ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
辞任した松本復興相の件ですが、そもそもスタートが勘違いだったようです。



『松本復興相の発言は的外れ、そもそも村井知事は遅れていなかった』

松本龍震災復興担当相が3日午後に村井嘉浩宮城県知事と宮城県庁で会談した際、応接室に後から入ってきた知事を叱咤し、「お客さんが来るときには、自分から入ってからお客さんを呼べ」と発言したことに関して、関係者の間に戸惑いが広がっている。そもそも知事は予定に遅れておらず、通常の応対をしたに過ぎないからだ。




どうも、来客者であるところの松本復興相を応接室に案内し、お茶を出し、落ち着くのを待って知事が入室ということだったらしい。

普通の対応ですよね。


「長幼の序が分かっている自衛隊ならそんなことやるぞ」との発言もありましたが、これも防衛省が否定している。

「確かに階級のある部内では長幼の序という考えがあるかも知れない。ただ、部外の人と会談するときには当てはまらない。そもそもどうやって上下関係を付けるのか判断できない」とのこと。


「呼ばれて入ったら(村井氏が)3、4分出てこなかった。だから怒った。九州の人間は、お客さん来るとき、本人はいるものです」というのも、福岡県庁秘書課が否定。

「庁舎に大臣がお見えになったら、すぐに会場にお通しし、その後、すみやかに知事に入室してもらう。先に知事が応接室で待つことはないし、本人が来客をお出迎えすることも通常はしません」とのこと。


ということで、出発点からして的外れだったようです。





今回の件、何が問題かというと、「力を持った者が、勘違いを前提に恫喝した」というところでしょうか。


人間は誰しも、勘違いします。勘違いから不快な思いをすることもあるし、勘違いから不快な思いをさせてしまうこともある。

なので、今回の件にしても、勘違いしたこと自体は、特別なことではないんでしょう。


ただ、その後の対応がまずかった。

「知恵を出したところは助けるが、出さないやつは助けない」

「県でそれコンセンサス(総意を)得ろよ。そうしないと、われわれ何もしないぞ」

「いまの最後の言葉はオフレコです。いいですか皆さん、いいですか。書いたら、もうその社は終わりだから」

こんなことを、言っちゃうとね。


不快になったのはしょうがないにしても、それと立場や実務がくっついちゃうと、いけませんね。

上の者が云々と発言したらしいけど、上の者が脅しちゃいけない。

というか、いつもこんな調子なんだろうかと思ってしまう。

(本人にはこれが普通で、周囲もそれを赦しているのかな?)



怖いと思ったのは、ずっと勘違いしたままだったら、どうなるのか? ということ。

力を持った個人が勘違いを元に相手をひどい人だと思い込み、不利益を与えるようになったら、どうなるだろう?

あるいは勘違いした個人が周囲を巻き込んで、ひどい人だとか、悪い奴だとか、そんな風に吹聴したら、どうなるのだろう?


勘違いしたまま悪者にされたら、嫌ですよね。

勘違いから脅されたら、嫌ですよね。

それが延々と続いたら、なお嫌だ。嫌すぎ。


勘違い自体は誰でもするけど、その先のあり方によっては、怖ろしいことになりそう。

ちょっと、考えないと。

すごく不利益を受けたり、しないでいい苦労を強いられるかもしれない。

追い込まれたりしたら、とんでもない。


悪いと認知したら悪いんだ! なんてことは、無しにしないとね。

でないと、実際は悪くないのに、悪者にされてしまう。





図解 マナー以前の社会人常識 (講談社プラスアルファ文庫)




何様のつもり (角川文庫) 





問題は、勘違いだと分かった後の対応なんだろうか。

ごめんなさい、間違いだった。

ゆるして、誤解してた。

そういう流れになると、仲よくなることもあるけどね…




関連記事
[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■