ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
さあ、今回からは外向的感覚タイプについてです。

前回書いたとおり、感覚というのは基本的には「そのまま受け取る」機能です。

外向的感覚では、目の前のものをそのまま受け取る。目の前の事実――見えるもの、音、におい、温暖、味など――をそのまま受け取る。

もちろん、他のタイプだって受け取るわけですが、感覚タイプはそれが特化している。だから、細かいところまで受け取ったり、覚えていたりします。

逆に、直観タイプは、目の前のものを見ているようで、もっと先を見ていたりする。目の前のことはあまり覚えておらず、それに伴なう発想のほうに意識が使われたりする。



「目の前のものを」というのは実は興味深くて、それは「感覚タイプは今現在と相対している」ということを意味しているのではないかと思えます。考えてもみてください、過去のものは目の前にはなく、未来のものも今は目の前にはありません。現在、今この瞬間にあるものが、目の前にあるものです。

というわけで、感覚タイプというのは「現在を大切にするタイプ」ともいえましょうか。



そして、外向的感覚タイプでは、他の外向型と同様に、「外」とか「みんな」というものを大事にすることになる。基準が外や世間にある。あるいは、一般的。

感覚そのものでいえば、外向的感覚タイプの感覚は、多くの人と似ていることになります。つまり、多くの人と同じように見、多くの人と同じように聞き、同じように味わい、同じように温暖を感じ――ということになる。

ただ、感覚自体は同じであっても、その程度は違って、感覚タイプは他のタイプより、詳細に覚えていたり、詳細に感じたりということはあるでしょう。ただ、外向的感覚タイプは、感じ方自体は多くの人とそうそう変わらないようです。特殊な感じ方はあまりしない。

だから、感じ方において、世間を奇異に思ったり、世間から奇異に思われることも、少ないのではないかと考えます。



そして、「外」=「世間」や「みんな」というものを大事にする傾向は、補助機能にも表れるようです。

感覚タイプの補助機能は、思考と感情になりますが、感覚機能自体があまりに勝ちすぎる場合、その補助機能である思考や感情に意識はあまり使われなくなります。意識は感覚のみに使われ、補助機能は比較的無意識になる。

外向的感覚タイプの場合、どうなるかというと、思考や感情というのが、「みんな」と同じになる。意識して判断を下すことはできないので、みんなと同じように考え、みんなと同じように好き嫌いを判断し、ということになる。処理の仕方が、無意識に近くなるんですね。

意識の働きの多くが感覚機能に取られるので、こうなってしまうのです。

(まあ、意識の働きが自分の主機能にとられすぎると、補助機能まで無意識に近くなるというのは、どのタイプでもそうです)

ただし、こういうのは感覚機能が勝ちすぎる場合であって、補助機能に意識の一部が使われている場合は、また別なようですね。











「タイプ論の目次」

次回も、外向的感覚について…



【関連記事】
「タイプの功罪/勝ちすぎる機能」




関連記事
[サイト内タグ]:  タイプ  外向  感覚  補助機能



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング


↑ページトップへ




// HOME //
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■