ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
フィルターとは、特定の物を取り出したり、通過させない、ろ過装置。こういった作用が、心や認知にも生じることがあります。



認知の歪みでは、ネガティブなものや否定的なものが抽出されます。逆に、概ねできていること、肯定的なもの、ほどほどだったり問題のないもの、それらがろ過装置にかけられ、弾かれる。

これらは、認知段階では無いものとされます。そして、できてないことや、思わしくなかったもの、不足、そういったものだけが残る。これが、心のフィルターです。

悪いもの探しが定番となり、その経路が確立されてしまう。結果、肯定的なものやできているものは目に入らず、スルーしてしまう。ともかく、悪い点を探し、それを拾い上げてしまいます。これが、無意識に、自動的に、起こる。

このような場合、どうなるでしょうか?


問題はあるものの、実務はこなし、全体として回してきた。部分部分で改善点はあるものの、全体ではそれほど問題ない。

そういった状態でも、心のフィルターが強化されていると、よい部分は弾かれ、悪い部分だけが抽出されてしまいます。結果、全体として回っていたり、それほど問題ないものが、大問題として扱われる。部分を拾い出され、全体を否定することだって、あるかもしれません。

こうなると、選択を誤っても、不思議ではありませんよね。また、目の前のものが割合を無視してダメに見えるから、やるせない気持ちにもなるでしょう。過剰に、ですが。



前にも書きましたが、「政策の記事を書いた記憶がない」と言った人がいました。世の中が回っている以上、政策が動いてないはずがないわけで、この人は政策を見ようとしなかったか、弾いていたことになります。他に忙しくて、見ようとはしなかった。こういうことが生じるわけですね。

ただ、これがマスコミのすべてかというと、そうも言えず、それは検証してみないと分かりません。



人間には、慣れる機能や、適応する機能が備わっています。

しかし、それも、素晴らしいだけのものとは限らない。

悪いもの探しに慣れ、適応すると、何でもかんでも自然とそうするようになってしまい、いつの間にか心のフィルターが形成されていることも。

なので、それに気づいたら、一度立ち止まることも、必要かもしれません。



それを避けるために必要なのは、検証。

項目を書き出して、それを精査します。

それはいいものだったか、悪いものだったか。

どのくらいの割合でよかったり、悪かったりしたか。

全体としてはどのくらいで、部分としてはどのくらいか。

それを「感じ」ではなく、目で見えるものにして、「実際」をつかんでゆく。


この作業は、個人でも、社会でも、根本は同じなのだと思います。





いつもいいことさがし―小児科医が見た日本の子どもたちとおとなたち



なぜ、ノウハウ本を実行できないのか―「わかる」を「できる」に変える本





そろそろ方向を変えないと…





<<「過度の一般化/認知の歪み 社会編(2)」
   「マイナス化思考/認知の歪み 社会編(4)」>>


 → 認知の歪み




関連記事
[サイト内タグ]:  認知の歪み



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■