ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 
C・G・ユング著、河合隼雄 監訳、河出書房新社『人間と象徴』を読んでの感想、私見、個人的な理解など――



人間と象徴 上巻―無意識の世界
人間と象徴 上巻―無意識の世界





「前書き/第一章 自然なるもの…1」
  このシリーズを書くに当たって…

「序文:あちらの世界とこちらの世界①/第一章 自然なるもの…2」
  こちらの世界とあちらの世界…
  目の前にある世界と目の前にはない世界…

「序文:あちらの世界とこちらの世界②/第一章 自然なるもの…3」
  様式の違う、ふたつの現実…
  内的現実と外的現実…

「夢という自然/第一章 自然なるもの…4」
  人間の中にある、自然としての夢…
  夢の体験そのものは経験してなくても、それによく似た状況は経験してたりする…

「共通言語としての象徴①/第一章 自然なるもの…5」
  未知なるものと既知なるもののギャップ…
  未知なるものは飲み込めない…

「共通言語としての象徴②/第一章 自然なるもの…6」
  未知なるものを既知なるものの姿で…
  ふたつの世界をつなぐ象徴…

「伝えるもの――象徴①/第一章 自然なるもの…7」
  象徴は言葉以上のものを含む…
  影を例にとって…

「伝えるもの――象徴②/第一章 自然なるもの…8」
  認識と認識の埒外、見ている世界と見ていない世界…
  そのふたつをつなぐ、象徴…




第3章 個性化の過程 より

「個性化と松の種(1)」
  内なる、そうなろうとする力…
  ふたつの“なるべき像”…

「個性化と松の種(2)」
  今までを棄て、観察者となる…
  無為なる生き方…

「はじめは苦難のカタチで」
  傷や苦悩が、一種の啓示となる…

「影の自覚 人生の再適応」
  適応の後には、再適応が…


「アニマ 異性のガイド(1)」
  今度は、異なる性質を持つ存在が、教えてくれる…

「アニマ 異性のガイド(2)」
  内なる異性を、具現化する…





人間と象徴 下巻―無意識の世界
人間と象徴 下巻―無意識の世界




[サイト内タグ]:  人間と象徴  目次  象徴  ユング



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

これから投稿するシリーズは、私がC・G・ユングの著である「人間と象徴」を読んでの理解の道程であり、私なりの見方や考えを、つらつらと書き記すものです。

これが「人間と象徴」を読んでの産物である以上、
引用も影響も、星の数ほどあるわけですが、
それと同時に、私という人間が書く以上
――善しにつけ悪しきにつけ――
そこには必ず私から発する何かが現れるわけだし、
何らかの上積みのようなものが存在するわけで、
それを「言い訳」に、投稿を続けさせていただこうと思います。



そういうわけで、記事中には、
「そのまんまじゃん」という部分、(引用?)
「全然違うじゃん」という部分、(私見?)
「それはお前だけの考えじゃん」という部分、(偏見?)
――そういう部分がたぶんに含まれますので、
それを前提に、お楽しみください。




「序文」に続く…)




アマゾン:人間と象徴 上巻―無意識の世界


「人間と象徴の目次」




[サイト内タグ]:  人間と象徴



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

西洋人(あるいは、西洋的思考の人=合理的な思考を好む人)は、
「あちらの世界」と「こちらの世界」を明確に分けることを好むかもしれません。

そして時に、あちらの世界の存在を無視し、無価値なものと判断するかもしれません。


東洋人(あるいは、東洋的思考の人)は、
「あちらの世界」と「こちらの世界」を明確に分けることはせず、むしろ同等に扱うかもしれません。

そして時に、それらを同等に扱いすぎ、「あちら」と「こちら」を混同したり、同一視してしまい、それで混乱したり、迷ってしまうこともあるかもしれません。


といっても、必ずしも、西洋人だからそう、東洋人だからそうというわけではなく、
こういうのは、人それぞれの価値観、受け取り方、つまるところ、生き方の問題ですよね。
(また、西洋人、東洋人という、紋切り型の分け方は、最早あまり通用しないかもしれません)

「あちらの世界」と「こちらの世界」をどう考え、どう受け取るかは、
その文化や社会背景の影響は受けるものの、
結局は、その人その人の受け取り方なんでしょう。

(また、同じ個人であっても、人生のその時その時で、どちらかに強く傾倒することもあるでしょう)



「こちらの世界」とは、意識の世界、いわゆる現実世界のことです。
目の前にある、我々が普段、意識している世界です。

常に、触れられる世界。

自我を中心とし、私を私と感じられる世界。
多くのものを意識し得る世界。

見て、聞いて、触って、
更にそれを、みなと共有できる世界。



「あちらの世界」とは、無意識の世界、心の中とか、イメージの世界です。

なかなか触れることのできない世界。
仮に触れているとしても、なかなか意識できない世界。

直接は見えず、直接は聞こえず、直接は触れられず、
故に、それをみなで共有することは難しい世界。

我々が触れられるのは、例えば、イメージ。
「そのもの」ではなく、そのものに関係するイメージ。

それは個人の心の中の体験なので、
――まったく、できないというわけではないですが――
なかなか体験を共有することはできません。



意識的な世界に重きを置く時、
「こちらの世界」こそ現実であって、「あちらの世界」なんて非現実的だ、
などと言われることもあるかもしれませんが、私はそうは思いません。

例えば、我々は折に触れて、嬉しくなったり、悲しくなったりします。

それを言葉に出したり、表情に出したり、そういう風にみなで共有できるものとして表出された時、それは「こちらの世界のもの」ということになりますが、
それは表現されたから、そうなったのであって、
もともとは、人間の奥の方にある、「あちらの世界のもの」ということにもなるでしょう。

それを言葉にしたり、表情に出さない限りは、
みなの知らない、私だけのもの、
私の心の世界だけにあるもの、となります。

それは「こちらの世界」に出てないという意味では、「あちらの世界のもの」です。

ただ、正確にいうと、
私はそれを意識しているので、私にとっては「こちらの世界のもの」であり、
それを意識することのない第三者にとっては、「あちらの世界のもの」ということになるでしょうか。

ただ、そういう感情的なものにしても、
もともとは意識に上る前段階があるので、「あちらの世界から来たもの」となるでしょう。

それは「こちらの世界」の何らかの現象によって引き起こされるにしても、
その波紋は、心の奥の方、無意識の領域から来るのだから、
「あちらの世界」から来たものですよね。

こういう風に、「あちらの世界のもの」と「こちらの世界のもの」は、密接に絡み合っていたりします。
非現実だと、ぶった切れるものではないのです。



目に見えないもの、触れられないものが嫌いな人でも、
自分の感情というものは体験しているわけでしょう。

そして時に、非常に非合理な感情に触れることもあるわけで、
「A → B」、「○○だから××」といった説明ができない、
そういった不可解な心の動きに触れることもあると思います。

それこそが、「あちらの世界との接触」であって、
それはウソでもなんでもなく、
その人しか知りえない個人的な経験であり、内的に体験した現実です。

(それをウソだと否定したくなる時もありますが、生じたものを無いということこそウソであって、目に見えないとはいえ、そこにある以上、現実でしょう)





「あちらの世界とこちらの世界②」に続く…)





アマゾン:人間と象徴 上巻―無意識の世界


「人間と象徴の目次」




[サイト内タグ]:  人間と象徴  感情



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

前回からの続き…)

このように、世の中には、
比較的簡単にみなで共有できるような現実、外的現実もあれば、
個人的な体験だけに、なかなか共有できないような、内的現実もあるのです。

後者は、なかなか共有できないので理解されず、
ウソだとか非現実的だとか、そういう風に言われることもありますが、
その個人にとっては、実際に(内的に)体験した、紛れもない現実であって、ウソでもなんでもなかったりします。

外的現実には起こりえないことが、内的現実においては起こり得るわけです。

ただ、こういう同じであって同じでないものを混同すると、話がややこしくなるだけです。

また、こう言うと、「あちらの世界」を大事にする人のみが混同するのかと思われてしまうかも知れませんが、
「あちらの世界」を毛嫌いする「こちらの世界」の信奉者にしても、混同しているが故に怒ったり、毛嫌いしている場合もあるので、まあ、どっちもどっちといえるかもしれません。

(「(内的に)体験した」と告白する人に対し、「そんなもの現実に(外的現実として)起こるか!」と言って怒る場合もあるわけです)



我々は「あちらの世界のもの」に直接には触れられないし、
見ることも、意識することも困難だったりしますが、
そういうものも、
例えば、夢というカタチでその一端に触れる場合もあれば、
「我を忘れたように」という言葉があるように、そういうものが突如として態度や行動として表に現れる場合もあります。

そういうことからも分かるように、
我々の意識し得ない何かが、確かに、内的現実の世界で生きているんでしょう。

そういう、意識化の難しい何かが、「あちらの世界」に存在するわけですね。
そして、時として、意識に何らかの影響を与えたりもするのです。

我々は時に、「実際に」見たり触れたりしないものは、無いものと断罪してしまいますが、
実際には傍にあっても、それを意識しない限りは無いも同じというだけであって、身近なところに、何かが存在しているのかもしれません。

そして意外と、その片鱗というものに、いろいろと接触しているかもしれません。

これは別にオカルト的なものを指すのではなくて、
不可解な人間のメカニズムがそこにあるということです。

その不可解なものを理解しようとしたひとつのカタチが、
ある時は、神や悪魔だったり、怪物だったり、霊だったり、狐や狸といったものになるのかもしれませんね。



まあ、何にしろ、現実には、
みなで共有できるような外的現実もあれば、
みなで共有することが困難な、非常に個人的な、内的現実もあるということです。

前者が「こちらの世界」で生じる現象であり、
後者が「あちらの世界」で生じる現象であり、
その差こそあれ、共に現実だということですね。

で、心理学の一端というものは、
その「こちらの世界」にも影響を及ぼす、「あちらの世界」に存在する何かを、明らかにしようという試みなのだと思います。

「あちらの世界」にある「そのもの」は、観測不可能なわけですが、
「あちらの世界」のものに影響されて生じる、「こちらの世界」の現象というものがあるわけで、
そういうものを手がかりに、
「あちらの世界」を探求しようという、試みなのだと思います。



では、次回は、
そんな、あちらの世界のものとの関係が深いと思われる、夢について考えたいと思います。





「夢という自然」に続く…)





アマゾン:人間と象徴 上巻―無意識の世界

「人間と象徴の目次」




[サイト内タグ]:  人間と象徴



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ

前回からの続き…)

夢の捉え方はいろいろあると思いますが、
そのひとつに、自然(自然現象)としての捉え方があると思います。

それは、人間(意識)にはどうすることもできず、
ただただ、それを体験するだけです。



それは、例えるなら、目の前の川の様子。
それは元来、自然発生的にそうなったのであって、
人間がどうこうしたものではありません。
(まあ、基本的に、です)

時に、人間が手を加えることもありますが、その根本と細部は、自然です。
自然のものです。

それは時に穏やかで、時に荒れ狂うこともあり、
それに接する我々人間は、時に楽しみ、時に戯れ、
また、時に怖れたり、避難したりもします。
(決壊を防ごうとすることもあるでしょうか)

それは人間の都合を考えたものではなく、そうなるもの、そうなったもの。
まさに、自然ですね。

こちらの都合でコントロールできぬもの。
人はそれに接するのみ。
(海となると、更にその傾向は強いでしょうか)

触ることも感じることも出来るけれど、それは人の主観。
相手(自然)はゆるがない。


夢や心の現象は、まさに、このようなものであり、
我々の内部にある、ひとつの自然であり、ひとつの現実です。

心の中の自然、自然という現実、
また、心の中の自然を伝えてくれるもの、なんでしょう。

(川を考えると、運んでくるもの、ともとれますね)
(あと、時に与えてくれるものであり、時に奪うものであり、とか)



但し、夢の表現は直接的ではなく、象徴に彩られています。
だから、なかなか理解しづらい。

夢の中の現象は、
無意識の領域にあるものを、ストレートには伝えてくれません。
いや、ストレートに伝えているんだろうけども、
人間にはそれを把握することができません。

というのは、
「あちらの世界」にある「そのもの」は、「こちらの世界」には無いわけで、
その、無い「そのもの」を「こちらの世界」で表現することはできないし、
我々もそれを把握することはできません。

無いものを、「これ」って指差すわけにもいきませんからね。(*1

だから、象徴という手段が要るわけです。

で、意識と無意識の境界での体験とも考えられる、夢の世界では、
そういう象徴に関するものがたくさん出て来るわけですね。

(象徴については、後ほど触れると思いますが…)



というわけで、夢の中の体験というものは、
自我が把握した「夢の体験そのもの」が現実世界で生じるというわけではなくて、
しかし、象徴という意味では、現実世界で生じているという、ややこしいことになっているわけです。

例えば、
「車でものすごいスピードで突っ走っていた」というような夢を見たとしても、
(外的)現実世界では、その人は免許も無くて、運転なんかしたこともないかもしれません。
しかし、その人は人生の一部において、「ものすごい勢いて突っ走っている」ということは、あったりします。

あるいは、「ブレーキが壊れる」夢を見たとして、
じゃあ、(外的)現実の世界でそうなるかというと、そうとは限らない。
しかし、人生のある部分においては、「ブレーキが壊れたような」とか「歯止めが利かない」とか、そういう状態かもしれないわけです。

夢の体験「そのもの」は経験してなくても、「それによく似たこと」は経験してたりするんですね。
「そのもの」ではないが、「そのような状態」は経験してたりするわけです。

しかも、そういうことは案外、無意識であったりして、自覚は薄く、
夢を誰かに語っている間に、それに気づいたりするんですね。

そういうわけで、
夢をそのまま現実に当てはめることはできないんですが、
夢が(外的)現実にまったく関係ないかというと、そうでもないんですね。
(そのままはそのままなんだけれども、細部がそのままというよりは、取り巻く状況がそのまま、みたいな…)

ここに、象徴の意味があるわけです。



そして、こういうことを考えていると、
夢を、単なる偶然の産物とはいえなくなってくるんですね。

そこに、意味のようなものが見えてくるわけです。





「共通言語としての象徴①」に続く…)





(*1
きっと、完全に未知なるものに出会ったとき、
我々はそれを意識することはできないんでしょう。

意識できたとしても、「!」というような、
言葉にできないものになるんではないでしょうか。





アマゾン:人間と象徴 上巻―無意識の世界

「人間と象徴の目次」




[サイト内タグ]:  人間と象徴  



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


■ 最近のエントリ

■ 人気ページランキング





// HOME // NEXT
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■