ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
侍戦隊シンケンジャー、第15回。今回は、千明メインのお話 + ニセモノ登場…



日々修行に励むシンケンジャーたち。千明(鈴木勝吾)は白刃取りに挑むも、見事に失敗。白刃取りなんて無理だろ、と漏らしますが、殿・丈瑠(松坂桃李)は見事こなしてみせます。

それを見て、千明は調子が悪いと言って、帰ってしまうのでした。

呆れる他のメンバー。



稽古をサボったかに思えた千明ですが、実はひとりで白刃取りの練習に励もうとしていました。

「丈瑠にできるんだ。オレにだってできるはず」と。

とはいえ、やはり、いきなりはうまくいきません。


侍戦隊シンケンジャー 第15回 白刃取りに挑む千明
あ痛っ!


しかし、諦めない千明。



その頃、街では不思議なことが。同じ人物が、同時にふたり現れたのです。

が、それは外道衆“ナリスマシ”の仕業でした。ナリスマシは外見をそのまま写し取る特殊能力を持っていたのです。

悲鳴を聞いて、駆けつける千明。

さっそく変身して立ち向かいますが、白刃取りに失敗して気絶してしまいます。


そこに遅れて他のメンバーが到着。

千明が来ないことを訝しがりますが、そこに現れた千明は「メンドくさっ。雑魚連中はお前らが相手すりゃいいだろ」と言い捨ててその場を去ってしまいます。

ナナシ連中は倒したものの、他のメンバーは千明の態度に御立腹。

そこにフラフラ状態の千明が再度現れますが、みんなの非難に曝されることに。

そして、訳が分からないといった風な千明を残して、みんなは帰ってしまうのでした。





一瞬、できないことを嘆いたのかと思った千明でしたが、実は影で練習に励んでいました。

当たり前ですが、難しいことって、すぐにはできないんですよね。

ということは、それをできる人っていうのは、「できるまでやった」人だということ。

まあ、才能云々、向いている向いてない云々、というのもあるとは思いますが。


当初、悔しがるだけの千明でしたが、今では悔しさをバネに、できるようになろうとする人になったようです。

こうなると、悔しさがいい方向に働くのかもしれません。

大成した人の子供時代の話なんかを聴くと、悔しくてできるようになるまでやった、というようなエピソードを耳にしたりしますよね。好きでいつまでもやっていた、とかも。

こうなると、「やり続ける」「できるまで続ける」というのも、一種の才能なのかと思えます。





プロッププラスプチ 侍戦隊シンケンジャー(BOX)
プロッププラスプチ 侍戦隊シンケンジャー(BOX)





みんなに悪態をついた千明は、実はナリスマシが化けたものでした。


侍戦隊シンケンジャー 第15回 ニセ千明とナリスマシ
ニセ千明とナリスマシ


が、この作戦はまんまと成功。流ノ介(相葉弘樹)らは怒り、千明は孤立してゆきます。

更に作戦を続けるナリスマシは、千明に化けて流ノ介に水風船をぶつけ、茉子(高梨臨)とことは(森田涼花)にはショートケーキを顔に押し付けます。


侍戦隊シンケンジャー 第15回 ナリスマシのイタズラ




ゲームセンターにいる千明を見つけた ことは は、「なんで、あんなことするん?」と問い詰めますが、千明本人に心当たりはありません。すべてはナリスマシの仕業なのです。

茉子、ことは、流ノ介に囲まれ、もう我慢の限界、最低や、お前はもう仲間じゃない、と言われてしまう千明。

話を聞いてもらえません。

その影でほくそえむ、外道衆・ナリスマシ。


侍戦隊シンケンジャー 第15回 責められ悩む千明

してもないことで責められる、その気持ちは…




信用されないことで心を痛める、千明。

そこに駆けつけたのは ことはでした。ことはは言い過ぎたことを謝りますが、大切な仲間だと思っていた人間に裏切られた千明の傷は深いようでした。

そんな千明の脇で怪しく微笑む、ことは。これもナリスマシが化けたものだったのです。


侍戦隊シンケンジャー 第15回 ニセことは”




千明は、丈瑠からクロガネ山に集合するように言われていたが(自分は)行かない、と ことはに伝えます。

ことはに化けていたナリスマシは、千明を葬るつもりでしたが、先に他の4人を始末することにします。


そして、クロガネ山。集合している4人のもとに、ナリスマシが化けた千明が到着。

腹を抱えて笑う、ニセ千明。召集していた大勢のナナシ連中に合図を送り、4人を倒そうとします。


が、そこに一陣の木枯らしが。

木枯らしはナナシ連中を襲い、ナナシ連中はみんな倒されてしまいます。

そこに登場する、本物の千明。

そこで初めて、4人は自分たちが騙されていたことに気づくのでした。



あの時、ニセことはに励まされた千明でしたが、池に映ったナリスマシに気づいていたのでした。一瞬の気の緩みを、千明は見逃していなかったのです。そして、ひと芝居打ち、ショドウフォンで仲間に連絡していたのです。


騙すつもりが騙されて、怒るナリスマシ。

しかし、それ以上に怒っている、千明。

シンケンジャーに変身した5人は、ナリスマシの術に惑わされつつも、千明の活躍により一の目を撃破。

続いて、テンクウシンケンオーで二の目も撃破します。


侍戦隊シンケンジャー 第15回 白刃取りを成功させる千明




誤解により窮地に陥ったシンケンジャーたちでしたが、一瞬剥がれた化けの皮を見逃さなかった千明の目もあって、何とか窮地を脱しました。

しかし、こういった苦難を経ながら、シンケンジャーたちの信頼は厚いものとなってゆきます…





理解というのは人間を癒し励ます作用を持ちますが、不理解はその反対の苦痛・苦悩をもたらすようです。

不理解の源泉には誤解など、誰が悪いとは言えないようなものもありますが、故意となるともう…

本人に成りすまし、評判を落とすというのは、もう…


まさに外道。


人間に感情がある以上、どうしても怒りも湧きます。誤解され、心が折れそうになることもあります。

しかし、ギリギリのところで何とかなるというのも、人間の妙。

そのギリギリを経て成長するのですから、人間というのは分からないものです。

これはもう、天の領分か?



にしても、嘆きにしろ、悔しさにしろ、怒りにしろ、悲しみにしろ、悪いほうにも働きもすれば、いいように働きもするのだから、世の中、分からないものです。


ああ、人間万歳!!





CAST-PRIX SPECIAL 侍戦隊 シンケンジャー 公式ヴィジュアルブック 五侍粋変化
CAST-PRIX SPECIAL 侍戦隊 シンケンジャー 公式ヴィジュアルブック 五侍粋変化






三途の川でも動きがありましたね。前に血祭りドウコクにやられた腑破十蔵(唐橋充)が、賽の河原に打ち上げられます。それを見て通り過ぎようとした薄皮太夫ですが、以前救われたことを思い出して…





来週はついに黒子さんがメインの回のようです――

侍戦隊シンケンジャー 第15回 次週の予告
第十六幕 黒子力(くろこのちから)





今週のお話、ニセ千明やニセことはの演技が特によかったですね。もう15話ですが、観ている方を飽きさせず、いろいろとやってくれます。

これも長年培った戦隊モノのノウハウとかもあるんですかね。それと、スタッフさん、ライターさん、出演者さん、関係者さんたちの頑張りと。





おまけ――

侍戦隊シンケンジャー 第15回 普段着
今週の私服


侍戦隊シンケンジャー 第15回 GAME FACTORY AMUSEUM
度々登場する“GAME FACTORY AMUSEUM


侍戦隊シンケンジャー 第15回 ガッチリ? シンケンピンク
なぜか逞しい?“シンケンジャーふりかけ”のCM のシンケンピンク





ナリスマシの声を担当した大林勝さんは、ジャパンアクションエンタープライズ所属のスーツアクターさんだとか。

Google画像検索“大林勝”





<<「諦めない心 異国の弟子(第十四幕 異国侍)」
   「支え合う役割 表の力、裏の力(第十六幕 黒子力)」>>


「侍戦隊シンケンジャー 目次」
「テレビ関係のアーカイブ2009年」


「侍戦隊シンケンジャー ブログコミュニティ - テレビブログ村」














関連記事
[サイト内タグ]:  侍戦隊シンケンジャー



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


侍戦隊シンケンジャーの第15話を見ました。第十五幕 偽物本物大捕物「何で俺には出来ないんだよ」「肝心なのは精神統一。ま、ここは私がお手本を見せてあげよう」「んだよ、偉そうに」白刃取りを決める流ノ介に千明は二刀流だと横から竹刀を振る。「まだまだだね、流ノ介...
[ MAGI☆の日記 ]

↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■