ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
海賊戦隊ゴーカイジャー、第26話「シュシュッとTHE SPECIAL」――



マーベラス、ジョー、ルカの3人が、サタラクラJr.のボキ空間につかまってしまった。

そこに突入するには、ハリケンジャーの大いなる力が必要。

しかし、海賊たちを信用しきれないハリケンジャーの3人は、大いなる力を渡すのを拒否。

逆に、ハリケンジャーのレンジャーキーを、返すように迫ります…



ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦【DVD】





びっクリにされた人は、オレたちが救う。

だから、ハリケンジャーのレンジャーキーを返せ、鷹介(塩谷瞬)たちはそう迫りました。

が、鎧(池田純矢)は言い返した。

マーベラスさんがいなければ、レンジャーキーは今ここにはなかった。なのに、そんなの絶対へんだと。


にらみ合う格好になった、ハリケンジャーの3人と鎧。

そんな鎧の肩を、ハカセ(清水一希)がポンと叩きました。

「もう、いいよ、ありがとう」


「今は、わたくしたちが対立してる時ではありません」と、アイム(小池唯)も言う。

アイムはハリケンジャーのレンジャーキーを、3人に差し出しました。

「びっクリにされた方々と一緒に、マーベラスさんたちも助けてください。お願いします」

そう言って、頭を下げた。


さらにハカセは、付け加えます。

「ついでに、マーベラスたちのことをちゃんと見て、どんなやつらか、確かめて来てください」


「いいのか?」と聞き返す、鷹介。

「逆に、返す気が無くなるかもしれないぞ」


「心配いりません」と、アイムは微笑む。

「その時は、力ずくで取り戻します」

しっかりした口調で、そう言いました。



異空間で意識を取り戻した、マーベラス(小澤亮太)たち3人。

明かりがついて、周囲の状況に気づきました。

まるでテレビのクイズ番組のセットみたいだ。


と、その瞬間、鎖で体をしばられ、強制的に席に座らされます。

何だこれは?

その時、サタラクラJr.の馬鹿笑いが響いた。

「ダ~ッハッハッハッ、ようこそ、ボキの愉快なクイズ空間へ♪」

「これから出すクイズに正解すれば、な~んとなんと、もれなくこの異空間から、脱出のチャ~ンス♪」



マーベラスは、フッと鼻を鳴らしてから言いました。

「やってやろうじゃねえか」



サタラクラJr.の作戦について、参謀長ダマラスが司令官ワルズ・ギルに報告しました。

びっクリミサイル作戦を阻止した海賊たち3人を、絶対に正解の出ない いじわるクイズで苦しませ、地獄に突き落とす。


順調だった作戦を一度ダメにされているだけに、ワルズ・ギルはこのクイズに期待します。

さらに、念には念をというわけで、バリゾーグとインサーンを、地上に送り出すことにしました。

サタラクラJr.が戻るまで、残りの海賊たちを いたぶってやれとの命令。

(おやおや、ワルズ・ギルさん。ノッてきましたねえ)



異空間では、クイズ大会が開始されようとしていました。

「ボキ印クイズ ヒントでビビッと!!」

サタラクラJr.がそう叫ぶと、観客席のマゲラッパたちが盛大な拍手を送った。

サタラクラJr.は、ぶちゅ~♪ と、投げキッスを返します。


まずは頭の準備体操、オープニングクイズ!

ジャジャ。

これから映し出されるのは、誰でしょう?


画面には、真っ赤なスーツを着た、戦隊ヒーロー最初のリーダーの姿が。

これは3人とも、分かる。

アカレンジャー!


でも、ブー! と、サタラクラJr.は大きく手で×印を作りました。

不正解。

正解は、アカレンジャーになりすましたサタラクラJr.だったのです。

(つーか、ヘルメット入らないだろう)

サタラクラJr.は、高笑いです。


そんなこと分かるわけないと抗議する、ジョー(山田裕貴)。

でも、サタラクラJr.は、最後まで見てないからだと、取り合いません。


罰ゲームとして3人は、上から水をかけられた。

さらに、バケツまで落とされる。

ルカ姉さんの頭には、バケツがかぶさりました。

(これは、あとが怖い)


愉快愉快と大笑いする、サタラクラJr.。

続いて、スペシャルステージに移ります。


3人は、回答席ごと野外に飛ばされました。

クイズに間違えると、さらに過激な罰ゲームがあるという。

その代り正解してサタラクラJr.が「ピンポ~ン♪」と言うと、無事解放される。

おまけに、薬玉(くすだま)を爆発させてお祝いすると。

その薬玉には、ザンギャック印のダイナマイトがついている。

マーベラスは、その玉を、にらむように見ました。


いじわるクイズ




ハリケンジャーのレンジャーキーが、鷹介たちの手に渡りました。

「じゃあ、確かめさせてもらうよ」

そう言って、3人は変身。

レンジャーキーの力が解放されて、3人はハリケンジャーになった。


「超忍法、開けゴマ!」

3人が印を結ぶと、空に穴が開きました。

ハリケンジャーは、その穴に飛び込んだ。


その姿を見送る、ハカセたち。

鎧が、「大丈夫ですよね…」と、不安を口にしました。


が、ハカセは笑顔で言った。

「決まってるじゃん。安心して待ってれば、いいんだよ」


そんな3人の背後で、爆発が。

いきなりゴーミンが現れた。

しかも、バリゾーグとインサーンまでいる。

「賞金首の海賊ども、今日が最後の日よ」

インサーンが歩み出ます。


「のんびりはしていられないようですね」と、アイム。

3人は、豪快チェンジ。

ゴーカイジャーとなって、ザンギャックと戦う。



ボキ空間へと突入した、ハリケンジャーたち。

そのあり様を見て、驚きました。

マーベラスたち3人が、何かの席に座らされている。

その前では、サタラクラJr.が高笑い。

しかも、3人とも、ボロボロになっているじゃないか。


ハリケンジャーたちは、超忍法・地獄耳で、様子を探りました。

(な~んですか~)

どうやら3人は、クイズに参加させられているらしい。


ジョーへの問題が、読み上げられます。

燃えたら困るランプは、な~んだ?


それを聞いたハリケーンイエロー@尾藤吼太(山本康平)は、ふつうの答えだとトランプだけど、と。

でも、ジョーは答えませんでした。

「まったく分からん」と言っただけ。


答えは、「どんなランプでも燃えたら困るに決まってるじゃん」でした。

罰として、周囲の火薬が爆発する。

3人がボロボロなのは、このためか。


問題は続けられます。

次は、マーベラスの番。

餅(もち)は餅でも、痛い餅は、な~んだ?


ふつうは「尻餅(しりもち)」だと、ハリケーンブルー@野乃七海(長澤奈央)は言います。

しかし、クイズの傾向からすると、ストレートな答えではあるまい。

ハリケーンイエローは、「槍みたいな形にして凍らせた餅」ではないかと、予想しました。

さて、マーベラスは何と答える?


マーベラスは言いました。

「分かるか、そんなもん!」


解答放棄で、これも不正解。

答えは、「槍みたいな形にして凍らせた餅」でした。

罰として、また周囲が爆発します。


マーベラスたちの姿勢に、ハリケーンレッドは怒りをあらわに。

「あいつら、あんな簡単なクイズも分かんないのか」

ブルーも、せめて答える努力はするべきだと言います。

「もういい」と、ハリケーンレッドは立ち上がった。

「とにかく、サタラクラJr.を倒すぞ!」


ハリケンジャーの3人は、サタラクラJr.の前に飛びだした。

「こんなクイズはおしまいだ!」

忍者刀 ハヤテ丸で、斬りつけます。


剣をかわすと、サタラクラJr.は薬玉のところへ。

「これがどうなっても、いいのかな~?」と、薬玉を割りました。

中から出てきたのは、びっクリが入った袋。

その前には、爆弾が。

ダ~ハッハハッと高笑いする、サタラクラJr.。

「びっクリを見て、ビックリしちゃった?」

「じゃあ、罰ゲーム♪」



動きの止まったハリケンジャーは、サタラクラJr.の宇宙忍法を受けてしまいます。

爆発に巻き込まれ、変身を解除されてしまった。



地上でも、戦いは続く。

ゴーカイグリーン、ピンク、シルバーは、豪快チェンジ!

現れたのは、デカグリーンに、デカピンク、デカブレイク。

みんなが戻ってくるまで、ここは守るぞ。



鷹介たちも、サタラクラJr.に捕まってしまいました。

でも、これで状況が分かった。

クイズに正解すると、薬玉もろとも びっクリが爆発する仕掛けだったのです。

ということは、万が一にも びっクリにされた人々に被害が及ばないようにと、海賊たちはクイズには答えなかった?


「関係ない」と、マーベラスは言いました。

どうせ何と答えたって、やつは正解になんかしねえよ。そう言う。


「そんなクイズ、考えるのも面倒だしな」と、ジョーも言う。


「そうそう」と、ルカもうなずきました。


思わず笑いをもらす、鷹介。

立ち上がるとマーベラスのもとに歩み寄り、頭突きをかましました。

ゴン! と、鈍い音が響く。


「やるじゃねえか、おまえ」と、鷹介。

「口は悪いわ、生意気だわ、気に入らないとこばっかだが」

「よし、オレたちが助けてやる」
、そう言った。


鷹介は自信満々ですが、クイズに正解しないで、サタラクラJr.に、ピンポ~ンと言わせなければなりません。

海賊たちは、いぶかしげな顔をしました。


でも、忍者の3人には策がある様子。

「キミたちには思いつかないかもね」と、吼太は言う。

忍者のやり方とは、いったい?


時計のベルが鳴って、休憩タイムが終了。

クイズが再開されます。


その時、鷹介が意気揚々と叫びました。

「サタラクラJr.! 今度はオレたちのクイズに、答えてみろ!」


はあ? と驚く、海賊たち。


サタラクラJr.も驚きますが、こちらはノリ気です。

「ボキにクイズで、挑もうってえの~?」


鷹介は言います。

問題は全部で、3問。サタラクラJr.が全問正解したら、持っているスーパー戦隊の大いなる力を全部やるという。

これは破格です。


何をバカなことをと海賊たちは言いましたが、忍者たちは余裕。

七海は言いました。

「だいじょうぶ、お姉さんたちに任せときなさい」


サタラクラJr.はマントを脱ぎ捨て、このクイズ勝負を受けることに。


まずは、吼太の問題から。

チャチャン。

第1問、パパが嫌いな食べ物、な~んだ?


即答する、サタラクラJr.。

「パパイヤ!」


ひっかけ問題で、実は吼太の実父の好物が答えか?

ということもなく、パパイヤで正解。

吼太は笑顔で、正解を認める。


続いて、七海から、第2問。

鳥は鳥でも、太った鳥、なんだ?


簡単すぎる~と、サタラクラJr.は余裕で解答。

「お相撲さんの、関取」

いやここは、Gu-Guガンモか、クルッポーか、ふとりすぎか、小太り?

ああ、ナビィか。

でも、関取で正解。

七海は、「く~、正解」と、くやしがってみせた。


あと1問で、全問正解になってしまう。

最後の問題は、鷹介から。

ゴムの張った小さな木の板で、プラスチックの軽いボールを打ち合うスポーツ、な~んだ?


連続正解で調子にのっているサタラクラJr.は、余裕のよっちゃんで答えました。

「またまた簡単すぎ~♪」

「答えは、ピンポ~ン!」


そう言ってから、気づいた。

「あっ!」 


その瞬間、みんなを縛っていた鎖が解けました。

忍者の3人はサタラクラJr.をかく乱するとともに、びっクリの入った袋を確保。

作戦は、まんまと成功した。


絶句したのは、海賊の3人。

マーベラスは、「マジか?」と漏らした。

ルカも、「すっ、すごい」との言葉が口に出ます。

ジョーも、「メチャクチャだが、とにかくピンチを脱した」と口をあんぐり。


「まあ、こんなもんだろう」と微笑む、鷹介。


一方、回転させられたサタラクラJr.の頭の上には、薬玉が。

そしてその手には、爆弾が握らされていた…


忍者作戦





態度を取り繕うことがない、海賊たち。

というか、どこにいようが、何をしようが、海賊らしく振る舞う?

海賊の看板を背負い、海賊の仮面をかぶっているのが、誤解の元なのかもしれません。

おかげで、今回も、ハリケンジャーに信用されなかった。


でもでも、よく見ていれば、見えてくる。

言ってること、してること、目指しているもの。

だから、ハカセも、安心していいと言った。


態度は悪いけど、人のためにやっているのだと気づいた、ハリケンジャーたち。

うれしくなって、鷹介は思わず、マーベラスの頭にゴチン!

そして、トンチを利かせ、ピンチを脱するのでした。


誤解が解けて、めでたしめでたし…





スーパー戦隊シリーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー VOL.1【DVD】



海賊戦隊ゴーカイジャー キャラクターブック



忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッとTHE MOVIE【DVD】
 





ザンギャックと戦う、デカグリーン、デカピンク、デカブレイク。

しかし敵には、バリゾーグとインサーンがいる。

幹部ふたりに圧され、3人は攻撃を受けて変身を解除させられてしまった。


と、その時、空が歪んだかと思うと、爆発。

穴が開いて、海賊3人に忍者3人、おまけにサタラクラJr.まで降ってきた。


アイムは鷹介に聞きました。

「いかがでしたか? マーベラスさんたちは?」


ムカつくやつらだったと答える、鷹介。

でも、すぐに微笑みながら付け加えました。

「けど、悪くないと思った」


吼太も言います。

「ちゃんと会ってみないと、分からないものだなって」


キ~っと、くやしがっているのは、サタラクラJr.。

からかうつもりが、だまされてしまった。


鷹介の横に立って、マーベラスが言いました。

「今度は、9人でやらねえか?」


ルカも言います。

「あたしたちのいいところも、見てもらわないと」


ジョーも言いました。

「たのんだぜ、先輩」

(ジョー語講座:「たのんだぜ、先輩」→「先輩の方々、これから一緒に戦わせていただきます。ご指導ご鞭撻(ごべんたつ)のほど、よろしくお願い申し上げます」)


「いいぜ!」と、鷹介。

「忍者と海賊の、豪快コラボだ!」



海賊たちは、豪快チェンジ!

忍者たちは、忍風・シノビチェンジ!

色とりどりの9戦士が、豪華に登場!


クイズの借りは拳で返す、ゴーカイレッド!

クイズの借りに斬り刻んでやる、ゴーカイブルー!

バケツのお礼は倍返しだ、ゴーカイイエロー!

クイズなら得意なのに、ゴーカイグリーン!

クイズ? それはおいしいのですか? ゴーカイピンク!

世界で一番のナイスなガイは だ~れだ? ゴーカイシルバー!


海賊戦隊、ゴーカイジャー!


風が哭き(なき)、空が怒る! 空忍、ハリケンレッド!

水が舞い、波が踊る! 水忍、ハリケンブルー!

大地が震え、花が詠う(うたう)! 陸忍(おかにん)、ハリケンイエロー!


人も知らず、世も知らず、影となりて、悪を討つ!

忍風戦隊ハリケンジャー、あ、参上~!


忍風戦隊ハリケンジャー


「今日は特別だからな」とゴーカイレッドが言えば、

ハリケンレッドは、「ああ、いつもより」と。

そして声をそろえて言う。

「シュシュッと行くぜ!」


忍者が舞い、海賊が舞う。

1日限りの豪快コラボだ!


ハリケンレッドは、いきなり忍術を使った。

超忍法、空駆け!

空中を駆けながら、マゲラッパとゴーミンをたたき斬ったぞ。

そこに、ゴーカイレッドも加わります。

「ついてこいよ」とは、先輩レッドのお言葉。


ハリケンイエローは、超忍法 舞獅子を披露。

いきなり5体に分身したぞ。

ゴーカイグリーンが驚く中、5体で一気に、ゴーミンとマゲラッパを倒した。


お次は、ハリケンブルーだ。

こちらはゴーカイピンクとゴーカイイエローを引き連れ、乙女組を結成。

ハヤテ丸ガンモードで、突き進む。

敵の中心まで来たところで、トリプルブラスト!

3つの銃が回転しながら、敵を一掃した。


ゴーカイグリーンは、ゴーカイブルーと武器チェンジ。

と思ったら、ハリケンイエローも入って、ちょっとこんがらがった。

ゴーカイブルーは、ゴーカイサーベルとハヤテ丸の二刀流に。

(ジョー語講座:「借りるぞ」→「お借りします」)

ハリケンイエローは、ゴーカイサーベルとゴーカイガンを手にした。

で、ゴーカイグリーンは二丁拳銃にはならずに、ゴーカイガン1丁だけ。

仕方ないから、空いた手は枝で武装だ。


戦隊大好きのゴーカイシルバーは、叫びました。

「覚悟、覚悟、覚悟しろ~」(よ、絶対~ぃ♪)


スゴーミン相手には、超忍法 影の舞だ!

ただし、今日は、ハリケンレッドのみ。

あっという間に、スゴーミンを撃破したぞ。


と思ったら、すぐにゴーカイレッドとの連携攻撃。

ゴーカイレッドがハリケンレッドの肩にのり、大回転。

銃と剣で、ゴーミン&マゲラッパを、一気に倒した。


「やるじゃねえか!」と、先輩レッド。

後輩は、「あんたもな!」と返した。


ハリケンジャー&ゴーカイジャー


そこに攻撃を仕掛けたのは、サタラクラJr.。

怒りに燃えています。


ハリケンイエロー、ゴーカイブルー、グリーン、シルバー、

彼らに迫るのは、バリゾーグ。

剣の達人だけあって、手ごわい。


一方、こちらは、女の戦い。

ハリケンブルーに、ゴーカイイエロー&ピンクに対するのは、インサーン。

インサーンは、ムチを使って攻撃したぞ。

これには、乙女組もピンチ。

しかし、負けるわけにはいきません。

ハリケンブルーは、超忍法 水流波を使った。

手から噴き出す水流で、インサーンをたじろがせる。

すかさず、イエロー&ピンクが空中攻撃。

さらに、ハリケンブルーが、ソニックメガホンを発射した。

今回の言霊(ことだま)は、飛んでけ~っ!


バリゾーグに手を焼く、ゴーカイブルーたち。

そこでハリケンイエローは、忍びロープを使った。

ターザンのようにロープ片手に宙を駆け、ゴーカイグリーンと合体。

その勢いを借りて、グリーンが空中攻撃をしかけた。


やっと互角に近づいてきましたが、インサーンとバリゾーグは、ここで撤退します。

サタラクラJr.が戻って来たところで、作戦は終了している。



さあ、残るは、行動隊長 サタラクラJr.のみ。

こちらは、レッドふたりが相手をします。


サタラクラJr.は顔を巨大化させ、スペシャルでびろんぱ で攻撃。

息で吹き飛ばす。

が、これに負けじと、ゴーカイレッドがサーベルでぶった斬った。

元の大きさに戻って転がる、サタラクラJr.。


今だ!

ハリケンレッドの蹴りが決まった。

いや、蹴ったまま、サタラクラJr.を圧してゆくぞ!

その呼吸に合わせて、サイドからゴーカイレッドが攻撃。

サタラクラJr.は、万発の攻撃を喰らうことに。


ここで一同が、集結。

ゴーカイシルバーは、ゴールドモードに変身。


ド派手に決めるぜ!

ファイナルウェ~ブの電子音が響く。

ゴーカイ超忍法、ハリケンスクランブル!


ゴーカイシルバーが突き、

ゴーカイグリーン&ピンクが撃ち、

ゴーカイイエロー&ハリケンイエローが斬る、

ゴーカイブルー&ハリケンブルーも剣圧を放ち、

最後は、ゴーカイレッド&ハリケンレッドが、光の刃を放った!


なす術もないサタラクラJr.は、その技を受けるしかありませんでした。

絶叫のあと、サタラクラJr.は画面に向かって言った。

「テレビの前のチミ、ソリはソリでも切れるソリ、な~んだ?」


クイズを出題した後、サタラクラJr.は爆発しました。

それと同時に、びっクリにされていた人々は、もとの姿に戻った。


対 サタラクラJr.


おのれ、おのれ、おのれと、怒りに燃えるのは、ワルズ・ギル。

ゴーミンから銃を受けとり、怪光線を発射。

サタラクラJr.を、巨大化復活させました。



ボキ、復活! と巨大化しても相変わらずの、サタラクラJr.。


あとはオレたちに任せろと言うゴーカイレッドに、鷹介は忘れ物だと、ハリケンジャーのレンジャーキーを渡した。

七海はゴーカイブルーに、吼太はゴーカイイエローに、同じように投げ渡します。

鷹介は言った。

「頼んだぜ、伝説の後継者!」


ゴーカイガレオンが変形し、ゴーカイオーに海賊合体。

豪獣ドリルも、豪獣レックスから豪獣神に3段変形。

さあ、巨大サタラクラJr.に、相対す。


「楽しく愉快に、地獄に落としてやる~!」と、楽しいような怖いようなことを言う、サタラクラJr.。

宇宙忍法 ドンガラガッシャーンで、攻撃してきました。

途端に落雷に襲われ、ゴーカイジャーはピンチに。

コクピットに火花が散ります。


ダメージの大きい豪獣神を後ろに下げ、ゴーカイオーが前に出る。

その時、地上で戦いを見つめる鷹介の表情に、レッドたちは気づいた。

うなずく、鷹介、七海、吼太。

と、ハリケンジャーとゴウライジャーのレンジャーキーが光りました。

レンジャーキーは何かを主張するかのように浮かび上がり、それぞれの海賊の手へ。

「使わせてもらうぜ!」

5人は、レンジャーキーをセット。

ついにハリケンジャーの大いなる力を使う時が来た。


ニンニンニン、ニンニンニンニンニン!

空から巨大手裏剣にのって現れたのは、すいぎょうまつ、うんらいまつ、ふうらいまつ、いや 風雷丸だ!

「拙者(せっしゃ)、風雷丸、助太刀いたす!」


手裏剣攻撃を仕掛ける、風雷丸。(クナイにも見える)

サタラクラJr.を驚かせると、ゴーカイオーに近寄り、印を結んで言いました。

「ゴーカイジャー殿、合体でござる!」


「海賊と忍者、ひとつになりて、天下御免の手裏剣装備!」

風雷丸は5つの手裏剣となって、ゴーカイオーと合体しました。

見得を切る、ゴーカイオー。

すると、両手足から、手裏剣が出現した。

さらに頭部と胸部が変形し、巨大手裏剣を右手に握る。

これぞ、忍者と海賊の最強合体、ハリケンゴーカイ―、あ、ここに推参~~っ!


いきなり圧しまくる、ハリケンゴーカイオー。

イエローの掛け声で、まずは、シュシュッと、手裏剣チェーン!

鎖につながれた手裏剣が、離れたサタラクラJr.を削ってゆく。

もうひとつオマケに、シュシュッとゴーカイ無限手裏剣!

両手足から、文字通り無限の手裏剣が飛び出した。

逃げることもできない、サタラクラJr.。

しかし、これでも海賊たちを苦しめた行動隊長です。

それでも、致命傷には至りませんでした。


だったらと、最後は、ゴーカイ風雷アタック!

胸と手足のハッチからパーツが飛び出し、合体して風雷丸が再度出現。

「夏でござるが、必殺奥義 乱れ桜ぁ~!」

桜吹雪の中で、風雷丸が分身した。

1、2、3、4 … 9体の風雷丸が、サタラクラJr.を斬りつけたぞ。


これでは、さすがのサタラクラJr.も、もちません。

「さっきの答えは、カミソリだよ~ん!」

正解を教えると、爆発して、散っていった。


ハリケンゴーカイオー


「ふ~いい汗かいたでござる」と息をつく風雷丸にピンクは、おつかれさまでした、と一言。

「では、また、おめにかからんことを~!」

ゴーカイオーの肩の上にのっていた風雷丸ですが、やがて、煙となって消えてゆきました。



戦い終って、ゴーカイガレオンの中。

ジョーとアイムがそれぞれ、ハリケンブルーとハリケンイエローに変身し、みんなの前で忍術を披露している。

超忍法、地獄耳!

なかなかのデキに、七海も吼太も、筋がいいと拍手、拍手。

(でも、地獄耳になってるもんだから、拍手の音と声が、イエローとブルーの耳に響いた)


そこにアイムも、「わたくしも挑戦してみました」と、登場。

といっても、こちらは忍術ではなくて、ウサギの耳のカチューシャ。

「な~んてね♪」


いや、これこそ忍法。

男子のハートをガッチリキャッチする術。

これがハートキャッチの術か。

30分後に、はじまりそうだ。


ハリケンイエローになっているアイムが言いました。

「それズルいよ、アイム」


七海も、「お姉さんも、それは反則だと思うな」と、ウサ耳を指でつっつく。


ナビィも、反則、反則、反則だ~! と はしゃぎます。


一同が笑う中、鷹介は「いい船だなあ~」と。

「この船で、ずっと宇宙を旅してきたのか…」

鷹介はマーベラスに聞きました。

「この星は、どうだ?」


「気に入った」と即答する、マーベラス。

「宇宙最大のお宝が、この星にあってよかったと思ってる」


それを聞いて、鷹介は「そうか」と、どこか満足気です。


戦隊ファン、伊狩鎧が、よかったら記念写真をと、お願いしました。

9人そろって、ファインダーの前に並ぶ。

鎧は、カメラのセルフタイマーをオン。

自分も、みんなの中へ。

みんな笑顔に。

ジョーは親指を立てながら、ちょっと緊張気味。

そしてシャッターが下りるタイミング。

ハイ、チーズ!



その瞬間、ナビィが真ん中に飛び込んできました。

イエ~イ!



ま、これも、ご愛嬌…


忍者と海賊





誤解も解けて、無事解決。

よく眺め、よく話してみると、海賊たちはいいやつばかりでした。


理解した後は、一緒に敵に向かい、さらに絆を深める。

忍者と海賊であり、先輩と後輩。

信頼して、レジェンドキーを後継者に託します。


またひとつ新たな力を得て、海賊たちは宇宙一のお宝を目指す。

そのお宝とは、いったい何なんでしょう?

物?

力?

それとも…





海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイマシンシリーズ04 風雷丸



テレビマガジン 2011年 09月号 [雑誌]



CAST-PRIX ZERO VOL.18 (グライドメディアムック) 






今週のおまけ

海賊戦隊ゴーカイジャー 今週のおまけ

左上:超忍法 地獄耳!
右上:走るぜ、デカブレイク

左中:秘剣 木の枝! とう!
右中:大都会というジャングルに、ターザン兄弟が!

左下:大活躍の3人でした
右下:来週は、ハカセがイケメンに? 





来週のゴーカイジャーは――


来週の海賊戦隊ゴーカイジャー

第27話「いつもより豪快なチェンジ」

モテモテなハカセに、女の子らしいルカ?

ボクがワタシで、ワタシがボクで。

ルカとハカセが、入れ替わった?

いったい、ど~なるの?





スーパー戦隊ぴあ







<<「ハリケンジャー vs サンダールJr. サタラクラJr./第25話 海賊とニンジャ」
   「イケメン ハカセと 泣き顔 ルカ vs レガエル/第27話 いつもより豪快なチェンジ」>>
 

 → 「海賊戦隊ゴーカイジャー 目次」





「海賊戦隊ゴーカイジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」

 → 「天装戦隊ゴセイジャー 目次」
 → 「侍戦隊シンケンジャー 目次」





今週の1票を、よろしく。









関連記事
[サイト内タグ]:  海賊戦隊ゴーカイジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


海賊戦隊ゴーカイジャーの第26話を見ました。 第26話 シュシュッとTHE SPECIAL 宇宙忍者・サタラクラJr.により異空間に転送されたマーベラス、ジョー、ルカが転送されたボキ空間に突入するにはハリ...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■