ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
我々は、外に出るとき、服を着ます。ある場所においては、ユニフォーム(制服)を身につけたりもする。

人に会えば、顔を作る。

顔を作るというとイメージが悪いかもしれませんが、笑顔になったり、口元を少し上げたりする。(もちろん、そうしない人もいる)

こういうのも、ペルソナの一部です。



ペルソナとは古代ギリシャで役者がかぶった仮面のことである。私たちはペルソナによって自分自身を他人から受け入れられそうな形へまとめあげることができる。ペルソナはしばしば「社会的元型」とか「順応元型」と呼ばれることがある。



いうなれば、我々は仮面を被って生きている。あるいは、社会で生きるには仮面を被ることが必要になる、ということになります。



現代人の価値観からいえば「仮面を被る」というのはイメージが悪いかもしれませんが、そうはいっても、裸で街を歩くわけにはいかないし、挨拶する時に笑顔なのと無表情なのとでは――いい悪いは別にして――印象が違う。

TPOによって、求められる態度もあるでしょう。

[TPO:時(time)、場所(place)、場合(occasion)]



例えば小さい時、受け容れられるような態度は褒められるし、あまりよろしくない態度は褒められない。場合によっては、顔をしかめられたり、注意されたり、叱られたりする。

そういう経験が積み重なって、「ああ、これはいいのか」とか「ああ、こういうことをするとまずいのか」とか、学んでゆきます。

といっても、年齢的なこともあって、そんなに意識的に学ぶというのでもないのでしょう。むしろ、無意識に、自然とそうなるのかもしれません。

また、幼児にとって、「褒められる」とか「認めてもらえる」というのは重要なことなので、その分、身につきやすい面もあるでしょうか。

幼児は自分の身を守ることが難しい。誰かに保護されねばならない。だから、「認められる」ということが、かなり重要な問題となってきます。

また、褒められ、認められという行為が、人間の大事な基盤を作るのですから、なおさらです。

これがうまくいけば、「ああ、生きていいんだ」「生まれてよかった」と、心の奥に強い土台が形成されそうです。否定の逆、肯定の基盤ができる。「I am OK」の基盤ができる。



ペルソナの形成がうまくいった場合、社会に適応することができます。

多くの人が気に入るようよな仮面を手に入れるので、人の中で生きるのが楽になる。

物事の分別も、ある程度は身につきます。

が、逆に、物事のいい悪いを学ばないでいたら、どうなるでしょう?

裸で街を歩いたり、式典で場違いな格好や態度をとったり、嫌がっていることを平気でしたり、そうなると、困ったことになりそうです。



こういうことを考えると、褒めるということは、かなり大事なことだといえそうです。

あるいはそれより前に、顔と顔を合わせるというのは、幼児期においては、より重要になりそう。

ペルソナを作るのは、相手の顔です。

人は自分だけで仮面を作ることは難しく、人の中にあって顔と顔を合わせ、そうやって、仮面を育ててゆくようです。

ということは、その相手の仮面が、次世代の仮面に影響を与えるということですから、これまた、なかなか…



だから、昔から、前世代は次世代の態度や行動を嘆くものですが、実は、ペルソナが代々受け継がれているともいえるわけですから、こういうのは、子供を鏡として、大人が自分自身の欠点を指摘しているといえるのかもしれません。

(ま、それが全部ともいえませんが)



ペルソナの形成については微妙なところもあって、あまり極端にやるのもよろしくないようです。

例えば、物心がつくかつかないかの頃に、あれダメこれダメといちいち言われれば――言われ続ければ――うんざりしそう。(年齢に関係なく、そうかな?)

また、その一方で、何をやってもOK なら、ペルソナが形成されるわけもない。

近頃の病理は“極端”として現れがちですが、まあ、ほどほどにということになるでしょうか。


それと、大人のペルソナが子らのペルソナに影響を与えるということも、見逃せませんね。

(ま、その大人も、子供だったわけですが…)



こういう話をすると、キッチリしたペルソナを作ることこそ素晴らしい、そういう結論になりそうですが、それは半分に過ぎません。

仮面の下には生身の顔があるもので、そちらもまた、大事なのです。硬いペルソナの問題というのも、実際にはあります。

また、ペルソナが、「受け容れる・受け容れられる」ということと「受け容れない・受け容れられない」ということにより成り立つとするなら、前者はいいとしても、後者はどうなるのか? という問題があります。


してはいけないもの、そうなってはならないもの、それらタブーとなるものは、どこへ行くのか?

それについて次回に書きたいと思います…





自己実現の心理学―元型論入門
自己実現の心理学―元型論入門



ラ・マスケラ ― 仮面の愛 [DVD]
ラ・マスケラ ― 仮面の愛 [DVD]





ユング心理学概論の目次




関連記事
[サイト内タグ]:  ユング  ペルソナ



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


ペルソナ  【2010/11/17 Wed】
とても人気が高かったので
[ ゲーム攻略 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■