ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
「感情」というのは、喜んだり悲しんだりする、そんな心の動き。「気持ち」と呼ぶこともあります。あるいは、「きれいだ」とか「感じが悪い」という、主観的な価値づけもそう。

通常、何かを見たり聞いたりして、そういったものが、人間の中に生じます。奥から、湧き出る。

感情的決めつけとは、そういったものが事実より権威を持ってしまったような状態。客観的な事実や真偽よりも、感情的な判断が、優先されてしまいます。



常に感情が勝ちすぎて、感情による判断が現実より勝ってしまう。

例えば、「あの人は感じが悪い」と思えば、実際にどうかは別にして、その人は感じの悪い人になってしまう。単に「そう思う」を超えて、「実際にあの人は感じが悪い」「誰もがそう感じるはずだ」と、認識されてしまいます。

感じのよし悪しは主観なのですが、それが主観を超えて、一般となる。「わたしがそう感じる」を超えて、「実際にそうだ」になってしまいます。感じたことを、現実としてしまう。

あるいは、ある事象を無価値だと断じてしまうことも。「わたしはそれに対して価値を感じない」→「だから、無価値なものなのだろう」となってしまう。「個人がそう思う」のではなく、「万人がそう思うはずだ」とか「実際それは無価値だ」と認定してしまいます。

このように、個人の感情が、客観的価値をも凌駕してしまったような状態。感じたことと現実が、ごっちゃになってしまいます。

極端な例になると、「わたしがあると感じるから、それはある」とか、「わたしは無いと思うから、それは無い」みたいなことに。実際はどうかとか、客観的にどうかとか、事実としてどうかとか、それは無視されて、「個人の感じること」が優先されてしまう。


よくある個人の例だと、「わたしはあの人を冷たいと感じる」→「だから、あの人は実際に冷血人間なのだ」とか、「だから、あの人はわたしを憎んでいるはずだ」とか、感情に基づいた「だから」や矢印が、くっついてきます。

実際に、その人は冷たい人なのか? 実際に、その人は憎んでいるのか? その確認なしに、決めつけてしまう。


こういうことって、社会的にも起こっているようです。

実際はどんな人か分からないのに、感情による判断で、「○○な人」にされてしまう。実際に、何を思っているか分からないのに、「○○と思っている人」にされてしまう。

知らない間に、勝手に決めつけたり、決めつけられてしまいます。

これは、怖いですね。



社会的に何が怖いのかといえば、前提を間違うことが怖い。

実際にはどうか分からないのに、「○○な人」になる。あるいは、「○○する人」、「いつも、○○を考えている人」と、されてしまう。

こういった「実際には分からないこと」「実際には確認されていないこと」を前提に判断すると、判断を間違う可能性が生じます。選択にも、影響を与える。


なのに、世の中を見ると、感情的に決めつけ、事実関係が語られないまま、ともかく「○○な人」になっていたり、「○○な集団」になっていたり、そういったこともあるようですよ。

テレビの中の人――といっても、全部ではありませんが――は時に、事実関係を語らぬまま、あるいは一部の事実だけを拡大して、一個人の全体像だったり、集団の全体だったりを、悪者として非難します。感情的に、責め立てる。そしてまた、視聴者も、それにのってしまうのです。

「○○が悪い」と言う時、果たして、どこがどう悪いか、きちんと説明されているでしょうか? その説明に使われる「だから」に、合理性はあるか? それを実証する事実はあるか?


だから、我々は、注意しなければなりません。

テレビの中の人は、誰にでも分かる客観的な事実をもとに語っているのか、それとも、自身の中にある感情を中心にして語っているのか、注意深く見分けねばなりません。

そうしないと、判断や選択の前に、あやふやであったり確認されていなかったり、最悪の場合、間違った前提を、受け取ってしまいます。


我々は時に真実を追い求め、誰もが理解できるような平易な現実を価値の低いものとしますが、そんな必要最低限の現実を共有することこそ、現代日本では、急務なのかもしれませんよ…





十二人の怒れる男 [DVD]



思考の整理学 (ちくま文庫)





価値観も選択も、人それぞれ。

でも、前提を間違えると…





<<「誇大視・拡大解釈と過小評価/認知の歪み 社会編(6)」
   「すべき思考/認知の歪み 社会編(8)」>>


 → 認知の歪み




関連記事
[サイト内タグ]:  認知の歪み  感情



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■