ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
海賊戦隊ゴーカイジャー、第34話「夢を叶えて」――



ルカ姉さんの前に現れたイケメンは誰だ?

今語られる、ルカの夢とは…



ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 コレクターズパック【DVD】





腹が減っては戦はできぬ。宇宙最大のお宝も探せない。

ということで、今日も買い出しです。

今週のペアは、ルカ(市道真央)姉さんと、ハカセ(清水一希)。


ちょっとくらい荷物を持ってよと言うハカセに、ルカは「ダーメ、あんたは体なまってんだから、少しは運動…」、そう言いかけたかと思うと、側転しました。

といっても、体を動かす手本を見せたわけではなく、すばやく5百円玉を拾ったのでした。

ルカさん、満面の笑みです。


「この星で拾ったお金は、おまわりさんに届けるんだよ」と、ハカセ。


ルカは、「分かってるって」と、硬貨の輝きを楽しむのでした。


!!

そこで、銃声が。

ルカの手にあった5百円玉は弾かれ、側溝(そっこう)の中へ。


現れたのは、ゴーミンを引き連れたスゴーミン2体。

「海賊ども、今度こそ抹殺する!」

そう意気込みますが、相手と状況が悪い。


「よっくも、あたしのお金を~~~~!」

ルカ姉さん、怒り心頭です。

これは、ヤバイ。


思わずハカセは、「分かってないじゃん、ルカのじゃないって」、そうツッコみましたが、裏拳を喰らってしまった。

(チ~ン)


やる気満々のルカ。変身して戦おうとしましたが、木陰から男が出てきました。

「その必要はないよ」

スゴーミンに誰かと問われると、男は答えた。

「通りすがりの、宇宙実業家さ」

そして、こんなことを言い出しました。

「ちょっとルカ・ミルフィーと話をしたいから、お引き取り願えるかな?」


この長身のイケメン、誰だ?


当然、怒りだす、スゴーミン。

ふざけるなと凄みますが、すると、男は懐に手を入れた。

といっても、出したのは武器ではなく、札束。


こっ、こんなに?

一瞬驚いた(喜んだ?)スゴーミンですが、そこは下士官とはいえ、ゴーミンを束ねる立場。

ふざけるな、こんな はした金! と突き返す。


「じゃあ、さらにド~ン!」

すると男は、札束の詰まったアタッシュケースを差し出した。

「みなさんで、どうぞ」


ざわめき立つ、スゴーミンとゴーミン。

「急用を思い出した。今日のところは許してやる。次は、必ず抹殺するからな」

そんなことを言いつつ、帰ってしまいました。


「地獄の沙汰(さた)も金次第…」、そう呟きつつスゴーミンたちを見送る、男。


その男に、ルカは食ってかかりました。

「何あんた、余計なことして!」


が、男の方は「ひさしぶり、ルカ」と親しげに笑います。

「迎えに来たよ、君を」


サングラスを取った男の顔を見て、ようやくルカは気づきました。

「カイン?」


って、ふたりの関係とは?



ゴーカイガレオンに帰ったハカセは、事の次第を仲間に報告。

鎧(池田純矢)は、元カレさんですかね? と、はしゃいでいます。

ナビィも、感動の再会、間違いないんじゃない? とか言う。

でも、ハカセはちょっと気に入らない様子。

スケールが大きすぎて、かえってあやしい、と言います。


ハカセによると、男はルカに、こう言ったらしい。

「君の夢を叶えるよ」

「海賊なんかやめて、一緒に行こう」

ルカがハンパな夢じゃないんだから無理だと言っても、

「今のボクの財産が、8000億ザギンでも?」と返した。


1ザギンは、日本円で360円くらい。

ということは、8000×360=2880000億円。

288兆円です。

思わず鎧が吹っ飛ぶような金額。


ナビィは、超玉の輿(たまのこし)だ~! と はしゃぎましたが、ハカセは「うるさいよ!」と。


おやおや、ハカセさん。それは男があやしいから? あるいは、海賊なんかとか言ったから?

それとも、ルカ姉さんを持っていこうとしてるから?


ナビィを抱いたアイム(小池唯)は言いました。

「それにしても、いったい何なのでしょう? ルカさんの夢って」


ホントだ。



旗艦ギガントホース。

最近、いいところのない司令官ワルズ・ギルですが、今日は声が明るい。

「いい芝居だったぞ~、おまえたち」と、スゴーミンたちを褒めています。

って、いい芝居?

「女海賊め、まんまと作戦にのってきた!」

じゃあ、カインの登場は、ザンギャックの罠(わな)?

全部、お芝居?


ということで、ワルズ・ギルは、芝居に使ったお金を回収します。

フフンと、札束を手にしますが、一瞬考えて、すぐに気づいた。

「1枚分ずつ、足りない」


思わずスゴーミンは、スゴッ! と。


札束をバリゾーグに任せ、スゴーミンを追いかける、ワルズ・ギル。

一応地球侵略の司令官ですが、今やギャグのエッセンスに。


が、忠臣(忠義な部下)バリゾーグは、「たった1枚の差を瞬時に見ぬくとは、さすがボス」と敬服している。

古参ダマラスは、「というか、せこいというか…」と本音を。



カイン(君沢ユウキ)はルカを連れ、倉庫へ。

見せたいものがあると言いましたが、見せたのは、カイン。

あれ? カインがふたり?


「あんた、ニセモノね!」

ルカにそう言われて、やっと偽(にせ)カインは正体を現しました。


ワルズ・ギルの作戦で一芝居打ったのは、行動隊長“ヴァンナイン”。

本物のカインは、縛られて気絶しています。


ヴァンナインは正体を見せると同時に、ルカの腹に一発喰らわせました。

そして気を失ったルカの額に、自分の額を重ねる。

と、ルカがふたりに。

そう、ヴァンナインは、おでこを合わせることで、相手とうり二つに擬態化(ぎたいか)できるのです。


ヴァンナイン


こいつ、ルカになりすまして、何をする気だ?

(つーか、目を覚ましたら、罰金確定だな)



ルカの帰りが遅いことを心配する、アイムたち。

もう、食事の時間です。

ナビィは、その男の人について行ったんじゃないかと茶化しますが、ハカセは必死に否定する。

(おやおや…)


と、そこにルカが、「たっだいま~!」と、明るく帰ってきました。

帰ってきたことに、ハカセは大喜び。

(おやおや…)


マーベラス(小澤亮太)は幼なじみの男について聞きましたが、ルカは、どうでもいいじゃん、と誤魔化しました。

それよりお腹が空いたと、ハカセに食事をねだります。

「ハカセ、夕飯なあに?」


それを聞いたハカセは、首をかしげました。

「え? さっき一緒に、材料買ったじゃん」


「ああ、そうだよね」と、ルカ。

「はやく食べたいな~」と、席に着きます。



食事が、はじまりました。

「うん、おいし~♪」と、ルカはごきげん。

「どれもこれも、すっごく、おいしい」

「特にこれ、ブロッコリー! 最高~!」


そう言いながら、ハカセのブロッコリーまで食べてしまいました。


それを見たアイムは、「ルカさん、じゃあ、わたくしのブロッコリーも差し上げます」、そう言ってフォークに刺したブロッコリーを、あ~ん、と差し出した。


ルカはそれをおいしそうに、パクリ。


楽しい夕食。

ハカセはうれしそうに、「いや~、これで今夜は、ぐっすり眠れるね」と言った。



気を失っていたルカを、カインが起こしました。

ふたりとも、鎖で縛られている。


「ひさしぶり、ルカ」

そう言ったのは、本物のカイン。

「でも、こんな形で…」と、うつむきました。

「ゴメン、ボクがルカのために夢中になってお金を稼いでいることをザンギャックに知られて、利用されたんだ…」


鎖を何とかしようとする、ルカ。

それを見てカインは、「無理だよ、この鎖は切れない」と。


「ヘンだと思った~」と、ルカ。

「8000億ザギンも稼いだなんて…」


でも、すました顔で、そしてやさしく、カインは答えました。

「それは、ホントだよ」

「頑張ったんだ、ボク」


カインは照れくさそうに、小さく笑った。

そして、あの日のことを回想します。

「あの時のルカの言葉が、忘れられなくて…」



ルカが海賊になる、ずっと前。

スラム街のような場所に、ルカとカインはいた。

小さい子を、何人か連れている。

外は雪、屋根はあるようですが、壁には大きな穴が。

そんな中、ルカは戦利品の食料を出しました。

パンに、ニンジン、ナスにジャガイモ、サツマイモ。

それを、古びた鍋の上にあける。

おねえちゃんすごいと、妹のリア(浜野希莉)も喜んでいる。

「さあ、みんなで一緒に、あったかいものを作ろう!」

ルカがそう言うと、みんなが、オウ! と手を上げた。

カインも、一緒です。


が、その時、砲撃の音と、揺れが。

ザンギャックによる攻撃です。

ルカは子どもたちを、1ヵ所に集めた。


定時攻撃だろうか、ザンギャックの艦艇が、爆撃していく。

スラムなのはそこだけではなく、星全体がスラム化してしまっているようです。

ザンギャックの手によって侵略されたのか。

そんな中、ルカは小さい子を集め、たくましく生きていた。


ルカは言いました。

「カイン、あたし、決めた」

「ザンギャックに親を奪われた子どもたちが、みんなで幸せに暮らせるような世界を作る」



カインは、静かに返す。

「でも、宇宙にはたくさんいるよ」

「そういう子どもは…」



「だったら…」と、ルカ。

「星を丸ごと買い取って、そこを笑顔でいっぱいにする」


無理だよ、とカインは言いました。


しかし、ルカは返します。

「どんなことをしてでも、あたしはやる!」

「何年かかったって、かまわない」



その瞳の中に、カインはルカの本気を見た。




それからルカと別れたカインは、なりふりかまわず、お金になることなら、何でもしたのだという。

カインはルカの目を見て、言いました。

「君の夢を叶えたくて…」

そして、今度は一度目を反らして、

「海賊なんかやめて、一緒に叶えよう」

そう言うと、またルカの目を見た。

「あの時の夢を」


ルカは1拍おいたあと、「こんな状態で言うかな~」と。


カインは、ごめんと謝りました。

そして、「でも、こんな時だからこそ、答えをくれないか?」と、迫る。


ルカとカイン




深夜のゴーカイガレオン。

首をヘンな風に傾げる、ルカがいた。

ヴァンナインのクセか?


ルカに化けたヴァンナインは、ゴーカイガレオンに起爆装置を仕掛けて回ります。

船内はひっそりしており、ナビィも眠っている。

次々と爆弾を仕掛けたヴァンナインは、見張り台の上で、正体を現しました。

そして、地上に、脱出。


「ハハハ、あばよ、海賊ども…」

ヴァンダインが見上げる前で、ゴーカイガレオンが爆発しました。

高笑いする、ヴァンダイン。


この後、どうなる…





ルカとカインも、ザンギャックに星を滅ぼされた者たちだった。

星全体がスラム化する中で、小さい子を集め、何とか生き抜いていた、ルカ。

そんな中で、夢ができました。

ザンギャックに親を奪われた子どもたちが、みんなで幸せに暮らせるような世界を作る。

そんな子が多いなら、星を丸ごと買い取って、そこを笑顔であふれる星にする。


はじめ無理だと言っていたカインでしたが、ルカの言葉と瞳に動かされ、自身もそれを目指すことに。

がむしゃらに働いて、今では総資産8000億ザギンの宇宙実業家に。


そんなカインが、ルカを一緒にやろうと誘います。

さて、ルカは何を選ぶのだろう。





海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 メイキング 6人の絆 【DVD】




スーパー戦隊シリーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー VOL.4【DVD】




a distant shore [DVD]



 


ルカは、カインと別れてからのことを、話しました。

「妹が死んで、あの星を飛び出し、ザンギャック相手に盗賊をやってた頃…」



ルカはザンギャックの基地に侵入し、ゴーミンを倒して、金を手に入れようとしていた。

「いっただき~♪」

強奪に成功したかに思えましたが、現れたのはスゴーミン。

一転して、ピンチに。


と、その時、スゴーミンが撃たれたかと思うと、天井からふたりの男が降りてきた。

マーベラスとジョー(山田裕貴)です。

これが3人の最初の出会いでした。

ふたりは、ゴーカイガンとゴーカイサーベルで、あっという間にスゴーミンとゴーミンを倒した。


マーベラスはルカに、言いました。

「オレたち以外に、ここを狙っているやつがいたとはな」


ジョーも、「軍資金が途絶えれば、この星のやつらも、少しは逃げ出すチャンスが増える」と言う。


「かわいい顔して、ザンギャックと張り合おうなんて、いい度胸だ」と、マーベラス。

「気に入った! オレたちの仲間に、ならねえか?」


「その前に、どんな顔だって? 3回、大きな声で、言ってみよう」

ルカの返事は、「悪いけど、お断り」でした。

「海賊だなんて、割が合わないもん」


が、うれしそうに、マーベラスは話します。

「そうか? オレたちが狙っているのは、宇宙最大のお宝だ」


お宝と聞いて、というわけでもありませんが、ルカはその言葉に反応。

宇宙のすべてと同じ価値があると、うわさで聞いている。

思わず、ルカは笑ってしまいました。

「アハハハハ、バッカじゃないの」

「あんなのただの伝説でしょ?」

「あるわけないじゃん」



が、マーベラスは真顔で答えます。

「いや、ある!」

「絶対にな」
と、断言しました。


マジで? との問いに、マーベラスもジョーも、うなづきました。

大きくうなずいたわけでも、深くうなずいたわけでもない。

ただ、迷いなく、うなずいた。


2人+1人



その時のことを想いながら、ルカはカインに言いました。

「その瞬間、あたしの夢は、何百倍、何千倍も、大きくなったの…」

「宇宙のすべてと同じ価値のあるお宝をゲットして、宇宙のすべてを買い取ってやるんだって」



「ルカ…」と、カイン。

今のルカは、あの時と同じ、いや、それ以上に、熱い目をしている。

やるべきものを得た、そんな人の目だ。



そこに現れたのは、勝ち誇るヴァンナイン。

「残念だが、その夢は叶わない」、そう言い放ちました。

「おまえの仲間は、もう死んだ」

「おまえもやつらを追って、地獄に堕ちろ」



「ウソ――ウソよ!」と、ルカは叫びます。

「そんなはず、ない!」


ヴァンナインは、笑いながら返します。

「残念だが、おまえの仲間たちを乗せた船が大爆発して夜空に散るのを、オレはこの目で、確かに見届けた」

「いさぎよく、死ね」



銃をルカに向ける、ヴァンナイン。

その前に、カインが体を投げ出しました。

が、ヴァンナインは銃を持った手で、殴り飛ばす。

盾になろうとしたカインでしたが、吹き飛ばされてしまいました。


そして銃声が響き、辺りには土煙が。


カインの目に映ったのは、倒れるヴァンナインと、5つの影。

ルカがその名を呼びました。

「マーベラス! みんな!」


突然のことに驚きながら、ヴァンナインは立ち上がろうとする。

あの時確かに、船は爆発したはず。


「と思っただろう?」と、ハカセ。

「ところが、どっこい」


「あの爆発は、そう見せかけていただけだ」と、ジョーも言います。

「おまえのようにな」


「説明せねばなるまい!」

そう言って前に出たのは、鎧。

富樫・虎丸の役割かと思えば、いつの間にか、往年の富山敬さんの役目まで。

この男、あなどれない。


鎧の説明によると、ヴァンナインの化けたルカがあやしいとにらんだ海賊たちは、ブロッコリーをもりもり食べた瞬間に、別人だと確信したのだという。

なぜなら、本物のルカは、絶対にブロッコリーを食べないのだ。

(でも、ブロッコリーはビタミンCが豊富で、おいしいんだぞ! 食物繊維だって、たっぷり! ゆでたり、電子レンジでチンして、いただこうね)

アイムが、あ~ん、したのも、とどめの確認。

そして予想通り行動したヴァンナインのあとをつけて、海賊たちは、時限爆弾を回収するとともに、解除。

最後は、風雷丸の力を借りました。

ヴァンナインが地上に降りる瞬間を利用して、超忍法・大風呂敷を発動。

超立体3D映像で、ゴーカイガレオンが爆発する姿を、ヴァンナインに見せたのです。


「バカな、そんなバカな…」と頭を抱える、ヴァンナイン。


海賊たちは突進してヴァンナインに一撃喰らわせると、ルカたちの元へ。

ゴーカイサーベルで、鎖から、ふたりを解放しました。



「行けるな? ルカ」


マーベラスの言葉にルカは、「と~ぜん!」と。

500円玉からはじまって、カインの利用、自分に化けての仲間爆破未遂。

腕が鳴って鳴って、今にも爆発しそうです。


6人は、豪快チェンジ。


お金があったら、そうだな、食い物でも買うか。ゴーカイレッド!

お金があったら、トレーニング器具を買うぜ。ゴーカイブルー!

お金があったら、宝石を買うか、貯金。ゴーカイイエロー!

お金があったら、欲しいメカがいっぱいあるんだ。ゴーカイグリーン!

お金ですか? すでにあります。ゴーカイピンク!

お金があったら、戦隊グッズ買うに決まってるじゃないですか。ゴーカイシルバー!


海賊戦隊、ゴーカイジャー!

派手に行くぜ!


まずは、ゴーカイガンの連射から。

ヴァンナインは工場の外まで吹き飛ばされ、ゴーミンをけしかけた。


快刀乱麻とは、まさにこのこと。

あざやかにゴーミンを倒していく、ゴーカイジャーたち。

ゴーカイイエローは、怒りの矛先をヴァンナインに向けたぞ。

これはもう、罰金だけではすみそうにない。

ゴーカイサーベルで斬りつけ、横蹴り2連発。

「あたしをダマした罪は、重いんだからね!」

どんどん攻撃します。


が、ヴァンナインも、負けていない。

組み付くと、イエローのおでこに、額を重ねました。

こっ、この体制は。

そう、ヴァンナインは、ゴーカイイエローに擬態化した。

「ゴーカイイエロー! なんちゃって」と、ヘンテコなポーズまで。


これを見てさらに燃える、イエロー。

「ふざけないで!」と、ダッシュ。

イエロー同士が、斬り合う格好に。

ここで出た、得意のワイヤーワーク。

ゴーカイサーベルをワイヤーで操り、変幻自在の攻撃を仕掛けた。


軌道を読めなかったのか、ヴァンナインは吹き飛ばされました。

が、格好は、イエローです。

ゴーカイシルバーは、ルカと勘違い。

そのスキをついて、今度は、シルバーに擬態化したぞ。


イエロー vs イエロー


ゴーカイシルバーが、ふたりに。

しかも、組み合ってしまったので、どっちがどっちだか分かりません。

イエローが「どっちが本物?」と聞きますが、どちらも、オレが本物だと言う。

そんなスキをついて、ヴァンナインが化けた方が、仲間を攻撃。

が、すぐにもつれ合ったので、またどちらか分からなくなった。


さて、どうしたものか。

スーパー戦隊クイズの超難問を出すという方法をハカセが思いつきますが、その超難問を誰が作るんだということで、却下。

イエローは、「そんなめんどくさいこと、する必要ないよ」と。

何をするのかと思ったら、レンジャーキーをバックルから取り出した。

「鎧、これ」と、取っ組み合うシルバーふたりに、見せます。


ニセモノ含めて7人は、豪快チェンジ!

現れたのは、電磁戦隊メガレンジャー。

メガブルー、メガピンク、メガブラック、メガイエロー、メガレッド、メガシルバー、そして、ゴーカイシルバー?

そう、ニセモノは、豪快チェンジできません。


6人は、そろって言った。

「ニセモノは、おまえだ!」

5人はいっせいに、メガスナイパー発射。

メガシルバーは、シルバーブレイザーのソードモードで斬り込んだ。

「この、ニセモノ野郎!」と、今度はガンモードで、シューティング。

ヴァンナインは吹き飛ばされるとともに、姿を現しました。


「今よ、みんな!」

イエローの合図で、5人はゴーカイガレオンバスターを召喚。

ド派手に、いくぜ!

レッドを中心にして、レンジャーキーをセット。

レ~~ッド、チャ~~ジ!

砲身にエネルギーが、なみなみと注がれる。

粒子が舞う中、ターゲット、ロックオン。

仲間がレッドを支え、いざ、必殺技、発射。

ラ~~イジング、ストラ~~~イクッ!


「オレも、超忍法、大風呂敷で!」

そう叫んだヴァンナインでしたが、使えるはずもなく、爆破して敗北だ。


電磁戦隊メガレンジャー


興奮する、ゴーカイシルバー。

「ぬは~っは、やりましたねえ」

「や~すごい、本物はニセモノに、打ち勝つんです」

「そして、正義は最後に、勝つんです!」



あまりのはしゃぎように、グリーンは痛がり、ピンクはひいていましたとさ。



絶叫するといえば、ギガントホースでも。

「なぜだ、なぜだ、なぜだ~っ!」と、ワルズ・ギルは地団駄(じだんだ)を踏みます。

だますつもりが、逆に、だまされてしまった。


その横からインサーンが歩み出て、「いつもの、まいります」と。

もはや、様式美。

行動隊長を、怪光線で巨大化復活させた。



ゴーカイジャーたちは、ゴーカイオーと豪獣ドリルに搭乗し、相対します。

豪獣ドリルは、すぐに豪獣神へ変形。

2体の巨人が、並び立つ。


ここで、ヴァンナインは思わぬ手を使ってきました。

目くらましの攻撃を加えた後、姿を消したのです。

前にあるのは、ビルばかり。

実は、ヴァンナイン、ビルに擬態化していました。


ゴーカイオーたちが背中を向けると、ビルが攻撃。

振り返ると、攻撃を止めます。

ゴーカイジャーたちには、何が起こっているか、分からない。


まるで「だるまさんがころんだ」のように、ヴァンナインは背後から近づきました。

ゆっくりと歩を進め、振り返ると、ビルに変身。

ゴーカイオーも、豪獣神も、見つけられない。


背後から接近すると、攻撃。

振り返ると、ビルに変化。

擬態化攻撃が決まり、ヴァンナインは ほくそ笑みます。


が、いつまでも通用しませんでした。

ゴーカイオーの剣と、豪獣神のドリルで、強烈な攻撃をもらうことに。


「なっ、なぜだ? パート2」と巨大化ヴァンナインが言うと、

「説明せねばなるまい、パート2!」と、シルバーが解説。

(よっ、いいコンビ!)

豪獣神でサーチしたところ、ビル群の中で体温があって呼吸しているのは、ヴァンナインが擬態化したものだけだったのです。


正体が分かれば怖れるに足りぬということで、必殺の豪獣トリプルドリルドリーム、発射!

さらに、風雷丸を召喚し、ゴーカイオーからハリケンゴーカイオーへ。

「今度こそ、ちゃんと やられなさい!」と、ゴーカイイエロー。

とどめの手裏剣チェーン、発射だ!

巨大な手裏剣を喰らい、ヴァンナインは滅せられました。


巨大メカ戦




ルカは、カインを送るため、岸壁に。


「会った時から言いたかったこと、言っていい?」と、カイン。

ルカの顔を見つめてから、言いました。

「ルカ、きれいになった」


少し照れたのか、ルカは、

「昔と違って、毎日、お風呂に入ってるから」と。


カインは、小さく笑いました。

「違うって」

「いい仲間との出会いが、今の君の笑顔を生んだんだなぁって思った」



ルカも、口元をゆるめました。

そうかもしれないと思う。


「くやしいけど、今の笑顔は買えないね」と、カインは話す。

「どれだけお金があっても」


「ホントに、ごめんね」と、ルカはあやまりました。

自分が言い出した夢なのに。


首を振る、カイン。

「いいんだ、ボクはボクで、ボクなりに、あの夢を叶えるよ」

その笑顔は、心なしか、たくましく見えました。

カインはカインなりに、夢を追っている。

元はルカの夢でしたが、今はカインの夢。

また、自分で夢を追いつつ、ルカの夢を待つことも。

「そして、全宇宙に、そんな笑顔が広がる日を、待っている」

カインは、そう話しました。


「絶対、叶えるよ」と、ルカ。


カインは静かにうなずき、そして、微笑んだ。


海から、光り輝く宇宙船が現れました。

宇宙実業家らしい、立派な船だ。

カインはそれに乗ると、空に消えて行った。


同じ夢を追う者同士。

歩む道が、違うだけ。

いつか、また、きっと…





丸ごと星を買って子どもたちを幸せにする。

大きな夢を目指していたルカの前に、豪快な男たちが現れました。

聞けば、宇宙最大のお宝を探しているのだという。

それを信じて、疑いません。


最初は笑い飛ばしたルカでしたが、男たちを見ていると、信じる気になれました。

それが今では、同じ海賊の仲間。

ザンギャックと戦いつつ、お宝を探している。


ルカの夢は、丸ごと星ひとつから、宇宙全体に。

とんでもなく大きな夢ですが、豪快な仲間と一緒にいると、ただの夢に終わるとは思えない。


いつか必ず、欲しいものは、この手で…





海賊戦隊ゴーカイジャー 海賊合体 DX豪獣神



スーパー戦隊ロボTOY HISTORY 35 1975-2011 (ホビージャパンMOOK 390)



海賊戦隊ゴーカイジャー レンジャーキーシリーズ DXゴーカイガレオンバスター


 



今週のおまけ

海賊戦隊ゴーカイジャー 今週のおまけ

左上:札束の模様は、ザンギャック皇帝だろうか?
右上:お金が足りないとスゴーミンを追いかける、ワルズ・ギル

左中:超忍法・大風呂敷
右中:さて、どっちが、本物でしょう?

左下:ピンクも、引き気味
右下:カインを爽やかに演じてくれた、君沢ユウキさん





来週のゴーカイジャーは――


来週の海賊戦隊ゴーカイジャー

第35話「次元ノムコウ」

炎神戦隊ゴーオンジャーから、ゴーオンレッド江角走輔(古原靖久)登場!

ガンマンワールドが、ガイアークの手に?

って、それ、どこ?

バトルフィーバー隊も、楽しみだ! 





決定版 全スーパー戦隊 パーフェクト超百科 (テレビマガジンデラックス)






<<「ダイレンジャー 天火星・亮 vs ザキュラ/第33話 ヒーローだァァッ!!」
   「ゴーオンジャー vs 保蛮官チラカシズキー/第35話 次元ノムコウ」>>
 

 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」





「海賊戦隊ゴーカイジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」

 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。









関連記事
[サイト内タグ]:  海賊戦隊ゴーカイジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


海賊戦隊ゴーカイジャーの第34話を見ました。 第34話 夢を叶えて 「ルカ、ちょっとくらい持ってよ」 「ダメ、アンタは体鈍ってんだから少しは運動…」 ハカセとの買い出しの帰りにお金を拾ったルカだ...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■