ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
自己関連付け・個人化は、「こうなってしまったのは、全部、自分のせいだ」と思ってしまうような、考え方のくせ。否定的なことが起こると、その原因を全部、自分に求めてしまう。

明確な根拠もなく、客観的な証拠も、合理的な理由も無いのに、ただただ、そう信じてしまいます。

「ともかく、わたしが悪い」というわけ。



確かに、関わり合いは、あるかもしれない。また、何らかの影響も、与えたかもしれない。ただ、ここでも、割合が無視されます。客観的な視点なら、「多少、影響を与えたかもしれない」といったものも、「全部、わたしが悪い」と思ってしまいます。

こうなると、気分が落ち込んで当たり前ですね。事実はともかくとして、「全部、自分が悪い」と認知しているのですから。

感情は反応なので、「全部、自分が悪い」と信じれば、それを前提とした感情、例えば、罪悪感や自責の念が、自然と出てきます。また、それが続けば、絶望感や無力感なども、生まれるでしょう。

これは、反応としては正しい、けれど、前提(認識)が間違っています。悪くないのに悪いと思い込み、過度の悲しみを抱えてしまっている。必要以上に、自分を打ちのめしているのです。



それと、実はもうひとつ問題があって、人間は「認めやすい部分で認める」といったところがあります。

だから、「全部、わたしが悪い」と言いながら、肝心のところは認知していない場合も。悪い悪いと謝りながら、肝心の何が悪いのかには、無頓着だったりする。

で、どうなるのかというと、謝る割には、態度は変わりません。同じことを繰り返す。

「全部、わたしが悪い」「どうせ、わたしはダメなんだ」で止まってしまい、その先がないのです。



これが社会的な場合だと、外に向けられます。「全部、わたしが悪い」ではなしに、「全部、○○が悪い」「全部、社会が悪い」という風に、なってしまう。

ここでも、明確な根拠、客観的な証拠、合理的な理由は、さほどありません。仮にあっても、拡大されていたりする。部分を全体に当てはめ、悪者にしたりする場合もあります。

ともかく、「全部、○○が悪い」「全部、社会が悪い」で片づけられて、話がそこで終わってしまいます。

具体的にどんな部分がどの程度悪いのか? そういう話にはあまりならず、「ともかく悪い」という結論しか出ない。

さらにこの状態が悪化すると、自分が担っている役割まで、「全部、○○が悪い」と他人事になることも。

相手はそう信じているので、取りつく島がありません。また、周囲までそれに呑み込まれれば、なかなか反論できない状態に。

話は聞いてもらえず、議論にもならず、「だって、○○が悪いのだから」で、結論付けられてしまう。



個人的な場合も、社会的な場合も、あまり掘り下げて調べようとはしません。結論が先にあって、それはもう揺るがない。自分であれ、相手であれ、悪いと決まると、それを前提として進めてしまいます。検証してから判断しようという姿勢が、すっぽりと抜け落ちてしまいます。

なので、なかなか話が通じにくい。周囲の説明も、耳に入りません。

個人の場合だと、何を言われても、「はいはい、わたしが悪いんです」とか「いいえ、全部、自分のせいです」となる。また、社会的な場合でも、「そんなこといったって、○○のせいじゃないか」とか「○○が悪いに決まっている」と言って、聞かない。

その際、「どうしてですか?」と聞かれても、「ともかくそうなんです」という風に、明確に答えられないのに、信じて疑いません。あるいは、部分的な根拠を取出し、それを拡大して全体に当てはめる。



このように、前提を間違えて認知してしまうんですね。

そんなに悪くなくても、徹底的に悪いと、思い込んでしまう。

なので、感情も、そのような感情が出てくる。そんなに悪くなくても、徹底的に悪いことを前提とした、そんな感情が湧き出ます。

また、こういう状態だから、選択も、間違えやすい。そんなに悪くないものも、すごく悪いと誤った認知を前提にするので、話が違ってくるのです。あるいは、同じ話をしながら、それぞれ前提が違ってしまって、結果、話が通じないことも。



本来、「○○のせいだ」とか「○○が悪い」という時には、それなりの理由や根拠が要るものなのですが、それがどうも、曖昧な場合がある。あるいは、部分的な根拠を全体にまで拡大し、間違った適用の仕方をしている場合も。

こうなると選択を間違えるので、修正が必要です。

また、本来出てこないはずの感情で、振り回されることだって、あるかもしれない。

でも、このようなことが、けっこう、今の日本で起きてますよ。

確認とか、検証とか、あって当たり前の物が、すごく疎かになっている場合がある。


選択を間違えるには、それなりの理由があるようです…





「だから自分はダメなんだ」と決めつけない ~こころ楽になる気持ちの扱い方~



自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法





このような状態になると、具体例というものが疎かになります。

具体例と言いながら、非常に大まかだったり、検証不足の例だったりする。

個人の場合でも、社会の場合でも、ですね。

で、さらに、未来に対しても、具体性を欠きます。

検証してないから、未来に打つ手が、具体的でないものに。

具体的に把握していれば、修正も可能なんでしょう。

まずい部分を直して、ベターなものにできる。

でも、「ともかく悪い」ですましているから、具体的な修正点が出てきません。


どうも、こういった難点も、あるようですね。

「自分が悪い」と言うにしても、具体的に認知できていれば、それを修正することができる。

でも、「ともかく自分が悪い」となると、何を直していいのか、よく分かりません。

これは、相手でも、同じですね。

具体的に悪い部分があれば、それを修正できる。

でも、「ともかく、○○が悪い」では、その団体なり個人なりを否定するだけで、その先が出てきません。


この認知の歪みの困った点は、未来につながりにくいことかもしれません。

あるいは、認知の歪み全体が、そういった傾向を持つのだろうか?





<<「レッテル貼り/認知の歪み 社会編(9)」
   「100%という幻想/認知の歪み 社会編(11)」>>


 → 認知の歪み




関連記事
[サイト内タグ]:  認知の歪み



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■