ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
人間にはいろんな欲求がありますが、成長の欲求や、完成したいという欲求も、あるようです。

明確に「成長したい」「完成されたい」と意識するわけではありませんが、別の欲求や衝動を通して、それが実行されようとする。

何かを求めるとか、何かになりたいと願うとか、そういうことの裏には、成長の欲求や完成されたいという欲求があるのかもしれません。




どんな元型も、ひとたび活性化されると、何が何でもおのれを実現しようとする。



アンソニー・スティーヴンズがそう言っているように、ある人の内部で元型が活性化されると、心が揺さぶられ、何が何でも求めてしまう。どうしても、そうなろうとする。

理屈を越えた衝動が、奥から突き上げてきます。



ただ、人はそれが自分の内面にあるものだと気づかず、むしろ、その内面を外界に投影してしまう。

だから、目の前のものをつかまえて、自分の求めているものと違うとか、全然足りないと嘆いてしまいます。

でも、少なくとも、その半分は、自分の内面の話だったりするのでしょう。



ということは、相手が足りないと強く思う裏には、自分の中に欠けた何かがある、ということかもしれない。

相手も確かに足りない、ただし、それと同じように、自分の中にも、欠けた何かがあると。



人間は自分のことが見えないから、自分の中に眠っていて活性化されていないもの――今の自分に欠けているもの――を、相手の中に見出します。

それは時に、非難の対象になり、別の場合には、惹かれる理由になる。

あれが足りないこれが足りないと怒りを感じたり、自分に無いものを持っているからと強く惹かれたりする。

奇妙な怒りや、奇妙な恋慕のようなものの裏には、このようなメカニズムがある場合も、あるようです。



心の奥にあるものが投影されるにふさわしい相手が現れたとき、元型は活性化される。

意識的には不可解な感情や衝動が生じ、心が揺さぶられる。


<今の自分に欠けているもの>が相手に投影された場合、

それがある程度満たされていると、引力のように惹かれる。

また、同時に、思っていたより足りないと、非難の気持ちが生じる。


ただ、どちらにせよ、元型のしたいことは、<今の自分に欠けているもの>を己に取り込むこと、だと思われます。

相手に惹かれるとか、相手に怒りを感じるとか、それを出発点とし、相手との付き合いの中で、今まで欠けていたものを自分の中に統合する。

ということは、単に相手に付き従うだけでも、単に相手を非難するだけでも、最終目標は成しえないことが分かります。

最終的には、その要素を自分の中に取り込み、それを生きねばならないのです。




我々は、何かを求める。

多くは、他者に何かを求める。


しかし、それはひょっとすると、自分の中に、それを求めているものなのかもしれません。

(必ずしもそうとは限りませんが)



自分の中に欠けているものを、相手に投影し、それを手がかりとして、最終的には、自分の欠損を埋める。

そんな試みが、元型にはあるのかもしれませんね…





自己実現の心理学―元型論入門
自己実現の心理学―元型論入門



バウムテスト活用マニュアル―精神症状と問題行動の評価
バウムテスト活用マニュアル―精神症状と問題行動の評価





それは一見、振り回されているようでもあるけれど、

必要な遠回りなのかもしれません…





ユング心理学概論の目次




関連記事
[サイト内タグ]:  ユング



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■