚いた。

おっ、TVの第1シーズンのルパンの画みたいだと。

特に、不二子ちゃんを見て、そう思った。

最終的には、第1シーズンと第2シーズンの最終話を合わせたような感じでした。

五ェ門と不二子ちゃんは第1シーズン色が強く、ルパンと次元はどちらかといえばカリオストロに近い感じだったかな。

画は全体的にきれいで、話もよくまとまっていた。

前半はハリウッド映画ばりに、アクションの連続。

観る者を引き付けてくれました。

そしてそれが、だんだんと謎につながっていきます。

「さらば愛しきルパンよ」と「カリオストロの城」以降、おなじみになった――と勝手に思っている――少女も絡んでくる。


と、そうそう、声優さんの話。

いきなり出てきたのは、野沢雅子さんでした。

しかも、女性。

野沢雅子さんで女性というと、洋画の吹き替えを除けば、コンバトラーV の女帝オレアナを思い出すわけですけども、今回も悪役でした。

で、そうこうしているうちに、とっつあんが登場。

ワクワクというよりはドキドキしながら聴きましたが、おっ、違和感があまりない。

というか、どんどんよくなった。

さらに、難しそうな叫ぶ場面で、納谷さんの声と重なる感じに。

さすが山ちゃん、銭形の声にグ~ンと寄せた感じです。

「ルパ~ン!」と叫ぶところ、声にならない「んぐっ」みたいな声、「ルパ~ン、逮捕だ!」のセリフ、

全部、すごくよかった。


続いては、不二子ちゃん。

これも、似てるんだなぁ~。

あま~い感じを、見事に再現。

「ん~、失礼ねぇ」とか。

お見事すぎて、ビックリです。


五ェ門も、バッチリでしたよ。

ちゃんと合わせてきた。

こりゃ、研究も練習も、相当やったんじゃなかろうか。


みなさん合いすぎて、逆に驚きました。

画、ストーリー、声、全部よかったですよ。

こりゃ、製作者の裏話が楽しみだ。



ルパン三世 血の刻印 永遠のmermaid



ストーリーですが、「人魚の鱗(うろこ)」にまつわる争奪戦です。

そこに八百比丘尼(やおびくに)の伝説が重なり、さらに、ルパンのじいちゃん、少女たちの生い立ちなどが重なってきます。

ルパン自身が自分のこと、泥棒稼業とは何かと、考え込んだりもする。

人魚といえば高橋留美子先生の「人魚の森」(人魚シリーズ)を思い出すわけですが、そのエッセンスも、ちょっとあったりしてね。

ルパンが先生と呼ばれたりするのも、なかなか。

ネタバレはこれぐらいにしますが、いや、これ、観て損はないですよ。

ホント、面白かった。


あと、悪役の石田彰さんの声が、これまたよかった。

知的なワルとか、ちょっとキレた感じの独特な役が、キマリますよね。


いや~いい作品だった。

冒頭、飛行機と空中戦があったしね。





ルパン三世 second-TV.BD-(26)(Blu-ray Disc)




ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~オリジナル・サウンドトラック 「Eternal Mermaid」







実は、主役の声を一番心配してたのですが、「あれ? こんなによかったっけ?」となった。

前はもっと御本人の声を感じたのだけれど、今日は作品としてちゃんと観れた。

本当に、よかった。



画ですが、多少の線の荒さは、それが味になってたし。

やわらかい感じがした。(東京ムービー的な)

課題らしい課題は、剣術の動きだけ?

腕がちょっと、縮こまってる感じがした。




泥棒は、目的ではなくて、手段?





【関連記事】
「マンガほかのアーカイブ」




関連記事
[サイト内タグ]:  アニメ  テレビ



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■