ユング心理学の視点から見た日記。スーパー戦隊シリーズ キョウリュウジャー、トッキュウジャー、東のエデンのレビューと感想。エニアグラム、子どもが育つ魔法の言葉、話が通じない人の心理、自分に気づく心理学。ドラマやアニメから学ぶ人生観。
 

2016年11月18実装の、秋イベントに出撃です。

まずは、E1から。

上ルート(ボス含め3戦)で挑む。



提督室 11月19日


艦隊これくしょん ~艦これ~ DMM.com
(ゲームはこちらから)




 2016年秋イベント 発令!「艦隊作戦第三法」


<E1 【前段作戦】本土近海諸島補給線 >


作戦名:海上輸送作戦

作戦内容:艦艇による輸送部隊を編成し、本土近海諸島への補給兵站物資を輸送し、哨戒ラインを強化せよ。

難易度:☆×7


ボス戦でA勝利以上すると、ゲージが減少。

艦種や装備によって、減らせる量が変化する。



2016年秋イベント E1

E1 大淀さんの作戦説明




[マップ]


2016年秋 E1 マップ


下の編成で、上ルート固定できました。(道中は2戦)




[編成と装備]


 高速戦艦×1+高速軽空母×1+雷巡(軽巡)×1+駆逐艦×3


2016秋イベ E1 編成

2016秋イベ E1 編成

2016秋イベ E1 編成


攻撃を2巡させる、高速戦艦。

先制攻撃とT字不利回避の彩雲を積む、高速軽空母。

対潜値100を超える艦を2隻用意し、潜水艦対策。

ゲージを削る値を上げるため、残りの駆逐艦に、大発とドラム缶をガン積み。

大発の方が効果があるので、睦月型を追加して、大発を増やしてもいいかも。




[支援艦隊]


ボスの随伴艦対策で、決戦支援を出します。

2016秋イベ E1 道中支援

軽めでいいと思う。




[陣形]


潜水艦以外は、単縦。

ボス戦と潜水艦マップは、単横。





[敵艦隊]


L地点 ボス戦


2016秋イベ E1 ボス

2016秋イベ E1 ボス


ボスは、潜水棲姫。

とにかく、硬いです。

対潜値の高い艦を増やせば倒せるけど、その分、ドラム缶や大発が減るので、非効率になってしまう。

まずは、A勝利の連続でのクリアを目指した。






[結果]


 出撃:11回

 ボス到達:11回 (100%)

 大破撤退:0回


 S勝利:1回

 A勝利:10回




 <消費資源>

 燃料:1971

 弾薬:2812

 ボーキ:0

 バケツ:7

(支援艦隊含む)





<ボーナス>

共通は、特注家具職人。

 甲作戦:雷電、三式戦 飛燕一型丁、応急修理女神、給糧艦「間宮」。

 乙作戦:三式戦 飛燕一型丁、応急修理女神、給糧艦「間宮」。

 丙作戦:三式戦 飛燕、応急修理要員、給糧艦「間宮」。


2016秋イベ E1 ボーナス






艦隊これくしょん -艦これ- 艦娘型録 弐

Huawei タブレットMediapad T1 7 WIFI(Android4.4+EMUI 3.0/7inch/SC7731G, Quad-core A7 1.2GHz) シルバー T1-701W




<動画>














[サイト内タグ]:  艦隊これくしょん  ゲーム



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


ドロシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス 著、石井千春 訳。

「子どもが育つ魔法の言葉」より



「分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ」 (P181)



子どもが育つ魔法の言葉(14)



[ 分け合う心 ]


社会で生きていく以上、分け合うことは大切です。

誰かが独占すれば、他の者には行き渡らない。

その分け合うことを、まず子どもの頃に、家庭で学ぶわけですね。



親自身が、人に対して、また子どもに対して分かち合う心を持って接すれば、子どもはその親の姿から学ぶものです。分かち合う心は、言葉で教えるのではなく、親が態度で示すことが大切なのです。

(P181)




といっても、幼い子がいきなり、「分かち合う心」や「思いやり」を持てるわけではありません。

最初は、わがままで当たり前。それが子どもです。

ただ、成長と共に、学んでゆくだけ。

子どもは最初、マネっ子だから、親や周囲の大人が、手本になればいい。



少し成長すると、遊びの場で、それは求められるようになる。

玩具や遊具の数は限られるので、それをみんなでどう使うか? が問題に。

独り占めすることもできるかもしれませんが、それだと、独りぼっち。

分け与えることで、一緒に遊べるようになり、新たな喜びも得られる。

その前には(独りぼっちの)寂しさも経験するのでしょうが、そのおかげで、新たな喜びを知ることもできると。

なので、本では、大人がすぐに割って入らずに、しばらく放っておくことを勧めています。

(* ずっと放置することと同じではありません)


放っておくといっても、見守ってはいます。

子どもがどうするのか、何を思っていそうか、見守る。

そのうえで、助言すると。

子どもの中から「一緒に遊びたい」という気持ちが湧いてくるのを、待つわけです。

先回りしないで。




[ 特別なもの ]


何でも分け与えるように強要するのも、間違い。

それはそれで極端です。

誰だって、大切にしたいものがある。


これは自分のもの、あれは他人のもの、これはみんなのもの。

所有と非所有の観念を理解することが大事。


これは大人も同じことで、時々、分かってない人が現れるようです。

他人のものなのに、勝手に分け与えようとするとか。

相手が決めることなのに、(善意からとはいえ)勝手に決めようとするとか。




子どもにも他人には絶対貸したくない物があります。それを、親は分かってあげなくてはなりません。

(P186)


誰にだって、特別なもの、かけがえのないものは、あるってこと。

それを安易に「あげなさい」「貸してあげなさい」と言うのは、子どもの心を傷つけることだと。

相手の心情を察しないという点では、「思いやりがない」ことになる。


「誰にだって大切なものがある。それは奪わぬことだ」

これが大事。




[ 兄弟と ]


分け合うということに関しては、「兄弟」も重要な相手。

最初の子は、親や玩具、注目などを独占できます。

ところが、次の子が生まれると、立場が一変。

今まで当たり前にあったものが、奪われてしまう。(そう感じてしまう)

我慢するように言われることも、多くなる。


親を分け合うことを、強いられてしまうんですね。


それはもちろん仕方のないことですが、幼い子がすぐに納得するのは難しい。



こんなとき、子どもは、「赤ちゃんを返してきて」と言ったりします。とても淋しいのでしょうね。もちろんそんなことはできるはずがありません。しかし、そんな子どもの話にはよく耳を傾けてください。子どもの気持ちを受けとめ、その子とだけ過ごす時間を少しでも多く作るように工夫することが、何よりも大切なのです。

(P188~189)





[ 損得を考えない ]


子どもに何かを与える時は、損得を考えない。

「何の得になるの?」「なにがいいの?」「何をしてくれるの?」

それは、子どもが親に言うこと。

親が子どもに強いることではない。


見返りを期待して与えることは、子どもを傷つける。



親が子どもに与えられる一番のことは「そばにいてあげること」だと、本には書いてある。

もちろん、それは難しいことでもあります。

ただ、失ってしまった時間を取り戻すことはできないのです。


タイミングというものも、ある。


渇いた状態でこそ、水はしみる。

お腹が空いているから、食事はおいしい。

困っている時に助けられると、ありがたい。


逆も然りです。


潤った状態なら、それ以上 水はいらない。

お腹いっぱいの時に、食事を出されても…。

困ってない時には、おせっかいになる。


タイミングを外すと…ね。


「今しかない時」というのは、言葉通り。




[ おたがいさまの関係 ]


おたがいさまの関係があれば、鬱にはならないのだという。

逆に言えば、一方的な関係は、大きなストレスを与えるということになる。


 得るばかりでなく、与える。

 与えるばかりでなく、もらう。


 要求するばかりでなく、従う。

 従うばかりでなく、要求する。


 好きにするだけでなく、我慢する。

 我慢するだけでなく、好きにする。



この両輪が、バランスよくあってこそ、人の心は安定するようです。


お互いがちょっと気づければ、それは可能。


 いつも、してもらってばかりだな、今度は…。

 いつも、聞いてもらってるな、今度は…。

 ちょっと、我慢させすぎたか、なら…。



ちょっとした思いやりの繰り返しが、人の心を楽にしてくれるようですね。





子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)



小さなことに落ち込まない こころの使い方 (青春文庫)






[ したほうがいいこと ]


分かち合う心を教えたければ、大人がまずそれを実践すること。


心の安定には、お互い様の関係を。





<<「(13) 見つめてあげれば…」


 → 「魔法の言葉の目次」








ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


帰国したタケシに待つドラマとは?

気になる彼女、淑江さん登場。

特撮ヒーローらしくない敵と、タケシは戦う。



レインボーマン 第3話 レインボー・ダッシュ・7




第3話「レインボー・ダッシュ・7」


たみが眠っていると、不思議なことが起こった。

夢枕に、白髪の老人が現れたのだ。


老人は、語り掛けました。

「タケシの母上…」

「わしは、インドの、ダイバ・ダッタという、老いぼれじゃ」



「では、タケシのお師匠様…」

たみはその名を、堀田から聞かされていました。


「タケシは間もなく、元気で戻ってくる」と、ダイバ老人は言う。


たみは安心しました。

「タケシが元気でさえいてくれれば、もうなにも…」

「ありがとうございます」


深く深く、頭を下げるのだった。


「タケシをよろしくたのむ…」

そう言うと、老人は消えてしまった。


たみとダイバ老人


あれは、夢だったのだろうか?

たみには分かりません。


(ともかく、通報はしなかった)



ダイバ老人の予言通り、タケシは日本に戻ってきた。

ダッシュ・7の姿で、ビルの屋上に降り立ちました。

インドから日本まで、飛んできたのだ。


ん?

じゃあ、出国記録があるのに、入国記録がないんじゃね?



「とうとう日本へ帰って来たぜ」

ビルから飛び降りると、くるっと回転。

着地と共に、ヤマトタケシの姿に。

「久しぶりだ~」

「歩こう」



タケシはどこに向かうんだ?


にしても、髪がボサボサだ。

無精ひげも生えてる。

(職質、大丈夫か?)



プロレスの道場。

スパーリングか?

にしては、一方的です。

白いタイツのレスラーが、覆面レスラーに、痛めつけられてる。

(寺西勇とマスクド・スーパースターじゃないぞ)


とうとう、白いタイツのレスラーは、担架で運ばれてしまいました。



どうやらこれ、一種のゲームらしい。

ひとりフォールすれば、100万円もらえる。

しかも、世界のレスリング界にデビューするチャンスでもある。


川田という若いレスラーは、乗り気です。


しかし、トレーナーであるレスキの正造は、渋い顔。

(レスキとは、おそらく、レスリング○○○○。釣りキチみたいな感じなんでしょう)

川田を説得しようとします。

「オレが今、この手で、世界チャンピオンに育てたい男は、ふたりしかいない」

「ひとりは日本にはいないが、残るひとりは、川田、おまえなんだ」

「おまえに、もしものことがあったら…」


挑戦した白いタイツのレスラーは、病院送りにされてしまった。

このままでは、川田も。


「オヤジさんの気持ちは、よ~く分かってる」と、川田。

「だが、このチャンスを逃す手はねえ」

目が、ギラギラだ。

「オレには、絶対フォールできる自信があるんだ!」


「いや、いかん!」

レスキの正造は、顔を歪めます。

「これは、まともな試合じゃないんだ!」


リングの上から、帽子をかぶった背広の男が声をかけました。

「さあ、ひとり勝てば、スカウト料が100万円」

「3人勝てば、300万円」


この男は、カリモス。

この試合の仕掛け人だ。


「オレがやる」

川田が立ち上がりました。


「やめろ!」

レスキの正造が止める。


が、川田はやめない。

「オヤジさん、オレは金が欲しいんだ!」

レスキの正造の手を振り払って、リングに上がてしまったぞ。



おっと、カリモスはリングサイドで、覆面レスラーに不穏なことを指示してる。

「いいか、ここがリングである以上、相手が死んでも罪にはならないんだ」


レスキの正造と川田とカリモス


正造は、必死に止めます。

「川田、たのむ、今のうちにリングを降りてくれ」

「でないと、おまえは…」



ああ、ゴング代わりの笛が鳴ってしまった。


川田がリング中央へ突進する。


若いが、川田は将来を嘱望(しょくぼう)されたレスラー。

もちろん、腕に覚えがあります。

マディソン・スクエア・ガーデンでメインイベントを張る一流どころのプロレスラーならともかく、名前も知らないような覆面レスラーに後れを取るとは、1ミリも思ってません。


が、その思いは、一瞬で砕け散った。


組むや否や、ぶん投げられ、背中をしこたまマットに打ちつけられたのでした。

この相手、やはりレベルが違う。

レスキの正造は、それを見抜いていたのだ。


それにしても、この覆面レスラーたちは、何者なのだろう?

おそらくは、外国人レスラー。

(少なくとも、設定ではそうだ)


ロープに振られ、ドロップキック。

無理やり立たせて、腹に膝蹴り。

執拗な胃へのパンチから、ハイキック。

もう、川田はボロボロだ。


リングサイドの二人も一緒になって、攻撃。

最後は、トップロープから、フライング・ボディープレス。


3人で、蹴って殴って、川田はもう意識がないかもしれない。


川田 vs 覆面レスラー


戦意のない川田を、まだ覆面レスラーたちは、弄(もてあそ)んでいるぞ。

3人で上に乗り、腕を締めあげる。

折るつもりか?


「くそ~!」

ついに、レスキの正造が、リングに上がりました。

「こんな汚いことして、それでもおまえらは、プロレスラーの端くれか!」


と、その様子を覗いている者がいた。

髪ボーボー無精ひげのヤマトタケシが、ふらりと現れたのだ。


最初は、スパーリングかと思った。

でも、様子がおかしい。

そうしているうちに、レスキのオヤジさんまで。


「やめろ!」

いいようにやられているレスキの正造を助けるため、ついにタケシが飛び込みました。

「そこのヘンなマスクさんよ」

「おろしてやんなよ」



すると、覆面レスラーのひとりが言った。

「<ピー>の出る幕じゃねえ」

「けえんな!」



なんと、いきなりの放送禁止用語。

乞○、他の言い方では、ル○ペン。

時代を感じさせるぜ。

レスキもヤバイ気がするが。



フッと、タケシは笑いました。

「<ピー>が怖いのか?」


(繰り返さなくてもいいだろ、もう)


カチンときた覆面レスラーは、持ち上げていたレスキの正造を、リングに下ろしました。

「なにを~、この野郎!」

リングを降りて、タケシにつかみかかる。


が、タケシは以前のタケシではなかった。

もともと下町の黒ヒョウと呼ばれていたが、それを完全に超えた。

なんてったって、あのダイバ・ダッタのつらい修行に耐え抜いたのだ。


確かに、相手は一流のレスラーかもしれない。

しかし、今のタケシに敵うはずもなかった。

なんと、蹴り一発で、失神させたのだった。


さらには、蹴りと投げで、残りの二人まで倒してしまった。


これに言葉を失ったのが、カリモス。

が、すぐに笑顔になった。

「ああ、素晴らしい技だ!」

タケシに歩み寄ると、両手で握手したぞ。

「私はプロモーターのカリモスです」


しかし、タケシはすぐに、手を振り払った。

鋭いまなざしで、カリモスを睨みつけます。

「あんた、何の目的で、こんなことやったんだい!」


「これは私のビジネス」と、カリモス。

目が、宝物を見つけた子どものように光っています。

「あんたのような素晴らしいレスラーを、スカウトするためなんだ」


タケシは怒鳴りつけた。

「ひどいじゃないかよ!」


「仕方ない」と、カリモスは笑う。

「みんな弱すぎた」

「でも、あんたは違う」

「あんた、私のショーに出るつもりはないか?」

「賞金5万ドル出すよ」



タケシはきっぱりと言いました。

「オレは、金につられてリングに上がる気はない」

「第一、プロレスなんて興味ないね」



(お金が必要だから、プロレスラーになるため、インドに渡ったことは、内緒だ)


「ああ、もったいない」

カリモスは、かぶりを振りました。

「君のその腕があれば、いくらでも贅沢(ぜいたく)ができますよ」


タケシはもう何も言わず、リングへ。


すると、カリモスが言った。

「ああ、君キミ、お金 欲しくないのか?」

「契約してくださいよ~」



それをタケシは、どやしつけた。

「うっせえなあ!!」

「それどころじゃねえんだ!」



「OK! OK!」

カリモスは、笑顔を崩しません。

「金が欲しくなったら、ここに電話してください」

タケシの手に、名刺を握らせるのでした。

「待ってますよ」


それをタケシは、放り捨てた。

トップロープをジャンプで越え、リング内へ。

レスキの正造の肩を揺らします。

「オヤジさん! オヤジさん!」


タケシが軽く頬を叩くと、レスキの正造が目を覚ましました。

しかし、頭でも打ったのか、目の前が少しぼやけているようだ。

「ああ…おまえ…タケシか?」

そう言いかけて、気を失ってしまった。


レスキの正造とタケシ


「しょうがねえなあ」と、タケシ。

救急車を呼んで、レスキの正造を病院へと運んだのでした。



ついに、この時が来た。

たみが準備している小料理屋「おふくろ」の戸が開いたのです。


立っている男は、髪はボサボサ、無精ひげ、服は破れて汚れている。

「母ちゃん!」

しかし、この声と顔を忘れるはずがありません。

「ただいま」


駆け寄る たみの目からは、今にも涙があふれそう。

「タケシ、帰って来たんだね」


「ああ、心配かけてごめんよ」

タケシも人の子。なんて、やさしい声なんだ。


「いいんだよ、そんなこと」

たみは上から下まで、息子のことをじっくりと眺めた。

みゆきも元気かい? とタケシが聞くと、うなづきました。

「ああ、しょっちゅう、おまえのことばかり気にしてねえ」


と、間がいいことに、みゆきが帰って来たぞ。


目の前の現実を呑み込むのに、すこし時間がかかったようだ。

やがて驚き、そして泣いた。

不自由な脚で駆け寄って、待ちに待った兄と抱き合いました。


兄帰る


やっと、やっと、家族3人、そろったのだ。



タクシーから降りてきたのは、脚を引きずるレスキの正造と若い女性。

(おお、ミニスカート)


女性の方が、あきれるようにして言った。

「とんでもないお父さん」

「タケシ君だったかどうだったか、分からないなんて」



正造は弁解します。

「それがおめえ、ひっどいボサボサ頭のかっこうだったもんだから…」

「タケシだと思ったんだがな~」



「さ、もっと早く歩いてよ」と、女性はせかします。

「電話するんだから」


「ああ、いてて」

レスキの正造は、顔を歪めた。

「コラ、淑江(よしえ)!」

「もっと娘らしく、親を丁寧に扱え!」



そう、この女性は、レスキの正造の娘、淑江だ。

どうも、タケシのことが気になってるらしい。


ん?

正造は保育園「どんぐり園」も経営しているのだが、保母さんと子どもたちの様子がおかしい。


原因は、すぐに分かりました。

見るからにヤクザな3人が出てきたのだ。


兄貴分らしき男が言った。

「レスキの正造ってのは、あんたかい?」

「オレは任侠一家(にんきょういっか)のヤッパの鉄ってもんだが、300万円、すっぱりと けえしてもらいてえ」


懐から証文を取り出して、広げました。


しかし、おかしい。

正造には、身に覚えがありません。


すると、ヤッパの鉄が言った。

「借りた人間は川田っていう駆け出しのレスラーだが、保証人があんたの名前だ」

「幸い、これだけの土地家屋がありゃ、こっちも とりっぱぐれがねえってわけだ」



このレスキの正造、弱点があったようだ。

そう、お人よしなのです。

「よし、分かった」

「その借金は、オレがしきうけよう(引き受けよう)」

「その代わり、1週間だけ待ってくれ」

「その間に金は作る」



金が入るなら、悪い話じゃない。

ヤッパの鉄は、条件を付けました。

「1週間たってダメだったら、このどんぐり園をいただくことにするぜ」

そして、なめまわすように淑江を見て、笑うのでした。

「へっへ。かわいい姉ちゃん、泣かせないように、したいよな」


正造が前に出ます。

「おい! 娘には手を出すな! 金は払わんぞ!」


と、鉄がすごんだ。

「借金のかたに、姉ちゃん預かってもいいんだぜ!」

正造をどかすと、淑江の手をつかみました。


「なにするの、よしてよ!」


抵抗する淑江ですが、ヤッパの鉄は笑うばかり。

「へっへっへっへっへ」


ヤッパの鉄 淑江のピンチ


こりゃ、ヤバい。



って、何のドラマだ?

ヒーロー番組じゃなかったのか?





あの日が甦る! 昭和の外国テレビドラマ完全保存版 (エンターブレインムック)

懐かしの昭和こども新聞―昭和38年~昭和53年編





<Bパート>


淑江のピンチ。

しかし、レスキの正造は若くないし、ケガもしてる。

ヤクザ3人を相手に、どうしたらいいんだ?


おっ!

甘く見ていたようだ。

2人に抱え込まれていたレスキの正造でしたが、娘のピンチに力を発揮。

「おい、コラ! よせ!」

ヤッパの鉄の背中を、蹴ったぞ!


不意を突かれたか、吹き飛ばされる、ヤッパの鉄。

尻もちをついたのだが、懐から物騒なものを取り出しやがった。

「ちくしょ~~」

「相手さしてもらおうかい!」


短刀を抜いて、すごんできたぞ。


通常、ヤクザの武器は脅しの道具ですが、蹴られただけに、どうかな~。


!!


そこに、ヒーロー登場。


もちろん、タケシだ。

散髪し、ひげも剃って、きちんとした身なりになってるぞ。

(もう、職質はされない)

「おい、弱い者イジメはよせよ」

鉄の腕をねじ上げ、ヤッパを落とさせました。


「タケシさん」

淑江の顔が、パッと輝いた。


タケシはあっという間に、ヤクザをノックアウト。

これには幼児たちも、大喜び。歓声を上げたのでした。


「野郎、覚えてやがれ!」

ヤクザの常套句を残して、3人は逃げ去りました。


(しかし、覆面プロレスラーにヤクザと、特撮ヒーローが何と戦っとるんだ)


「タケシさん…」

駆け寄る淑江の顔には、ホの字が書いてあるかのよう。


タケシはちょっと照れてる?


「いや~助かった」

レスキの正造は、満面の笑み。

「今日はこれで、二度助けられたことになるな」



実はこれを、陰から見ている男がいました。


カリモスが、ヤッパの鉄たちの前に、さらりと現れたのだ。

「見ましたよ」

「タケシって若造に、やられましたね」



「てめえ、因縁つけんのかよ!」

当然、ヤッパの鉄がすごむ。


が、厳しいビジネスの場でもまれているのか、どんな時でも、カリモスは笑顔になれる。

「いや~、ノー、ノー」

「実は、私もあの男に、借りがありましてね」

「どうです、私に手を貸していただけませんか?」



何をするつもりなんだ?



淑江は、タケシに事情を話しました。

300万円の借金を肩代わり。

返す当てがない以上、このままでは保育園を手放すしかありません。


と、タケシがポツリと言った。

「オヤジさん、オレのプロ入り、期待してたんだろうな…」


「ダメよ、そんな」と、淑江は言う。

「そんなことで、タケシ君あてにしちゃ、いけないの」

「あなたがもし、川田さんみたいにひどいケガでもしたりしたら…私…」


下を向いてしまいました。


「大丈夫だよ、オレは」と、タケシ。

「もう、やめるって決めたんだから」


「本当よ?」


「うん」

淑江に、タケシは約束した。


(何のドラマだ?)



淑江と別れると、タケシは堀田のもとを訪れた。

「どうも、挨拶が遅れまして」と、頭を下げます。

「いろいろ、ご心配かけました」


再会を喜ぶと、堀田は聞いた。

「ダイバ老人には会えたのか?」


「はい。1年間、修行してきました」


「プロレスラーとしての腕を、磨いてきたってわけか」


堀田がそう聞くと、タケシは言いにくそうに言った。

「それが…」

「プロレスはやめました」

「お師匠さんにはものすごく絞られましたが、本当に人間修行の面だけで…」



これに驚いた堀田ですが、やがて笑い出しました。

「ハハハハハ」

「そうか」

「どおりで、下町のジャガーの雰囲気がなくなって、おかしいとは思ってたんだ」

「ハハハハハ」



確かに、第1話のタケシは、誰にでも噛みつきそうだった。



夜になって、ようやくタケシは我が家に。


と、店の前に、ヤッパの鉄が現れたぞ。


「何だ、まだ用があんのか?」


タケシが聞くと、鉄は笑った。

「へへへへへ」

「あんたの大事な人を、お預かりしてるんで」


小指を立てたぞ。


タケシの顔が曇ります。

「何!」


「ちょっと顔貸してもらえませんかね?」

ヤッパの鉄は、タケシをどこに連れていくつもりだ?


(アンパンマンなら、顔だけ貸せるのに)




車の後部座席には、淑江が。

隣ではヤクザが、ドスを突き付けてるぞ。


「さあ、どうぞ」

ヤッパの鉄は、タケシを車に乗せた。



夜道を走って、車は埠頭(ふとう)へ。


「さあ、降りろ」

ヤッパの鉄が促した。

「お客さんが、お待ちかねだ」


タケシを待ち受ける敵とは、誰だ?


向こうから、大男が3人歩いてきます。

あれは、あの覆面レスラーたち。


ああ、こういうことかと、タケシは思った。

車から降りると、タケシはヤッパの鉄に言いました。

「おい、もう、淑江さんを放せ」

「オレは、逃げも隠れもしないぜ」



「ダメだ」と、ヤッパの鉄。

「おめえが徹底的に痛めつけられるまでは、この娘は手放せねえな」

「約束だからな」


悪いやっちゃ。

へへと笑うと、ヤッパの鉄は車をバックさせた。

高みの見物を決め込むつもりか。


タケシに襲い掛かる、覆面レスラー。

ひとりは、チェーンを振り回しています。


それをタケシは、バク転でよけた。

それも、2連続。

続いて、大ジャンプで距離を取る。


おっと、別のレスラーは、ドラム缶を持ち上げてるぞ。

頭の上から、投げた!


これもタケシは、何とか避けました。


が、ドラム缶 第2弾が飛んでくる。

第3弾も。

第4弾まで。


ジャンプで避けていたタケシですが、おっと、ドラム缶の上に乗ったぞ。

まるで、サーカスのピエロだ。

そのままドラム缶を転がせて、相手の方へ。


投げたレスラーの方が、転がされてしまいました。


そこへダッシュし、タケシがキック!


が、今度は、チェーンの覆面レスラーが襲い掛かってきた。


!!


チェーンがタケシの腕に、絡まってしまったぞ。


タケシ vs 覆面レスラー


ああ、ついに、捕まってしまった。

チェンを首に巻かれ、羽交い絞めのような格好。


が、それでもタケシは負けなかった。

苦しみに耐え、背負い投げのように、脱出。


あっと!

3人目の覆面レスラーまで出現。

今度は、ロープを投げ縄のように投げてきた。

着地の瞬間を、狙いやがったな。


完全に捕まってしまった、タケシ。

残り2人も復活し、3人になぶられる格好になった。

こりゃもう、リンチだ。


ヤッパの鉄は、淑江を車から降ろし、子分たちと、これを見物。

「なるほど、あちらさんのやることは、徹底してやがる」


あまりの惨劇に、淑江は気絶してしまいました。


タケシへの私刑は続きます。

もう、やりたい放題。

普通の人なら、死んでそうだ。


さっきまで笑ってみていたヤッパの鉄も、これには引いてしまいました。

「関わり合いになるのはよそうぜ」

そう言うと、淑江を残し、子分たちと消えてしまった。


覆面レスラーたちが、ロープでタケシを、道の真ん中に固定。

何をするつもりだ?


おいおい、そりゃ、ヤバいだろ。

あいつら、車で轢(ひ)き殺すつもりだ。


「いよいよ、オレの力じゃ、どうにもならん」

タケシも腹を決めたか?

「お師匠、レインボーマンに化身するぜ」


覆面レスラーたちは、車に乗り込んだ。

ライトをアップさせ、走って来るぞ。


後ろ手に縛られているタケシですが、そのまま印を結びました。

「阿耨多羅三藐三菩提(あのくたら さんみゃく さんぼだい)、阿耨多羅三藐三菩提、阿耨多羅三藐三菩提」

「レインボー ダッシュ・7!」


変身と共に縄が解け、脱出!

ジャンプから着地すると、そのまま攻撃姿勢に。

「レインボーフラッシュ!」

合わせた手のひらから、黄金色の光線を発射。


ピンチに変身 ダッシュ・7


車はコースを外れ、ぶつかって、大炎上。

脱出しようにも、3人は外に出られないようだ。


と、レインボーマンが変化した。

「ダッシュ・3!」

水の化身になるや、海の水を操り、燃える車を消火。


水で消火だ ダッシュ・3


ドアを開けると、3人の覆面レスラーを外に引きずり出しました。


悪人といえど、人間。

見殺しにする気はないようだ。


ダッシュ・7に再び変化したのち、変身を解除。

人間の姿に。

タケシは、淑江を見つけ、駆け寄りました。

「淑江さん、大丈夫か? 淑江さん!」


互いに無事を喜び合ったのでした。



タケシは黒幕・カリモスのもとへ。

拳を握り、迫ったぞ。


「まっ、待ってください」

「ゆんべのこと、私、何にも知らない。関係ない」


白を切る、カリモス。

「あのレスラーたち、すぐクビにした」

「私、本当に、何も知らなかった」



「ようし、今度だけは信じてやろう」

タケシは、胸ぐらをつかんでいた手を放しました。

「その代わり、さっさと日本から出て行ってもらおうか!」


「分かったよ」と、カリモス。

「でも、マカオで、レスリングの試合があるんだ」

「あんたのような強い日本人に、出てほしかった」



タケシは声を荒げて聞いた。

「どうして、日本人じゃなきゃいけねえんだい!」


「日本人、強い」

「力道山のような強い日本人、私、新人で発見したかったんだ」

「賞金 は、5万ドル」

「どう? あんた、出ない?」


この期に及んで、商売とは。

カリモスの奴、やりおる。

「あんたの腕なら、大丈夫」

「マカオ見物しながら、どう?」

「1500万円」


タケシの心が動いたのを、カリモスは見逃しませんでした。

「契約書も、あります」

「すぐ出します」



1500万円。

これだけあれば、レスキのオヤジさんの借金も返せるし、みゆきの手術代も楽に出るだろう。

タケシの心が揺らぐのも、無理ありません。






結局、タケシは、マカオでの賭け試合を契約した。

試合に勝つ自信はあったが、やめたはずのレスラーの道を、一歩でも歩むことが、タケシの心を暗くしました。



タケシが帰ると、カリモスは意気揚々と電話。

「ああ、ミスターK! 素晴らしい獲物を見つけましたよ」

「ええ。必ず、ご満足していただけるものと思います」


そう言って笑うのでした。



タケシは、行く手に待ち受ける罠を、予想だにしなかった。

二度と生きて帰れぬ、死のリングが、マカオに待っていようとは…。




つづく。





愛の戦士レインボーマンVOL.1 [DVD]





今週も、本当の敵は出てこんかった。


ヤクザと戦うとか、と思ったけど、ズバットも戦ってたな。

レスラーだと、アステカイザー?





(エンディングより)

原作:川内康範

ヤマトタケシ:水谷邦久

母 たみ:本山可久子

妹 みゆき:石川えり子


堀田:黒木進(小野武彦)

レスキの正造:村田正雄


淑江:伊藤めぐみ

ヤッパの鉄:山崎純資

カリモス:中村哲


チム・ザンバ・グループ

ダッシュ・3:阿部徳久次

マー坊:梶浩昭

川田:遠矢孝信


ダイバ・ダッタ:井上昭文

ナレーター:納谷悟朗




[サイト内タグ]:  レインボーマン



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


鬼怒が改二になりました。

それに合わせて、新任務に挑戦。

2-5上ルートに出撃した。



提督室 11月5日


艦隊これくしょん ~艦これ~ DMM.com
(ゲームはこちらから)




 鬼怒改二 新任務


任務名:精鋭「第十六戦隊」突入せよ!

内容:再編成を完了した精鋭「第十六戦隊」を南西諸島海域沖ノ島沖に展開、同方面に遊弋する敵主力を捕捉、これを撃破せよ!

条件:

鬼怒改二を旗艦に。北上改二、大井改二、球磨改、青葉改、浦波改、敷波改から残り5隻を選ぶ。

2-5 ボスに S勝利でクリア。



2-5マップ



[編成と装備]


 [第一艦隊] 鬼怒 青葉 北上 大井 球磨 浦波


2-5 鬼怒任務 編成01

2-5 鬼怒任務 編成01

2-5 鬼怒任務 編成01



自由枠がありません。

したがって、空母と戦わねばならない下ルートを避け、上ルートに。

しかも、索敵値をクリアしないと、ボスに たどり着けないときている。

艦隊レベルが高いと、かなりしんどいです。



下記サイトで、いろんなパターンを試してください。

 → 艦これ 2-5 索敵値計算機(秋) - SUB WAY


2-5 索敵値





[結果]


 1回目:ボス戦で T字不利を引き、A勝利。

 2回目:ボス戦で T字不利を引き、A勝利。

 3回目:ボス戦は 反航戦。S勝利。


夜戦を心配してたんですが、3戦とも通り抜けられました。

それよりも、ボス戦で T字不利を引き、A勝利止まりになった。

戦艦3隻の攻撃を2回受けるのは、この艦隊ではキツイわな~。



ボーナスで、「特大発動艇」をゲット。


特大発動艇


秋イベントで使うんだろうか?






艦隊これくしょん -艦これ- 艦娘型録 弐

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)




<動画>














[サイト内タグ]:  艦隊これくしょん  ゲーム



ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ


ドロシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス 著、石井千春 訳。

「子どもが育つ魔法の言葉」より



「見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる」 (P171)



子どもが育つ魔法の言葉(13)



[ ちゃんと見てるか? ]


慣れは、侮れません。そこにいるのが当たり前だと思うと、仔細まで注意がいかなくなる。

いつも通りだと、勝手に思ってしまう。

確認してないのに。


見ているその子は、今現在のその子だろうか?

それとも、頭の中にある、イメージとしてのその子?

ちゃんと、今のその子を見ているだろうか?



子どもを見つめ、話に耳を傾ければ、子どもの心が理解できます。子どもが何をどのようにしたいと考えているのかがよく分かることでしょう。

(P173)





[ 子どもの手本に ]


赤ちゃんの頃は、きっと、しっかり見ていたはず。

あっ! 笑った。ハイハイした。立った。

そこには、成長の過程が…。



何かをやり遂げるには、目標を決めて努力を重ねなくてはなりません。それを、幼いころから子どもに教えてゆければ、と思います。

(P173)



子どものダメなところばかり、見ていないだろうか?

ダメ出しばかり、していないだろうか?


それは、やる気をなくさせる方法。


それよりは、見本を見せた方がいい。

近くで、やり方を教える。

親自身の姿を通して。


 (1) 何をしたいのか、ハッキリさせる。

 (2) そのためには何をしたらいいのか、具体的に考える。

 (3) 実際に行動する。1つ1つ物事を積み重ね、進めてゆく。



それは、たいへんなこと。

だから当然、子どもにとっても、たいへん。

難しいので、失敗もする。


親自身が実践し、そのたいへんさを知っていれば、安易に責められないのでは?




[ 成功体験は勇気をくれる ]


 努力する → 成功する。

努力の味やうま味を知り、それがいいものだと思える体験をする。

そうすれば、イヤイヤじゃなくなる。苦にならなくなる。


時には失敗するけれど、そんな時は、「やり方」に目が向けば、しめたもの。


やり方次第


よい「やり方」が見つかれば、うまくいく確率は、うんと上がる。

工夫という、新たな喜びを知ることにもなる。



積み重ねが、解決することも。


 ・体力がない → トレーニングする。

 ・高くて買えない → 少しずつ貯金する。



すぐに得ようとするから、無理だと思う。

今実現しようとするから、不可能だと思う。

でも、少しずつやれば、時間をかければ、何とかなるもの。


時間をかけ、少しずつ実現していく体験と喜びを、学べるといいですね。





子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)



人の2倍ほめる本 (WIDE SHINSHO 223)






[ したほうがいいこと ]


よく観察して、

子どもの努力を見守り、

否定せず、

うまくいかない時は励まし、

成功したら、一緒に喜ぶ。


そうすれば、子どもはやがて、頑張り屋さんに…。





<<「(12) 認めてあげれば…」


 → 「魔法の言葉の目次」





【関連記事】
【兄弟型】 磯崎三喜年 性格と恋愛相関図


その生活は、ある日、一変することに。そう、兄弟が生まれるのだ。(一番っ子は、途中までは、ひとりっ子)

生まれたばかりの子に手がかかるので、今までのように甘えることができない。それどころか、「お兄ちゃんでしょ」「お姉ちゃんでしょ」と、我慢を強いられてしまう。

愛情を奪われてしまう格好に。









ブログランキング・にほんブログ村へ
BlogPeople「人間・哲学/人間考察」
blogram投票ボタン


ランキングに参加しています
よかったらクリックしてね


秋だから、実をためる


↑ページトップへ





// HOME // NEXT
Powered By FC2ブログ.
copyright © 2005 枕石漱流 日記(ユング心理学の視点から) all rights reserved.
ブログパーツ アクセスランキング
■ Amazon
■ 注目記事
■ アーカイブ
■ カテゴリ

■ 月別アーカイブ

■ 検索ぷらす


【注意】 ENTERキーだとうまく表示されないようです。申し訳ございませんが、ボタンを押してください。

■ キーワードハイライト機能

検索時、検索語句がハイライトされます。

■ BlogPeople リンクリスト

リンク集と更新状況↓



☆登録する by BlogPeople☆

■ RSSリーダーに登録

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する


(リンク切れを修正しました)


■ 最近のトラックバック
■ スポンサードリンク

■  
■ スポンサードリンク



■ 最近の記事
■ カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ FC2カウンター



現在の閲覧者数:

■ プロフィール

南方 城太郎

Author:南方 城太郎
生息地:関西
分類:昭和人間
生まれ:
黒電話、赤電話が主流で、冷房は扇風機、暖房は石油ストーブと炬燵という時代


日記について


拍手する

プロフ
電脳露店マイアソシエイトストア
おバカ映画

■ リンク
■ RSSフィード
■ インフォメーション


検索サイトiscle
(検索サイトさんです)

■ QRコード

QRコード

携帯でも御覧になれます。

■ 地域情報



ジオターゲティング





■ にほんブログ村

■