ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
外向的思考タイプは、世の中にすでにある基準を使い、実際に対処することを好みました。

一方、内向的思考タイプの関心は、内に向いている。だから、元になる基準も、内的基準に従います。

このタイプは主観的であり、同じ理論でも、自分の理論なり、自分の納得する理論なりを、好みます。

また、外向的思考タイプは理論や基準を“使う”ことを好みましたが、内向的思考タイプは、それについて“考える”ことを好む。

このタイプは、外で何が起こっているかよりは、本質的なことに興味があるようです。現象の奥にある核に、関心がゆく。



考えることに没頭するこのタイプは、人付き合いにはあまり興味を示さず、どちらかといえば一人でいたいと考えるようです。

逆に、考えるのを邪魔されるのを嫌う。思考する領域に邪魔者が入ることに、嫌悪感を示します。

また、考えることが中心になるので、その先が疎かになる傾向もある。

それをどう使うかとか、みんなで共有するとか、そういうことにまで興味が行かない。それに費やされるであろう時間を、どちらかといえば、考えることに使いたいと願う。

同じ思考型でも、関心が外に向くか内に向くかで、このような差が出てきます。



このタイプの影は、外向的感情。それが常々の弱点でもあるようです。

外部にある感情、つまり、他人の感情が、うまく分からない。また逆の方向では、外部に感情を出そうという気がない。

感情というものは道理によらないのですが、道理を考える思考タイプは、感情にまで道理を求めようとする傾向があります。(逆に、感情タイプは、道理と感情を混同するようです)

このタイプの関心が内側に向かえば向かうほど、外界との関係は疎遠になります。もともと苦手なのに、接しないから、もっと苦手になる。

したがって、感情を共有するということが、なくなってくる。



とはいえ、影や劣等機能は、何かの拍子に活性化するものです。また、内なる影と呼応するように、外的な要請により、劣等機能に関する仕事に取り組まねばならなくなることもある。(このタイプだと、感情の共有ということが、人生のテーマとして出てきたりする)

となると、人と人との関係の中で、感情に触れたり、感情を出したりすることが迫られたりする。

そんな中で、不可解な感情に振り回されたり、それによって周囲を驚かせたりすることも、あるかもしれない。

道理や理屈で理解していたようなものとは別の感情が溢れ出てきて、葛藤状態に陥るようなことも、あるかもしれません。



ただ、どのタイプでもそうですが、こういうのは見方によっては、“天のセッティング”みたいなところがあります。

いくら考えるのが好きでも、それだけでは困るので、何らかの外界との接点が、望まれる。

内で練り上げたものを具現化するには、外界に出さねばならない。

そのきっかけが、このタイプの影である外向的感情との対決・対話になると。


どのタイプもそうであるように、このタイプも、自身の劣等機能については価値を置いていません。

つまり、感情そのものや感情の共有に関して、否定的だったり、関心がなかったりする。

たとえそうでないにしても、実際にそれをしてきてはいない。


ここに影との対決という布置が形成され、取り組みが始まります。

嫌々ながらも、内なる影との対決や、人との感情の共有といったものに、取り組まざるを得なくなる。

こういったことを経験しながら、人間が成長することになります。


どのタイプであれ、こういったプロセスを踏み、自身の欠けたものを補い、結果、全体性へと近づくのです…





影の現象学 (講談社学術文庫)
影の現象学 (講談社学術文庫)



自己実現の心理学―元型論入門
自己実現の心理学―元型論入門





次回は、外向的感情タイプについて…





ユング心理学概論の目次





【関連記事】
「タイプ論の目次/ユング心理学」
「エニアグラムの目次」

「影/心の地図」
小説:「ゲド戦記Ⅰ 影との戦い」




関連記事
[サイト内タグ]:  ユング  タイプ  内向  思考  



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■