ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
09年6月17日、党首討論(国家基本政策委 合同審査会)より――


『衆議院TV 6月17日』(動画あり)


まず挙がったのが、日本郵政株式会社の西川社長の件。

鳩山民主党代表の主張は、

・国民の総理に対する支持率が下がった大きな原因だと思う
・なぜなら、重要な判断に対してなかなか結論が出せない姿を
 見せる結果になったから
・また、間違った首の切り方をしたように見える
・これでは総理の器に疑問をもたれても当然ではないか


それに対する麻生首相の回答は、

・郵政株式会社は(100% 政府が株を持っているとはいえ)
 民営化された会社だと思っている
・その民営化された株式会社に対して、政府の介入は
 最小限にとどめるのは当然だと思っている
・人事に介入するのは、特に慎重であるべきだと考える
・総理総裁としての人事権が及ぶのは郵政会社ではなく、内閣側にある
・だから、担当大臣の辞表を受理することになった


更に、鳩山代表は、民主党が政権をとった暁には、西川社長には辞めてもらうつもりであると明言。

これに対し麻生首相は、民間会社の人事を世論で決めるのはどうか、ましてや、政府が世論をバックに介入すべきかというのは慎重であるべきだと思う、迂闊にやるべきではない、と返した。





日本郵政の西川社長に関する問題では、「首相の指導力不足」と「鳩山前総務相を更迭する必要はなかった」という意見を多く聞いたように思いますが、それぞれに対し、今回の党首討論で説明されているように思います。

前者においては、首相には「民営化された株式会社に対して、政府の介入は最小限にとどめるのは当然だと思っている」という信念がある。「介入は最小限にとどめる」というのだから、政府の介入もあり得なくはないと思うのだけれど、やはり世論をバックに介入するわけにはいかなかったんでしょう。

もちろん、中には「介入すべし」という意見を持つ方もおられるとは思うけれど、その場合は、「政府が介入する」という事実は明確に認識すべきだと思う。


次に後者ですが、これは前者に関連して、「総理総裁としての人事権が及ぶのは郵政会社ではなく、内閣側にある」と回答されています。民間会社に介入できない・しないという理念があって、そこで仲裁をはかったがそれは叶わなかった。したがって、担当大臣の辞表を受理することになったということ。

鳩山前総務相にも理念や信念はあったのでしょうけども、首相として、政府が民間会社に介入するわけにはいかなかった。前総務相の言いたいことは分からないではないにても、だからといって直接介入するわけにはいかなかった。そういうことなんでしょう。


この首相の考え方や判断をどう捉えるかは読んだ人それぞれによるとは思いますが、首相には首相なりの考えがあったのだけは確かだと思えます。

「民間会社への介入は最小限にとどめる」という明確な判断が、そこにあったわけだ。





【関連記事】
「北朝鮮問題/第2回党首討論(2)」
「医療問題/第2回党首討論(3)」
「自殺と生活保護の問題/第2回党首討論(4)」
「国立メディア芸術総合センター/第2回党首討論(5)」

「ブレてなくてもブレたと言われる、麻生首相の悲劇」




関連記事
[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


「郵便不正 証明書発行前にDM契約 凛の会、発送期限迫り催促」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000142-san-soci 「倉沢容疑者は2月、民主党の国会議員に“口利き”を依頼した上で、厚労省に証明書の発行を要請。」 民主党ですか・・・...
[ 雪村総也の不安 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■