ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
本日(2月23日)45歳の誕生日を迎えられる皇太子殿下が、先日、記者会見されたのですが、その中で、愛子さまの養育方針に触れられ、ドロシー・ロー・ノルトさんの「子ども」という詩についてコメントされていました。

この詩は、たいへん興味深いものでした。



(以下、転載)


批判ばかりされた 子どもは 非難することを おぼえる
殴られて大きくなった 子どもは 力にたよることを おぼえる
笑いものにされた 子どもは ものを言わずにいることを おぼえる
皮肉にさらされた 子どもは 鈍い良心の もちぬしとなる

しかし、激励をうけた 子どもは 自信をおぼえる
寛容にであった 子どもは 忍耐を おぼえる
賞賛をうけた 子どもは 評価することを おぼえる
フェアプレーを経験した 子どもは 公正を おぼえる
友情を知る 子どもは 親切を おぼえる
安心を経験した 子どもは 信頼を おぼえる
可愛がられ 抱きしめられた 子どもは 世界中の愛情を 感じとることを おぼえる



(「あなた自身の社会-スウェーデンの中学教科書」(新評論刊)より抜粋)



この詩が世の中のすべてではないし、公式的に扱われるものでもないですが、
皇太子殿下が感銘を受けられたように、この詩を読んで、ぐっと胸にくるものがあった方も多いのではないでしょうか?
(私も、その一人です)


そこで、今度は、自分の切り口で、言葉を少し変えてみようと思いました。
(感銘を受けた言葉を、自分の言葉に置き換えたり、自分の人生に当てはめてみるのも、面白いものです)



批判ばかりされた 子どもは 非難することを おぼえる

【批判ばかりで育った子どもは、自分に向けられ続けた非難を誰かに向けることで、自分を守る(そうでもしないと、自分を守れない部分がある)】


殴られて大きくなった 子どもは 力にたよることを おぼえる

【殴られて育った子どもは、自分に向けられた強者からの暴力を、弱き者に向けることで、自分を守る(そうでもしないと、自分を守れない部分がある)】


笑いものにされた 子どもは ものを言わずにいることを おぼえる

【笑いものにされた子どもは、口をつぐみ、心を閉ざすことで、自分を守る(そうでもしないと、自分を守れない部分がある)】


皮肉にさらされた 子どもは 鈍い良心の もちぬしとなる

【皮肉にさらされた子どもは、心を鈍くして、感覚を麻痺させ、自分を守る(そうでもしないと、自分を守れない部分がある)】


しかし、激励をうけた 子どもは 自信をおぼえる

【しかし、激励を受けた子どもは、それを心の栄養源とし、自信につなげる(また、自信は行動につながる。そして、行動によって得られた成果・激励は、更なる自信となる)】


寛容にであった 子どもは 忍耐を おぼえる

【寛容に出会った子どもは、自分も他者を赦す(ゆるす)心を覚える】


賞賛をうけた 子どもは 評価することを おぼえる

【賞賛を受けた子どもは、その喜びを知り、それを周囲に還元する(褒める喜びも知る)】


フェアプレーを経験した 子どもは 公正を おぼえる

【フェアプレーを経験した子どもは、その素晴らしさを体験し、そう振舞うことで、皆ともフェアプレーを共有する】


友情を知る 子どもは 親切を おぼえる

【友情を知る子どもは、そのつながりの真の価値を知る】


安心を経験した 子どもは 信頼を おぼえる

【安心を経験した子どもは、大いなる、そしてゆるぎない、人生の基盤を得る(常に守られているという絶対的な基盤、目に見えない強い味方を得る)】


可愛がられ 抱きしめられた 子どもは 世界中の愛情を 感じとることを おぼえる

【可愛がられ抱きしめられた子どもは、その愛を基盤に生きることができる。それを人生の頼りにし、自分の人生を歩くことができる】





子どもたちは、それが善いものであれ、悪いものであれ、自身の身に受けたものを、周りの者に還元するようです。
もちろん、すべてがその通りではないですが、その面をまったく否定することもできんでしょう。

人というものは、接し方によって、マイナスの連鎖も生めば、プラスの連鎖も生むようです。
そして、カウンセリングの一面は、そのマイナスの連鎖を打ち破り、プラスの連鎖に置き換える作業でもあるんでしょうね。



「三つ子の魂百まで」と言いますが、それまでに深い愛情を受けた人は、それを絶対的な安心の基盤とし、その後の人生を生きられる部分があるようです。

もちろん躾(しつけ)は大事なわけですが、それは自我が芽生えてからでいいわけで、せめて自我が芽生える前までは、これから世の中を生きていく為の基盤となる「安心」を与えるために、十分に愛し、接したほうがよさそうですね。


「三つ子の魂百まで」:「幼いころの性格は、年をとっても変わらないということ」
(決して、トン吉・チン平・カン太のことではない)



同じ言葉でも、人によって受け取るものは当たり前に違うわけですが、
感銘を受けた言葉を自分の言葉に置き換えると、また違った味わいが出てきたり、理解が深くなったり、面白い部分があるかもしれません。
(ただ、その作業に強い負担を感じるなら、今は止した方がいいかもしれません)





子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)


10代の子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)





【関連記事】
「生まれてきた価値、存在意義/(不安解消)」
「乳児期・幼児期/エリクソンのライフサイクル」

「やさしい虐待/クローズアップ現代」







ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

ある人がいたとしましょう、
その人は、ある場面・状況で息ができないとしましょう。



その人のことを、ある人がこう言ったとします、
「問題ありません」
「その人だけ、特別扱いできません」
「誰でも、そうしてます」
「その人がそうするなら、みんなにもそうさせるべきです」
「我慢が足りない」

ふざけちゃいけない、

>問題ありません?
息ができないのが問題ないんですか?
息ができないと死んじゃうって知ってます?

>その人だけ、特別扱いできません?
特別って何ですか?
苦しかったら、席を立ちません?
その苦しい状態が、慢性的に続いているとしたら?
特別扱いしないことで、苦しめますか?

>誰でも、そうしてます?
誰でもって、誰ですか?
みんなが息できていたら、息できない人は苦しんでもいいんですか?
みんなが楽しめたら、苦しんでいる人は、苦しんでいいんですか?

>その人がそうするなら、みんなにもそうさせるべきです?
人間、できる事とできない事があります。
できない人でも、無理すればできる人と、無理してもできない人がいます。
みんながある程度苦しいとしても、少し苦しい人もいれば、死ぬほど苦しい人もいます。
そうしないと死んでしまいそうになる人もいれば、そうでない人もいます。
みんな同じですか?

>我慢が足りない?
はあ?
我慢は大切ですよ、我慢が人を育てる面もありますよ。
でもね、我慢して死にそうな人を我慢させますか?


大丈夫ですか?

そういうことを言う人、大丈夫ですか?



更に、その人がこう言ったとしましょう、

「こっちだって、一生懸命、頑張ってるんです」


…ふざけちゃいけない、本当に、ふざけちゃいけない。

一生懸命、頑張って、息ができなくしますか?
一生懸命、頑張って、苦しめますか?

いったい、何を頑張るのですか?



本質を見失っている人は、こういうことを言います。
悲しいけど、現実だ。

何が必要か?
何をすべきか?(何をすべきでないか?)
何が良いことか?(何が悪いことか?)

その人、その場面、その時で、しっかり考えなくてはいけない。

・一生懸命頑張ることは、『一般論としては』美徳だ。
でもそれは、正しいこと、良いこと、必要なことを、一生懸命頑張るからだ。
(正しくないこと、悪いこと、必要で無いことを、一生懸命頑張るからではない)

・みんな同じも、美徳とされた。
でも、それは人間として、だ。人間としての権利が、同じなのだ。人間の権利を保障しようと、それを目指したのだ。
決して、個人を殺し、個人の「人間の権利」を奪うためではない。

・特別扱いはしないも、時に美徳とされる。
確かに、利権やなんやで、特別扱いしてはいけない。
特別扱いが悪い方に働くなら、特別扱いしてはいかんだろう。
しかし、特別扱いしないと死んじゃうような人は、それなりの扱いをすべきだ。
特別扱いが必要なこともある。

何ごとも、取り違えちゃいけない。

正しい方向に向かうから、いいんだ。
一般論で、人を殺して、いったいどうしたいんだ?

子供が言うなら、まだ分かる。
大人が、教育者が、人の上に立つものが、
こういうことは言わんほうがいい。

ふざけちゃいけない。



【蛇足】

・自由も、美徳だ。
しかし、自由に悪いことをしてはいけない。自由に人を傷つけてはいけない。
当たり前だ。

・人を庇う(かばう)ことも、時に美徳だ。
でも、悪事を犯して反省もない者を庇っても仕方ない。
庇うなら、反省してからだ。


何ごとも、取り違えちゃいけない。
大事なことは、取り違えちゃいけない。

本質を見失うと、美徳も悪につながる。
(善悪の定義が難しいとしても、だ)



[サイト内タグ]:  教育  我慢  善悪



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

今はどうだか知りませんが、私が中学生、高校生だった頃は、先生がガリ版を刷って、自分でテストを作ってたように思います。
(小学生の頃は、業者のプリントだったかな…忘れた)



テストの大まかな流れは、初めに基礎問題があって、その後応用問題っていう流れでしょうか。
(まあ、ざくっとした流れですが)

初めに、これくらいは覚えといてね、っていう基礎問題があって、これに正解すると、そこそこの点がもらえて、
もっと勉強した人は、更に難しい応用問題で点数をもらえる、
…単純なようで、よくできているような気がします。

ただ、欲を言うと、もうひとつ、「学問に興味がでるような問題」、「へ~この教科、面白いな~」と思えるような問題があると、ベストでしょうか。



先生によっては、受験こそ大事だと思って、それ用のテストを作る人もいるだろうし、
受験なんかより大事なものがあると思って、それとは別の、テストを作ってる人もいるかもしれません。
(テストを受けなくなって久しいので、よく分かりませんが)

でも、個人的な意見を言わせて貰えば、両方大事なんでしょうね。

受験偏重は嫌だけど、現実問題、受験はあるわけだし、
その一方で、受験だけで人生が終わるわけじゃないんで、学問の面白みも知っておいたほうがいいような気もします。
(ああ、欲張りな私)

自分の目指す勉強をしようと思えば、基礎も必要だし、
その勉強をするために、受験をクリアしなければならない場合もあるでしょう。



先ほどの例でいけば、
①これくらいは知っておいたほうがいいというような基礎問題があって、これが解ければそこそこ点数があって、追試や補習は免れるとか…まあ、進級するのには必要な知識程度で。
②その他に、受験に必要な知識や、テクニックを盛り込んだ応用問題を作って、これができれば成績も上位にいけて、将来の受験にも使えるとか…。
③それだけだと面白みが無いので、「学問の面白さ」を感じられるような問題を少し付け加えるとか…。

こういうのは贅沢ですかね。
(まあ、贅沢なんでしょう)

まあ、先生にとっては、酷な話かもしれません。
(酷なんでしょうね)

やる気と余裕が無いとできないようです。
あと、周囲の協力や理解も、ですかね。



私はいい歳になるまで、勉強なんて面白くもなんとも無いと思いながらやってきましたが、
でも時々、自然科学系にしても、歴史や社会なんかにしても、国語なんかにしても、
先生が授業中にぽろっと話す、脱線話に惹かれたもんです。
(今思うと与太話も多かったように思いますが)

・学業に必要な知識も大事だし、
・学問としての面白さも大事だし、
両方をバランスよく授業やテストで活かせないもんですかね。

(バランスが悪いと、一方で「詰め込み教育」、一方で「ゆとり教育ならぬ、ゆるゆる教育」になるし、それを行ったり来たりじゃあ、ねぇ…)



【蛇足】

せっかくの人生なんだから、勉強だろうがテストだろうが、楽しまんとね。

贅沢だとは、思いますが…

作るほうも、受ける方も、余裕があればな~

そんな、ゆとりがあればな~



[サイト内タグ]:  ゆとり  ゆとり教育



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

「カムイ伝全集―決定版」12巻が発売、

しかも、途中で休載状態になっていた「第二部」が、加筆されているというので、
さっそく買いました。


といっても、今回の記事は、「カムイ伝 第二部」云々の話ではなくて、
その中に出てきた、「生類殺生禁止の布令」について思ったことがあるので少し――

(まあ、要するに、いつもの脱線です)

(注:一部内容に触れます。自分で読むまで情報に触れたくないという人は、気をつけてください)





「生類殺生禁止の布令」とは、例の、「生類憐みの令」みたいなもんです。

とある理由から、動物たち(特にお犬様)に危害を加えることまかりならん、という命令が藩より出されるわけですが、

もう、領民は大混乱。
いい迷惑です。

何しても大丈夫なもんだから、お犬様は、したい放題。

領民に噛み付く、
子供を噛み殺そうとする、
家畜を襲って喰う、
漁師が(命がけで)とった魚を盗み喰う、

――もう、やりたい放題。

しかも、御触れが出ていて、
お犬様に危害を加えると厳しく罰せられるもんだから、
手出しできません。

(堪らず手出しした人は、牢の中)


で、これは、さすがにまずいということで、
お犬様を生け捕り――もとい、保護して、各村にお犬小屋なるものを造って収容、
村人たちが世話することになるんですが、

よく喰う、よく吠える、糞の量も相当なもので、
しかも、互いに交尾して増えるもんだから、領民も堪ったもんじゃありません。

(その負担は、全部、領民が負うんですから)





で、これを読んでいて、
ああ、現代社会に通じるものがあるな、と思ったわけです。
(もちろん、私が勝手にそう思っただけですよ。いつもの、私見です)


一時期、子供や生徒に対する、過剰な保護がありましたよね。
(一時期かな?)

アレに似てるな、と。


よく吠える、
何でも分別なく、好きなものを喰らう、
危害を加えられないと分かると、誰にでも噛み付く、
好き放題、

――すべての人がこうだとは思わないんですが、
一部、こういう傾向を持った人が、犯罪を犯したにもかかわらず、
保護されたケースがあったと思います。

――そういうのに、近しい部分があるのでは?
と、思ったわけです。



何も、すべての子供を、お犬様と同等に見たわけではないですよ。

ただ、この二つの事象(漫画の中の「生類殺生禁止の布令」と、現代社会の「過剰な保護」)の間に、
似通った傾向を(一部)認めただけです。
(一部、ね)

まあ、理性が備わっている(ハズの)人間と、
人よりはずっと本能に近いであろうお犬様とを、同等に扱うのは、もちろん乱暴な話なんですが、

理性を剥ぎ取った人間は、お犬様にも近しい、
というのも、ひとつの真理かもしれません。

(といったら、人間とうまく付き合っているワンちゃんたちは怒るだろうか? ゴメンね)



ともかく、この、マンガの中の架空の話、

過剰な保護さえしなければ、人間のよきパートナーになり得た犬たちが、
常軌を逸した法令のために、結果、人間と険悪な関係になってしまったという、
悲しい話でもあります。

しかも、この布令が出されるまでの経緯が、
これまた一部、現代に通ずるものがあったりするので、
怖かったりします。



ともかく、
「付き合い方」というのは、よく考えないとね。

保護すりゃ何でもいいなんてことは、ないようです。



【追記】

といっても、
何も、子供を犬猫のように躾けろというのではないですよ、
もちろん。

「これだけすれば大丈夫」なんてことはないんですから。

(つまり、厳しさも保護も、両方必要なんですから)
(そして、両者は、場合によっては、悪く働くこともあるんですから)

(だからこそ、「その時」をよく見る必要があるんですね)


[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

『「死んじゃダメ!」武田鉄矢が中学生へ“金八流”メッセージ』
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200611/gt2006111012.html

>27年間にわたって金八先生役を務めた武田は、
>「27年で一番変わったのは日本の中学生」と指摘し、
>「中学生のみなさん、死んじゃダメ!」とメッセージ。
>深刻ないじめ問題について、「いじめる奴を説教しても変わらない。
>問題はいじめられる奴で、大事なのはいじめられる奴を鍛えること」
>と金八流の考えを示した。





まあ、劇中の金八先生と、(中の人)武田鉄矢さんを同化させることもないんですが、
(というのは、彼は教師でも何でもないですが)
上記の意見には違和感を感じます。

というか、腹さえ立っている。

確かに、「いじめる奴を説教しても変わらない」のかもしれない、
実際、変わらない場合が多い、
(そういう人たちを、近くで見てきた)

「いじめられる奴を鍛えること」は大事かもしれない。
後々には、強くなることも必要だろう。

しかし、
「問題はいじめられる奴で」
とは、どういうことか!!


こういうのは、
「理由さえあれば、何をしてもいい」
という思想につながらないのか!!



子供がイジメをする時、
子供なりの論理にそって、イジメている。

つまり、何かと理由をつけてイジメるのである。

それが赦されるのか?!


「国家の品格」の藤原正彦さんが、テレビで、
子供には「卑怯」をいう感覚を教えるべきだ、というようなことをおっしゃっていたように思います。
(スミマセン、うろ覚えです)

子供は子供なりの論理で、集団でイジメたりするんですが、
それに対し、
「どんな理由があっても卑怯なことをするな!」
そういうことを教えなければならない、というのです。
(うろ覚えなんですが)

これは一理あると思いました。

どんな理由があろうと、
してはならないことがあるはずです。

それを教えることこそ大事で、
大人がそれを体現せねばならないのでしょう。



「問題はいじめられる奴で…」なんていう、
アホウがいることそこ、深刻な問題だと私は思う。

死にそうになっている子に、
おまえが悪い、と言っているようなもんだ。



【追記】

強くなる、鍛える、ということにはタイミングがあるだろう。

血を吐いている人間に、マラソンしろとは言えまい。
疲弊してどうしようもなくなっている人間に、ガンバレとは言えまい。

余力が出始めてこそ、初めて言えるんだ。

そして、本来は、自分で立つのを待つのがいいと思う。

それに付き合うのが、大人ではないのか。


[サイト内タグ未指定]



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング





// HOME // NEXT
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■