ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
『機動戦士ガンダム』シリーズのブライト艦長、
『戦国魔神ゴーショーグン』の北条真吾、
『超時空要塞マクロス』のリン・カイフン、
『無敵鋼人ダイターン3』の破嵐万丈、
『らんま1/2』の九能帯刀、

これらの役でお馴染みの声優さん、鈴置洋孝さんがお亡くなりになっていたそうです。

(セイラさんに続き、ブライトさんまで…)



永遠のガンダムシリーズVol.5 染みるブライト・ノア
永遠のガンダムシリーズVol.5 染みるブライト・ノア




それにしても、バラエティーに富んだ役を演じてらっしゃったんですね。

ブライトさんのヒステリー気味の怒号や、
北条慎吾の仲間との軽口、
暗~いリン・カイフン、
007 のような破嵐万丈、
特異なキャラクターである九能帯刀まで、
見事に演じられてましたね。

みな、印象深いキャラクターばかり。



また惜しい人を亡くしましたが、

心より、ご冥福をお祈りいたします。

合掌





戦国魔神ゴーショーグン DVD-BOX
戦国魔神ゴーショーグン DVD-BOX





【ソース】
ほとがら日記/竹尾一真
http://blogs.yahoo.co.jp/kazuma9122005/38719232.html


【プロフィール】
『KENPRODUCTION(賢プロダクション)』より
http://www.kenproduction.co.jp/list/suzuoki_2.html


「鈴置洋孝とは (スズオキヒロタカとは) - ニコニコ大百科」





「人についてのアーカイブ」
「マンガほかのアーカイブ」




[サイト内タグ]:  声優  鈴置洋孝  人物  アニメ



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

『おくやみ、曽我部和恭氏=声優』
http://www.yomiuri.co.jp/national/obit/news/20060920zz22.htm


曽我部和恭氏(そがべ・かずゆき、本名・和行=声優)17日、食道がんで死去。58歳。




鈴置洋孝さんに続き、曽我部和恭さんまで…


曽我部さんといえば、色香ある大人の美声が印象的な、声優さん。

『パタリロ』のジャック・バルバロッサ・バンコラン、
『破裏拳ポリマー』の主人公・ポリマー(鎧武士)、

『銀河旋風ブライガー』の かみそりアイザック、
『聖戦士ダンバイン』のビショット、

『機動戦士ガンダム』では、ワッケイン司令を演じておられてました。

(また、ファースト・ガンダム関係の方が…)


スパロボ・シリーズにも出演されたりと、精力的に活動されていると思ってたんですが…
(2000年に引退されてたんですね――そういえば、スパロボは「F」(SS版)までしか、やってない――うっ、未熟)

また、惜しい人を亡くしてしまいました…

バンコランに代表されるように、色気のある大人の声が素敵でした…

(艶(つや)があったな~)


心よりご冥福をお祈りいたします。

合掌。





パタリロ!DVD-BOX 2
パタリロ!DVD-BOX 2





漫画家、椎名高志さんの語る思い出――

『完成原稿速報060922』(椎名百貨店the web)より
http://www.ne.jp/asahi/cna100/store/news/060922/060922.htm


酒の席で「『破裏拳ポリマー』の時、共演の青野武さんがものすごく怖かった~」とこっそり教えていただいたりしたのが楽しい思い出です。ご冥福をお祈りします。







「マンガほかのアーカイブ」
「人についてのアーカイブ」




[サイト内タグ]:  声優  曽我部和恭  人物  アニメ



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

安野モヨコさん原作のアニメ「働きマン」の感想


第1話:「女の働きマン」
「働き作戦第一号」

第2話:「張り込みマン 」
「ゴシップを撮れ」

第3話:「ラーメンマン」
「グルメ記者出撃せよ」

第4話:「あやまりマン」
「後悔五秒前」

第5話:「振り向きマン」
「シニヨンヘアの秘密」

第6話:「お姫さマン」
「お嬢さま警備命令」

第7話:「こだわりマン」
「マッサージの赤い意志」

第8話:「報われマン」
「営業無法地帯」

第9話:「一人前の働きマン」
「責任突破作戦」

第10話:「働かないマン」
「(前編)謎の日本画基地」

「(後編)雨漏りから来た悲しん坊」

第11話:「それでも働きマン」(最終話)
「シゴト人間の叫び」










[サイト内タグ]:  働きマン  目次  アニメ



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

『働きマン』

公式HPhttp://www.hataraki-anime.com/

以下、ネタバレあり、注意!



前々から、コミックスを買おう買おうと思ったまま、買っていなかった、安野モヨコ先生原作の「働きマン」が、
フジテレビの深夜アニメ枠、「ノイタミナ」に登場。

とりあえず、先入観無しに
――というのは、コミックはまだ読まずに――
毎週見るべ♪



主人公、松方弘子は豪胆社発行の週刊誌「JIDAI」(月曜発売!)の編集者。

マイペースな後輩、田中邦夫にイラついたり、
可愛らしい後輩、渚マユに憧れられたり、
つかみどころがないようで頼りがいがあったりするデスク、成田公男や、
今のところよく分からない(スミマセン)オヤジ属性の編集長、梅宮龍彦らに見守られながら、

時には、寝食を忘れ、
オシャレも忘れ、
目の前の原稿に集中し、
恋人、山城新二とのすれ違いも何のその、
オヤジ 男スイッチ・オンで、バリバリ仕事をこなす、

その名は、働きマン!!


(渚マユによる説明――)

説明しよう、

働きマンになると、血中の男性ホルモンが増加し、
通常の3倍のスピードで仕事をするのだ!!

その間、
寝食恋愛、衣飾衛生の観念は、消失する!!



第1話ってことで、登場人物の、心の声が――


松方弘子(28)職業 編集者

「仕事は正直、しんどいです。辞めようかって何度も思う。
特に校了前。あと、新人があまりにアホで、えらそうな時も…」


田中邦男(22)新人編集者

「仕事終わって、みんなで――みたいのが苦手。
飲み行ってまで説教されたくねぇっていうか…」


成田君男(39)週刊「JIDAI」デスク

「若いのは、男より女のほうが元気あるね。
結構どこも、そうだって話聞くけど…」


梅宮龍彦(45)週刊「JIDAI」編集長

「最近はうかつに何か言うと、アレだぁ。
セクハラとかパワハラとか、
もう、何も言うなっちゅう話だ…」


渚マユ(23)職業 編集者

「自分のやりたいことじゃダメって言われて――
でも、興味なかったら、一生懸命になれないじゃないですか…」





再び、田中邦男――

「オレは、仕事しかない人生だった――そんな風に思って死ぬのは、ごめんですね」

そして、松方弘子――

「それもある、それも多分あって、確かにその通り。
でも、アタシは仕事したなぁって思って、死にたい」



みんなの心の声(=本音)、 それぞれ、分かる気が…

分かるんだけど、面と向かって言われると嫌な面も…

うん、

どっちもあるなぁ~。


まあ、どんな道を選んでもいいんですよね。

バリバリ仕事に集中するもよし、
マイペースでやるもよし、

自分が面白いと思うものを追い求めるもよし、

ただ、

それはいつか、成熟させないといけないんですよね。

そうしないと――未熟なままだと――

他者に干渉しすぎてしまったり、
迷惑もかけるし、
やけに刺々(トゲトゲ)しくなったりするし、
甘ちゃんだと言われたりもするし、
どこか抜けていたり、
やれているようで全然やれてなかったり、

――っていうか、誰も納得してくれない。

そして、自分も納得してなかったりします。
(自分も相手も、妙にイライラしたりします)

だから、

やり通すとか、
未熟な時期を経て、成熟するとか、

そういう長くて厳しい過程を経なくちゃいけなかったりするんですよね。

だから、難しくって、しんどいや。


それに、一足飛びには進まない。

「まだか、まだか」と追い求めてると、とてもじゃないけど、やっていけない。

でも、まあ、

それが自然な姿かな。




「働きマン」第1話――「女の働きマン」、

汚職怪獣ホシカワ 登場!



(第2話「張り込みマン 」に続く…)











「働きマンの目次」



タグ:







ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

『働きマン』

公式HP:http://www.hataraki-anime.com/

以下、ネタバレあり、注意!



張り込み中、不審者に間違われて通報されてしまった、菅原文哉。

(渚マユによる説明――)

週刊誌「JIDAI」、張り込み専門、通称張り班。
菅原文哉、32歳、

人の弱みを張って掴んで、9年目、

――疲れてます。



不審者通報されないように、女性編集者を同伴させるよう先輩から諭される菅原ですが、
本人にその気なし。

「結構です」と突っぱねます。

どうも女性編集者を信用してないようで、
しかも、松方弘子は特に目の敵にしている様子。


菅原の心の声――

「嫌われるのは、なれている。それが俺たちの仕事だ」

ゴシップ記事を追って、ひたすら張り込みを続ける、張り込み専門班。
社内でも、嫌がる人間が多い模様。
(いわゆる、汚れ仕事)



しかし、何やかんやで、松方と一緒に張り込むことになった菅原。
嫌々――もう、顔にありありと浮かぶほどに、嫌々――
同伴することに。

現場に向かう車の中でも、互いに相容れず、ビミョーな雰囲気が…。

入社時、張り班に配属された、松方。
しかし、すぐに転属を希望し、政治班に移動した経緯がありました。


(張り込み先の車中にて――)

松方「張り班って、やっぱ、しんどいっすね」
菅原「まあな、辞めたがるバカが多くて困るぜ」
松方「菅原さんは、辞めないんっすか?」

(菅原の心の声――「嫌味に気づけっつの!」)

菅原「そうやってみんなが辞めたら、誰がやるんだよ」
松方「誰かがやるんじゃないですか」(あっけらかん♪)
菅原「(☆♯□!)」

再び、菅原の心の声――
「前の編集長は言った、これは誰かがやらなきゃならない仕事だ。
 そう、人からは尊敬されない、でも、求められる」

――(松方の「誰かがやるんじゃないですか」という言葉を思い出して)――

「簡単に言いやがって、ゆるさねぇ。あんな奴に分かってたまるか」

しかし、また、その一方で――
「そうだ、オレが頭にくるのは、この女が分かってるってことなんだ。
 まったく、頭にくる女だ――最悪だ」

どうも、複雑なようで…



(ひと仕事終えた後の菅原――)

「バカバカしいことだと知っている。
 自分がどんなに、ちっぽけかも知っている」

「人に言える、立派な仕事をしてるわけじゃない」

「それを忘れないように、そして、迷わないように」

そう自分に語りかけながら、
今日もフィルムの最初と最後に、空の画をおさめる、菅原。

張り込み専門、通称張り班、
人の弱みを張って掴んで、今年で9年目。



「前の編集長は言った、これは誰かがやらなきゃならない仕事だ。
 そう、人からは尊敬されない、でも、求められる」

仁義――自分の思う、守るべき道。

仁義を重んじ、迷いを振り払おうとする、菅原。

「空はいい、そこにあることを誰からも感謝されなくても、変わることなく、あり続ける。
 ――やべぇ、また迷いが出てんな。
 何年やってんだよ、いい加減、なれねぇと…」

迷いを拒否するが故に、奥の方でどんどん大きくなる、迷い。

打ち消すたびに、大きくなる存在。

仁義――自分なりの道徳、守るべき道、絶対、外れられない道。

でも、仁義の影に犠牲が…

迷ってもダメ?
考えてもダメ?

それが修行不足?


人間、食べないと、腹が減る。
寝ないと、眠たくなる。

これ、自然の法則。

十分、迷って考えないと、迷いは膨らむばかり…。

(善い悪いではなくて、人間はそういう風にできている)



「働きマン」第2話――「張り込みマン」、

張り込み忍者ソラスキー星人スガワラ 登場!



(第3話「ラーメンマン」に続く…)











「働きマンの目次」



タグ:




[サイト内タグ]:  働きマン  松方弘子  菅原文哉



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング





// HOME // NEXT
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■