ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
外向的感情タイプは、みんなが持っているような感情を共有するのが得意でした。

一方、内向的感情タイプは、人とは違った価値観や感情を持ちます。



外向的感情タイプの基準は、どちらかというと“外”にありました。“みんな”に基準が置かれた。(といっても、意識してそうしているのではありません。自然とそうなるのです)

内向的感情タイプの基準は、“内”にあります。“みんな”ではなくて、“わたし”にある。

つまり、みんなと同じ感情を持つというよりは、(みんなとは違う)わたしだけの感情を持つ。



こういった特徴が利点でもあり、悩みの種にもなるようです。

外向的感情タイプは、そうね、そうねと、みんなの中に自然に入れます。しかし、このタイプは自分だけの基準を持つので、そうね、そうねとは、ならない。どちらかといえば、「わたしはこう思う」となる。

だから自然と、一歩退いてしまうかもしれません。(一歩退くというよりは、みんなが勝手に近づき合って、結果、残されているといった感じでしょうか)



このタイプは内側に、自分だけのしっかりした基準を持っていたりします。

しかし、それは世間のものとは違うし、またそれを積極的に外に出すわけでもないので、周囲からは理解され難いかもしれません。どちらかというと、何を考えているのか分からないと思われたりする。(本人は、しっかりとした基準を持っていたりするのですが)

人の中にすすんで入るわけではない。自分の考えを積極的に表明するわけでもない。それでいて、何かしらの影響を、周囲に与えずにはおれない。

そういった特徴は、自分の中にあるしっかりしたものが自然と漏れ出すような、そんなところからきているのかもしれません。



このタイプの影は、外向的思考です。眠っていた外向的思考が、ある日、むくむくと起き出してくる。

外向的思考は、外部にある基準や法則、外的な事実とつながっています。好んでそれを用いる。

ただ、慣れていないこのタイプがそうしようとすると、おかしなところが出てくる。


例えば、ごくごく一部の外的な事実に囚われ、他の部分が無視されてしまったりする。

あるいは、既存の法則を使うのだけれど、使い切れない。

なぜなら、慣れていないから。

こうなってしまうと、はじめは、うんうんと頷きながら聞いていたものが、途中から、「????」となり、最終的には論理の飛躍になったりして、整合性が取れないものになったりします。

途中まではいいのに、最終的に分からないものになる。あるいは、部分としては納得できるのに、全体としてはおかしなことになる。



ただ、今まで他のタイプで書いてきたように、それで外向的思考を止めることはありません。

また、止めるのは無理です。

人は自身の影と戦うようになっていますから。


要は、使いながら、いろいろと覚えていけばいい。

そうすれば、慣れてくるし、ある程度は、成熟します。

取り返しのつかない失敗さえ避ければ、それでいいわけで、未成熟さや失敗を許容しながら使うことに、意味があります。

それを怖れて身につけるのを止めるか、それを許容して身につけるか、そんなところが影との対決・対話には、あるんですね。

そういった苦しみがあるから、“対決”などと表現されたりします。

そしてどのタイプも、自身を補完しようと思えば、影との対決は避けられません…





ヒプノセラピー 自分の感情をみる練習 (CD book)
ヒプノセラピー 自分の感情をみる練習 (CD book)



自己実現の心理学―元型論入門
自己実現の心理学―元型論入門





次回は、外向的直観について…





ユング心理学概論の目次





【関連記事】
「タイプ論の目次/ユング心理学」
「エニアグラムの目次」

「内向と外向/心の地図(感じやすさと生き難さ)」




関連記事
[サイト内タグ]:  ユング  タイプ  内向  感情



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■