ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
過度の一般化、これは狭い範囲の事例を、全体に通用させようとするような態度。個々の事象や経験を、だいたいそうなるとか、みんなそんなもんだと、信じ込んでしまいます。


個人の経験において、「○○したら、××になった」ということがあったとします。それは本来、個人の限られた経験なのに、「だいたい、そうなる」と一般化してしまう。「限られた条件だからそうなった」というのが無視され、全体に適用されてしまいます。あるいは、権威を持った一度の経験が、そうはならなかった他の経験を、見えなくさせてしまう。


ここでも、「割合」というものが無視されています。また、条件というものも、無視されている。そして、あまり検証というものが行われません。


どの程度の割合で、それが起こるのか?

誰でも起こるのか? 限られた人に起こるのか?

いつも起こるのか? 限られた条件のもとで起こるのか?

必ずそうなるという根拠は?


そういった疑問がないままに数少ない結果だけが権威を持つと、これまた選択を誤ってしまうかもしれません。あるいは悪者を作り出し、過剰に責めてしまうかもしれない。

でも、センセーショナルさを優先すると、割合とか限定条件などが、ぼやかされてしまう。限られた一度が権威を持ち、他を呑み込んでしまいます。


マスコミにおいては、「悲劇」がよく取り上げられることがあります。その際、こんな恐ろしいことがありましたと、仰々しく伝える。しかも、割合とか条件が無視されがちで、起こった結果だけを大々的に扱うことも多い。そうすることで、数少ない失敗が一般化され、まるでよく起こることであるかのような印象を持たれることも。

なので、注意深く検証しなければなりません。

それは確かに悲しい出来事だ。
でも、全体のどのくらいの割合で生じているんだろう?
それは避けられることか? それとも、悲しいけど、仕方なかったことか?

これらを忘れて、マスコミが感情増幅器として機能してしまうと、世間に怒りや不満が溢れ、世は乱れます。

そして、選択にも影響を与える。




我々は時に、数少ないケースを一般化してしまうことがあります。

しかし、本当の割合はどうなのか? 一般化するに値することなのか?

それを忘れると、本来受けられる恩恵まで、失ってしまうかもしれません。



(もちろん、マスコミはいつも○○するというのも、気を付けないと、一般化のし過ぎになる)





こころの自然治癒力 (こころライブラリー)



世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく





ある業界の、ある個人が、ミスを起こした。

その伝え方を間違えると、まるでその業界ではそんなミスが多発しているかのような印象を与えてしまうことがある。

ある業界で、悲しいことが起こった。

その悲しみにばかり注目すると、その業界では悲しいことが頻繁に起こっているような印象を与えてしまうこともあります。


割合や条件が無視されると、怖ろしい。

そして、過剰に責めたり怒ったりした結果、失うものだってあるかもしれない。



切り分け、

それはその時起こったという意味では事実。

でも、他の場合でも起こるかは、別…





<<「オール オア ナッシング/認知の歪み 社会編(1)」
   「心のフィルター/認知の歪み 社会編(3)」>>


「認知の歪み/割合と場合分け」

 → 認知の歪み




関連記事
[サイト内タグ]:  認知の歪み



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■