ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
河合隼雄さんが、ある本の中で、面白いことをおっしゃっていました。


「イライラは、自分の何か――多くの場合、何らかの欠点にかかわること――を見出すのを防ぐために、相手に対する攻撃として出てくることが多いのである」





なるほど、確かに「投影」と「イライラ」は密接につながっているのかもしれません。

自分の不足や欠点はなかなか見えないし、そんなものは見たくないと思うのが人情ですから、仕方ない部分があるでしょう。

また、「影」というのは、自分の背中=死角にあるので、なかなか見えません。



「何故か、ある人を見ているとイライラする」という場合、意識できない自分の欠点を、相手に見出し――自分の影を相手に投影し――それでイライラする部分もあるでしょう。

なにせ、自分と関係ないことには、人はあまりイライラしませんからな。イライラするからには、自分と何か関わりがあるということなんでしょう。

「イライラ」というのは、先の例でも「何故か」と書いたように、理由が明確でないことに特徴があるようです。「イライラする」というのは、その明確な理由が見出せないために、「怒り」や「悲しみ」などの感情にちゃんと消化されていないのかもしれません。感情が流されていっていないのかもしれない。

未消化で、ケリがついてないので、余計にイライラするのかもしれません。



そう考えると、「イライラ」の裏には、「未消化な感情」みたいなものが、存在しているのかもしれませんね。

人間である以上、自分にしても、相手にしても、欠点なり不足なりは存在するものです。しかし、特定の相手に対して、何だか知らないけれど猛烈にイライラする場合などは、相手の欠点なり不足なりを見ているようで、案外、自分自身の死角に生きている、いわば、影なる自分を見ているのかもしれません。

あるいは、すごく身近でありながら見たくないことを何かに映し出して、本当は渦巻いている感情の一部を、そこに出しているのかもしれません。

そうすると、感情を出すという意味では、いい面も少しはあるのかもしれませんね。感情は出すことがないと、たいへんなことになることがあるので。



自分のことだから、完全に切り離して考えるわけにはいかない。自分のことではないにしても、身近なことは切り離せない。なかったことにはできない。

それを相手の中に見出すのだけれど、相手のことだと簡単に割り切って済ませられない。

しかし、影というだけあって、それは自分では見えない背後にあるので、自分のことだとは認識できない。複雑な感情だってある。

これじゃあ、イライラもするはずですよね。これも人間らしさのひとつか。



というわけで、我々は、相手のここが悪いとか、ここが嫌いとか、何らかの不備や不足、欠点を取り上げて、攻撃したり、あるいは、うまく言えなくてイライラしたりもしますが、実はそれは、相手に怒ったり、イライラしているようで、案外、自分の背後にあるもの――つまり、影――に対して、イライラしているのかもしれないんです。

あるいは、自分にすごく関係のある、身近なものについてイライラしているのかもしれません。

(まあ、相手の中にも欠点や不足はあって、それに怒っているというのもまんざら嘘だとはいえないんですけどね。相手も人間、自分も人間、足りないところや不備もありますわ)



まあ、こういうのは、「イライラ」や「カッカ」している時にはなかなか耳に入らないだろうし(そういう意味では、耳に入れる必要もないし)、相手に言われればそれこそ火に油ですが、上記の案外という部分に自らが気づいた時、そういう余裕が生まれた時、す~っと消化していく、影と自身が手をつなぐことができる、その「きっかけ」くらいは、生まれるのかもしれません。

(「投影の引き戻し」ってやつですね)


それによって人間が一皮剥けるのだとすると、そこには意味があるわけだし、神様がイライラを人間に残す理由も、そんなところにあるのかもしれませんね…





こころの処方箋




【追記】

「影」とは、自分の不足や欠点、認めたくない一面のことをいいます。
「投影」とは、その影を自分のものと認知せず、相手のものとして処理しようとする自我の「防衛機制」のことです。

日本語的表現としては、「棚に上げる」とか「責任転嫁」が近いかもしれません。


「影」(ユング・用語)
「投影」(ユング・用語)



【関連記事】
「それなりにの意味/自然なるもの」




[サイト内タグ]:  イライラ    投影  感情  河合隼雄



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

自分の気持ちを伝えるのが苦手な人も多いと思います。

そういう人には、「アイメッセージ」というやり方が、ヒントになるかもしれません。



「アイメッセージ」は「行動」「感情」「影響」の三部から構成されます。

・「行動」とは、相手の行動です。
 これを、あまり非難がましくならないように言います。

・「感情」とは、それ(相手の行動)によって引き起こされた自分の感情です。
 これをストレートに表現してみます。

・「影響」とは、自分に起きる具体的な影響です。


例えば、旦那さんが忙しくて、いつも構ってくれないとしましょう。そんな気持ちを伝えてみます。


・「行動」は「(旦那さんが)忙しくて構ってくれない」ことです。
・「感情」は「そのせいで寂しい」ことです。
・「影響」は「不安になる」とか「ストレスが溜まる」とかです。


これを組み立ててみます。


例:「あなたが忙しくて構ってくれないから、寂しくて、不安でたまらないわ」
例:「あなたが忙しくて構ってくれないから、寂しくて、ストレスが溜まってしまいます」


…こういう伝え方もできます。


これですべてが収まるとは思いませんが、少なくとも、相手に自分の気持ちや状況は伝わるのではないでしょうか。また、ある程度やわらかい言い方をすれば、相手も言い分を受け入れやすいかもしれません。

アイメッセージは「自分の気持ちを表現するもの」であって、「相手に指示や命令を出すのではない」ところがミソです。

単に相手を非難するでもなしに、ただ事実を伝えます。感情は伝えるのだけれど、感情的にはならない。

素直な気持ちを、飾ることなく、伝えます。



これと逆のよくある失敗は、気持ちを溜めに溜め込んだ挙句、爆発させることです。気持ちを伝えず、我慢して、我慢して、それで出てくるのが、

「○○してよ!!」
「どうして、××してくれないの?!」
「疲れるわ!」
「イライラするのよ!」

これでは相手も面喰ってしまいますし、自分だって罪悪感を感じてしまいます。

感情的なのだけれど、自身の感情はうまく伝わらない。

これで要求の言い合いになってしまうと、終わりが見えません。指摘 vs 指摘、要求 vs 要求 で終わりのない戦いに突入してしまう。


そうならないためにも、要求はせず、自身の置かれている状況と気持ちを、素直に伝えてみるんですね。アイメッセージとは、そういう試みです。

行動や状況、経緯をすっ飛ばして、いきなり爆発しながら、感情や要求のみをぶつけられたら、誰だってビックリしますからね。売り言葉に買い言葉で、ケンカにだってなるでしょう。

逆に、状況や経緯がある程度伝われば、そうはならないかもしれません。「ああ」と思うかもしれない。

事実関係を平易に、素直に伝えることで、相手にも呑みこみやすくなるんですね。

(聞くほうだって、呑み込むだけの猶予が必要ですもんね)



他にも例も挙げてみましょう。


例1:旦那さんが自分の味方をしてくれない

・「行動」=「旦那さんがお姑さん(お嫁さん)の味方ばかりする」
・「感情」=「イライラする」
・「影響」=「やりきれない、心細くてたまらなくなる」

→「あなたがいつもお姑さん(お嫁さん)の味方ばかりするから、イライラしてしまって、やりきれない気持ちになります」
→「あなたがいつもお姑さん(お嫁さん)の味方ばかりするから、イライラするし、心細くてたまりません」


例2:旦那さんが子供の面倒を見てくれない

・「行動」=「(旦那さんが)子供の面倒を見てくれない」
・「感情」=「イライラする」
・「影響」=「私ばかりに負担がかかる」

→「あなたが子供の面倒を見てくれないから、イライラしてしまって、今にもパンクしそうです」
→「あなたが子供の面倒を見てくれないから、イライラするし、私にばかり負担がかかってしまいます」


例3:子供がいつもうるさくて、落ち着かない

・「行動」=「子供がいつもうるさい」
・「感情」=「イライラする」
・「影響」=「心が休まらない、落ち着けない」

→「あなたたちがいつもうるさくするから、イライラして、心が休まらないわ(落ち着かないわ)」



このような例を見てもらうと分かるように、この「アイメッセージ」は「自分の気持ちを伝えていますが、~をしてくれとは(直接)要求していません」

それでいて、「まあ、それなら、~しようか」という気持ちにさせる働きがあります。

(すべてがその通りではありませんが…)


自分の気持ちを身近な人に伝えるのが苦手な人は、この「アイメッセージ」を使ってみるのもいいかもしれません。

(まあ、あくまで「ヒント」くらいの気持ちでいいのではないでしょうか。あまりこれに囚われすぎることもないと思います)

(それと、いくら「アイメッセージ」を使っても、刺々(とげとげ)しかったら、効果半減かもしれません。ある程度、やわらかい方がいいようです。但し、自分の気持ちを殺すこともないように思います。自分に正直に、そしてやわらかく…それがコツかもしれません)

(あと、受け取る側にあまりにも余裕がない場合は、うまくいかないかもしれません)


「アイメッセージ」はあくまで自分の気持ちや状況を伝えるためのもので、これですべてが解決するわけではありませんから、注意してください。あくまで「意思表示」や「きっかけ」です。

ただ、せっかく気持ちを伝えるのですから、うまく気持ちを伝えようとする、そんなひとつの例です。





この気もち伝えたい
この気もち伝えたい





【追記】

まあ、あくまで道具(ツール)みたいなもんですから、過剰な期待はしないでください。それ以上でも、それ以下でもありません

どんな道具も、使い方次第です。





「アイメッセージ…その二」





【関連記事】
「エニアグラムの目次」
「タイプ論の目次/ユング心理学」
「シリーズ うつ病の目次」

「心理・教育のアーカイブ」




[サイト内タグ]:  アイメッセージ  感情  ストレス



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

昨日は、「アイメッセージ」について記事にしました。

「アイメッセージ」とは、「自分の気持ちを相手に伝える」ものです。(できるだけ穏便に、要求するでもなく、伝える手段のひとつです)

しかし、それ以前に、「自分の気持ち」が分からない、「自分の感情」がよく分からない、そういう場合もあるのではないでしょうか。

アイメッセージは「行動」「感情」「影響」を組み立てて、自分の気持ちを相手に伝えるものですが、逆に、アイメッセージ的な考えから、「感情」を導くことができるかもしれません。

それを試してみましょう。



自分の「感情」は分からなくても、自分に起こる「影響」や、それを引き起こす、相手の「行動」は比較的分かりやすいかもしれません。

前回の例をそのまま使いますと、

「影響」=「何か不安に感じる、ストレスを感じる」
 …漠然としてではあるが、そう感じる。

「行動」=「旦那さんが忙しくて不在がちである、構ってくれない」
 …そんな時に、特に不安を強く感じたり、ストレスを感じるようだ。

「感情」=そういうことを考えると、自分は旦那さんが傍にいなくて「寂しい」のかもしれない。そう思ってしまうことを罪だと思っていたが、そんな感情が強いのかもしれない。

…そう気づくかもしれません。


漠然と不安やストレスを感じていたのが、自分に起こる「影響」や気になる相手の「行動」を認識することで、その正体である、寂しいという「感情」に気づくかもしれません。

(更に、その感情が、もっと深いものにつながっている場合もあるでしょう)

そういう自分の感情を受け止めた上で、「アイメッセージ」を使って相手に気持ちを伝えるのも、ひとつの方法でしょう。



他の例はどうでしょうか?


例1:

「影響」=最近、「やりきれなくなる、心細くなる」ことが多い。
「行動」=どうも、「旦那さんがお姑さん(お嫁さん)の味方をする」時にそれが強くなるようだ。

「感情」=そう考えると、自分はそんな旦那さんの態度に「イライラしていたり、怒っている」のかもしれない。

…そういう風に気づくかもしれません。漠然と感じていたことを、ちゃんと認識するかもしれません。


例2:

「影響」=最近、「疲れることが多く、今にもパンクしそう」に感じる。
「行動」=どうも、育児の時、それも「(旦那さんが)子供の面倒を見てくれない」時に、それが強くなるようだ。

「感情」=育児に疲れるのはもっともだが、そんな旦那さんの行動に「イライラしたり、不満を感じたり」、そのせいで余計に疲れているのかもしれない。

…そう気づくかもしれません。



このように、「アイメッセージ」風に、自分に起こる「影響」や相手の「行動」をたどることで、自分の「感情」と向き合うことも可能かもしれません。

ただ、それがあまりに負担に感じる時は、よした方がよさそうです。そんなことをするよりは、信頼のできる人に話を聴いてもらう方がいいかもしれませんね。

あるいは、気分転換したり、休んだり、心のエネルギー補給が整ってから、自分の気持ちと向き合う方がいいかもしれません。



実際の問題というものは、このように公式的にはいかなかったり、深い問題をはらんでいたり、相手の行動と自分の行動とシンクロしていたりと、難しいですが、それを承知した上で、ひとつの「きっかけ」や「ヒント」として、こういう風に考えるのも、ひとつの方法かもしれません。

更に、「気持ち」というものを考えるなら、「自分の気持ちも、相手も気持ちも、両方をバランスよく大切にする」ということが大事でしょうか。

相手の気持ちばかりを考えすぎる人は、自分の気持ちも大切にした方がよさそうですし、自分の気持ちを優先しすぎてうまくいかない人は、相手の気持ちを尊重することも覚えた方がよさそうです。

どちらかのみに偏ることなく、多少ふらふらしてでも、絶妙なバランスを見出していくのも、大事な仕事かもしれません。

そのひとつのヒントとして、「アイメッセージ」を使うことができれば、いいかもしれませんね。





きっと、うまくいくよ―気持ちをラクにする30の方法 (だいわ文庫)
きっと、うまくいくよ―気持ちをラクにする30の方法 (だいわ文庫)





【追記】

バランスよく、といっても、それは必ずしも、真ん中で、という意味ではなくて、その時その時の、絶妙のバランスを見出すために、多少フラフラしたり、偏るのは、私はアリだと思います。

というのも、バランスを失っている時というのは、自分では普通と思っている状態が、どちらかに偏っていたりするからです。

そういう意味では、「引き戻し」たりするために、偏ってみるのも、そうそう悪くないかもしれません。

が、しかし、それはいつもの方向に向かうのではなく、いつもとは違う方向に向かうことですから、これは、なかなか勇気がいることです。





タグ:



[サイト内タグ]:  アイメッセージ  感情



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

河合隼雄 先生はその著書の中で、「二つの目で見ると、奥行きがわかる」とおっしゃっています。

甘い目と厳しい目、
男の目と女の目、
主観と客観、

などなど…



「そのときの状況に応じて必要と感じられる、二つ以上の目の組み合わせにより、状況を立体的に把握しようとすることが大切である」



というのです。

これは興味深いことですね。



確かに人間は、二つの目で見ることで、目の前の世界を立体的に把握できます。実際、片目を閉じて物をつかもうとすると、うまくつかめなかったりします。

この目は、右の目と左の目ですが、世の中を認識しようとすると、他にもいろんな目がありそう。


・頭で考えようとする自我の目と、心で感じようとする自己の目
(あるいは、意識的な目と、無意識的な目)
・理性的な目と、本能的な目
・思考的な目と、感情的な目
・感覚的な目と、直観的な目
・世間的(一般的)な目と、個人的な目
・父性的な厳しい目と、母性的なやさしい目
(「目」を「見方」という言葉に変えてもいいかもしれません)


我々人間は、一方の目のみで見ようとすると、その全体像を捉えられなかったり、一面的になったりしますが、二つの目、その両方の側から見たとき、今まで見えなかったものが見えてくることもあるかもしれません。

「ん?」と、ちょっと立ち止まれるかもしれない。

少しだけ、見え方が違ってくるかもしれないし、奥行きが分かってくるかもしれない。

今まで見逃していたことに気づき、ハッとするかもしれないし、今まではつかめなかったものが、つかめるかもしれない。

「平面的」、「立体的」というのも、興味深い言葉です。あと、「奥行き」や「距離感」というのもありますかね。


こういうのは特に、閉塞状態に陥っているような場合は効果的かもしれません。視野が狭くなっていたり、知らず知らず決め付けていたり、考え方や捉え方が固定化しすぎている時、助けになってくれるかもしれません。(物事に二面性がある以上、その両方から見ることは大事なような気がします)

いつも見ている方向から見る風景と、違う方向から見る風景は、意外と違っているかもしれません。多面体をシルエットで見るときなど、そうなりますよね。クイズとかで、あるでしょ。

いつもと違う見方をする時、「あれ? そうなの?」と思う面が出てくるかもしれません。



ということは、自分なりのスタイルというものを築いたり、自分のなりのパターンというものを持つ我々は、ある特定の、「ひとつの目」で、世界を見ているのかも知れず、それによって、世界を狭めているのかもしれないのです。

しっかりした見方や考え方を構築する過程で、どうしても固定化してしまう。固定化するから、見方が同じになってしまう。死角を作ってしまうのです。見逃す範囲を、どうしても作ってしまう。


でも、悲観するのは早いようです。

ということは、別の視点を持てば違ってくるということですもんね。今持っているものと同時に、もう一方の目が開き、「二つの目」で世界を見渡せるようになれば、世界は、今以上に広がるかもしれない。そういう可能性があるということ。

見逃している部分を見れるようになれば、また、変わってくるということ。



但し、やはり、いいものにはリスクがあって、「もう一方の目」というのは、だいたい、普段使っているのとは、反対の傾向を持ち、即ち、自分の趣味には合わないものだったり、どちらかというと、苦手なものだったりするようです。

だから、それを得るには、勇気とか決意、時間とか余裕、あるいは、試練というようなものが、必要になるのかもしれません。

ということは、もうひとつの目が必要だということに気づくだけの、困難や苦悩がいることになる。

そう考えると、悩ましい状況やとんでもない閉塞も、それに気づかせるための高次のセッティングのように感じなくもありません。



さあ、違う視点を持ちましょう。

もうひとつの目を開きましょう。

みたいな…



まあ、そこまでいくのが、たいへんなんですけどね。

(いいものというのは、やっぱり、高くつくようです…)





こころの処方箋 (新潮文庫)
こころの処方箋 (新潮文庫)





まあ、目というのは自分じゃなくても誰かが持っていたりするので、それを借りるというのも、ひとつの手かもしれません。

それがフィットするようなら、時間をかけて馴染ませ、自分のものとすればよい…





【蛇足1】

「目が覚める」「目をつむる」「目一杯」「目利き」「目覚め」「目安」「目的」――「目」に関する言葉はたくさんあります。

ともかく、「目」も有効に使うと、いろんなものが得られそうです。

ただ、「ひどい目」に合うのは避けたいものですね。

(まあ、それにも意味があったりしますが…)



【蛇足2】

人は左右の目の視野の違いによって距離感をつかんでいるわけですが、その時、目標とする物と左右の目との角度が大きいほど、距離感はつかみやすくなるそうです。

斜めに構えると視野の角度は小さくなるわけで、正面から見たほうが視野の角度は大きくなって、その分距離感はつかみやすいようです。

といっても、正面から見据えるのはたいへんなようですけど…




[サイト内タグ]:  河合隼雄  パターン  理性  本能  感情  思考



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

昨日話に出てきた「ペルソナ」ですが、その語源は古代ギリシャで役者が被った「仮面」からきています。

「仮面」というと、なんだか「うわべ」みたいで、イメージが悪いかもしれませんが、私はそうは思いません。

人間が社会や集団で生きていこうとすると、どうしても「仮面」や「うわべ」がないと生きていけない面があると思います。



人間として生まれた以上、世間一般からすれば悪いと思われるようなものも持っているものです。また、それで当たり前だと思います。

(例えば、誰でも「欲」を持っているものだし、「欲」が人間を生かしている面も否定できません)

「あの人が嫌い」とか「あの人が憎い」とか「あれがどうしても欲しい」とか「あれは嫌」とか「あれがしたい・これはしたくない」――そんな感情は当たり前に持つものだと思います。

但し、それをそのまま相手に伝えると、うまくコミュニケーションがとれないかもしれません。時には、嫌いな人と付き合わなければならない場合もあるし、欲しい物を我慢しなければならない場合もある。嫌なことをしなければならない時もあるでしょう。本心を出せない場合もあると思います。

中には、これを正直に伝える人もたまに見かけますが、結果、相手との関係を壊したり、周囲の雰囲気を壊す場合もあります。

(まあ、「言ってもいい本音」だけ伝えるという、生きるのがうまい人も中にはいます。また、そんな駆け引きなしに、言いたいことを言いながらみなに好かれる、そんな人もいるでしょう。ただ、どこかでけつまずくこともあるかもしれません…。だいたいが、こういうのはマネできません)


このように、人に伝えてはまずいような感情も人間として当たり前に持つわけで、それを覆うような「仮面」や「うわべ」も時には必要だと思います。

それでうまく関係が保たれる部分もあるのではないでしょうか。



ただ、注意しなければならないのは、「適切な態度である『ペルソナ(仮面)』を大事にするあまり、その中の否定的な感情を蔑ろ(ないがしろ)にすることはない」ということです。

そりゃ、「あの人が嫌い」、「あの人が憎い」、「あれは嫌」ばかりでは困るかもしれませんが、人間なら、嫌いな人だって、憎い人だっているでしょうし、嫌なことだって、あって当たり前だと思います。また、世間の多くの人が好きだという人を、嫌いになったり憎く思ったりする場合もあるでしょうし、世間では当たり前なことが嫌いな場合もあるでしょう。

それでこそ人間です。ですから、そんな感情まで否定することはないと思います。

ただ、場合場合、場面場面を考えないでそれを伝えると困ったことになりかねませんから、そんなときは「仮面」の下に隠してもいいのではないでしょうか。

そして時々は、それを言っても許されるような場面で、それを漏らしたり、聞いてもらったりして、ガス抜きをしたらいいと思います。

(ペルソナ(仮面)の下に溜めすぎると、いつか爆発してしまいますから)

仮面を外していい場面、制服を脱いでいい場面、そういう場面があっていいと思います。



但し、繰り返しになりますが、「ペルソナ」を疎か(おろそか)にしてしまうと、周囲との関係を壊してしまいかねません。

それが一般論として正しい場合でも、それが事実である場合でも、場合によっては、それを言ったり態度に示すことで、雰囲気や関係を台無しにしてしまうこともあります。

そうならない為にも、適切な態度「ペルソナ」を育てるのは大事だと思います。

裸で外を歩くわけにはいかないし、冠婚葬祭の場面にラフな服で出るわけには行きませんものね。基本的には。

二者択一的に、「ペルソナ(仮面)」をとるでもなく、その中の感情をとるでもなく、両方をうまく使ったり、両方とうまく付き合えるようになるといいんでしょうね。

(とはいえ、時には、その片方を重点的に鍛えなければならない時もありますから、この辺は微妙です。今足りない部分を鍛えるのは大事な仕事です)



人は、良いも悪いも含めて、いろんな感情を持つものです。それはそれで大事にすればいいんではないでしょうか。

但し、その感情に支配されてしまうと、道を誤ることもあります。周囲との関係を絶ってしまう場合もあるかもしれません。

そういう難しさの中で、一方では感情に自由度を持たせ、もう一方では適切なペルソナを育てと、こういう二つのことを不器用ながらでも、自分流に、自分に合うように、やっていく必要があるんでしょうね。

また、こういうのは、ある意味、必要になったらやればいいともいえるし、必要じゃない時でもほどほどにやっておけば役に立つともいえますね。どちらにせよ、自分の人生にどう組み込むかということなんでしょう。

外を歩く時などに身につける、仮面や服装のような、ペルソナ。家にいる時や、仲間内の中で見せる、素の自分。それぞれを、自分の思うとおりに磨けばいいんでしょう。

失敗しながらでも、はじめ不器用でも、ですね。

そうやって人間を豊かにしていくと、人生が楽しくなるかもしれません。





昔話の深層―ユング心理学とグリム童話 (講談社プラスアルファ文庫)
昔話の深層―ユング心理学とグリム童話 (講談社プラスアルファ文庫)





【追記】

なんつーか、時々、仮面の下に隠すことが、いかにも罪悪のように言う人がいますが、何でもかんでも表に出すというのは、ある意味では、裸で歩くのと同じなんだから、外に出たら、そりゃ仮面も被るでしょう。服だって着ます。

だいたいが、何でも表に出して大丈夫な、そんな品行方正な人が、いるんでしょうかね。

中にあるものは、大丈夫な場で、出せばいいと思うんだけどな。



【追記2】

だいたい、礼服もあれば、制服もある。よそ行きの服もあれば、部屋着もある。

家の中で制服を着ていたらしんどいし、会社に部屋着やパジャマを着ていくと…

鎧なんか着たら、もう…


あと、ペルソナでオシャレってのも、アリかもしれませんね。





【関連記事】
「補足②…ペルソナ」




[サイト内タグ]:  ペルソナ  感情



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング





// HOME // NEXT
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■