ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
河合隼雄さんが、ある本の中で、面白いことをおっしゃっていました。


「イライラは、自分の何か――多くの場合、何らかの欠点にかかわること――を見出すのを防ぐために、相手に対する攻撃として出てくることが多いのである」





なるほど、確かに「投影」と「イライラ」は密接につながっているのかもしれません。

自分の不足や欠点はなかなか見えないし、そんなものは見たくないと思うのが人情ですから、仕方ない部分があるでしょう。

また、「影」というのは、自分の背中=死角にあるので、なかなか見えません。



「何故か、ある人を見ているとイライラする」という場合、意識できない自分の欠点を、相手に見出し――自分の影を相手に投影し――それでイライラする部分もあるでしょう。

なにせ、自分と関係ないことには、人はあまりイライラしませんからな。イライラするからには、自分と何か関わりがあるということなんでしょう。

「イライラ」というのは、先の例でも「何故か」と書いたように、理由が明確でないことに特徴があるようです。「イライラする」というのは、その明確な理由が見出せないために、「怒り」や「悲しみ」などの感情にちゃんと消化されていないのかもしれません。感情が流されていっていないのかもしれない。

未消化で、ケリがついてないので、余計にイライラするのかもしれません。



そう考えると、「イライラ」の裏には、「未消化な感情」みたいなものが、存在しているのかもしれませんね。

人間である以上、自分にしても、相手にしても、欠点なり不足なりは存在するものです。しかし、特定の相手に対して、何だか知らないけれど猛烈にイライラする場合などは、相手の欠点なり不足なりを見ているようで、案外、自分自身の死角に生きている、いわば、影なる自分を見ているのかもしれません。

あるいは、すごく身近でありながら見たくないことを何かに映し出して、本当は渦巻いている感情の一部を、そこに出しているのかもしれません。

そうすると、感情を出すという意味では、いい面も少しはあるのかもしれませんね。感情は出すことがないと、たいへんなことになることがあるので。



自分のことだから、完全に切り離して考えるわけにはいかない。自分のことではないにしても、身近なことは切り離せない。なかったことにはできない。

それを相手の中に見出すのだけれど、相手のことだと簡単に割り切って済ませられない。

しかし、影というだけあって、それは自分では見えない背後にあるので、自分のことだとは認識できない。複雑な感情だってある。

これじゃあ、イライラもするはずですよね。これも人間らしさのひとつか。



というわけで、我々は、相手のここが悪いとか、ここが嫌いとか、何らかの不備や不足、欠点を取り上げて、攻撃したり、あるいは、うまく言えなくてイライラしたりもしますが、実はそれは、相手に怒ったり、イライラしているようで、案外、自分の背後にあるもの――つまり、影――に対して、イライラしているのかもしれないんです。

あるいは、自分にすごく関係のある、身近なものについてイライラしているのかもしれません。

(まあ、相手の中にも欠点や不足はあって、それに怒っているというのもまんざら嘘だとはいえないんですけどね。相手も人間、自分も人間、足りないところや不備もありますわ)



まあ、こういうのは、「イライラ」や「カッカ」している時にはなかなか耳に入らないだろうし(そういう意味では、耳に入れる必要もないし)、相手に言われればそれこそ火に油ですが、上記の案外という部分に自らが気づいた時、そういう余裕が生まれた時、す~っと消化していく、影と自身が手をつなぐことができる、その「きっかけ」くらいは、生まれるのかもしれません。

(「投影の引き戻し」ってやつですね)


それによって人間が一皮剥けるのだとすると、そこには意味があるわけだし、神様がイライラを人間に残す理由も、そんなところにあるのかもしれませんね…





こころの処方箋




【追記】

「影」とは、自分の不足や欠点、認めたくない一面のことをいいます。
「投影」とは、その影を自分のものと認知せず、相手のものとして処理しようとする自我の「防衛機制」のことです。

日本語的表現としては、「棚に上げる」とか「責任転嫁」が近いかもしれません。


「影」(ユング・用語)
「投影」(ユング・用語)



【関連記事】
「それなりにの意味/自然なるもの」




[サイト内タグ]:  イライラ    投影  感情  河合隼雄



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

「それは、よくある」(そうそう、よくあるよね)
「それは、誰しもある」(そうそう、誰しもあるよね)

…これらは会話の中で、よく使われる言葉だと思います。
(「よく」でもないかな?)



この言葉も、「共感」としてうまく使われればいいのですが、
場合によっては、すごく「よろしくない」言葉になることもあるようです。



「それは、よくある」
「それは、誰しもある」

…というのは、半分は当たっているのでしょうが、
それも場合場合で、人によっては、

「それは、よくある」、「それは、誰しもある」

…けれど、

・その人には耐え切れないほど重い場合もあるし、
・すごく辛いけれど、何とかギリギリで耐えている場合もあるし、
・辛いけれど、まあ耐えられる範囲だって場合もあるでしょうし、
・まあ辛いは辛いけど、それほどでもない、って場合もあるでしょうし、
・少しだけ気になる、って範囲の場合もあるでしょう。
(実際は、もっと多彩で、複合的なのでしょう)



伝えたい方が、非常に苦しい場合、

「それは、よくある」(そうそう、よくあるよね)
「それは、誰しもある」(そうそう、誰しもあるよね)

…で済まされると、(悪意がないのは知っているとしても)
如何ともし難い(いかんともしがたい)、そんな時もあるのではないかと思います。

多くの人に、よくあることで、
比較的、皆が共感できるようなことでも、
ある人にとっては、とても重荷で、
日々身を削れれるような思いをしている場合もあるのではないかと思います。

ということで、
「それは、よくある」(そうそう、よくあるよね)
「それは、誰しもある」(そうそう、誰しもあるよね)
というのは、ある部分では、デリケートな言葉でもあるようです。



もっとも、この辺は難しくて、
前述したように、多くの場合、言う方も悪気は無いのだろうし、
特に、特定ではない、多くの人に話している場合、
どうしても一般論的になりますから、尚更難しいのだと思います。



ただ、やはり、世の中にはいろんな人がいて、いろんな人生を歩んでいるのだから、
ちょっと気をつけたほうがいいのかもしれません。

「それは、よくある」(そうそう、よくあるよね)
「それは、誰しもある」(そうそう、誰しもあるよね)

…では済まされない(済まされたくない)、人生もあるようです。


というわけで、何より、私自身が気をつけたいと思います。

(なかなか難しいですが…)



[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

不安の正体のひとつは、

・創造していないこと
・何も生み出していないこと

…かもしれません。

(あくまで、多くある中の、ひとつです)



・何のために、生まれてきたのか?
・何のために、存在しているのか?

これらは、

・何を創造するために、生まれてきたのか?
・何を生み出すために、存在しているのか?

・自分はいったい、何を創造するのか?(何を創造しようとしているのか?)
・自分はいったい、何を生み出すのか?(何を生み出そうとしているのか?)

…などに変換できます。



人間、何もしないのは不安です。

何もしないとは、世間一般に言う「何もしない」ではありません。

(ある状態では、むしろ、世間一般に言う「何もしない」こと=休養すること、が大事な場合もあります)

ここで言う「何もしない」とは、

・何も創造していない(何も創造しない)
・何も生み出していない(何も生み出さない)

…そんな状態です。



もっとも、

・自分が、何を創造しようとしているのか?(何を創造するために生まれてきたのか?)
・自分が、何を生み出すことを(自ら)望んでいるのか?(何を生み出すために存在しているのか?)

…それは簡単には分かりません。

これが難儀なところです。



・何かを創造するために生まれてきたのに、何も創造していない、
・何かを生み出すために存在しているのに、何も生み出していない、

…こういう事が、案外、不安を生み出しているのかもしれません。



ということは、(目に見えない)不安を解消するためにも、

・何を創造するのか?(何を創造しようとしているのか?)
・何を生み出すことを(自ら)望んでいるのか?

・そして、(生きた証として)何を遺す(残す)のか?

…そういう事に目を向けるのも、ひとつの手かもしれません。



【蛇足】

何かを創造する、何かを遺す(残す)といっても、
世間一般の言う、「立派なもの」を残す必要はありません。

むしろ、
自分にとって、
この世に生まれてきた、たった一人の人間として、
「立派なもの」を遺せば(残せば)いいのだと思います。

世間一般には、ありふれていたり、価値が低いものでも、です。

そして、それは人間一人ひとりにとって、千差万別でしょう。
それでこその個性、個性化です。


【追記】

例えば、
うつ病などの回復期に、
絵を描いたり、句を詠んだり、
そういう風に、芸術的、創造的なことをする人は、多いようです。

(もっとも、内から出る、「したいこと」「すべきこと」をするのが、大事なんでしょう)


[サイト内タグ]:  不安



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

・走り続けてクタクタになって、死にそうになっている人に、
 「頑張って(走れ)」と言うのは、酷かもしれない。
・壁にぶつかって、にっちもさっちもいかない人に、
 「頑張って(進め)」と言うのは、酷かもしれない。
・道に迷って苦悩している人に、
 「頑張って(早く行け)」と言うのは、酷かもしれない。



「頑張って」や「頑張れ」は、時に、

「急げ」や「早くしろ」を含んでしまう。

言う方が、意識してなくても…



一方で、

・走り続けてくたくたになった人も、
 十分に休めば、自分で走り出します。
・壁にぶつかってにっちもさっちもいかない人も、
 方向性が見えてくれば、自分で進み始めます。
・道に迷って苦悩している人も、
 自分の「道」が見出されれば、自分で歩み始めます。


そうなるまでに、外から見れば退行していたり、何もしていないように見えるかもしれません。

でも、実際はそうではないです。

必要な、「準備期間」のようなものでしょうか。


こういう時に急ぐと、ろくな事がありません。特に、周囲から急がされると、ろくな事がない様な気がします。

もっとも、そのような状態にある人と付き合って、「待つ」ことは相当辛いです。

(付き合うとか、関わるとか、そういうことは、まさに一緒に待つことかもしれません)
(もっとも、これはかなり辛いことですから、ついつい頑張れと言ってしまうのかもしれません)
(早く頑張って、こっちも楽にしてくれ――そういう思いが、無意識的に出て来てしまっているのかもしれません)
(そして、それもまた、人情です)



まあ、言う方に悪意があるとは思わないのですが、「頑張れ」と言う時には、ちょっと待って考えるのもいいかもしれませんね。

相手の様子を見れば、別の言葉が出てくるかもしれない。

人間の目には何でも映るわけではありませんが、それでも、何も映らないわけではないでしょう。

しんどそうだ、顔色が悪い、悩んでいるの? etc、etc…



人間、頑張れない時は頑張れないもので、その代わり、頑張れる時には頑張れるものです。

無理な時に急かすよりは、できる時に応援したり付き合うほうが、互いにとって、よさそう。


できる時、力を出せる時に、

「応援するぞ」「任せとけ」
「やってるね」

そして、できた時には、

「おめでとう」「すごいね」
「やったじゃん」


かける言葉は、いろいろあるようで…





子ども力がいっぱい―河合隼雄が聞く「あなたが子どもだったころ」
子ども力がいっぱい―河合隼雄が聞く「あなたが子どもだったころ」





【励ます】
1:勇気づける、力づける
2:激しくする、強くする


その励ましは、どっち?





【関連記事】
「馬は勝手に走り出す(1)/うつ病(14)」




[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

世の中、いろんな事件が起こりますが、その中で、ある種の爆発により引き起こされた、そんな事件も多いのではないか、そう感じることがあります。

いや、爆発(ばくはつ)というより、暴発(ぼうはつ)ですかね。

爆発できるくらいならいいんですが、うまく爆発できないがために、別のところで暴発し、痛ましい事件が起きているような場合もあるのではないか、と感じるわけです。



但し、では、爆発そのものがいけないのかというと、そうでもないと思います。

前にも書いたと思いますが、無理に爆発を抑えようとするのは、噴火口をふさぐようなもので、結果、後の大爆発を誘発したり、本来爆発しないようなところで暴発してしまったりします。

確かに、噴火口からは爆発しない。でも、内部のマグマは消え去ったわけではなく、マグマは煮えたぎるだけ煮えたぎって、更には、逃げ道がなくなるわけで、ついには、別のところで大爆発が起きたりします。

で、本来爆発するところでない箇所で噴火するもんだから、大惨事になったりする。しかも、予想も困難です。



で、それを人間に例えたらどうでしょうか?

何らかの怒りがある。しかし、事情があって、怒れない。
(あるいは、それさえ意識しない、していない)

抑圧された怒りは、無意識下でぐつぐつと煮えたぎる。そのチカラを逃す、逃げ道もない。

噴火口から――というのは、本来怒るべきところで――噴火すればよさそうなもんですが、それができない。

怒りばかり溜まって、それが爆発する先がない。

押さえつけるから、更に煮えたぎる。

その内、底のほうで溜まったエネルギーは、容量を超える。

で、大爆発。

何かのきっかけで、本来とは別な部分で暴発してしまう。


このような筋道で、痛ましい事件が起こっている場合もあるかもしれません。



我々は時に捉え違いをして、感情を爆発させることを悪だと決め付けてしまいますが、感情を爆発させるほうが、健全な場合もあるでしょう。

人間ですからね。

感情のない、冷たい存在ではありません。

怒る時には、怒るでしょう。

逆に、本来怒るべき対象に怒れないというのは、不自然であるような気もします。

そして、仮に自我がそれを自然だと思っていても(決め付けていても)、無意識のほうは、それを赦さないかもしれません。



怒るべき時に怒らない(怒れない)、怒るべき対象に怒らない(怒れない)、そういうのは、時に不自然で、人間らしさとは離れた印象を与える場合もあります。

一般論が上っ面を流れても、肝心の、心にぐっとくるものがなかったりします。

一見まとまっているようで、そのくせ、まとまった印象がまったく感じられなかったりします。


それが悪いと言うつもりはありませんが、不自然さは感じます。


記事の題名に話を戻しますと、噴火口を無理やりふさぐという行為は、やはり不自然で、それが将来の大爆発や暴発を招く場合も、多々あるということです。

それを忘れて、火口を塞ぐことばかりに躍起になると、危ないですよね。

だから、むしろ、健全な範囲で噴火すること、はじめ不細工でも、だんだんうまいこと噴火すること、そういうものを学ぶことも、大切かもしれません。

(うまく噴火するのは、確かに、難しいとは思いますが…)
(まあ、理屈じゃないしね…)



何にせよ、「無理やり」が自然であるはずがない。

但し、人間には、無理やりそうせざるを得ない理由というものがあるもので、無理やりになっている状態を、誰も責めることはできません。

ただ、そういう状況が 出来上がってしまっている というだけです。

そういう、事情ってもんがあるのでしょう。

そして、それを受け容れてこそ、その先が始まるのでしょうね。



(次の記事「自然、不自然」にちょいと続く…)





地球たんけんたい〈3〉火山大ばくはつ (地球たんけんたい (3))
地球たんけんたい〈3〉火山大ばくはつ (地球たんけんたい (3))




[サイト内タグ]:  自然  不自然  感情



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング





// HOME // NEXT
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■